• 大人向け粉ミルクのおすすめ人気ランキング5選【手軽な栄養補給に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 大人向け粉ミルクのおすすめ人気ランキング5選【手軽な栄養補給に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 大人向け粉ミルクのおすすめ人気ランキング5選【手軽な栄養補給に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 大人向け粉ミルクのおすすめ人気ランキング5選【手軽な栄養補給に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 大人向け粉ミルクのおすすめ人気ランキング5選【手軽な栄養補給に!】のアイキャッチ画像5枚目

大人向け粉ミルクのおすすめ人気ランキング5選【手軽な栄養補給に!】

大人向け粉ミルクとは、赤ちゃん用粉ミルクを主成分とし、ビタミンや鉄などその他栄養素を大人向けに調整し、大人向けに販売している粉ミルクのこと。「牛乳より栄養価が高い」「美容にも健康にも良さそう」と、特に50代~60代女性の間で人気が高まっています。

2017年11月現在、大人向け粉ミルクを販売しているメーカーは、救心製薬・森永乳業・雪印ビーンスタークの3社で、商品数は計5つ。それぞれ含まれる成分や味わいは全く違います。今回は、大人向け粉ミルクに興味のある方のために、選び方のポイントも合わせて商品をご紹介します。
  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 46,772  views
目次

大人向け粉ミルクの選び方

それではここからは、大人向け粉ミルクの選び方を考えていきます。どういう点に着目したらいいかを押さえておきましょう。

添加されている栄養素をチェックする

大人向け粉ミルクを選ぶ際に、最も大切になるのが、添加されている栄養素です。多くの商品は栄養素を公開していますので、以下の点に留意してみましょう。

カルシウムだけでなくビタミンDも添加されているものを

カルシウムだけでなくビタミンDも添加されているものを
年齢を重ねると特に不足してくるのがカルシウム。50~60代女性のカルシウムの1日摂取量目安は700mgと言われています。カルシウムを補っていかないと、骨粗鬆症などのリスクが懸念されます。

カルシウムをしっかりと摂取するには、毎日牛乳を飲み、肉や魚も摂ることが大切です。ちなみに、牛乳だけからカルシウム700mgを摂取するとなると、1日に3カップ強もの量を飲む必要があります。

また、カルシウムを体内に取り込むためには、ビタミンDも必要な栄養素となってきます。カルシウム単体では腸での吸収率が下がりますが、ビタミンDと共に摂取することによって、吸収率がぐんと上がります。ビタミンDも添加されている大人向け粉ミルクを選びましょう。

怖い鉄不足!鉄にも注目!

怖い鉄不足!鉄にも注目!
牛乳や肉・魚などの摂取量が減っている場合、鉄不足にも注意が必要です。鉄分は、ひじきや納豆、高野豆腐など植物性の食品からも摂取可能ですが、肉類などの動物性の食品から摂取する鉄分とはやや成分が異なり、吸収率も悪くなります。そのため、鉄を意識して摂っているという方でも鉄不足に陥りやすいということが言えます。

鉄不足になると貧血になるというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、それ以外にもめまいや肩こり、冷えなどの原因になったり、風邪をひきやすくなったりと、体の抵抗力が下がってきます。知らず知らずのうちに起こっている不調は、もしかしたら鉄不足が原因かもしれません。

成人女性に必要な1日の鉄分は、約10.5mgと言われています。ただしこれは月経ありの場合。閉経後は、6.5mgほどでOKとされていますので、ぜひ成分をチェックしてみてください。ちなみに、鉄の摂取効率を上げるには、ビタミンCやクエン酸との合わせ技が有効です。こちらも合わせてチェックを。

目的別に配合が強化された栄養素もある

目的別に配合が強化された栄養素もある
大人向け粉ミルクを飲むなら、カルシウム(+ビタミンD)と鉄分は、入っていてほしい成分ですが、それ以外にも様々な栄養が添加されています。それは、各社がユーザーたちの「目的」を明確に拾い上げて販売戦略を立てているからです。

例えば、「美容」を第一の目的として作られている商品なら、吸収率の良いコラーゲンなどを多分に配合しています。「お腹への優しさ」を考えた商品なら、普段の生活では摂りづらい生きて腸にしっかり届くタイプの乳酸菌を贅沢に配合したものもあります。「こういう栄養素を摂りたい」という目的を明確にして選べば間違いがないでしょう。

牛乳でお腹がゴロゴロする方には乳糖少な目がおすすめ

牛乳でお腹がゴロゴロする方には乳糖少な目がおすすめ
大人向け粉ミルクを飲んでみたいと思われる方の中には、「牛乳が苦手」という方もいらっしゃるかと思います。牛乳の味だけが苦手なら、風味を工夫した商品を選べば解決しますが、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう…という方の場合、選べる商品が限られてきます。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまう原因は、乳糖にあります。乳糖成分が多い商品は避けたほうが良いでしょう。ほとんどの大人向け粉ミルクには乳糖が含まれていますが、1つだけ乳糖の成分を極限までおさえた商品があります。後程、ご紹介しますので参考にしてください。

飲みやすい味から選ぶ

飲みやすい味から選ぶ
乳児向けの粉ミルクと異なり、大人向け粉ミルクはミルク味が苦手という方にも飲みやすいよう、様々な味が発売されています。ヨーグルト風味や抹茶風味、ポタージュ味などもありますので、飲みやすい好みの味のものを選ぶと良いでしょう。

ダイエットが気になるなら1食分のカロリーにも注意!

ダイエットが気になるなら1食分のカロリーにも注意!
大人向け粉ミルクは、現在市販されている商品数は少ないですが、そのどれも1食分の摂取カロリーが異なります。下は30キロカロリー程度からですが、上は90キロカロリーを超えるものもあり、その差は約3倍。ダイエットに気を遣っている方の場合は、1食分の摂取カロリーがどのぐらいになるのかも考えて選ぶと良いでしょう。

一杯は牛乳よりもかなり高い!価格も慎重にチェック

一杯は牛乳よりもかなり高い!価格も慎重にチェック
大人向け粉ミルクは、牛乳に比べると栄養豊富で、50~60代の健康をしっかりサポートしてくれる頼れる健康食品です。買い置きも楽ですし、味も牛乳より美味しく飲みやすいと言えるでしょう。しかしその分、1食当たりの価格は牛乳1杯分よりはるかに高くなります。

商品の中でも価格差はありますので、購入前に1回分の価格がどのぐらいになるのか検討をつけ、続けられる価格のものを選びましょう。また、大人向け粉ミルクは通販での購入がほとんどになります。まとめ買いや定期購入など、お得に購入できるシステムを積極的に利用していきましょう。

大人向け粉ミルクのおすすめ人気ランキング5選

それではここからはいよいよ、大人向け粉ミルクの商品を比較しながらご紹介していきます。2017年11月現在、大人向け粉ミルクとして発売されているのは、3メーカーから全5品です。それぞれ、どんな方におすすめなのかを明記していますので、参考にしてください。

5位:雪印ビーンスターク プラチナミルク for ビューティ

雪印ビーンスターク プラチナミルク for ビューティ

2,592円 (税込)

詳細情報
・1食分カルシウム:-
・1食分鉄:-
・その他特筆すべき栄養素:ミルクセラミド22mg、ローヤルゼリー500mg、コラーゲンペプチド2500mg
・内容量:10g×14本
・1回分およその価格:185.1円
・1食分熱量:39キロカロリー
・味:ポタージュ味

50代・60代のまだまだ美しくなりたい女性におすすめ!

年を重ねるごとに、外からだけでなく、内側からのケアが大切ですね。こちらの大人向け粉ミルクは、「まだまだ美しくありたい」と願う50代・60代女性におすすめの商品。栄養成分はコラーゲンにローヤルゼリーと、「これでもかっ!」というぐらい美容に特化しています。しかも、味はポタージュ味でモニターの97%が満足とのこと。美容に興味がある方は、ぜひお試しください。

4位:救心製薬 大人の粉ミルク

救心製薬 大人の粉ミルク
出典:kyushin.co.jp
救心製薬 大人の粉ミルク

5,500円 (税込)

詳細情報
・1食分カルシウム:240mg ※ビタミンD:0.75μg
・1食分鉄:-
・その他特筆すべき栄養素:各種ビタミン類など
・内容量:30袋(1袋9.5g)
・1回分およその価格:183.3円
・1食分熱量:33.5キロカロリー
・味:ヨーグルト風味

牛乳飲んだらゴロゴロしちゃうという方におすすめ!栄養バランスもgood

2017年11月現在、大人向け粉ミルク製品の中で唯一、乳糖を抑えた商品がコレ!全く乳糖が入っていないというわけではありませんが、極限まで乳糖をカットしているので、お腹への影響は少ないと考えられます。「牛乳を飲んだらお腹がゴロゴロしてしまう」「かつて粉ミルクを試して下痢になったことがある」という方におすすめです。

味も、牛乳風味ではなく、ヨーグルト風味なので、牛乳に抵抗感がある方でも大丈夫。カルシウムや各種ビタミンも豊富に配合されているので、牛乳の代用として充分機能してくれます。ただ、鉄分は含まれていないので、注意が必要です。

3位:雪印ビーンスターク プラチナミルク for パワー

雪印ビーンスターク プラチナミルク for パワー

2,592円 (税込)

詳細情報
・1食分カルシウム:155mg ※ビタミンD:1.5μg
・1食分鉄:-
・その他特筆すべき栄養素:HMB750mg
・内容量:8g×14本
・1回分およその価格:185.1円
・1食分熱量:31キロカロリー
・味:抹茶ミルク味

筋肉量を増やしたいならコレ!希少HMBでパワーアップ!

大人向け粉ミルクは、主に50~60代の女性に爆発的人気を誇っていますが、こちらの商品はぜひ男性にもおすすめしたい商品です。注目は何と言ってもHMB。HMBとは、体が筋肉を作るときに必要となる成分です。HMBは、本来ならまずロイシンという必須アミノ酸を食事から摂取し、そのロイシンから体内で生成される成分。食事から直接摂取するのは難しい成分です。

HMBをたっぷりと配合しているので、健やかな筋肉の生成を期待できます。筋肉量がアップすれば、基礎代謝も上がり、体力もアップします。「動ける体を維持したい」「筋肉量をアップさせて、活動的な生活を送りたい」という方におすすめの大人向け粉ミルクです。

2位:森永乳業 大人のための粉ミルク ミルク生活

森永乳業 大人のための粉ミルク ミルク生活

3,670円 (税込)

詳細情報
・1食分カルシウム:150mg ※ビタミンD:1.0μg
・1食分鉄:1.5mg
・その他特筆すべき栄養素:ラクトフェリン、ビフィズス菌BB536、シールド乳酸菌、中鎖脂肪酸、DHA、各種ミネラル類、各種ビタミン類など
・内容量:360g(約18回分)
・1回分およその価格:約203.8円 ※定期購入やまとめ買いなどでもっと割安に。
・1食分熱量:93キロカロリー
・味:甘さ控えめのミルク味

お腹への優しさを意識される方におすすめ!

胃腸の健康に自信がないという方におすすめしたいのが森永乳業の「大人のための粉ミルク ミルク生活」です。大人向け粉ミルクの中では珍しく、ビフィズス菌を配合しています。もちろんビフィズス菌の種類にもこだわっており、配合されているビフィズス菌BB536はしっかりと生きて腸まで届きます。

また、免疫力・抵抗力などに関係するラクトフェリンや、カルシウム・鉄などもしっかり配合されています。DHAや中鎖脂肪酸なども含まれています。「体を守る」ことを意識して栄養素をバランスよく配合しているのが特長。「最近、体調を崩しがち」「ボリュームたっぷりの食事はちょっとしんどくなってきた…」「特にお腹の調子を整えることを意識したい」という方におすすめの大人向け粉ミルク。

ただ、1食分のカロリーはやや高くなっているので、ダイエット中という方はその他の食品摂取で調整してください。また、1食分の単価もやや高いのが気になりますが、公式サイトでのまとめ買いや定期購入でもう少し価格を抑えることが可能です。注文が増えて在庫が少なくなると一時的に販売を休止することもあったほどの人気商品です!

1位:雪印ビーンスターク プラチナミルク for バランス

雪印ビーンスターク プラチナミルク for バランス

2,592円 (税込)

詳細情報
・1食分カルシウム:150mg ※ビタミンD:0.30μg
・1食分鉄:0.38mg
・その他特筆すべき栄養素:11種のビタミン、8種のミネラル、DHA14mg、タンパク質5.0mg
・内容量:300g(約15回分)
・1回分およその価格:172.8円
・1食分熱量:82キロカロリー
・味:やさしいミルク味

栄養バランスが絶妙!価格も抑え目で続けやすい大人向け粉ミルク

商品名で「for バランス」と銘打っているように、雪印ビーンスタークの商品3つの中で最も栄養バランスが良いのがこちらの商品です。雪印ビーンスタークは、90年以上の粉ミルク研究の歴史があるメーカー。牛乳と母乳の良いとこどりをしたような粉ミルクに仕上がっています。

1食あたりのエネルギーは82キロカロリーとやや高めではありますが、その分、カルシウムやビタミンD、鉄分もしっかり配合されていますし、11種のビタミンや8種のミネラルに加え、DHAやタンパク質の含有量が多いのが特徴です。現代人に不足している栄養素をギュッとバランスよく詰め込んでいるといった印象です。

また、雪印ビーンスタークが行ったモニター調査では約8割の方が飲みやすいと回答しており、安心してトライできる商品と言えるでしょう。価格も比較的抑え目なので、続けやすい大人向け粉ミルクになっています。「普段の栄養不足が気になる」「まずどれか大人向け粉ミルクを試してみたい」と考えている方におすすめです。

大人向け粉ミルクはこんな方におすすめ!

ランキングでもご紹介したように、大人向け粉ミルクとして販売されているものは、どの商品も全て栄養が添加されています。牛乳よりも栄養豊富な大人向け粉ミルク。特に飲んでほしいのは、こんな方です!

食が細い方

食が細い方
50~60代になってくると、若いころとは異なり、肉や魚などを食べ辛くなってきている方も多いようです。健康で活動的な生活を続けるには、必要な栄養素を毎日しっかり補給することが大切。大人向け粉ミルクは、50~60代の女性に不足しがちな栄養素を意識して配合しているので、食が細くなってしまった方の栄養補給に最適です!

栄養豊富な食事を作る時間がない方

栄養豊富な食事を作る時間がない方
大人向け粉ミルクは、50~60代の女性をターゲットに作られた商品ではありますが、その他の世代の方にもおすすめしたい優れた商品です。たとえば普段の朝食は牛乳にトーストしか準備できないという方でも、牛乳を大人向け粉ミルクに置き換えるだけで、グンと一食の栄養価がアップします。慣れない一人暮らしを始めた大学生や社会人のお子さんに、大人向け粉ミルクをプレゼントするのも「応援」になるでしょう。

牛乳を買い置きしても余らせてしまう方

牛乳を買い置きしても余らせてしまう方
一般的な牛乳の賞味期限は、製造後7日以内とされます。牛乳を買い置きしていても、つい飲み忘れて捨ててしまうことが多いという方にも大人向け粉ミルクはおすすめ。大人向け粉ミルクなら、開缶後の賞味期限は約1ヵ月とかなり長めです。また、個包装の1回使い切りタイプ商品もあります。

大人向け粉ミルクで簡単アレンジメニュー

大人向け粉ミルクは、美味しく飲めるよう味にも細心の注意を払って作られているため、お湯や水に溶かして飲むだけでOKです。が、たまには他の飲み方も試してみたい…という方のために、超簡単にできるアレンジメニューをご紹介しておきます。

コーヒーや紅茶に混ぜる

コーヒーや紅茶に混ぜる
メニューと言えるほどではないかもしれませんが、大人向け粉ミルクをコーヒーフレッシュ代わりにコーヒーに入れたり、紅茶に入れたりして飲んでもとても美味しいと好評です。また、ヨーグルトに加えても、甘味が増して美味しくいただけます。大人向け粉ミルクは、粉状なので何にでも手軽にプラスできるのが良いですね。

トーストに塗る

トーストに塗る
こちらも超簡単!大人向け粉ミルクは、通常、100ミリリットル前後の水かお湯で溶かして飲みますが、この水(お湯)の量をごく少量にして、粘りのある状態にすると、ジャムのようになります。これをそのままトーストに塗って焼くだけで、美味しくいただけます。

ミルクスムージーにする

ミルクスムージーにする
肉や魚は食べにくくなっていても、野菜や果物は毎日しっかり摂っているという方も多いのではないでしょうか。例えば、毎朝作っている野菜や果物たっぷりのスムージーの中に大人向け粉ミルクを加えれば、栄養価がぐんとアップしたミルクスムージーに変身!野菜や果物のみで作るスムージーよりもマイルドな味わいになって美味しいですよ。

料理に混ぜる

料理に混ぜる
1日に必要な栄養素をきちんと摂ることは健康キープで大切。ですが、毎食きちんと栄養素を考えて料理できているという方は少ないと思います。特に忙しい生活を送っている方の場合、時にコンビニやスーパー等で購入した総菜で食事を済ませることもあるでしょう。

そんなときに活用してほしいのが大人向け粉ミルク。例えば、コンビニで購入したカレーやシチュー、クリーム系パスタなど、ちょっと濃い目の味の料理にさっと大人向け粉ミルクを混ぜ込んでしまえば、ぐんと栄養価がアップした料理に変身します。大人向け粉ミルクの甘味も加わるので、カレーなどは深く煮込んだ感の味になりますよ。

スイーツ作りに使う

スイーツ作りに使う
スイーツ作りというとちょっと構えてしまうかもしれませんが、パンケーキや蒸しパンなど、普段よく作るスイーツがあれば、ぜひ大人向け粉ミルクをプラスしてみてください。ホットケーキミックスを使う場合は、大人向け粉ミルクの甘味が足されるため、普段よりやや甘めの仕上がりになります。薄力粉で作る場合は、大人向け粉ミルクの深い味わいにより、卵不使用でも美味しくいただけます。

こんな食品に混ぜるのもおすすめ!

ポタージュタイプのカップスープや、レトルトカレーを食べるときに大人向け粉ミルクを混ぜれば栄養価アップ。美味しいスープやカレー選びには、次の記事も参考にしてください。

まとめ

今回は、最近話題の大人向け粉ミルクについて特集しました。大人向け粉ミルクは、2017年11月現在、5商品のみですが、中には製造が追いつかないほどの人気商品も出てきています。今後、まだまだ種類が増えてくる予感大です!楽しみですね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す