1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 介護用品
  6. >
  7. 介護用オムツのおすすめ人気ランキング10選【パンツ・テープタイプも!】
  • 介護用オムツのおすすめ人気ランキング10選【パンツ・テープタイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 介護用オムツのおすすめ人気ランキング10選【パンツ・テープタイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 介護用オムツのおすすめ人気ランキング10選【パンツ・テープタイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 介護用オムツのおすすめ人気ランキング10選【パンツ・テープタイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 介護用オムツのおすすめ人気ランキング10選【パンツ・テープタイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

介護用オムツのおすすめ人気ランキング10選【パンツ・テープタイプも!】

介護をされる側にとってもする側にとっても、使いやすく質のいい介護用オムツは用意しておきたいもの。ですがユニ・チャームのライフリーやエリエールのアテントなど有名な商品を始め、数多くの介護用オムツが販売されているため、どれを選べばいいか迷ってしまう方もいらっしゃると思います。

そこで今回は介護用オムツの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介!サイズのラインナップや値段などさまざまなので、ぜひ比較して選んでみてくださいね。
  • 最終更新日:2020年05月01日
  • 61,656  views
目次

介護用オムツの選び方

介護用オムツを選ぶ際には利用者の使い心地の良さはもちろん、介護する側の使いやすさなどについてもチェックしたいポイントがいくつかあります。まずは介護用オムツの上手な選び方についてご紹介していきます。

ADL(日常生活動作)のレベルを考えて選ぶ

ADL(日常生活動作)のレベルを考えて選ぶ
介護用オムツの商品説明には医療・介護現場で使われる「ADL」という言葉が記載されています。商品を選ぶ際にはADLの区分を元にして「どんなタイプのオムツを選ぶか」をみていくと便利ですよ。介護用オムツを家庭で使用する場合はこの区分を目安にし、病院・介護施設で使いたいという場合は、看護師や介護士に利用者のADL区分を確認すると良いでしょう。

ちなみにこの「ADL」とは「Activities of Daily Living=日常生活動作」の略語です。日常生活動作とは、例えば食事や入浴・排泄・移動などのような、生活をする上で最低限必要な行動のことを意味します。ADLの区分は、一般的に病院では4つの分野(ベッド上の可動性・移乗・食事・排泄)をそれぞれ0~6点として、点数化して評価されています(点数が高い方が介護度が高くなります)。オムツのような介護用品を選ぶ際にも使うので、ぜひ知っておきたいですね。

大切にしたいのはやはり「利用者の使い心地」

介護は「する側」のことをしっかり考えるのも大変重要です。ただ、介護用オムツはやはり「利用する側」の使い心地が非常に重要でしょう。ここでは「利用者の使い心地」に配慮するためのチェックポイントを解説します。

サイズはしっかり確認!

サイズはしっかり確認!
市販されているオムツのほとんどは「男女兼用」ですが、ウエストサイズ・ヒップサイズはしっかりチェックすることをおすすめします。また足の付け根のギャザー部分の締め付け具合もきちんとチェックしましょう。この3つのサイズ(ウエスト・ヒップ・脚の付け根)がフィットすれば、オムツ利用で気になる最大のポイント「排せつ物のモレ」を防げる可能性がグッと上がります。

実際の利用者自身が介護用オムツを選べる場合は、自身のサイズを間違えることはほぼありません。しかし寝たきりの方のオムツを介護する側が選ぶ場合は、介護する側の「大体の感覚」でサイズを選んでしまいがちなため、排せつ物のモレやギャザーの締め付けによる不快感が発生することも。介護用オムツを使う場合は、素肌の状態で上記にご紹介した3つの部分のサイズを測っておくと良いでしょう。

肌荒れ予防を考えて、通気性の良い素材を選ぼう

肌荒れ予防を考えて、通気性の良い素材を選ぼう
介護用オムツは、長時間利用することが多い製品なので、使っていると肌荒れやかぶれが起きることがあります。このため、オムツを選ぶ際に利用者の肌の状態に合わせて、通気性の良さ・素材の柔らかさなどを考えることがとても大切。例えばセルロースナノファイバーが使われているものは吸収力があり、ニオイも防げて柔らかいためおすすめです。他にもナチュラルコットンを使用していたり、べたつきを抑えるために超吸収体を使っていたりと各社がさまざまな工夫をしていますから、肌質や好みも考えて選びたいですね。

もちろん介護用オムツも赤ちゃん用のオムツと同様に、日進月歩で改良されています。ただやはり介護用オムツでも利用者によって「合う・合わない」は出てくるもの。一度利用して肌荒れが起こった商品は素材をメモしておいて、新しいメーカーのものを試す時の参考にすると良いですよ。また、ネットなどで購入する際は口コミを参考にすることもお忘れなく!

見落としたくない「介護者の負担軽減」

介護用オムツをを購入する時にもう一つ大切なのは、「介護する側の負担軽減」もきちんと考慮すべきだということです。ここからは介護する側のためにチェックしておきたいポイントを解説します。

サポートしやすいのはテープタイプ?パンツタイプ?

サポートしやすいのはテープタイプ?パンツタイプ?
一般的に介護度の高い人にはテープタイプ、少しのサポートでOKな人にはパンツタイプが合うようです。ただ、テープタイプのパンツはテープ部分が肌に当たってかぶれる人もいます。こうした人の場合はパンツタイプの方が、結果的に介護者も利用者も気持ちよく使い続けられることが多いでしょう。

一方でパンツタイプはある程度自立した生活を送れる人には最適ですが、就寝中に使うとモレが気になるという声もあります。どのような状況で、どんな人に使うかを考えて使い分けるのがベストですね。

取り替え頻度に影響する「吸収可能量」も要チェック

取り替え頻度に影響する「吸収可能量」も要チェック
介護用オムツを選ぶ際には「吸収可能量=キャッチできる排尿量」をしっかりとチェックしておくことが大事です。現在市販されている製品の多くは、2〜3回(約300ml)までの排尿をキャッチできるとするものが多くなっています。製品によってキャッチできる量も異なりますので、家庭や介護者の状況に合わせて選んでいきましょう。ちなみに、一般的にはテープタイプのオムツの方が、パンツタイプより吸収可能量が多くなっていますよ。

介護をしている人は、日常を介護作業だけで過ごしているわけではありません。介護職の人も家庭で介護をしている人も、いつも相手に寄り添っていられるとは限りませんよね。オムツは排尿したらすぐに取り替えらるのが理想でしょうが、実際にはそうはいかない場合も多いものです。介護する側の生活リズムなども考慮しながら、オムツの吸収可能量を選ぶと良いでしょう。

収納を考えるなら、やはりコンパクトなものがベスト

収納を考えるなら、やはりコンパクトなものがベスト
介護用オムツはできるだけコンパクトなパッケージのもの・スリム設計のものがおすすめです。介護用オムツは大人が利用する製品であるため、1パックでも結構な大きさがあります。さらに毎日のことなので、いくつかまとめて買うこともありますよね。介護用オムツの収納場所に悩む方もかなりいらっしゃるようですので、収納のことも考えて、パッケージの大きさはしっかりチェックしておきましょう。

ただ利用者の状況によってはスリムな製品では排せつ物がモレやすくなる場合もありますよね。介護用オムツについては、スリムタイプ以外でも小さめなパッケージが用意されていることもありますから、このような点も確かめておくといいですよ。

複数商品の使い分けやまとめ買いも活用しよう

複数商品の使い分けやまとめ買いも活用しよう
現在市販されている介護用オムツの相場は、1枚当たり50円~70円ほどです。機能性が高い商品はやはり値段が高くなる傾向があるのですが、日々のことですから、コスパだって考えたいですよね。

なおコスパを考えるなら、利用者の肌が荒れている時はちょっとお高めの素材重視の製品を使う・普段用にはコスト抑えめの製品を使うというように、使い分けられるとより良いかもしれませんね。また、大量購入等の割引特典がある場合には利用するのも賢いでしょう。

さらに、介護用紙オムツは医療費控除の対象になる場合があります。対象となるかについては一定の条件があり、医師による証明書なども必要となってきますので、可能性がありそうな場合にはかかりつけの医師にご相談くださいね。

介護用オムツ(パンツタイプ)のおすすめ人気ランキング5選

人気の介護用オムツを、パンツタイプとテープタイプに分けてランキング形式でご紹介します。ADL区分や吸収量、使用する方の体型などに合わせて、ピッタリのオムツを見つける参考にしてくださいね。まずはパンツタイプから!


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月20日時点)をもとにして順位付けしています。

5位
ADL区分立てる・座れる
サイズ展開M~Lサイズ(ウエスト60~90cm) L~LL(ウエスト85~115cm)
性別男女共用
素材の通気性全面通気性
吸収可能量排尿5回分(1回の排尿量150mlとして)
パッケージのサイズ-
4位
ADL区分歩ける・座れる
サイズ展開Mサイズ(ウエスト60~90cm)
性別-
素材の通気性-
吸収可能量-
パッケージのサイズ-
3位
介護オムツ ユニ・チャーム ライフリー パンツタイプ うす型軽快パンツ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ユニ・チャームライフリー パンツタイプ うす型軽快パンツ

1,947円 (税込)

ADL区分1人で歩ける
サイズ展開S(ウエスト50~70cm)・M(ウエスト60~85cm)・L(ウエスト75~100cm)・LL(ウエスト90~125cm)
性別男女兼用
素材の通気性全面通気性
吸収可能量排尿2回分(1回の排尿150mlとして)
パッケージのサイズ-
2位
ADL区分1人で歩ける・座れる
サイズ展開SS~S(ウエスト45~75cm)・M~L(ウエスト60~90cm)・L~LL(ウエスト85~115cm)
性別男女共用
素材の通気性全面通気性
吸収可能量排尿3回分(1回の排尿量150mとして)
パッケージのサイズ-
1位
介護オムツ リブドゥコーポレーション リフレ はくパンツ ジュニア SS 1枚目
出典:amazon.co.jp

リブドゥコーポレーションリフレ はくパンツ ジュニア SS

1,100円 (税込)

ADL区分介助があれば歩ける・ 立てる・座れる
サイズ展開SS(ウエスト45cm~60cm)
性別-
素材の通気性全面通気性
吸収可能量排尿4回分(1回の排尿量150mlとして)
パッケージのサイズ285mm×270mm×165mm

人気介護用オムツ(パンツタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
介護オムツ リブドゥコーポレーション リフレ はくパンツ ジュニア SS 1枚目

リブドゥコーポレーション

2
介護オムツ 花王 リリーフ パンツタイプ  安心のうす型 1枚目

花王

3
介護オムツ ユニ・チャーム ライフリー パンツタイプ うす型軽快パンツ 1枚目

ユニ・チャーム

4
介護オムツ 白十字 サルバやわ楽パンツ 1枚目

白十字

5
介護オムツ 花王 リリーフ パンツタイプ たっぷり長時間 1枚目

花王

商品名

リフレ はくパンツ ジュニア SS

リリーフ パンツタイプ  安心のうす型

ライフリー パンツタイプ うす型軽快パンツ

サルバやわ楽パンツ

リリーフ パンツタイプ たっぷり長時間

特徴大人用パンツが大きい方や小柄な方にピッタリ消臭ストロングが臭いの発生をブロック!しっかりフィットする「背中、足ぐりピタッとギャザー」どんな動きにもフィット!漏れにくく締め付けないたっぷり吸収!長時間の外出などに最適
最安値
1,100
送料別
詳細を見る
2,493
送料無料
詳細を見る
1,947
送料無料
詳細を見る
1,360
送料要確認
詳細を見る
2,618
送料要確認
詳細を見る
ADL区分介助があれば歩ける・ 立てる・座れる1人で歩ける・座れる1人で歩ける歩ける・座れる立てる・座れる
サイズ展開SS(ウエスト45cm~60cm)SS~S(ウエスト45~75cm)・M~L(ウエスト60~90cm)・L~LL(ウエスト85~115cm)S(ウエスト50~70cm)・M(ウエスト60~85cm)・L(ウエスト75~100cm)・LL(ウエスト90~125cm)Mサイズ(ウエスト60~90cm)M~Lサイズ(ウエスト60~90cm) L~LL(ウエスト85~115cm)
性別-男女共用男女兼用-男女共用
素材の通気性全面通気性全面通気性全面通気性-全面通気性
吸収可能量排尿4回分(1回の排尿量150mlとして)排尿3回分(1回の排尿量150mとして)排尿2回分(1回の排尿150mlとして)-排尿5回分(1回の排尿量150mlとして)
パッケージのサイズ285mm×270mm×165mm----
商品リンク

介護用オムツ(テープタイプ)のおすすめ人気ランキング5選

続いて、体を横にしている状態が多い人に便利な、テープタイプの介護用紙オムツをご紹介していきます。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月20日時点)をもとにして順位付けしています。

5位
ADL区分介助があれば座れる・寝て過ごす時間が長い
サイズ展開S(ヒップ50cm〜75cm/体重40kgまで)・M(ヒップ70cm〜95cm/体重30kg〜60kg)・L(ヒップ90cm〜125cm/体重50kg以上)・LL(ヒップ90cm〜144cm/体重50kg以上)
性別男女共用
素材の通気性全面通気性
吸収可能量排尿5回分(1回の排尿量150mlとして)
パッケージのサイズ255×305×210mm(Mサイズ15枚)
4位
ADL区分立つことはできる・布団の上で座っていられる・自分で寝返りがうてる・自分で寝返りがうてない
サイズ展開S~M(ヒップ55~105cm) L(ヒップ70~125cm)
性別男女共用
素材の通気性全面通気性
吸収可能量M:約5回分・L:約6回分(1回の量を150mlとして)
パッケージのサイズ-
3位
介護オムツ ユニ・チャーム ライフリー 横モレ安心テープ止めタイプ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ユニ・チャームライフリー 横モレ安心テープ止めタイプ

1,304円 (税込)

ADL区分寝て過ごすことが多い
サイズ展開S(ヒップ56~90cm)・M(ヒップ67~106cm)・L(ヒップ81~128cm)・LL(ヒップ81~141cm)
性別男女兼用
素材の通気性全面通気性
吸収可能量排尿4回分(1回の排尿量150mlとして)
パッケージのサイズ-
2位
介護オムツ リブドゥコーポレーション リフレ 簡単テープ止めタイプ 横モレ防止 SSサイズ 1枚目
出典:amazon.co.jp

リブドゥコーポレーションリフレ 簡単テープ止めタイプ 横モレ防止 SSサイズ

2,261円 (税込)

ADL区分寝て過ごす
サイズ展開ヒップ50cm~85cm
性別-
素材の通気性全面通気性
吸収可能量排尿4回分(1回の排尿量150mlとして)
パッケージのサイズ315mm×355mm×210mm
1位
介護オムツ ユニ・チャーム ライフリー のびーるフィットうす型軽快テープ止め 1枚目
出典:amazon.co.jp

ユニ・チャームライフリー のびーるフィットうす型軽快テープ止め

1,527円 (税込)

ADL区分寝て過ごすことが多い
サイズ展開S~M(ヒップ56~106cm)・M~L(ヒップ81~128cm)
性別男女兼用
素材の通気性全面通気性
吸収可能量排尿2回分(1回の排尿量150mlとして)
パッケージのサイズ-

人気介護用オムツ(テープタイプ)の比較一覧表

商品画像
1
介護オムツ ユニ・チャーム ライフリー のびーるフィットうす型軽快テープ止め 1枚目

ユニ・チャーム

2
介護オムツ リブドゥコーポレーション リフレ 簡単テープ止めタイプ 横モレ防止 SSサイズ 1枚目

リブドゥコーポレーション

3
介護オムツ ユニ・チャーム ライフリー 横モレ安心テープ止めタイプ 1枚目

ユニ・チャーム

4
介護オムツ 王子ネピア ネピアテンダ うららか日和幅広テープ 1枚目

王子ネピア

5
介護オムツ 大王製紙 アテント背モレ・横モレも防ぐテープ式 1枚目

大王製紙

商品名

ライフリー のびーるフィットうす型軽快テープ止め

リフレ 簡単テープ止めタイプ 横モレ防止 SSサイズ

ライフリー 横モレ安心テープ止めタイプ

ネピアテンダ うららか日和幅広テープ

アテント背モレ・横モレも防ぐテープ式

特徴ゴム入りのテープで止めやすい・外れにくいこんなサイズが欲しかった!大人用では大きすぎる方におすすめ足まわりの3重ギャザーが頼もしい幅広いテープでサイドを面で固定!テープ同士の重ね付けもできるポケットとギャザーで背漏れ・横漏れを防ぐ
最安値
1,527
送料要確認
詳細を見る
2,261
送料無料
詳細を見る
1,304
送料要確認
詳細を見る
1,525
送料別
詳細を見る
2,400
送料無料
詳細を見る
ADL区分寝て過ごすことが多い寝て過ごす寝て過ごすことが多い立つことはできる・布団の上で座っていられる・自分で寝返りがうてる・自分で寝返りがうてない介助があれば座れる・寝て過ごす時間が長い
サイズ展開S~M(ヒップ56~106cm)・M~L(ヒップ81~128cm)ヒップ50cm~85cmS(ヒップ56~90cm)・M(ヒップ67~106cm)・L(ヒップ81~128cm)・LL(ヒップ81~141cm)S~M(ヒップ55~105cm) L(ヒップ70~125cm) S(ヒップ50cm〜75cm/体重40kgまで)・M(ヒップ70cm〜95cm/体重30kg〜60kg)・L(ヒップ90cm〜125cm/体重50kg以上)・LL(ヒップ90cm〜144cm/体重50kg以上)
性別男女兼用-男女兼用男女共用男女共用
素材の通気性全面通気性全面通気性全面通気性全面通気性全面通気性
吸収可能量排尿2回分(1回の排尿量150mlとして)排尿4回分(1回の排尿量150mlとして)排尿4回分(1回の排尿量150mlとして)M:約5回分・L:約6回分(1回の量を150mlとして)排尿5回分(1回の排尿量150mlとして)
パッケージのサイズ-315mm×355mm×210mm--255×305×210mm(Mサイズ15枚)
商品リンク

少しでも気持ちの良い介護を目指して

介護用紙オムツは、自立できている人でも介護度の高い人でも、気になるポイントがあります。それは「オムツのニオイ」。特に外からの訪問者がある場合、介護用紙おむつのニオイは「本当にニオっていないかしら」と心配になるものでしょう。こうしたにおいが気になると、友人を家に呼べなくなって高齢で引きこもりになったり、人とコミュニケートしないことで認知症になるリスクも上がってしまいます。

そうしたリスクを少なくするためにも、介護用オムツのニオイが気になる人は、防臭袋を使うことをおすすめします。より効果的に使うなら、オムツを新聞紙にくるんでから防臭袋に入れるのがおすすめ。こうすると、かなりニオイが抑えられますよ。さらにニオイが漏れにくいゴミ箱を利用するのもいいですね。利用者・介護者いずれのストレスも軽くできるよう、できるところから対策していきましょう!

介護用オムツの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、介護用オムツのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

さて今回ご紹介してきた、介護用オムツのランキングはいかがでしたでしょうか。高齢者にとって介護用オムツを使用することは自分の老いをまざまざと感じることであり、全く抵抗がないとは言えないものですよね。また、介護する側にとっても、排せつの介護は負担がかかることが多いものでしょう。

今回の記事を参考に、介護する側・される側どちらにとっても負担の少ない介護用オムツが選べることを心から願っています!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す