1. TOP
  2. >
  3. ビューティー・ヘルス
  4. >
  5. 健康食品・サプリメント
  6. >
  7. 【ダイエッター必見!】チアシードのおすすめ人気ランキング15選
  • 【ダイエッター必見!】チアシードのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【ダイエッター必見!】チアシードのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【ダイエッター必見!】チアシードのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【ダイエッター必見!】チアシードのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【ダイエッター必見!】チアシードのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像5枚目

【ダイエッター必見!】チアシードのおすすめ人気ランキング15選

栄養豊富でダイエットにもいいとされ、注目を集めているチアシード。海外セレブやモデルたちが発端となり、今や日本でも多くの女性に知られているスーパーフードです。通販でも人気の商品ですが、一見しただけでは効果や違いが分かりにくく、選びにくいと感じたことはありませんか?

今回は、チアシードをお探しの方に向けた選び方のポイントを解説しながら、おすすめの商品を人気順にランキングでご紹介します。記事の後半では、食べ方や注意点なども紹介していますので、初めての人でも安心ですよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。
  • 最終更新日:2020年10月27日
  • 27,751  views
目次

栄養たっぷりで満腹感も◎。チアシードの魅力

栄養たっぷりで満腹感も◎。チアシードの魅力

スーパーフードの1つであるチアシードは、南米原産のシソ科植物・チアのタネのこと。栄養素の中でもタンパク質、食物繊維、脂質が特に豊富で、健康・ダイエットをサポートしてくれます。ブームは過ぎたと考えている方も多いかもしれませんが、根強い人気があるんですよ。


チアシードには、水溶性食物繊維の「グルコマンナン」が含まれており、便秘改善や腸内環境を整える補助をしてくれます。また、人の体内で作ることができないオメガ3脂肪酸も摂取することができ、血液をサラサラにする効果も。鉄分・カルシウム・ミネラルも含まれているので、貧血対策や美肌効果があるのも嬉しいポイントです。


スムージーなどの飲み物に溶かしたり、ヨーグルトにかけたり、サラダや冷製スープにかけて食べたりして、いつもの食事に手軽に取り入れることができます。水分を含むと10倍ほどに膨らむので、ダイエット中の空腹感を満たしてくれますよ。また、1日あたり数十円と低コストで毎日続けやすいのも魅力。ダイエット中の方や健康な生活を送りたい方は、ぜひ毎日の食生活にプラスしてみてくださいね。

チアシードの選び方

チアシードを選ぶ時のポイントは、ずばり「品質」と「価格」。人気のため多くの商品が市場に出回っていますが、中には品質の悪い粗悪なものもあるようです。高品質なものを選べるように、以下で選び方をご紹介します。

有機JASマークのあるオーガニック認定品を選ぶ

有機JASマークのあるオーガニック認定品を選ぶ
より安全性を求めるのなら、「有機JAS」のマークが入ったオーガニック認定品を選びましょう。体に取り入れるものですので、品質の高さは最重要です。チアシードは海外からの輸入品ですので、品質検査の基準が日本とは違う可能性も。有機栽培されていないものは、農薬や科学肥料が使われた可能性があり、同じチアシードでも栄養価が低いこともあるようです。

その点「有機JAS」認定を受けたチアシードなら、日本と同じ安全性の水準を満たしているので安心。マークがないからといって必ずしも品質が劣るとは限りませんが、少しでも安全なものを選びたいなら、ぜひチェックしたいポイントです。

成分表示が詳細に記載されたものは信頼できる

成分表示が詳細に記載されたものは信頼できる
チアシードを購入する際は、成分表示が詳細に記載されている商品を選ぶようにしましょう。パッケージにそのまま表示されていたり、商品説明文に栄養素が記載されていたりすることが多いです。

日本で食品を販売するためには、食品表示制度の規則に則る必要があることから、成分表示が詳細に書かれています。これは食品による健康被害やアレルギーなどを防止するためのもので、食品表示制度に準拠していれば、海外製の商品でも一定の安心感が得られますよ。


また、チアシードの種類によっては、タンパク質が高いものや糖質や脂質が低いものもあるので、きれいな身体を手に入れたい方は、そちらの栄養素もチェックしてみてください!

ダイエットにはホワイトチアシードがおすすめ

ダイエットにはホワイトチアシードがおすすめ
チアシードには、ブラックチアシードとホワイトチアシードがあります。両方とも同じぐらい栄養素がありますが、ホワイトチアシードはブラックチアシードを品種改良したものなので、水分を吸ったときの膨張率や含まれる栄養素にそれぞれ違いがあります。

水分を吸った際の膨張率は、ブラックが10倍に対し、ホワイトは14倍~20倍になると言われており、ご飯を少し多く食べるぐらいの差があります。膨張率が多いほどより満腹感を得られるので、ホワイトチアシードを選ぶと食べ過ぎることなく食事ができるでしょう。


また、ホワイトチアシードは生活習慣病予防やダイエットに効果的な必須アミノ酸を豊富に含んでいると言われています。ダイエットや健康維持を重視したい方はホワイトを選ぶのがおすすめです。一方、鉄・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルはブラックチアシードの方が豊富に含まれているので、貧血気味の方や疲れやすい方はブラックを選ぶといいでしょう

重視するなら品質?コスパ?目的に応じて決めよう

重視するなら品質?コスパ?目的に応じて決めよう
チアシードは毎日継続して摂取することが重要なので、コスパが高い商品を選びたいところ。ただし価格があまりに低いものは安全性に不安が残ることも事実です。まずは、オーガニック認定品や成分表示のしっかりしているものをピックアップし、その中から続けやすい価格のものを選ぶのがおすすめ

チアシードの1日の推奨摂取量は10gとスプーン大さじ1杯程度なので、10gあたりの価格を比較して決めるとイメージしやすいですよ。10gあたりの価格は10円~80円程度が相場。価格が低いものは大容量のものが多いので、初めてチアシードを試してみるという方はまず10gあたり30~50円程度のものから選んでみるといいでしょう。

チアシードのおすすめ人気ランキング15選

ここからは、チアシードの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。選び方を参考に、ニーズに合った自分好みの商品を見つけてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど、各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年9月8日時点)をもとにして順位付けしました。


掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

15位
有機JASマーク
成分表示(100gあたり)たんぱく質:16.6g・脂質:33.7g・糖質:5.5g・食物繊維:31.6gなど
種類ブラックチアシード
内容量100g
14位
有機JASマーク-
成分表示(100gあたり)たんぱく質:18.5g・脂質:34.9g・糖質:5.2g・食物繊維:31.2gなど
種類ブラックチアシード
内容量200g
13位
有機JASマーク
成分表示(100gあたり)たんぱく質:17.8g・脂質:34.2g・糖質:5.4g・食物繊維:31.4gなど
種類ホワイトチアシード
内容量200g
12位
チアシード ヘルシーカンパニー 有機栽培 チアシード 1枚目
出典:amazon.co.jp

ヘルシーカンパニー有機栽培 チアシード

630円 (税込)

有機JASマーク
成分表示(100gあたり)たんぱく質:20.2g・脂質:32.5g・糖質:6g・食物繊維:30.1gなど
種類-
内容量300g
11位
有機JASマーク-
成分表示(100gあたり)たんぱく質:20.7g・脂質:32.6g・ナトリウム:2.1mg・食物繊維:34gなど
種類-
内容量200g
10位
有機JASマーク
成分表示(100gあたり)たんぱく質:18.1g・脂質:33.6g・糖質3.8g・食物繊維:33.6gなど
種類ホワイトチアシード
内容量250g
9位
チアシード NICHIGA オーガニック ホワイトチアシード 1枚目
出典:amazon.co.jp
有機JASマーク
成分表示(100gあたり)たんぱく質:20.2g・脂質:33.8g・糖質:0.7g・食物繊維:34.1gなど
種類ホワイトチアシード
内容量900g
8位
有機JASマーク-
成分表示(100gあたり)たんぱく質:20.9g・脂質:33.1g・炭水化物:35.3g・ナトリウム:2mgなど
種類ホワイトチアシード
内容量900g
7位

As shopオーガニック ホワイトチアシード

1,580円 (税込)

有機JASマーク-(USDAオーガニック認証取得)
成分表示(100gあたり)たんぱく質:18g・脂質:35.2g・糖質:5.6g・食物繊維:30.1gなど
種類ホワイトチアシード
内容量1kg
6位
有機JASマーク-
成分表示(100gあたり)たんぱく質:18.3g・食物繊維:30.0g・マグネシウム:333mgなど
種類ホワイトチアシード
内容量200g
5位
有機JASマーク-
成分表示(100gあたり)たんぱく質:20.4g・脂質:33.1g・炭水化物:36gなど
種類ホワイトチアシード
内容量200g
4位
有機JASマーク
成分表示(100gあたり)たんぱく質:17.5g・食物繊維:33.5g・カルシウム:631mg・マグネシウム:338gなど
種類ホワイトチアシード
内容量200g×2
3位
有機JASマーク-
成分表示(100gあたり)たんぱく質:18.7g・脂質:37g・糖質:3.4g・食物繊維:34.1gなど
種類ブラックチアシード
内容量300g
2位
有機JASマーク-
成分表示(100gあたり)-
種類ホワイトチアシード
内容量200g
1位

ハンズトレーディングオーガニックマウンテン ホワイトチアシード

1,978円 (税込)

有機JASマーク
成分表示(100gあたり)たんぱく質:21g・脂質:36g・食物繊維:29gなど
種類ホワイトチアシード
内容量800g

人気チアシードの比較一覧表

商品画像
1
チアシード ハンズトレーディング オーガニックマウンテン ホワイトチアシード 1枚目

ハンズトレーディング

2
チアシード 波里 チアシード ホワイト 1枚目

波里

3
チアシード ファイン スーパーフード チアシード 1枚目

ファイン

4
チアシード オーガライフプラス ホワイトチアシード 1枚目

オーガライフプラス

5
チアシード オーガランド ホワイトチアシード 1枚目

オーガランド

6
チアシード 九南サービス ホワイトチアシード 1枚目

九南サービス

7
チアシード As shop オーガニック ホワイトチアシード  1枚目

As shop

8
チアシード そうまファクトリー ホワイトチアシード 1枚目

そうまファクトリー

9
チアシード NICHIGA オーガニック ホワイトチアシード 1枚目

NICHIGA

10
チアシード バブルスター LOHAStyle 有機ホワイトチアシード 1枚目

バブルスター

11
チアシード ラティーナ チアシード 1枚目

ラティーナ

12
チアシード ヘルシーカンパニー 有機栽培 チアシード 1枚目

ヘルシーカンパニー

13
チアシード ナチュラルキッチン オーガニック ホワイトチアシード 1枚目

ナチュラルキッチン

14
チアシード 日本ガーリック チアシード 1枚目

日本ガーリック

15
チアシード 生活の木 スーパーフード有機チアシード 1枚目

生活の木

商品名

オーガニックマウンテン ホワイトチアシード

チアシード ホワイト

スーパーフード チアシード

ホワイトチアシード

ホワイトチアシード

ホワイトチアシード

オーガニック ホワイトチアシード

ホワイトチアシード

オーガニック ホワイトチアシード

LOHAStyle 有機ホワイトチアシード

チアシード

有機栽培 チアシード

オーガニック ホワイトチアシード

チアシード

スーパーフード有機チアシード

特徴高原で栽培された無農薬チアシード南米の日本人農家さんが栽培するナチュラルな種子GMP・ISO9001・有機JASに沿った高いクオリティアルゼンチンの契約農家が育てる有機JAS認定品加熱しても美味しい!満足度アップのホワイトタイプ一味ちがう!無農薬の白いチアシード米国オーガニック認証を取得した業務用商品リーズナブルな価格で楽しめるホワイトチアシード毎日摂りたい!900gたっぷり入ったお得なパック水分を含むと10倍に膨らんで満足度抜群!南米との独自ネットワークがもたらす、トレーサブルなチアオーガニックのチアシードが手軽に取り入れられるヨーグルト・スムージーに最適なジェル感殺菌され残留農薬検査もパスした、お手頃価格のブラックシードクセのない風味でアレンジしやすい有機認定品
最安値
1,978
送料無料
詳細を見る
880
送料無料
詳細を見る
865
送料要確認
詳細を見る
1,080
送料無料
詳細を見る
1,280
送料別
詳細を見る
3,234
送料要確認
詳細を見る
1,580
送料要確認
詳細を見る
1,480
送料無料
詳細を見る
1,680
送料要確認
詳細を見る
1,273
送料無料
詳細を見る
848
送料無料
詳細を見る
630
送料要確認
詳細を見る
955
送料別
詳細を見る
690
送料要確認
詳細を見る
830
送料別
詳細を見る
有機JASマーク-----(USDAオーガニック認証取得)---
成分表示(100gあたり)たんぱく質:21g・脂質:36g・食物繊維:29gなど-たんぱく質:18.7g・脂質:37g・糖質:3.4g・食物繊維:34.1gなどたんぱく質:17.5g・食物繊維:33.5g・カルシウム:631mg・マグネシウム:338gなどたんぱく質:20.4g・脂質:33.1g・炭水化物:36gなどたんぱく質:18.3g・食物繊維:30.0g・マグネシウム:333mgなどたんぱく質:18g・脂質:35.2g・糖質:5.6g・食物繊維:30.1gなどたんぱく質:20.9g・脂質:33.1g・炭水化物:35.3g・ナトリウム:2mgなどたんぱく質:20.2g・脂質:33.8g・糖質:0.7g・食物繊維:34.1gなどたんぱく質:18.1g・脂質:33.6g・糖質3.8g・食物繊維:33.6gなどたんぱく質:20.7g・脂質:32.6g・ナトリウム:2.1mg・食物繊維:34gなどたんぱく質:20.2g・脂質:32.5g・糖質:6g・食物繊維:30.1gなどたんぱく質:17.8g・脂質:34.2g・糖質:5.4g・食物繊維:31.4gなどたんぱく質:18.5g・脂質:34.9g・糖質:5.2g・食物繊維:31.2gなどたんぱく質:16.6g・脂質:33.7g・糖質:5.5g・食物繊維:31.6gなど
種類ホワイトチアシードホワイトチアシードブラックチアシードホワイトチアシードホワイトチアシードホワイトチアシードホワイトチアシードホワイトチアシードホワイトチアシードホワイトチアシード--ホワイトチアシードブラックチアシードブラックチアシード
内容量800g200g300g200g×2200g200g1kg900g900g250g200g300g200g200g100g
商品リンク

ドレッシングやドリンクに混ぜて食べるのがおすすめ

ドレッシングやドリンクに混ぜて食べるのがおすすめ
チアシードはほとんど味や香りがなく、食べやすい食品です。味をごまかす必要がないので、極端に言えば、水道水に浸して飲むだけでもOK!でも、これではさすがに味気ないですよね。ドリンクやヨーグルトなど水分の多い食品に混ぜて食べるのがおすすめです。サラダのドレッシングに加えても食感が楽しめますよ。

意外と高カロリー!摂取量にはご注意を

意外と高カロリー!摂取量にはご注意を
いくら食べやすいからといって、摂り過ぎには気をつけましょう。チアシードは10gで約50kcalと、意外にもカロリーが高い食品です。油断すると簡単にカロリーオーバーになってしまい健康にもよくありませんので、1日の摂取量は守るようにしてください。

1日に10g~15gというのが一つの目安。水分を吸って膨張しますので、それだけでも十分な量になります。上手に摂取して健康的に続けることを心がけましょう。

チアシードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、チアシードのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

チアシードの人気ランキングをご紹介しましたが、気になるものはありましたか?美容や健康におすすめの食品ですが、なによりも、安全性や品質を重視して選ぶことが大切です。食生活に上手に取り入れて、健やかな身体を作る手助けにしてください。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す