1. TOP
  2. >
  3. DIY・工具
  4. >
  5. 作業用品
  6. >
  7. 【便利!】脚立のおすすめ人気ランキング10選
  • 【便利!】脚立のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【便利!】脚立のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【便利!】脚立のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【便利!】脚立のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【便利!】脚立のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【便利!】脚立のおすすめ人気ランキング10選

一つは持っておきたい便利な道具「脚立」。手の届かない収納棚から物を取り出す時などに重宝しますよね。他にも、電球交換・庭木の剪定・エアコン掃除・洗車など、屋内外で活用シーンは様々です。しかし、一見どれも同じように見える脚立にも、段数の違い・ハシゴ兼用・軽量仕様・折りたたみ式などバラエティに富んだ商品があることをご存知でしょうか?

今回は、意外と奥深い脚立の世界を詳しく解説。合わせて、ネット通販で購入できるおすすめの脚立をランキング形式で10商品ご紹介します。安定性・収納性・重さなどポイントをしっかりと押さえて、毎日がもっと便利になるあなたにぴったりの脚立を見つけましょう!便利な脚立ですが、使うときは、必ず使用方法を守ってくださいね。
  • 最終更新日:2020年05月13日
  • 86,403  views
目次

使いやすい脚立の選び方

屋内外問わず使用場面が幅広い脚立は、何といっても実用面を重視したいアイテム。実用的な脚立を選ぶときに重視したいポイントとして、「安全性の確保」「持ち運びのしやすさ」「収納の手軽さ」「脚のクッション性の良さ」の4つをご紹介したいと思います。

脚立なんてどれも同じでしょ…などと思わずに、ちょっとした細かいところもチェックして、安全に、そして便利に活用しましょう!

安全性が確保されているかをチェックする

安全性が確保されているかをチェックする
脚立は高所で作業をするための道具。一番に重視したいところは「安全性」ですが、脚立の安全性確保のしくみと言えば「開き止め金具」が一般的です。脚立を開いた時に開き止め金具でしっかりロックしておくと、脚の開閉による転倒の危険性が格段に下がります。個々がしっかり機能するかどうかをチェックしましょう。

合わせて、適切な使用方法も安全性を高めるポイント。天板に乗ったり、脚立から身を乗り出したりすると転倒や転落の危険があります。怪我をしないためにも「開き止め金具を確実にロック」し、「脚立の天板や足場に体をあてて安定させる」など、使い方にも気を付けて安全に使用してくださいね。購入時には、「SG」「A」「JIS」などの認定マークも要チェックです。

脚立の高さは作業場所・身長を考えて選ぶ

脚立の高さは作業場所・身長を考えて選ぶ
踏み台に近い2~3段タイプや上枠付きのバランスをとりやすい脚立も含め、脚立は天板に乗るものではありません。また、高所作業用の脚立の基本は、上から2~3段下に足を置き、空いた上の足場を体の支えにして使用します。そのため、その分を差し引いた高さの脚立を選ぶようにしてみてください。計算式で表すと以下のようになります。

【作業をする高さ】-【脚立を使う人の身長】+【体の支えにする足場の高さ(2段分を目安に)】=脚立の天板高さ

厳密に計算をする必要はありませんが、大きいものを選んでも持ち運びや収納に困るので、できるだけ小さく使い勝手の良い大きさの脚立を探してみてください。

持ち運びのしやすいサイズと重さを選ぶ

持ち運びのしやすいサイズと重さを選ぶ
最近の脚立は、アルミ製で軽量化されたものが多くなっていています。そのため、どちらかといえば持ち運びのしやすさを重視することをおすすめします。上部に取っ手があるものや、多少の重さがあってもクッション材のついているものなども、手にかかる負担が少なくてすむのでおすすめです。

合わせて、サイズも要チェック。特に屋内用に購入する場合、大きすぎる脚立を選んでしまうと持ち運びの際に壁や床を傷つけてしまう恐れもあるので、屋内使用か屋外使用かなども考慮してサイズを選んでみてくださいね。

収納時に面倒ではない設計であること

収納時に面倒ではない設計であること
屋内外問わず、収納するときの折りたたみに手間取ってしまうようなものは、せっかく購入しても不満が生まれる元になります。頻繁に使うのであれば、なおさら折りたたみの手間やサイズは重視したいところです。作業を終えて疲労感がある時に収納する場合なども考慮して、少ない力で折りたためる脚立や、コンパクトに折りたためて隙間に立てかけられるものなどを選んでみてくださいね。

脚のクッション性が良いモノを選ぶ

脚のクッション性が良いモノを選ぶ
屋内で使う脚立は、フローリングや畳などの床材を傷つけないように、脚立の足についているクッション材の働きが良いものを選ぶことをオススメします。

脚立を置いて作業をする時には、乗る人の体重がかかってしまうためクッション性の良さはよりお家に負担をかけないためにも、見ておいてほしいところです。また初期装備のクッション材に心配な方はカバーも販売されています。移動時にも引きずってしまう可能性があることも考慮して、脚部分のクッション材をチェックしてみてくださいね。

脚立のおすすめ人気ランキング10選

人気の脚立をランキング形式でご紹介します。今回は軽量タイプやはしご兼用のものなど、様々なタイプのものをピックアップしています。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月17日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
段数2段
天板高さ約60cm
本体重量約2.6kg
設置時本体サイズW43cm×D49cm
折りたたみ時サイズW43cm×D17cm×H64cm
9位
段数13段
天板高さ
本体重量
設置時本体サイズW43cm×H87cm
折りたたみ時サイズW44~47cm×H87cm
8位
段数4段
天板高さ112cm
本体重量約3.4kg
設置時本体サイズW52.2cm×D79.3cm
折りたたみ時サイズ
7位

マスダショップ脚立足場

3,800円 (税込)

段数1段
天板高さ60cm
本体重量約3.8kg
設置時本体サイズW99cm×D43.5cm
折りたたみ時サイズW71.2cm×D43cm×H16.5cm
6位
段数1段
天板高さ39cm
本体重量約1.8kg
設置時本体サイズW39cm×D32cm
折りたたみ時サイズW39cm×D5cm×H39cm
5位
段数8段
天板高さ約172cm
本体重量約18kg
設置時本体サイズ
折りたたみ時サイズW69cm×D25cm×H100cm
4位
段数4段×4
天板高さ199cm
本体重量約13kg
設置時本体サイズW68cm×D125cm
折りたたみ時サイズW68cm×D17cm×H211cm
3位
段数3段
天板高さ100.5cm
本体重量5.4kg
設置時本体サイズW40cm×D60cm
折りたたみ時サイズW40cm×D8cm×H114.5cm
2位
段数3段
天板高さ95cm
本体重量5.1kg
設置時本体サイズW41cm×D75cm
折りたたみ時サイズW41cm×D7.5cm×H105cm
1位
段数4段×4
天板高さ
本体重量約13kg
設置時本体サイズW38cm×D227cm
折りたたみ時サイズW38cm×D28cm×H123cm

人気脚立の比較一覧表

商品画像
1
脚立 WEIMALL(ウェイモール) 多機能はしご 1枚目

WEIMALL(ウェイモール)

2
脚立 ENICY 踏み台 脚立 折りたたみ 3段 1枚目

ENICY

3
脚立 アイリスオーヤマ 折りたたみステップ 1枚目

アイリスオーヤマ

4
脚立 長谷川工業 はしご兼用脚立 1枚目

長谷川工業

5
脚立 プライムダイレクト ステップエイト 1枚目

プライムダイレクト

6
脚立 モリーフ クラフタースツール 1枚目

モリーフ

7
脚立 マスダショップ 脚立足場 1枚目

マスダショップ

8
脚立 アルインコ 専用脚立 1枚目

アルインコ

9
脚立 SAILUN はしご兼用脚立 1枚目

SAILUN

10
脚立 長谷川工業 脚軽  1枚目

長谷川工業

商品名

多機能はしご

踏み台 脚立 折りたたみ 3段

折りたたみステップ

はしご兼用脚立

ステップエイト

クラフタースツール

脚立足場

専用脚立

はしご兼用脚立

脚軽

特徴足場用専用プレート付き。あらゆるシーンにおしゃれなカラーで部屋の雰囲気を損なわない鮮やかカラーと幅広ステップでおしゃれと利便性を両立幅広天板で工具も置けるあらゆるシーンに!8変化の万能脚立カラフルでかわいい踏み台式脚立軽量タイプなのに耐荷重150kg!使い勝手のよい4段。折りたたみが楽伸縮性に驚き!はしご兼脚立狭い場所での作業に。軽いのに安定感抜群
最安値
12,890
送料要確認
詳細を見る
4,980
送料要確認
詳細を見る
4,690
送料無料
詳細を見る
17,160
送料要確認
詳細を見る
21,890
送料別
詳細を見る
1,650
送料要確認
詳細を見る
3,800
送料要確認
詳細を見る
6,980
送料無料
詳細を見る
詳細を見る
5,474
送料要確認
詳細を見る
段数4段×43段3段4段×48段1段1段4段13段2段
天板高さ95cm100.5cm199cm約172cm39cm60cm112cm約60cm
本体重量約13kg5.1kg5.4kg約13kg約18kg約1.8kg約3.8kg約3.4kg約2.6kg
設置時本体サイズW38cm×D227cmW41cm×D75cmW40cm×D60cmW68cm×D125cmW39cm×D32cmW99cm×D43.5cmW52.2cm×D79.3cmW43cm×H87cmW43cm×D49cm
折りたたみ時サイズW38cm×D28cm×H123cmW41cm×D7.5cm×H105cmW40cm×D8cm×H114.5cmW68cm×D17cm×H211cmW69cm×D25cm×H100cmW39cm×D5cm×H39cmW71.2cm×D43cm×H16.5cmW44~47cm×H87cmW43cm×D17cm×H64cm
商品リンク

参考:上手に使い分けよう。脚立とよく似た道具あれこれ

脚立によく似た道具として、ちょっとずつ特徴の違うハシゴ類があります。用途に合ったものを選ぶことで、より使いやすくより安全に使用できるかと思いますので、参考にご紹介します。

「足場台」「踏み台」「ハシゴ」「三脚」の4種類の特徴と適した用途をご紹介しますので、幅広い目線で選び、使いやすい物を購入してくださいね!

足場台:窓の掃除や洗車に

足場台:窓の掃除や洗車に
天板が広くなっていて横の動きがしやすくなっているのが特徴の「足場台」。脚の高さを調整できるものもあり、段差などで不安定な場所も多い屋外での作業に向いています。折りたたみのできるタイプであれば収納スペースを狭くできるのも魅力です。

窓の掃除や洗車には足場台をおすすめします。車のトランクに積めるサイズの物を購入すると洗車時にとても便利ですよ!

踏み台:高所のものをとるときに

踏み台:高所のものをとるときに
80cm未満で、屋内での幅広い用途に使われることの多い「踏み台」。高いところの物をとったり、ちょっとした手の届きにくいところのお掃除をしたりと安定性もあるため、ひとつあれば何かと便利です。

また、デザインも豊富で、お子さんの日常生活の補助にもおすすめです。大人に近い目線で作られたトイレや洗面台などの家庭内の物を使いやすいように、年齢に合わせて高さを調整できる踏み台を選ぶとお子さんがより生活しやすくなるかと思います。

ハシゴ:脚立では届かない高いところに

ハシゴ:脚立では届かない高いところに
安全面に配慮できる環境で、脚立よりも高いところの作業が必要であればハシゴをオススメします。

2m程度の小型のものから10mを超える大型のものまでありますし、使用方法が「立てかけ」になるため屋外での使用がメインになります。安定性が乏しく、下で支える人がいないと危ないため、安全面の事を考えると高いところの作業をどうしてもしなければならない場合以外では避けた方が良いかと思います。

三脚:高い庭木のお手入れに

三脚:高い庭木のお手入れに
3点で支えることで少しの傾斜がある場所でもバランスがとりやすく安定性のある「三脚」。葉が茂って近付きづらくても脚がスマートで入り込みやすくなっています。ハシゴになっていない1点の長さ調整ができるものであれば、ある程度の傾斜がある場所にも活躍してくれることも魅力。

庭木のお手入れには、バランスのとりやすい「三脚」をおすすめします。
いかがでしたか?今回は「おすすめの脚立ランキング」をご紹介しました。安全性・耐久性・収納性など重視するポイントはそれぞれあるかと思います。使う頻度はそこそこあるけれど、頻繁に買い替えるものではないので、選び方のポイントを参考に、使いやすく自身の生活に合った脚立を見つけてください。

脚立の事故は案外多いため、使用するときは必ず説明書を読み、場合によってはヘルメットを着用し安全面に配慮して使用しましょう!

まとめ

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す