• コンビーフのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • コンビーフのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • コンビーフのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • コンビーフのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • コンビーフのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

コンビーフのおすすめ人気ランキング10選

塩漬けした牛肉で作られ、缶詰でおなじみの「コンビーフ」。そのまま食べてもおいしいですし、さまざまな素材とも合う便利な食材です。保存の効く缶詰のコンビーフは、スーパーの特売時などにまとめ買いをしている方も多いのではないでしょうか。ちなみに、日本でよく見かけるコンビーフは一般的に、牛肉を塩漬けにする→加熱する→肉をほぐす→油分やゼラチンなどで固めるといった工程でつくられています。

実はコンビーフには缶詰以外にもさまざまなパッケージがあり、味も製品によって異なります。そこで今回は、子供から大人まで多くの世代から支持されているおすすめのコンビーフをランキング形式でご紹介していきます。商品を見比べる時におさえておきたいポイントや、コンビーフのマメ知識などもぜひ参考にしてください!
  • 最終更新日:2020年01月13日
  • 29,672  views
目次

コンビーフの選び方

まずはコンビーフの上手な選び方のポイントをご紹介します。同じように見える商品ですが、各メーカーは原料や製法などに工夫を凝らし、他メーカーとの差別化をはかっています。コンビーフにまつわる基礎知識を交えながらご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

ヘルシー志向の方は原料や製法に着目

ヘルシー志向の方は原料や製法に着目
健康志向が高まるにつれて、油分をカットしたヘルシーなコンビーフを好む方が増えてきました。通常のコンビーフは牛脂が使われることが多いのですが、これをオリーブオイルに置き換えるといった工夫をしているメーカーも見受けられます。また油分の代わりにブイヨンを使い、油をほとんど使わずにまとめている商品もあります。

ダイエット中だったり、生活習慣病を予防したかったりなど、脂質の摂取を抑えたい場合は、原材料・製造法・カロリーなどの記載をチェックして、よりヘルシーに食べられるコンビーフを探してみましょう。

頻繁に使うなら開けやすい容器が便利

頻繁に使うなら開けやすい容器が便利
コンビーフが好きな人は、台形型の缶詰「枕缶」についている巻取り鍵を使って、キコキコと1周させながら開けるのも楽しみのひとつだと思います。ただ食べ終わった後に残る空き缶の処理は面倒ですし、量が多ければ捨てる時にかさばって大変ですよね。

最近はゴミ捨てに便利な枕缶型のプラスチック容器や、かさばりにくいパウチタイプのパッケージも多いですから、コンビーフを食べる頻度が高い方はぜひこちらも利用してみましょう。

賞味期限が長いものは備蓄に便利

賞味期限が長いものは備蓄に便利
コンビーフは商品によって、未開封でも1ヶ月以内の賞味期限のものもあれば、何年間も持つものまでさまざまです。パッケージの中では缶詰が一番賞味期限が長い傾向にありますが、最近はプラスチック容器でも3年程度持つものがあります。賞味期限が長いものはぜひ備蓄食料として、非常用持ち出し袋に入れておきましょう。

発色剤を使わない「無塩せき」もおすすめ

発色剤を使わない「無塩せき」もおすすめ
コンビーフの中で「無塩せき」をうたっている商品を見かけることがあると思います。市販の加工肉はおいしそうに見せるため、発色剤による色付けがされており、「塩せき」とは発色剤を使って塩漬けすることを指します。

スーパーなどでよく見かけるハムはきれいなピンク色をしていて、無添加のハムは肌色に近い色をしていますよね。これは発色剤を使っているか使っていないかの違いです。つまり「無塩せき」と書かれているコンビーフは、「発色剤を使用せずに製造された」商品だということです。できるだけ無添加のコンビーフを求めるなら、「無塩せき」も目安にすると良いでしょう。

ニューコンミートとの違いは肉の種類

店頭でコンビーフと並べて販売されているニューコンミートという商品を見かけたことはありませんか?この2つは見た目が良く似ていますが、内容は異なります。コンビーフは牛肉100%でつくられ、ニューコンミートは牛肉以外の肉を混ぜてつくられています。したがってニューコンミートのほうがコストが下がり、価格はお手頃です。

ニューコンミートで、牛肉以外の肉には馬肉が使われるのが一般的。牛肉が20%以上入っていればニューコンミートと呼べるので、代表的な商品は牛肉:馬肉=8:2ほどの割合でつくられています。なるべくコンビーフに近い味や食感を実現しているものの、比べてみるとニューコンミートの方は脂質が多めに感じられるようです。また馬肉の風味を抑えるためか、やや香辛料が強めという違いがあります。

海外ではフレッシュコンビーフが一般的

海外ではフレッシュコンビーフが一般的
日本ではコンビーフと聞くと、缶詰に入った保存食を思い浮かべる方がほとんどでしょう。しかしすでにご説明した通り、コンビーフとは塩漬けの牛肉という意味ですので、必ずしも食べやすくほぐしてあったり、缶に詰めたりするものではありません。

海外でのスタンダードは、塊肉の状態で完成するフレッシュコンビーフ。食卓に出される時には分厚いステーキやローストビーフのような見た目をしています。アメリカなどの現地で食べたフレッシュコンビーフのおいしさが忘れられず、日本に帰国後に通販で買い求めるという方もいるようです。

コンビーフのおすすめ人気ランキング10選

それではおすすめのコンビーフをランキング形式でご紹介していきます。近所のコンビニやスーパーでよく見かけるものも、普段なかなかお目にかかることができないものも、どどーんと一挙に10商品を厳選してみました。各商品のこだわりポイントや味の違いなどに着目しています。
10位
内容量340g
カロリー-
原材料牛肉、食塩、砂糖、発色剤(亜硝酸Na)
原産地ウルグアイ
商品サイズ高さ101×奥行85×幅64mm(梱包サイズ)
賞味期限-
保存方法直射日光を避け常温で保存
9位

K&K缶つまコンビーフハバネロソース味

360円

内容量80g
カロリー180kcal
原材料牛肉、オリーブ油、牛脂、ハバネロソース、加工油脂、食塩、ゼラチン、寒天、香辛料、カゼインNa(乳由来)、調味料(アミノ酸等)、発色剤(亜硝酸Na)、酸化防止剤(ビタミンC)、カラシ抽出物
原産地日本
商品サイズ高さ35×奥行80×幅80mm(商品サイズ)
賞味期限製造日より3年
保存方法直射日光を避け常温で保存
8位
内容量約800g
カロリー-
原材料牛肉(オーストラリア産)、(ブリスケット)、食塩、胡椒、にんにく、マスタード、シード、デルシード、コリアンダー、パプリカ
原産地-
商品サイズ-
賞味期限-
保存方法要冷凍-18℃以下
7位

門屋食肉商事 小田原産牛とろ旨コンビーフ

1,300円 (税込)

内容量200g
カロリー-
原材料牛肉、ゼラチン、食塩、ビーフコンソメ、香辛料、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、カラメル色素、酸味料、、発色剤(亜硝酸Na)、(原材料の一部に乳、小麦を含む)
原産地日本(神奈川県小田原市)
商品サイズ-
賞味期限製造日より180日
保存方法要冷凍-18℃以下
6位
内容量80g
カロリー95kal
原材料牛肉、ゼラチン、食塩、野菜エキス、砂糖、香辛料、増粘多糖類、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)
原産地-
商品サイズ高さ47×奥行64×幅80mm(商品サイズ)
賞味期限製造日より3年
保存方法直射日光を避け常温で保存
5位
内容量400g
カロリー-
原材料近江牛肉、ゼラチン、食塩、ブドウ糖、香辛料、調味料(アミノ酸)、酵素、発色剤(亜硝酸Na)、香料
原産地-
商品サイズ-
賞味期限冷蔵で20日、開封後3日以内
保存方法冷蔵保存10℃以下
4位
内容量75g×10袋
カロリー-
原材料牛肉(オーストラリア・ニュージーランド)、馬鈴薯(遺伝子組替不分別)、食塩、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸)、発色剤(亜硝酸Na)、(原材料の一部に大豆を含む)
原産地日本(沖縄)
商品サイズ高さ220×奥行120×幅120mm(梱包サイズ)
賞味期限製造日より1年
保存方法直射日光・高温多湿を避けて常温で保存
3位

ノベルズ食品十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ 3缶ギフトセット

3,880円 (税込)

内容量95g×3缶
カロリー-
原材料牛肉(すね・ネック)、牛脂、食塩
原産地国産(北海道十勝上士幌町)
商品サイズ高さ80×奥行95×幅95mm(梱包サイズ)
賞味期限製造日より2年
保存方法直射日光を避け常温で保存
2位
内容量90g×2個
カロリー151kal(1缶あたり)
原材料牛肉、牛脂、食塩、ゼラチン、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)
原産地-
商品サイズ高さ29×奥行76×幅144mm(梱包サイズ)
賞味期限製造日より3年
保存方法直射日光を避け常温で保存
1位
内容量100g×4個
カロリー243kal(1缶あたり)
原材料牛肉、牛脂、加工油脂、食塩、ゼラチン、砂糖、寒天、ガゼインNa(乳由来)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)
原産地山形県
商品サイズ高さ176×奥行70×幅52mm(梱包サイズ)
賞味期限製造日より3年
保存方法直射日光を避け常温で保存

おすすめ人気コンビーフの比較一覧表

商品画像
1
コンビーフ 川商フーズ ノザキのコンビーフ4個セット 1枚目

川商フーズ

2
コンビーフ 明治屋 おいしい缶詰 プレミアムほぐしコンビーフ 1枚目

明治屋

3
コンビーフ ノベルズ食品 十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ 3缶ギフトセット 1枚目

ノベルズ食品

4
コンビーフ 沖縄ハム総合食品 コンビーフハッシュ 10袋セット 1枚目

沖縄ハム総合食品

5
コンビーフ 千成亭  近江牛かのこちまきコンビーフ 1枚目

千成亭

6
コンビーフ 明治屋 脂肪の少ないコンビーフ スマートカップ 1枚目

明治屋

7
コンビーフ 門屋食肉商事  小田原産牛とろ旨コンビーフ 1枚目

門屋食肉商事

8
コンビーフ The Meat Guy 手作りコーンビーフブロック 1枚目

The Meat Guy

9
コンビーフ K&K 缶つまコンビーフハバネロソース味 1枚目

K&K

10
コンビーフ リビー コンビーフ 1枚目

リビー

商品名

ノザキのコンビーフ4個セット

おいしい缶詰 プレミアムほぐしコンビーフ

十勝ハーブ牛と塩だけで作ったコンビーフ 3缶ギフトセット

コンビーフハッシュ 10袋セット

近江牛かのこちまきコンビーフ

脂肪の少ないコンビーフ スマートカップ

小田原産牛とろ旨コンビーフ

手作りコーンビーフブロック

缶つまコンビーフハバネロソース味

コンビーフ

特徴文句なしのNo.1!日本のスタンダードビーフジャーキーのような食べ応え原料は牛と塩のみ!自然な旨味を堪能コンビーフ×ジャガイモで使い勝手バツグン素材にとことんこだわった上品な味低カロリー&扱いやすいパッケージが〇口の中でとろける食感にヤミつきフレッシュコンビーフがたっぷり味わえるピリ辛&さっぱり味でお酒がすすむ海外知名度No.1!コンビーフ缶の元祖
最安値
1,280
送料要確認
詳細を見る
506
送料要確認
詳細を見る
3,880
送料無料
詳細を見る
120
送料別
詳細を見る
3,240
送料要確認
詳細を見る
308
送料無料
詳細を見る
1,300
送料要確認
詳細を見る
3,260
送料要確認
詳細を見る
要確認
745
送料要確認
詳細を見る
内容量100g×4個90g×2個95g×3缶75g×10袋400g80g200g約800g80g340g
カロリー243kal(1缶あたり)151kal(1缶あたり)---95kal--180kcal-
原材料牛肉、牛脂、加工油脂、食塩、ゼラチン、砂糖、寒天、ガゼインNa(乳由来)、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)牛肉、牛脂、食塩、ゼラチン、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)牛肉(すね・ネック)、牛脂、食塩牛肉(オーストラリア・ニュージーランド)、馬鈴薯(遺伝子組替不分別)、食塩、砂糖、香辛料、調味料(アミノ酸)、発色剤(亜硝酸Na)、(原材料の一部に大豆を含む)近江牛肉、ゼラチン、食塩、ブドウ糖、香辛料、調味料(アミノ酸)、酵素、発色剤(亜硝酸Na)、香料牛肉、ゼラチン、食塩、野菜エキス、砂糖、香辛料、増粘多糖類、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)牛肉、ゼラチン、食塩、ビーフコンソメ、香辛料、調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、カラメル色素、酸味料、、発色剤(亜硝酸Na)、(原材料の一部に乳、小麦を含む)牛肉(オーストラリア産)、(ブリスケット)、食塩、胡椒、にんにく、マスタード、シード、デルシード、コリアンダー、パプリカ牛肉、オリーブ油、牛脂、ハバネロソース、加工油脂、食塩、ゼラチン、寒天、香辛料、カゼインNa(乳由来)、調味料(アミノ酸等)、発色剤(亜硝酸Na)、酸化防止剤(ビタミンC)、カラシ抽出物牛肉、食塩、砂糖、発色剤(亜硝酸Na)
原産地山形県-国産(北海道十勝上士幌町)日本(沖縄)--日本(神奈川県小田原市)-日本ウルグアイ
商品サイズ高さ176×奥行70×幅52mm(梱包サイズ)高さ29×奥行76×幅144mm(梱包サイズ)高さ80×奥行95×幅95mm(梱包サイズ)高さ220×奥行120×幅120mm(梱包サイズ)-高さ47×奥行64×幅80mm(商品サイズ)--高さ35×奥行80×幅80mm(商品サイズ)高さ101×奥行85×幅64mm(梱包サイズ)
賞味期限製造日より3年製造日より3年製造日より2年製造日より1年冷蔵で20日、開封後3日以内製造日より3年製造日より180日-製造日より3年-
保存方法直射日光を避け常温で保存直射日光を避け常温で保存直射日光を避け常温で保存直射日光・高温多湿を避けて常温で保存冷蔵保存10℃以下直射日光を避け常温で保存要冷凍-18℃以下要冷凍-18℃以下直射日光を避け常温で保存直射日光を避け常温で保存
商品リンク

おつまみにも料理にも使える缶詰にはこんなものも

コンビーフの他に、こんな缶詰も常備しておくと何かと使えます!

まとめ

今回は普段の料理やおつまみにもアレンジしやすいコンビーフをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。なかなか普段お目にかかれない珍しいコンビーフもランクインしました。

コンビーフを使ったアレンジレシピもいろいろありますた、例えばいつものカレーに少し加えるだけで長時間煮込んだホテルカレーのような深い味わいに変身します。ぜひ一度試してみてください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す