• 敷石のおすすめ人気ランキング10選【玄関ポーチ・ガーデニングに!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 敷石のおすすめ人気ランキング10選【玄関ポーチ・ガーデニングに!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 敷石のおすすめ人気ランキング10選【玄関ポーチ・ガーデニングに!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 敷石のおすすめ人気ランキング10選【玄関ポーチ・ガーデニングに!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 敷石のおすすめ人気ランキング10選【玄関ポーチ・ガーデニングに!】のアイキャッチ画像5枚目

敷石のおすすめ人気ランキング10選【玄関ポーチ・ガーデニングに!】

庭をおしゃれに演出する敷石。敷いた部分に雑草が生えるのを防ぐという効果もあり、上手に活用すると、殺風景なはずの庭が一気にグレードアップします。敷石の選び方次第で、和風にも洋風にもアレンジ可能。DIY初心者の方でも簡単です。庭の植物やガーデニングアイテムまで、より一層ハイセンスに見えますよね。

でも、いざ庭に敷石を敷こうとすると、タイルや御影石、ピンコロなど種類やデザインもさまざまで迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回はそんなお悩みに応えるべく、敷石の選び方と通販でも気軽に購入できるおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。敷石を使って、自宅のお庭を素敵な空間にしてくださいね!
  • 最終更新日:2019年12月09日
  • 46,609  views
目次

敷石の選び方

それでは、実際に敷石を購入する際に、これだけは外せないという選び方のポイントをご紹介していきます。

天然石 or FRP?風合いと扱いやすさが決め手

敷石の材質には天然石とFRP(繊維強化プラスティック製)があります。天然石は自然の風合いがあり、晴天の日と雨の日とでは違った雰囲気に見えるなど、日によって見え方が異なり味わいがあるのが特徴。耐火性・耐久性・耐冷害性にすぐれ、FRPよりも圧倒的に種類が多いのもメリットです。しかし、FRPと比較して、重たく価格が高くなります。

一方、どの日に見ても同じように見えるのが、FRP。何といっても天然石より軽量なため、女性でも簡単に敷けるのがメリットです。ただ軽量なため、並べただけでは固定されにくく、土に埋め込むように敷くことが必要。馴染むまでに1週間ほど要するので注意しましょう。

使い方に合った形を選ぼう

和風・洋風問わず、庭に使う敷石は様々な形があります。形次第で雰囲気がガラリと変わりますので、庭のイメージを固めてから購入しましょう。

スタンダードなのは角型の敷石。整然と並べたいときに最適

スタンダードなのは角型の敷石。整然と並べたいときに最適
敷石の中で最もポピュラーでスタンダードなのが、長方形・正方形の形をした「平板」。敷き詰めるときに楽なのがメリットです。ランダムに並べるのではなく、整然と並べたいときに使用するのがおすすめ。色のバラエティも豊富で、明るめのイエロー・ライトブラウン系・薄ピンク系やダークなグレー・ブラウン系など、色味によって大きく印象が変わるのも特徴です。

明るめな色は温かみがあって植物と調和しやすく、ダークな色味は庭が引き締まってシックな印象に。他の植物やガーデンツールとの相性も考えながら、選ぶようにしましょう。

テラスの舗装や小道に役立つピンコロ。おしゃれに演出したい方に

テラスの舗装や小道に役立つピンコロ。おしゃれに演出したい方に

出典:amazon.co.jp

天然石を立方体に切ったものが「ピンコロ」です。同じような形のピンコロを敷き詰めると、かわいい庭が完成。若干色の違うもの同士を組み合わせると、おしゃれに決まります。もちろん、平板タイプのものと組み合わせてもOK。模様のように見えて遊び心を演出できますよ。

ピンコロを使って花壇を立ち上げたり、小道を作ることも可能。庭のテラスの舗装などにも役立つ万能選手です。

飛び石に最適なステッピングストーン。遊び心を演出したい方に

飛び石に最適なステッピングストーン。遊び心を演出したい方に

出典:amazon.co.jp

ステッピングストーンは庭のアクセントに、足元のステップ代わりに大活躍。定番の丸型のほか、ハート型・クローバー型・楕円型や、ビスケットをイメージした個性溢れる形など様々な形があるのが特徴です。飛び石のように玄関から庭の端まで、何枚か敷石を並べて見るのも素敵ですよ。遊び心いっぱいのお庭を演出したい方におすすめです。

パズルストーンはDIY初心者におすすめ

パズルストーンはDIY初心者におすすめ
パズル型のストーンは組み合わせが楽チン。色々な形の敷石がセットで販売されています。最初から目地がぴたっと合うように天然石を加工しているので、レイアウトに頭を悩ませる必要がありません。庭先にちょっとした小道を作ってもおしゃれですね。DIY初心者の方にもおすすめです。

和風の庭には御影石がベスト!加工方法もチェック

和風・洋風と庭によって、雰囲気が異なります。和風の庭には御影石がベスト。色味が豊富で、庭の雰囲気に合わせて選ぶことができます。石の切り方によっても見え方が変わるため、加工方法も必ずチェックしておきましょう。

温かみがあるのはノミキリ加工

温かみがあるのはノミキリ加工

出典:amazon.co.jp

人の手によって切られたのが、ノミキリ加工。きちんとした直線ではないですが、人間らしい温かみのある見た目が特徴です。ただデコボコしているため、初心者が使う場合は、少し難しく感じるかもしれません。

DIY初心者でも並べやすく、シャープに見えるのは機械加工

DIY初心者でも並べやすく、シャープに見えるのは機械加工

出典:amazon.co.jp

機械加工の敷石は、DIY初心者におすすめです。機械で切断しているため、敷石の切り口が直線になっているのが特徴的。敷石を並べたときにきっちりと接着できるので、敷石を敷いたことがない方でも簡単ですよ。

表面が滑りにくくなるのは、ジェットバーナー仕上げと小叩き仕上げ

表面がツルツルしていると、雨が降って敷石が塗れているときに滑りやすく危険ですよね。表面の凸凹を加工する「ジェットバナー仕上げ」や「小たたき仕上げ」が施されているものなら、滑りにくくなり安心です。

ジェットバーナー仕上げは、表面にバーナーで火を短時間あてていくもので、もともと御影石の素材に含まれている鉱物の熱膨張率の違いを利用し、表面を粗く仕上げる方法。それぞれの敷石の厚みに約2~3mm程度のバラつきが出ます。 一方、小叩き仕上げは表面を少し叩くことで凹凸を作り、表面に多少の変化をもたらすものです。庭先などよく歩く場所に置く場合は、必ずチェックしておきましょう。

洋風の庭には、乱形石や磁器質タイルがおすすめ

次に、洋風の庭に使用するために最適な敷石についてご紹介していきます。

乱形は形や色がランダム。中級者レベルの方におすすめ

乱形石は天然石を割ったままの形で加工したもの。自然のものなので、形や色味がランダムなのが特徴です。明るめな色は洋風の庭にぴったり。ダークな色味のものは、和風の庭に使うことも可能です。ランダムに配置するならDIY初心者でもできますが、目地を合わせて敷き詰めるのは中級者レベル。目地の間にモルタルを流す作業があり、かなり手間がかかるため、取り掛かる場合は覚悟が必要です。

形が1枚ずつ異なるので、場合によっては敷いたときに隙間ができることも。施工時に加工されることや目地の換算の兼ね合いより、自分の庭の面積より1割から2割くらい余分にセットで購入することをおすすめします。

タイルは種類や色が豊富。個性的でスタイリッシュに仕上げたい方に

タイルは種類や色が豊富。個性的でスタイリッシュに仕上げたい方に

出典:amazon.co.jp

磁器質タイルの特徴は、他の敷石に比べると断然種類が豊富なこと。選び方・デザイン次第では、個性的でスタイリッシュな庭を作れます。汚れにくくお手入れも簡単なこともメリットですね。

ただし、床用・外壁用があるので注意が必要。床用には、砂岩や玄昌石のように表面に凸凹のある滑り止め加工がされています。撥水加工が施されているかも必ずチェックするようにしましょう。

自由自在にカットできるジョイントタイル。アレンジを楽しみたい方に

自由自在にカットできるジョイントタイル。アレンジを楽しみたい方に

出典:amazon.co.jp

ナイロンのネットでジョイントされているのが、ジョイントタイル。ハサミやカッターなどで自由自在にカットもできます。とくに、おしゃれな円形サークルなどを庭に作りたいときにおすすめ。敷くだけで円形・半円・楕円形など色々アレンジできるのが魅力です。

敷石のおすすめ人気ランキング10選

それでは選び方のポイントを踏まえて、ここからは、敷石のおすすめ人気ランキングを発表していきたいと思います。実際に、どのような敷石が人気なのか、参考にしてみてくださいね。
10位

サンガーデンエクステリアFRP軽量敷石(錆300)

2,700円 (税込)

サイズ・重さ約300×300×60mm/1.6kg
材質FRP
用途飛び石
9位

グリーンアーツ天然砂岩/1丁ピンコロ

11,664円 (税込)

サイズ・重さ9×9×9㎝/約2kg(60個)
材質天然砂岩(ピンコロ)
用途庭・玄関前の敷石・ガーデニング
8位

ガーデンプロジェクト天然石ウェスタンステップストーン

3,780円 (税込)

サイズ・重さ約幅40×奥行40×高さ5-8cm/18kg
材質天然石
用途飛び石
7位

ガーデンプロジェクト幸せを運ぶクローバーステップ

4,104円 (税込)

サイズ・重さ約幅20×奥行30×厚み3cm/4.1kg(2個セット)
材質コンクリート
用途飛び石
6位
サイズ・重さ600×300×60~70mm/約28.5kg(1枚当たり)
枚数10枚
材質天然石(白御影石)
用途和風の庭の飛び石・敷石
5位
サイズ・重さ100x100x10-15mm/約0.33kg
材質天然鉄平石
用途和洋の庭の敷石
4位

ガーデンプロジェクトラスクサークル 扇形 インナーABセット

4,968円 (税込)

サイズ・重さA1辺の長さ約30cm×厚み2.5cm/2.2kg・ B1辺の長さ約30cm/3.4kg
材質コンクリート
用途ガーデニング・洋風の庭の敷石
3位
サイズ・重さ9×9×9㎝/約2kg(30個)
材質天然石(御影石)・ピンコロ
用途庭のアクセント・花壇の土留
2位

グリーンアーツ乱形石 ツンドラグレー

7,290円 (税込)

サイズ・重さ厚20~30mm・1平米分/約40~50kg(4~7枚)
材質天然石(石英石)
用途ガーデニング・和洋の庭の敷石
1位

タイルオンライン御影石 ニューインパラ

950円 (税込)

サイズ・重さ300x300x13㎜/約3.4㎏
材質天然石(御影石)
用途和洋の庭の敷石・玄関ポーチ・ガーデニング

おすすめ人気敷石の比較一覧表

敷石を使うときのコツ

敷石を使用する上で、いくつか注意事項がありますので、順にお伝えしていきます。

ゴムハンマーで軽く叩くとよくなじむ

ご自身で決めたレイアウト通りに敷石を敷いた後は、地面になじませ落ち着かせるために、ゴムハンマーで敷石を少し叩いておきましょう。ただし、強く叩きすぎて敷石にひびが入ったり、割れたりすることもありますので、用心しながら叩いてくださいね。

目地砂利を用意しておくと便利

敷石を並べたときに、敷石と敷石の間を目地砂利で埋めるときれいに見えます。土を掘りながら石を埋めていくと、平坦な状態で並べることが難しいもの。敷石を地面の上に並べたあと、目地砂利で隙間を埋める方が、初心者の方には作業しやすいですよ。

DIY中級者以上ならセメントを用意!

DIY中級者以上ならセメントを用意!

出典:amazon.co.jp

乱形石を敷き詰める作業では目地を接着させる必要があるため、セメントを用意しておきましょう。セメントは説明書に書かれている調合を守って、水で練り、上からコテでならしていくだけでOK。単に敷石を並べることに比べたら、難度は高くなりますが、ハイセンスな素敵な庭が完成しますよ。

庭をもっとおしゃれに!

敷石でお庭をおしゃれに演出したら、小物や雑貨を使ってもっと魅力的な空間にしてみませんか?組み合わせ方はあなた次第!センスを活かし、インテリア感覚で素敵な庭を作っていきましょう。ぜひ、以下の記事で紹介しているアイテムも参考にしてくださいね。

敷石の売れ筋ランキングをチェック!

なお参考までに、敷石のAmazon売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

庭の敷石について、選び方のポイントやおすすめの人気商品についてご紹介してきました。和風か洋風かによってデザインが大きく異なり、敷石一つでずいぶんと庭の雰囲気が変わりますよね。

石の大きさ・形・デザインなどによって、どのようにも素敵な庭を演出することができます。ぜひお気に入りの敷石を見つけて、オリジナルな素敵な庭を作っていきましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す