• 介護用シャワーチェアのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 介護用シャワーチェアのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 介護用シャワーチェアのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 介護用シャワーチェアのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 介護用シャワーチェアのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】のアイキャッチ画像5枚目

介護用シャワーチェアのおすすめ人気ランキング10選【折りたたみ式も!】

浴室内で椅子に座った状態で身体を洗えるようになる介護用シャワーチェア。メーカーによっては「シャワーベンチ」「入浴用いす」などとも呼ばれている、お風呂での介護用品です。島製作所や山善など多くのメーカーから販売されており、背もたれや肘掛けがついているもの、折りたたみ式のものなど種類も多く、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、介護用シャワーチェアの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介。お尻がヒヤッとしないクッション性の高いものから、軽量で扱いやすいものまで幅広く登場します。浴室の床に座って入浴するのはつらい、とお悩みの方は、快適に入浴ができるシャワーチェアを見つけてくださいね。


  • 最終更新日:2020年04月01日
  • 34,603  views
目次

介護予防・転倒防止に!シャワーチェアで安全な入浴を

介護予防・転倒防止に!シャワーチェアで安全な入浴を

立ったまま頭を洗うのがつらい、座る・立つの動作が不安定になってきた…。そんな方におすすめなのが、介護用シャワーチェア。介護保険で購入できる特定福祉用具の1つで、一般的に、通常のお風呂用のチェアよりも座面が高く、安定感があるのが特徴です。


足を大きく曲げなくても座れるので、膝への負担を減らすこともできます。また、シャワーチェアは姿勢を保持しやすく、バランスを崩して転倒するのを防ぐことにも効果的です。移乗などの介助が必要な場合でも、介助者が床まで腰を落とさずに行えるため、介助者側の負担軽減にもつながります。


介護用シャワーチェアは、滑りにくく安定性があるだけでなく、背もたれつき・肘掛けつきなど、種類が豊富。ご自身やご家族の身体状況に合わせて選ぶことができますよ。足腰に不安がある方は、ぜひシャワーチェアを備えて、安全・快適に入浴してくださいね。

介護用シャワーチェアの選び方

それではさっそく、介護用シャワーチェアの選び方について見ていきましょう。

身体状況にあわせてタイプを選ぶ

介護用シャワーチェアは、利用者の身体状況に合わせて選ぶことが大事です。ご自身やご家族の座位・立位の安定性を確認し、適切なものを選びましょう。

座位を保持できるなら、座面のみでもOK

座位を保持できるなら、座面のみでもOK

座っているのはつらくないが、座面の高いチェアがほしい方には、座面のみのタイプがおすすめ。座面のみとはいえ、通常のお風呂用チェアより頑丈で、お尻が滑り落ちないよう工夫されているものが多いです。


軽量でコンパクト、持ち運びもしやすいので、通常のお風呂用チェアと同じように使えて便利。安価な商品が多く手に入れやすいため、少しでも不安を感じているならば、試しに使ってみるのも良いでしょう。

座位が安定しない・つらい方には、背もたれつきを

座位が安定しない・つらい方には、背もたれつきを

座り続けると後ろに倒れてしまうという方は、背もたれつきのシャワーチェアを選びましょう。背もたれがあれば、安定感が増すため、姿勢の保持が難しい方でも安心。部屋の椅子に座るような感覚でシャワーが浴びられます。


また介助が必要な場合でも、万が一に備え、できるだけ背もたれ付きを選んでおくと安心です。今後背もたれが必要になる可能性がある方は、背もたれが取り外せるタイプのチェアを検討してみると良いでしょう。


なお、腰が曲がっていて背もたれでは不便な方は、腰当てがついているシャワーチェアがおすすめです。座面の背中側が少し出っ張っており、背中を邪魔せず腰を支えられるため、しっかり腰掛けることができますよ。

介助が必要な方や、ふらつきが強い場合は肘掛けが必須

介助が必要な方や、ふらつきが強い場合は肘掛けが必須

同じ姿勢を保つことが難しい方は、背もたれと肘掛けがついているシャワーチェアを選びましょう。入浴介助が必要な方でも、洗髪中は手を肘に置いておけるので左右への転倒リスクが軽減できるのがメリット。介護用シャワーチェアのなかでは、このタイプが一番安定感に優れています。


ただし、ある程度動作が安定している方の場合は、肘掛けがかえって邪魔になってしまう可能性も。移乗介助でも体に当たってケガを負うリスクがあるため、肘掛けを背もたれ側に跳ね上げられるタイプのチェアを選んでおくと便利です。

立ち上がりでふらつく方の洗身介助には、U字溝タイプが安心

立ち上がりでふらつく方の洗身介助には、U字溝タイプが安心

洗身時に立ち上がるのが不便な方を介助する場合は、U字溝シートになっているシャワーチェアを選びましょう。座面が縦に割れたような形になっているので、座ったままシャワーヘッドをさしこんで陰部を洗浄できるのがメリットです。


U字溝におしりが落ちてしまうのでは?と心配になるかもしれませんが、手すりをつかみながら座れば身体が座面の中央にくるように工夫されています。U字溝以外に、座面の前方だけU字に切り取られているタイプのシャワーチェアもありますよ。

⾼さ調整可能なチェアなら⾝⻑に合わせられる

⾼さ調整可能なチェアなら⾝⻑に合わせられる

座ったときに安定した姿勢を保つためには、楽な姿勢で座れる高さであることが重要です。椅子に腰掛けたときに、足の裏がしっかりと床につく高さを目安に選びましょう。


また、身長が高い、または低いために適切なチェアが見つからない場合は、座面の高さが調整できるものがおすすめです。多くの場合、チェアの足に空けられた穴に合わせて調整する仕組みになっているため、目安の高さに調整できるかどうかを確認しておきましょう。

痛みを感じにくいクッションつきがおすすめ

痛みを感じにくいクッションつきがおすすめ

座っているとお尻の骨が痛いという方は、座面の材質をチェックしておきましょう。ソフトパッドタイプやクッションつきの座面は、座り心地がよくお尻が痛くなりにくいのが魅力。


冷たさや痛みを感じにくい素材が使われているため、体が細い方でも快適に座ることができます。写真だけではなかなかわかりにくい場合は、ホームセンターなど実際に店舗で確認してみるのも良いでしょう。


また、クッションはシャワーチェアから取り外せるようになっている商品がほとんど。入浴後はクッションを外して干すことができ、汚れてしまっても手軽に洗えるので衛生的に使えます。

浴室でのサイズ感にも注目!折りたたみ式も便利

浴室でのサイズ感にも注目!折りたたみ式も便利

介護用シャワーチェア本体の大きさは、座りやすさだけでなく、お風呂場を圧迫しないサイズであることも大事。とくに、介助者と2人で入る場合は想像以上に広いスペースが必要になるため、どのくらいの大きさであればスムーズに移動・介助できるか確認しておくといいですね。脱衣所や浴室の入り口が狭い場合には、出し入れに不自由しないかも確認しておきたいポイントです。


もしも、どうしても十分なスペースを確保しにくい場合は、折りたたみできるものがおすすめです。片手で簡単に折りたためるものだと、立ち上がったタイミングで移動スペースを確保できるのでとても便利。折りたたんだまま自立するタイプなら、すべって倒れるリスクも減って使いやすさ抜群です。

介護用シャワーチェアのおすすめ人気ランキング10選

人気の介護用シャワーチェアをランキング形式でご紹介します。


なお、ランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年2月5日時点)をもとに順位付けしています。

10位
タイプ背もたれつき
高さ調整32~44cm(6段階)
座面クッションEVA
本体サイズ幅40~43×奥行41.5~44×高さ55~67cm
折りたたみ不可
9位
タイプ背もたれ・肘掛けつき
高さ調整38~51cm(6段階)
座面クッションポリエチレン
本体サイズ幅46X奥行42X高さ68~81cm
折りたたみ不可
8位
タイプ座面のみ
高さ調整39〜54cm(7段階)
座面クッション-
本体サイズ幅51×奥行26×高さ39~54cm
折りたたみ不可
7位
タイプ背もたれ付き
高さ調整35.5~50.5cm(7段階)
座面クッション-
本体サイズ幅50×奥行42×高さ68~87cm
折りたたみ不可
6位
タイプ背もたれ・肘掛けつき
高さ調整約36~41cm(3段階)
座面クッションEVA
本体サイズ幅51.5×奥行48~51.5×高さ66~71cm
折りたたみ
5位
タイプ背もたれつき
高さ調整36.5~49cm(6段階)
座面クッション-
本体サイズ幅51×奥行42×高さ73~85.5cm
折りたたみ不可
4位

山善コンフォートシャワーチェア

YS-7003SN

4,526円 (税込)

タイプ背もたれつき
高さ調整35.5~50.5cm(7段階)
座面クッションポリエチレン
本体サイズ幅42×奥行46×高さ67.5~82.5cm
折りたたみ不可
3位
タイプ背もたれ・肘掛けつき
高さ調整約42cm~54cm(6段階)
座面クッション-
本体サイズ幅43×奥行42×高さ73~85cm
折りたたみ不可
2位
タイプ背もたれ・肘掛けつき
高さ調整35.5~44.5cm(5段階)
座面クッションポリエチレン
本体サイズ幅50.5×奥行48~56×高さ67.5~77cm
折りたたみ
1位

山善 コンフォートシャワースツール

YS-7001SN

3,118円 (税込)

タイプ座面のみ
高さ調整35.5~50.5cm(7段階)
座面クッションポリエチレン
本体サイズ幅42×奥行40×高さ36~51cm
折りたたみ不可

人気シャワーチェアの比較一覧表

商品画像
1
介護用シャワーチェア 山善  コンフォートシャワースツール 1枚目

山善

2
介護用シャワーチェア 山善 コンフォート 折りたたみシャワーチェア 1枚目

山善

3
介護用シャワーチェア イー・エム・エー Sun Ruck シャワーチェア 1枚目

イー・エム・エー

4
介護用シャワーチェア 山善 コンフォートシャワーチェア 1枚目

山善

5
介護用シャワーチェア WEIMALL 背もたれつき介護用シャワーチェア 1枚目

WEIMALL

6
介護用シャワーチェア 島製作所 折りたたみシャワーチェア 楽湯7550ST 1枚目

島製作所

7
介護用シャワーチェア life_mart シャワーチェア 1枚目

life_mart

8
介護用シャワーチェア HOGO シャワースツール 1枚目

HOGO

9
介護用シャワーチェア Cific シャワーチェア 1枚目

Cific

10
介護用シャワーチェア サテライト 福浴軽量コンパクトシャワーチェア 1枚目

サテライト

商品名

コンフォートシャワースツール

コンフォート 折りたたみシャワーチェア

Sun Ruck シャワーチェア

コンフォートシャワーチェア

背もたれつき介護用シャワーチェア

折りたたみシャワーチェア 楽湯7550ST

シャワーチェア

シャワースツール

シャワーチェア

福浴軽量コンパクトシャワーチェア

特徴まずはスツールタイプでお試し!家族で使用できるのも◎利便性の高い、コスパ優秀なシャワーチェア組み立て簡単!背もたれ・肘掛け付きのシャワーチェアカラーは6パターン!見た目も機能性にもこだわるならコレ広い座面と背もたれで、ゆったり快適な座り心地!折りたたんでも自立する!衛生的なシャワーチェア高さの調節幅は約17cm!大柄な方にもおすすめ滑り止め加工された大きめの座面で安定感◎立つ・座る動作を楽にする大きめの手すり狭いお風呂でも介助者が動きやすいコンパクトサイズ
最安値
3,118
送料無料
詳細を見る
9,156
送料無料
詳細を見る
5,190
送料別
詳細を見る
4,526
送料無料
詳細を見る
3,680
送料要確認
詳細を見る
10,150
送料別
詳細を見る
4,680
送料別
詳細を見る
3,490
送料無料
詳細を見る
5,200
送料無料
詳細を見る
4,500
送料無料
詳細を見る
タイプ座面のみ背もたれ・肘掛けつき背もたれ・肘掛けつき背もたれつき背もたれつき背もたれ・肘掛けつき背もたれ付き座面のみ背もたれ・肘掛けつき背もたれつき
高さ調整35.5~50.5cm(7段階)35.5~44.5cm(5段階)約42cm~54cm(6段階)35.5~50.5cm(7段階)36.5~49cm(6段階)約36~41cm(3段階)35.5~50.5cm(7段階)39〜54cm(7段階)38~51cm(6段階)32~44cm(6段階)
座面クッションポリエチレンポリエチレン-ポリエチレン-EVA--ポリエチレンEVA
本体サイズ幅42×奥行40×高さ36~51cm幅50.5×奥行48~56×高さ67.5~77cm幅43×奥行42×高さ73~85cm幅42×奥行46×高さ67.5~82.5cm幅51×奥行42×高さ73~85.5cm幅51.5×奥行48~51.5×高さ66~71cm幅50×奥行42×高さ68~87cm幅51×奥行26×高さ39~54cm幅46X奥行42X高さ68~81cm幅40~43×奥行41.5~44×高さ55~67cm
折りたたみ不可不可不可不可不可不可不可不可
商品リンク

使用感が気になるなら、レンタルもおすすめ!

使用感が気になるなら、レンタルもおすすめ!

「介護用シャワーチェアを通販で買うのが不安」と感じている方は、一度同じ商品をレンタルして使用感を試してみるのもおすすめです。店頭で腰掛けるだけでなく、実際にお風呂で使用できるため、気付かなかったメリット・デメリットも見えてきます。ただし介護保険制度では、入浴補助用具は「特定福祉用具」として認められ、レンタルではなく購入の対象となります。1年間で10万円以内であればその製品を1~3割(所得によって異なる)の負担のみで購入できることも覚えておきましょう。


また、チェア全体の使用感ではなく「高さが合っているかどうかを知りたい」「座り心地が気になる」など限定的に試したい場合は、その高さや材質が同じ商品をレンタルすると良いでしょう。


レンタル料金は必要ですが、購入したチェアが合わずに買い替えることを考えると、体に合ったシャワーチェアをリーズナブルに入手する近道になりますよ。

自力での入浴が難しい方には「入浴用車椅子」を!

入浴時に介助が必要な方は、シャワーチェアだけでなく入浴用車椅子の購入も検討してみましょう。介助を前提に作られているので、浴室から脱衣所の移動がラクになる・移乗がしやすくなるなど介助者にとってもメリットが多くなります。以下のリンクで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

介護用シャワーチェアの売れ筋ランキングもチェック!

介護用シャワーチェアのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

元気なときには何でもなかった入浴が、筋力が衰えてくると大変になってきます。介護用シャワーチェアで膝や腰の負担を軽減できると、おっくうになりがちな入浴も楽しめますよね。入浴を手伝う方にとっても欠かせないアイテムになってくるので、双方が使いやすいと感じられるものを検討してくださいね。


監修(ランキングを除く):小山朝子 

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す