• 酔い止め薬の最強おすすめ人気ランキング10選【子ども用&大人用!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 酔い止め薬の最強おすすめ人気ランキング10選【子ども用&大人用!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 酔い止め薬の最強おすすめ人気ランキング10選【子ども用&大人用!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 酔い止め薬の最強おすすめ人気ランキング10選【子ども用&大人用!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 酔い止め薬の最強おすすめ人気ランキング10選【子ども用&大人用!】のアイキャッチ画像5枚目

酔い止め薬の最強おすすめ人気ランキング10選【子ども用&大人用!】

出張や旅行で、車・バス・電車などに揺られるとおこりやすくなる乗り物酔い。これを予防したり緩和したりしてくれるのが酔い止め薬です。しかし、大人用と子ども用の他、水なしで飲めるものやドリンクタイプなどもあって、どれを用意すべきか迷ってしまいませんか?

今回は、市販の酔い止め薬を大人用と子ども用に分けて、おすすめ順に人気ンキング形式でご紹介したいと思います。記事の前半では成分や飲みやすさなどを比較して選ぶポイントも詳しく解説しますよ。ぜひ参考にして、旅行やお出かけを満喫しちゃいましょう!
  • 最終更新日:2019年12月16日
  • 222,852  views
目次

酔い止め薬の選び方

乗り物酔いは、乗り物の振動やスピードなどにより、平衡感覚や自律神経が乱れることでおこる症状です。酔ってしまうと回復までに時間を要するので、予防するのがもっとも有効。ここでは酔い止め薬の成分について詳しく解説し、選び方や注意点をご紹介します。

まずは、対象となる年齢を確認

まずは、対象となる年齢を確認
子どもに飲ませる場合は、対象年齢と用量の確認は必須です。大人用の酔い止め薬は15歳未満の方に使用できないものがほとんど。子ども用であっても、3歳以上・5歳以上など対象年齢はさまざまですので、必ず裏面を確認して購入しましょう。

子ども用は大人が飲んでも構いませんが、妊娠中の方や高齢者の方、薬でアレルギー症状が出たことのある方などは自己判断で服用してはいけません。使用上の注意も合わせて確認しながら選ぶようにしてください。

症状に合わせて成分を選ぶ

乗り物酔いの症状には「吐き気」「頭痛」「だるさ」などいろいろありますが、その出方には個人差が大きいと言われています。主な乗り物酔いの症状とそれに見合った成分をご紹介しますので、参考にしてください。

乗り物酔い全般に。酔ってからも効く「抗ヒスタミン系」

乗り物酔い全般に。酔ってからも効く「抗ヒスタミン系」
乗り物酔いしやすい方には、抗ヒスタミン系の成分が配合されたものをおすすめします。ジフェンヒドラミン・マレイン酸フェニラミン・塩酸メクリジンなどがこれに当たり、めまいや吐き気の予防と緩和に効果的です。

抗ヒスタミン系成分は酔ってしまってからの緩和にも効果的で、不安症状からの酔いを和らげる鎮静作用もありますよ。ただしこれが含まれたものは眠くなりやすいため、服用後は運転や機械操作などをしないようにしてください。

吐き気がつらいなら「胃に直接作用する」成分入りを

吐き気がつらいなら「胃に直接作用する」成分入りを
乗り物に酔うと吐き気と嘔吐が特につらい…という方は、胃にも直接作用する成分が配合されたものを選びましょう。粘膜への麻酔作用を持ったアミノ安息香酸エチルは、吐き気予防に効果的です。

またスコポラミン臭化水素酸塩水和物には、消化器官の緊張を軽減して吐き気・嘔吐を抑制する効果があります。

めまいや頭痛には「平衡感覚・自律神経を整える」ものを

めまいや頭痛には「平衡感覚・自律神経を整える」ものを

無水カフェインやジプロフィリンには自律神経や平衡感覚の乱れを予防したり、内耳のバランス機能をサポートする働きがあります。前の項でも触れたスコポラミン臭化水素酸塩水和物にも、自立神経の興奮を落ち着かせる作用があります。


めまいや頭痛がつらい方は、これらが含まれたものを選ぶといいでしょう。乗り物酔いは、生あくびや頭痛などの軽い症状から始まり、進行すると顔面蒼白・冷や汗といった症状につながって、最終的に吐き気や嘔吐を引きおこします。


つまり頭痛は乗り物酔いの初期症状ですので、兆候を感じたらすぐに薬を服用するのが効果的です。

移動を楽しむなら眠くなりにくいタイプを

移動を楽しむなら眠くなりにくいタイプを
酔い止め薬を飲むと、どうしても眠気が起きやすくなります。旅行などで移動中も楽しみたい!という方は、眠くなりにくいタイプの酔い止めを選ぶと良いでしょう。

カフェインが入っているものなら、神経興奮作用によって眠気が出にくく、景色やおしゃべりを楽しみながら過ごすことができます。またメクリジンとスコポラミンを組み合わせた酔い止めも、比較的眠気を起こしにくいのでおすすめです。


ただし眠くなりにくいタイプの酔い止め薬であっても、運転や機械操作は禁止されているものがほとんど。目がかすんだり、異常なまぶしさを覚える可能性もあってとても危険です。該当する方は絶対に服用しないようにしましょう。

飲みやすさや味にも注目して

飲みやすさや味にも注目して
酔い止め薬には、水と一緒に飲むタイプ・水なしで飲めるチュアブルタイプ・びん入りのドリンクタイプがあります。どのタイプでも効き目は同じですが、出先で酔ってからでもすぐ飲めるよう、チュアブルやドリンクを用意しておくと安心です。

その際は、味・香りにも注意して選ぶといいですよ。酔ってしまったときは味や香りがより気持ち悪さを誘発させることがあります。特に子ども用は飲みやすいよう味が付けられたものが多いですが、甘さが強いものより、さっぱりとしたレモン風味などを選んでおいた方が無難です。

酔い止め薬(子ども用)の人気ランキング5選

ここからは、おすすめの酔い止め薬を子ども用・大人用に分けてランキング形式でご紹介したいと思います。まずは、子ども用から。子ども用は液体タイプ以外は基本的に大人も服用できますので、1つ用意しておくと安心ですね。薬を飲むことが苦手な方もこちらから選んでみてください。


なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

5位
対象年齢5歳以上
効能乗り物酔いによる吐き気・めまい・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状ドロップタイプ
4位

エーザイトラベルミン チュロップ

357円 (税込)

対象年齢5歳以上
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状ドロップタイプ
3位
対象年齢3歳から10歳
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状液体タイプ
2位
対象年齢3歳から14歳
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用有(無水カフェイン含有)
形状液体タイプ
1位
対象年齢3歳以上
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状チュアブル錠

おすすめ人気 酔い止め薬(子ども用)の比較一覧表

商品画像
1
酔い止め薬 大正製薬 センパア プチベリー 1枚目

大正製薬

2
酔い止め薬 久光製薬 こどもクールスカイ 1枚目

久光製薬

3
酔い止め薬 大正製薬 センパア Kidsドリンク 1枚目

大正製薬

4
酔い止め薬 エーザイ トラベルミン チュロップ 1枚目

エーザイ

5
酔い止め薬 浅田飴 トラベロップQQ S 1枚目

浅田飴

商品名

センパア プチベリー

こどもクールスカイ

センパア Kidsドリンク

トラベルミン チュロップ

トラベロップQQ S

特徴3歳から大人まで!家族を丸ごと乗り物酔いから解放してく...子どもが好きなりんご味!かわいらしいサンリオキャラクタ...3歳から10歳用!のどに詰まらせる心配がない液体タイプ味を選びたい子ども向け!ぶどう味とレモン味の2種類5歳以上なら服用可能!舐めてもかみ砕いても効果があるド...
最安値
256
送料別
詳細を見る
315
送料別
詳細を見る
304
送料別
詳細を見る
357
送料要確認
詳細を見る
337
送料要確認
詳細を見る
対象年齢3歳以上3歳から14歳3歳から10歳5歳以上5歳以上
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和乗り物酔いによる吐き気・めまい・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用有(無水カフェイン含有)
形状チュアブル錠液体タイプ液体タイプドロップタイプドロップタイプ
商品リンク

酔い止め薬(大人用)のおすすめ人気ランキング5選

ここからは、大人用をご紹介したいと思います。

小さな子どもがいないご家族や、大人が服用できる液体タイプが欲しい方は、こちらから選んでみてくださいね。
5位
対象年齢15歳以上
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状速崩タイプ
4位
対象年齢11歳以上
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状液体タイプ
3位
対象年齢11歳以上
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状錠剤タイプ
2位

エスエス製薬アネロン ニスキャップ

582円 (税込)

対象年齢15歳以上
効能乗り物酔いによるはきけ・めまい・頭痛の予防および緩和
睡眠作用
形状カプセルタイプ
1位
対象年齢7歳以上
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状チュアブル錠

おすすめ人気 酔い止め薬(大人用)の比較一覧表

商品画像
1
酔い止め薬 大正製薬 センパア トラベル1 1枚目

大正製薬

2
酔い止め薬 エスエス製薬 アネロン ニスキャップ 1枚目

エスエス製薬

3
酔い止め薬 エーザイ トラベルミンR 1枚目

エーザイ

4
酔い止め薬 大正製薬 センパア ドリンク 1枚目

大正製薬

5
酔い止め薬 エーザイ トラベルミン1 1枚目

エーザイ

商品名

センパア トラベル1

アネロン ニスキャップ

トラベルミンR

センパア ドリンク

トラベルミン1

特徴1日1回で飲み忘れの心配なし!飲みやすいグレープフルー...吐き気を抑えたい方にぴったり!長時間効果が持続するカプ...眠くなりにくいのにしっかり乗り物酔いを予防11歳から服用できる!容量を間違えずに飲める液体タイプ水なしでさっと服用できる!1日1回1錠飲めば安心
最安値
414
送料要確認
詳細を見る
582
送料要確認
詳細を見る
680
送料要確認
詳細を見る
343
送料別
詳細を見る
623
送料要確認
詳細を見る
対象年齢7歳以上15歳以上11歳以上11歳以上15歳以上
効能乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和乗り物酔いによるはきけ・めまい・頭痛の予防および緩和乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和乗り物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和
睡眠作用
形状チュアブル錠カプセルタイプ錠剤タイプ液体タイプ速崩タイプ
商品リンク

副作用や飲み合わせに注意!薬以外の対策も大切

酔い止め薬には眠気を催すなどの副作用があります。市販薬や処方薬との飲み合わせにも注意しなければなりません。また薬以外にも、乗り物酔いを防ぐために効果的な方法があります。ぜひ以下をチェックして、ドライブ・バス旅行・乗船などを安全に楽んでくださいね。

運転手のほか、交代要員も服用を避ける

運転手のほか、交代要員も服用を避ける

多くの酔い止め薬に含まれる抗ヒスタミン系成分は、副作用として眠気を引き起こします。何人かでドライブするときは、メインで運転する方はもちろん、途中で交代する可能性がある方も服用しないようにしてください。


この他にも、口の乾きや動悸といった症状が現れることがあります。その場合は服用を中止して受診しましょう。

一緒に服用してはいけないもの

風邪薬や鎮痛剤・咳止め・花粉症などの薬には、酔い止めと同じような成分が入っているものが多く、過剰摂取によって重篤な副作用を起こすこともあります。こういった薬を常用している方は、酔い止めを併用してよいかどうか、必ずかかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。


また睡眠薬・精神安定剤など、眠くなる成分が入っている薬とも併用できません。アルコールと一緒に飲むのもNGです。酔い止めには気軽に服用できるイメージがありますが、それだけに使用上の注意はしっかり守るよう心がけてくださいね。

十分な睡眠・こまめな休憩・衣服をゆるめるなど、薬以外の対策も!

十分な睡眠・こまめな休憩・衣服をゆるめるなど、薬以外の対策も!

薬に頼らずに酔いにくくするには、体調管理が欠かせません。出発前夜は睡眠を十分に取りましょう。下を向いたり近くを見続けるのも良くないので、乗り物の中で読書やスマホ操作などは行わないようにするといいですね。体を締めつける衣服も避けたほうがいいでしょう。


道中はこまめに休憩を入れるとより効果的です。手首に巻くだけの酔い止めバンドも有効ですよ。気になる方は下の記事もチェックしてみてください。

酔い止め薬の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、酔い止め薬のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

今回は、おすすめの酔い止め薬をご紹介しましたが、いかがでしたか?乗り物酔いは、睡眠不足や体調不良、空腹や食べ過ぎなど、さまざまな要因で悪化しやすくなります。

前日からしっかりと体調を整え、酔い止め薬にも手助けしてもらって、ドライブやレジャーを楽しんでくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す