• のし台のおすすめ人気ランキング10選【パン・お菓子作りに】のアイキャッチ画像1枚目
  • のし台のおすすめ人気ランキング10選【パン・お菓子作りに】のアイキャッチ画像2枚目
  • のし台のおすすめ人気ランキング10選【パン・お菓子作りに】のアイキャッチ画像3枚目
  • のし台のおすすめ人気ランキング10選【パン・お菓子作りに】のアイキャッチ画像4枚目
  • のし台のおすすめ人気ランキング10選【パン・お菓子作りに】のアイキャッチ画像5枚目

のし台のおすすめ人気ランキング10選【パン・お菓子作りに】

クッキーやパン生地を伸ばす際、欠かすことのできないのが「のし台」です。「ペストリーボード」あるいは「パンこね台」とも呼ばれており、オーソドックスな木製や大理石製、最近ではお手入れが簡単でオーブンでも使用できるシリコン製など種類も豊富。目盛り付きののし台を使えば、生地の成形も格段に楽になること間違いなしです。

そこで今回は市販・通販で購入できるおすすめののし台を、価格・素材・使い心地・お手入れのしやすさなどで徹底的に比較し、本当におすすめできる商品のみをランキング形式でご紹介します!また、どれを選んだら良いかわからないという方のために、選び方のポイントも解説しますので、合わせて参考にしてくださいね。使い勝手抜群ののし台を使って、本格的なパン作りにチャレンジしてみませんか。

この記事に登場する専門家

momo
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 50,517  views
目次

のし台の選び方

一口にのし台と言っても、さまざまな商品があるため、一体どれを選んだら良いか迷ってしまうという方も多いと思います。そこでまずは、賢い「のし台」の選び方をお伝えしていきます。これさえ読めば、あなたに最適なのし台が見つかること間違いなしですよ!

用途・使い心地に合わせて材質を決めよう

のし台の素材・材質により、使いやすさや適した生地が異なるって知っていましたか?ここでは主な素材・材質である「木」「大理石」「シリコン」ののし台の特徴や、メリット・デメリットを解説していきますので、どのタイプがあなたのスタイルに合っているのか見極めていきましょう。

温度を保ちたいなら木製がおすすめ

温度を保ちたいなら木製がおすすめ
リーズナブルで初心者でも選びやすいのが、木製ののし台です。生地の温度を保つことができますので、捏ね上げの際の温度調節が重要なポイントとなるパン作りにも最適です。

しかし、生地がくっつきやすく、かなりの量の打ち粉が必要でお手入れも大変。また水にぬれると乾きにくく、保管状態によってはカビが生えてしまう可能性があるため、しっかりと乾燥させてから収納することが大切です。

ただ中には表面に加工を施し、生地がくっつきにくい商品も。お手入れを楽に済ませたいという方は、そのような商品を選ぶのもおすすめです。

バターたっぷりな生地作りに最適!大理石製

クロワッサン・デニッシュ・クッキー・パイなど、バターがたくさん入った生地作りに最適なのが、大理石製ののし台です。その理由は、大理石が冷たくて温かくなりにくい素材だから。生地に熱が伝わってしまうのを防ぎ、冷たい状態のまま捏ねることができるため、バターがたっぷり入った生地でもベタ付かず作業が行えるんです!

ただし、生地が冷えやすいことから、捏ね上げるときの温度調節が重要なパンを作るときにはあまり適していません。また重量がありますので、保管が大変なのが難点です。

大理石には、天然大理石と人工大理石がありますが、天然のほうが熱に強く耐久性も高くなっています。長期間使い続けられるものを選びたいという方は天然大理石製のものを選ぶのがおすすめです。

お手入れも収納も超簡単!シリコン製

お手入れも収納も超簡単!シリコン製

出典:amazon.co.jp

シリコン製ののし台は、生地がくっつきにくく打ち粉が少なくて済むので、お手入れしやすいのし台を選びたいという方におすすめです。薄く自由に変形させることも可能なため、丸めたり折りたたんだりしてコンパクトに収納することもできますよ。

また、作業台にピタッと張り付いてくれるのもポイントです。生地を伸ばしているときにもズレにくく、スムーズな作業をサポートしてくれます。耐熱温度の高いアイテムを選べば、オーブンシートの代わりとしても使用可能ですので、使い勝手の良さも抜群のタイプと言えるでしょう。

キッチンや作業台に合ったサイズを選ぼう

キッチンや作業台に合ったサイズを選ぼう
さまざまなサイズののし台がありますが、使いやすいものを選ぶには、キッチンや作業台に合ったサイズを選ぶことが大切です。のし台のサイズを確認し、用途や使用場所に合ったサイズを選んでくださいね。

便利な目盛り付きがおすすめ!

便利な目盛り付きがおすすめ!

出典:amazon.co.jp

レシピ通りにキレイなサイズ・形の生地を作りたい、そんなあなたにぜひ選んでもらいたいのが目盛り付きのクッキングマットです。目盛りに沿って生地を伸ばしカットすれば、誰でも簡単にキレイな生地ができあがりますよ。

中央に円形のガイドがあるものから方眼目盛りが付いているもの、サイドや上下にスケールが付いているものなど、さまざまな商品がありますので、使い道に合わせて適切な目盛りが付いているものを選びましょう。

耐冷・耐熱温度もチェック

耐冷・耐熱温度もチェック
特にシリコン製ののし台を、クッキングマットとしてオーブンや電子レンジでも使用したいという方にチェックしてもらいたいのが、耐熱温度です。耐熱温度が200度以上あればほとんどのオーブンで使用できますが、必ず耐熱温度以下の温度設定で使用するようにしましょう。

また人工大理石は天然大理石よりも熱に弱いため、人工大理石製のものは、しっかりと耐熱温度を確認した上で熱いものを乗せることが重要です。さらにアイスやシャーベットなどを作る際にのし台を使用したいという方は、耐冷温度も併せて確認しておくことをおすすめします。

使い心地の良さは滑りにくさにあり!

使い心地の良さは滑りにくさにあり!
パン生地など粘り気のある生地を捏ねるとき、のし台が作業台の上で動いてしまって捏ねにくかった、という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

捏ねるという作業にかかわらず、使いやすいのし台を選ぶには、滑りにくいものを選ぶことがポイントです。作業台にぴったりと張り付くシリコン製のものや、適度な重量があるもの、滑り止めが付いているものがおすすめになります。

また、どうしても動いてしまうという場合には、裏面に市販の滑り止めシールなどを張っておくと、快適に作業をすることができますよ。今回のランキングでは、滑りにくさを△・○・◎の3段階で評価しましたので、どちらもぜひ参考にしながら選んでみてくださいね。

プロの愛用するおすすめののし台

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめののし台をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、素材やサイズ感をチェックして使いやすいものを選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

のし台のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、のし台のおすすめ人気ランキングを見ていきましょう。木製・大理石製・シリコン製などの材質が違うものはもちろん、使い心地にこだわった商品が続々と登場しますので、先ほどご紹介した選び方を参考にしながらあなたにぴったりな一品を見つけていきましょう。
10位
材質天然木
サイズ約30×45×1cm
重量約500g
目盛りなし
耐冷・耐熱温度
滑りにくさ
9位

タイガークラウン ストレッチスタンドのし板台

3863

2,550円 (税込)

材質スチール(フッ素コーティング)・ASB樹脂・ゴム
サイズ約39.3×39.3×1.2cm
重量
目盛りなし
耐冷・耐熱温度-30~80度(台座)
滑りにくさ
8位
材質天然木
サイズ約45×30×1cm
重量約710g
目盛りなし
耐冷・耐熱温度
滑りにくさ
7位
材質天然大理石
サイズ約40×30×2.3cm
重量約4kg
目盛りなし
耐冷・耐熱温度
滑りにくさ
6位
のし台 ママパン スケール付ペストリーボード 人工大理石 1枚目
出典:amazon.co.jp

ママパンスケール付ペストリーボード 人工大理石

1,276円 (税込)

材質人工大理石
サイズ約53×43×0.6cm
重量約2.6kg
目盛りあり
耐冷・耐熱温度200度
滑りにくさ
5位
のし台 ママパン マトファー ペストリーロールアウト 1枚目
出典:amazon.co.jp

ママパンマトファー ペストリーロールアウト

3,780円 (税込)

材質シリコングラスファイバー
サイズ58.5×40cm
重量
目盛りあり
耐冷・耐熱温度-40~260度
滑りにくさ
4位

安田木工所製パン・製菓ボード 人工大理石製

1,480円 (税込)

材質人工大理石
サイズ約43×53×0.6cm
重量約2.2kg
目盛りあり
耐冷・耐熱温度200度
滑りにくさ
3位

ヨシカワホームベーカリー倶楽部 シリコンマット

SJ1455

680円 (税込)

材質シリコン
サイズ約50×40×0.1cm
重量約246g
目盛りあり
耐冷・耐熱温度-20~200度
滑りにくさ
2位
材質人工大理石
サイズ(S)約43×26×1.5cm・(M)約49.5×38×1.5cm・(R)約53.5×43.5×1.5cm・(L)約78.5×50.5×1.5cm
重量(S)1.9kg・(M)3.1kg・(R)3.8kg・(L)6.7kg
目盛りなし
耐冷・耐熱温度
滑りにくさ
1位
材質シナ合板(ウレタン塗装仕上げ)
サイズ(mini)40×30×1.8cm・(S)42×42×1.8cm・(L)60×40×1.8cm
重量(mini)約1kg・(S)約1.4kg(L)約1.9kg
目盛りあり
耐冷・耐熱温度
滑りにくさ

おすすめ人気のし台の比較一覧表

商品画像
1
のし台 cuoca  オリジナルペストリーボード 1枚目

cuoca

2
のし台 アルコム まーぶるめん台 1枚目

アルコム

3
のし台 ヨシカワ ホームベーカリー倶楽部 シリコンマット 1枚目

ヨシカワ

4
のし台 安田木工所 製パン・製菓ボード 人工大理石製 1枚目

安田木工所

5
のし台 ママパン マトファー ペストリーロールアウト 1枚目

ママパン

6
のし台 ママパン スケール付ペストリーボード 人工大理石 1枚目

ママパン

7
のし台 パール金属 大理石 めん台  1枚目

パール金属

8
のし台 パール金属 ラフィネ 木製ケーキめん台 1枚目

パール金属

9
のし台 タイガークラウン  ストレッチスタンドのし板台  1枚目

タイガークラウン

10
のし台 パール金属 木製ケーキめん台 1枚目

パール金属

商品名

オリジナルペストリーボード

まーぶるめん台

ホームベーカリー倶楽部 シリコンマット

製パン・製菓ボード 人工大理石製

マトファー ペストリーロールアウト

スケール付ペストリーボード 人工大理石

大理石 めん台

ラフィネ 木製ケーキめん台

ストレッチスタンドのし板台

木製ケーキめん台

特徴使い手の希望が詰まった木製のし台使いやすさにこだわりあり!コスパも使い勝手も抜群のシリコンマット大きな目盛りでわかりやすいお値段以上の使い心地耐熱温度200度で熱いものでもOK天然大理石製の本格派温度調節が大切なパン作りにおすすめお手入れ簡単!分解もできるスチール製のし台初心者に最適!お手頃価格な木製のし台
最安値
5,808
送料要確認
詳細を見る
2,285
送料要確認
詳細を見る
680
送料要確認
詳細を見る
1,480
送料要確認
詳細を見る
3,780
送料要確認
詳細を見る
1,276
送料別
詳細を見る
2,310
送料要確認
詳細を見る
1,025
送料要確認
詳細を見る
2,550
送料要確認
詳細を見る
679
送料別
詳細を見る
材質シナ合板(ウレタン塗装仕上げ)人工大理石シリコン人工大理石シリコングラスファイバー人工大理石天然大理石天然木スチール(フッ素コーティング)・ASB樹脂・ゴム天然木
サイズ(mini)40×30×1.8cm・(S)42×42×1.8cm・(L)60×40×1.8cm(S)約43×26×1.5cm・(M)約49.5×38×1.5cm・(R)約53.5×43.5×1.5cm・(L)約78.5×50.5×1.5cm約50×40×0.1cm約43×53×0.6cm58.5×40cm約53×43×0.6cm約40×30×2.3cm約45×30×1cm約39.3×39.3×1.2cm約30×45×1cm
重量(mini)約1kg・(S)約1.4kg(L)約1.9kg(S)1.9kg・(M)3.1kg・(R)3.8kg・(L)6.7kg約246g約2.2kg約2.6kg約4kg約710g約500g
目盛りありなしありありありありなしなしなしなし
耐冷・耐熱温度-20~200度200度-40~260度200度-30~80度(台座)
滑りにくさ
商品リンク

めん棒も一緒に揃えたら完璧!

パンやお菓子の生地作りには「めん棒」も必須アイテム!使い勝手バツグンの「のし台」と「めん棒」を使えば、難しい生地づくりもとっても簡単になりますよ!以下の記事で、おすすめの「めん棒」をご紹介しているので、あわせて参考にしてくださいね。

のし台の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、のし台のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回はおすすめの「のし台」をご紹介しましたが、使ってみたいと思える商品は見つかりましたか?

いつもはまな板を使ってパン作りやお菓子作りをしていたという方も多いはず。しかしのし台を使ってみると、その使い心地や作業のしやすさに驚くことでしょう。お手頃価格の商品もたくさん登場していますので、ぜひこの機会にのし台を購入してみてはいかがですか。あらたなお菓子・パン作りの世界が広がること間違いなしですよ♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す