【徹底比較】スマホ防水ケースのおすすめ人気ランキング14選

【徹底比較】スマホ防水ケースのおすすめ人気ランキング14選

プール・海・お風呂などでスマホを水から守ってくれる「スマホ防水ケース」。Ankerやラスタバナナといった様々なメーカーの商品に加えて、ダイソーやセリアなどの100均で購入できるものも多く存在しますが、どの商品の性能が本当に優秀なのか気になりませんか?


そこで今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋上位のスマホ防水ケース14商品を全て集めて、最もおすすめなスマホ防水ケースはどれか、検証して決定したいと思います!

mybest編集部が全ての商品を実際に使って以下3点の比較・検証をしました。

  1. 防水性能
  2. スマホの操作性
  3. 使用感・質の良さ

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年04月02日更新
  • 360,024 views

検証のポイント

売れ筋のスマホ防水ケース14商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 防水性能

    検証① 防水性能

    まずは、防水ケースを選ぶ上で最も大切な「防水性能」について検証していきます。防水ケースの中に紙を入れた状態で浴槽に2時間浸けて、浸水しないかどうかをチェックしました。

  • スマホの操作性

    検証② スマホの操作性

    続いて、「スマホの操作性」について検証していきます。防水ケースに入れたiPhone7を水中・水上で操作し、液晶面のタッチ感度が良いかどうか・サイドボタンが押しやすいかどうか・ホームボタンが押せるかどうかなどをチェックし、総合的に評価しました。

  • 使用感・質の良さ

    検証③ 使用感・質の良さ

    最後に、「使用感・質の良さ」について検証していきます。ロックがしやすいかどうか・付属機能が充実しているかどうか・透明度が高いかどうかなどといった使用感や、ストラップやケース自体の質の良さなどをチェックし、総合的に評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    スマホ防水ケースの選び方

    比較検証の前に、まずはスマホ防水ケースを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① 目的にあった防水レベルを選ぶ

    目的にあった防水レベルを選ぶ

    水中での使用を目的とする場合には8級雨からスマホを守りたい場合には3級や4級など、目的に合った保護等級の防水ケースを選ぶようにしましょう。


    防水を謳っている商品に表示されている「IP○△」という数字は、防水の保護等級を表す国際基準です。○に該当する数字が防塵の保護等級を、△に該当する数字が防水の保護等級を表し、それぞれ数字が大きいほど保護性能が優れていることを示しています。なお、防塵・防水のどちらかのみに保護等級が付いている場合は、保護等級が付いていない方が「X」と表示されます。


    防水の保護等級ごとの性能は以下の通りです。

    • 0級:特に保護されていない
    • 1級:鉛直から落下する水滴による有害な影響はない(防滴Ⅰ形)
    • 2級:鉛直から15度程度で落下する水滴による有害な影響はない(防滴Ⅱ形)
    • 3級:鉛直から60度程度で落下する水滴による有害な影響はない(防雨形)
    • 4級:さまざまな方向からの飛沫による有害な影響はない(防まつ形)
    • 5級:さまざまな方向からの噴流水による有害な影響はない(防噴流形)
    • 6級:さまざまな方向からの強い噴流水による有害な影響はない(耐水形)
    • 7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水しない(防侵形)
    • 8級:継続的に水没しても内部に浸水しない(水中系)

    ② スマホがしっかり操作できるものを選ぶ

    スマホがしっかり操作できるものを選ぶ

    濡れた状態でも液晶面がしっかりタッチできる防水ケースを選びましょう。防水ケース自体が分厚すぎると、液晶面のタッチ反応が鈍ったり、スムーズに操作できないことがあるので注意が必要です。


    また、iPhoneを使っている人ならホームボタンが押せる薄い防水ケースだとより便利。ホームボタンが押せない場合は画面上にホームボタンを表示させる「Assistive Touch」設定をしなければなりませんが、その手間を省くことができます。

    ③ ロックがしやすいものを選ぶ

    ロックがしやすいものを選ぶ

    ロックの構造がなるべくシンプルな防水ケースを選びましょう。


    特に、入り口部分に備え付けられた2つの部品をパチッと留めるタイプがおすすめ。とにかく手軽で、濡れた状態でもスマホを簡単に出し入れできるので、常に快適に使用できます。


    一方、何重ものジッパーを締めた上でくるくると巻き、マジックテープで留めるタイプはあまりおすすめできません。入り口部分が長くなっているためスマホが入れづらく、単純に装着に時間がかかります。また、ジッパー部分に水が溜まったりマジックテープが湿ったりするのも不快です。

    ④ 使用シーンに合わせて選ぶ

    防水ケースを使う主なシーンとして、プールお風呂が挙げられます。それぞれのシーンでの使用に最も適した防水ケースを選びましょう。

    海:質の良さを重視して。水に浮くタイプであればより安心

    海:質の良さを重視して。水に浮くタイプであればより安心

    海に行くならしっかりとしたスマホの紛失対策が必要なので、まずは何より防水ケース自体の質の良さを重視して選んでください。万が一水中に落としてしまった時のため、スマホを入れた状態でも水に浮くタイプならより安心です!


    特に、ストラップとストラップをケースに装着する部品の質は要チェック。ストラップ部分がチープな造りになっていると、荒波に揉まれた際に故障してしまう危険性があるので注意が必要です。ストラップが二重構造になっているものや、頑丈なカラビナがついているものを選ぶのがおすすめです。

    プール:持ち運びやすさ重視でOK!写真撮影するなら透明度の高さにも注目

    プール:持ち運びやすさ重視でOK!写真撮影するなら透明度の高さにも注目

    プールではスマホを首に下げたまま動き回ることが多くなるため、なるべく軽くてコンパクトなものを選ぶと良いでしょう。


    また、写真撮影・水中撮影をすることが多い人は透明度が高いものを選んでください。防水ケース自体が曇っていると、曇りがかったような写真しか撮れなくなってしまいます。


    さらに、自撮りメインで使いたいなら、浮き輪やフチの飾りなどが付いていない、シンプルでスリムなものがおすすめ。片手操作がしやすくなる上にサイドボタンが押しやすくなるので、ラクに自撮りができておすすめです。

    お風呂:シンプル構造のものがベスト。スタンド付きならより便利

    お風呂:シンプル構造のものがベスト。スタンド付きならより便利

    お風呂で使用するなら簡単に扱えるシンプル構造のものがベスト


    ロック部分が複雑だったりコインケースなどの余計な機能が付いていると、自然乾燥しにくい部分が出てきてしまうので、毎日の使用にはおすすめできません。


    また、動画鑑賞をよくする人ならスタンドが付いているものだとより便利です。

    売れ筋の人気スマホ防水ケース全14商品を徹底比較!

    スマホ防水ケースの検証

    ここからはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋ランキング上位のスマホ防水ケース全14商品をすべて集めて、どれが最も優れたスマホ防水ケースなのかを検証していきます。


    上記のスマホ防水ケースの選び方のポイントを踏まえ、検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:防水性能

    検証②:スマホの操作性

    検証③:使用感・質の良さ

    今回検証した商品

    1. アンカー・ジャパン|Anker Waterproof Case
    2. ラスタバナナ|防水ケース
    3. WKデザイン|水に浮く防水ケース
    4. LESGO|防水ケース
    5. weierda|防水ケース 2個セット
    6. アークインターナショナル|EXCASE
    7. Deamo|防水ケース 2個セット
    8. Hamee|DIVAID 防水ケース
    9. YOSH|防水ケース
    10. TSUNEO|防水ケース
    11. セリア|防水ケース
    12. ダイソー|スタンド防水ケース
    13. ダイソー|防水ケース
    14. キャン ドゥ|防水ケース

    検証① 防水性能

    防水性能

    まずは、防水ケースを選ぶ上で最も大切な「防水性能」について検証していきます。


    防水ケースの中に紙を入れた状態で浴槽に2時間浸けて、浸水しないかどうかをチェックしました。

    【検証結果ハイライト】「完全防水ではありません」と書かれている防水ケースは30分が限界

    【検証結果ハイライト】「完全防水ではありません」と書かれている防水ケースは30分が限界

    今回検証した防水ケースのほとんどが2時間水中に沈めても浸水することなく、十分な防水性能を備えていました。


    しかし、「完全防水ではありません」「水中で使用しないでください」と記載がある防水ケースについては30分が限界。メーカーが謳っているとおり長時間の水中使用はできなかったので、お風呂での動画視聴など水上での使用のみに留めましょう。


    中でも「ダイソー|スタンド防水ケース」は浴槽に沈めた5分後には浸水してしまったので、水中使用はもってのほか。万が一水中に落としてしまった場合は、すぐに水上に引き上げてください。

    検証② スマホの操作性

    スマホの操作性

    続いて、「スマホの操作性」について検証していきます。


    防水ケースに入れたiPhone7を水中・水上で操作し、液晶面のタッチ感度が良いかどうか・サイドボタンが押しやすいかどうか・ホームボタンが押せるかどうかなどをチェックし、総合的に評価しました。

    【検証結果ハイライト】ホームボタン周りの素材が薄い防水ケースが超便利!

    【検証結果ハイライト】ホームボタン周りの素材が薄い防水ケースが超便利!

    ホームボタン周りだけ素材が薄い防水ケースが断然使いやすいです。防水ケースを装着したままホームボタンが押せるので、画面上にホームボタンを表示させる「Assistive Touch」設定をしなくて済みます。


    全体的に素材が薄い防水ケースだと、素材が薄くなっている部分に位置を合わせずともホームボタンが押せるので便利です。ただし、薄いゆえに防水性能や耐久性が低い商品もあるので、ホームボタン周り「だけ」薄いものの方がより安心でしょう。

    検証③ 使用感・質の良さ

    使用感・質の良さ

    最後に、「使用感・質の良さ」について検証していきます。


    ロックがしやすいかどうか・付属機能が充実しているかどうか・透明度が高いかどうかなどといった使用感や、ストラップやケース自体の質の良さなどをチェックし、総合的に評価しました。

    【検証結果ハイライト】フチにフレームが付いている=水に浮く構造ではないので注意!

    【検証結果ハイライト】フチにフレームが付いている=水に浮く構造ではないので注意!

    水に浮く防水ケースを選ぶ際、ただのデザインとしてフチにフレームが付いているだけの商品と見た目が似ていて紛らわしいので、見た目だけで判断するのはやめましょう。


    パッケージや説明書に「水に浮く」と記載があるかどうか、フレーム部分に空気が入っているかどうかを必ずチェックしてください。


    なお、今回検証した商品の中で水に浮くタイプのものは以下の3点です。

    • WKデザイン|水に浮く防水ケース
    • Hamee|DIVAID 防水ケース
    • weierda|防水ケース
    No.1

    アンカー・ジャパンAnker Waterproof Case

    999円

    総合評価

    5.00
    • 総合評価: 5.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 5.0
    • 使用感・質の良さ: 5.0

    どんなシーンにも最適な万能防水ケース!シンプルながらも最強の使い心地を誇るマイベストのイチオシ商品はコチラ!!

    全項目で最高評価を獲得した超万能な防水ケースが第1位に輝きました!!


    片手でもスマホ操作がしやすいスリムなサイズ感で、持ち運びにピッタリ!頑丈なビニール素材なのにも関わらず、ホームボタンがどの位置でも押せるという神仕様。おまけにロックも簡単で、使用感の良さはダントツでトップです!


    ストラップが二重になっているなど全体的に造りがしっかりしていて、大切なスマホを安心して預けられる質の良さも魅力。マイベストが自信をもっておすすめする防水ケースです!

    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.2

    ラスタバナナ防水ケース

    1,108円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 総合評価: 5.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 5.0
    • 使用感・質の良さ: 5.0

    夏のレジャーで大活躍間違いなし!全項目において優秀な性能で納得の第2位!!

    防水性能・操作性・使用感・質の良さ、全てにおいて優秀な評価を獲得した防水ケースが納得の第2位を獲得しました!


    ホームボタン周りだけ薄い素材でできているため、防水ケースの上からでも押せるのが便利。サイドボタンもかなり押しやすいので水中撮影もしやすいです。


    また、お金を入れるポケットが付いているため、海やプールなど夏のレジャーで大活躍すること間違いなし。購入して損はありません!

    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.3

    WKデザイン水に浮く防水ケース

    1,050円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 3.0
    • 使用感・質の良さ: 5.0

    海で遊ぶならコレ!水に浮く上にストラップやロック部分の質も良いので安心感高め

    水に浮く「フローティング構造」が採用されており、空気の入ったフチ部分が浮き輪の役割を果たします。もし海などで落としてしまっても、スマホの重みで沈む心配がありません


    ストラップやロック部分など、全体的にしっかりとした造りで安心感がある点が魅力。海やプールなどでしっかりとスマホを守ってくれること間違いなしです!

    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.4

    LESGO防水ケース

    799円

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 3.0
    • 使用感・質の良さ: 3.0

    ナイトプールもOKな「光る」防水ケース。ただしサイズが合わないデバイスも…

    蛍光塗料が塗られたフレームが暗闇で発光するので、ナイトプールなどで大活躍します!黒・橙・藍色のうち、黒のみ発光しないので購入の際は気をつけましょう。


    ホームボタン部分が薄い素材で作られているため、ケースを付けたままでも押せる点が便利。ただし、iPhone7Plus・8Plusで丁度良い大きめサイズなので、iPhone7・8だとホームボタンの位置がぴったり合わず面倒です。

    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.5

    weierda防水ケース 2個セット

    1,299円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 3.0
    • 使用感・質の良さ: 3.0

    ストラップの造りが気になるものの、操作性は問題なしでコスパはよい

    タッチ感度は可もなく不可もなくといったところ。サイドボタンの押しづらさもそこまで感じず、不便さもありません。水に浮く仕様なのも便利です。


    薄っぺらいストラップの造りが若干不安ですが、2個セットで約1000円という値段を考えればコスパがよいといえる商品です。

    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.6

    アークインターナショナルEXCASE

    2,145円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 総合評価: 4.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 4.0
    • 使用感・質の良さ: 2.0

    片手で持ちやすいスリムボディ。ただし、スマホを取り出そうとすると高確率で濡れる

    フチに余計な装飾がなく全体的にスリムな造りで、片手でもスマホの操作がしやすいのがメリットです。


    ジッパー部分をくるくると巻いてマジックテープで留めるタイプ。隙間に水が溜まりやすく、スマホを取り出す際に高確率で濡れてしまうのが使いづらいです。

    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.7

    Deamo防水ケース 2個セット

    1,080円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 2.0
    • 使用感・質の良さ: 3.0

    頑丈な編み込みタイプのストラップで安心感あり!水に浮く仕様ではないので注意

    一見フチ部分に空気が入っているように見えますが、実際はただの模様。水に浮く仕様ではないので注意してください。ストラップが編み込まれているためかなり頑丈で安心感があります。
    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.8

    HameeDIVAID 防水ケース

    2,160円

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 2.0
    • 使用感・質の良さ: 3.0

    とにかく重くて大きく持ち運びに不便。頑丈な造りで水に浮きやすいのは◎

    とにかく重くて大きく、長時間首から下げて持ち運ぶには不向きです。ケース本体やストラップなどの造りは非常に頑丈で、ケース全体が空気を含んでいるので水に浮くのもメリットです。
    防水レベルIP68
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.9

    YOSH防水ケース

    799円

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 2.0
    • 使用感・質の良さ: 3.0

    ストラップの造りが不安。サイドボタンもかなり押しづらい

    ストラップが非常に薄くてペラペラで縫製も雑なため、不安感が拭えません。また、ケースのフチにやや硬めの素材が使われているせいか、サイドボタンがかなり押しにくいです。
    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.10

    TSUNEO防水ケース

    999円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 5.0
    • 使用感・質の良さ: 1.0

    ラップのような素材でスムーズにスマホの出し入れができない

    ラップのような薄い素材がスマホにまとわりつき、出し入れがスムーズにできません。濡れている手では尚更うまくいかずイライラします。ただ、素材が薄いためホームボタンが押せるのは便利です。
    防水レベルIPX8
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.11

    セリア防水ケース

    110円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 防水性能: 5.0
    • 操作性: 2.0
    • 使用感・質の良さ: 2.0

    特大サイズで使いづらい。使い捨て用としてならアリ

    片手で操作できない中途半端に大きいサイズ感で使いづらい上に、ケースのフチやストラップの処理の甘さが不安を煽ります。100円なので使い捨て用として購入するならアリでしょう。
    防水レベル-
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.12

    ダイソースタンド防水ケース

    110円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 総合評価: 3.0
    • 防水性能: 1.0
    • 操作性: 3.0
    • 使用感・質の良さ: 4.0

    お風呂での動画視聴に便利なスタンド型。ただし防水性能は皆無

    お風呂で動画視聴を楽しむ際などに便利なスタンド付きの防水ケース。水中では5分も耐えられないので、水中に落としたらすぐに拾うようにしましょう。
    防水レベル-
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.13

    ダイソー防水ケース

    110円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 総合評価: 2.0
    • 防水性能: 2.0
    • 操作性: 4.0
    • 使用感・質の良さ: 1.0

    非常に簡素な作りで、防水性能は低評価だった

    見た目・素材・機能、どれをとっても非常に簡素な造りで、防水性能は低評価となりました。水中では30分も耐えられないので、海やプールなどに持っていくのは心もとないといえそうです。

    防水レベル-
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-
    No.14

    キャン ドゥ防水ケース

    110円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 総合評価: 1.0
    • 防水性能: 2.0
    • 操作性: 1.0
    • 使用感・質の良さ: 2.0

    入り口部分のジッパーが硬すぎて開閉時に指を痛めてしまう

    一見しっかりした造りに思えますが、実際は30分で水がかなり入ってしまいました。入り口部分のジッパーが硬すぎるので、開け閉めするたびにかなり痛い思いをします。
    防水レベル-
    タイプ-
    ロッドの長さ-
    その他-
    重さ-

    人気スマホ防水ケースの検証結果比較表

    スマホ防水ケースの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、スマホ防水ケースのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    今回は売れ筋上位のスマホ防水ケース14商品を徹底的に比較検証しました!


    海でガッツリ遊びたい場合は水に浮くもの、プールなどお金を使う場面が多いならコインケース付きのもの、お風呂で動画鑑賞を楽しみたい場合はスタンド付きのものなど、利用用途に合わせて選ぶのがおすすめです。


    今回の記事でご紹介した選び方や検証結果を参考に、自分にピッタリのものを見つけてくださいね!


    文:佐藤歩海、写真:友松利香・三浦晃一

    ランキング作成日:2019/03/28

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す