• Fead97fecfc760b0544a662a954153bf23417a5c
  • 6f5bcb3441e1705cc90f1d97d162490900bb431c
  • 04b37b88046188e5be6d04b7fd86adc2760ac171
  • 00ac20145e1fd681ca0bf97f24e4ca60041f791a
  • B7ec75d5a04e3cf4a8bc2782c8f1f3dfb267fb0c

キャッシング機能付きクレジットカードのおすすめ人気ランキング10選【審査・特典で選ぶ!】

手元にあるだけで必要なときにお金を借りられる「キャッシング機能付きクレジットカード」。キャッシング機能だけでなく、ショッピングの時に現金代わりに支払いができたり、ポイントプログラムなども利用できるため、ひとりで何枚も持っている人もいるほどです。しかし、クレジットカードの金利や発行されやすさで選ぶのは難しく、特典や審査基準、リボ専用がいいのかどうかなどを考えると、どのカードがいいのかよくわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、キャッシング機能付きクレジットカードの種類や選び方、キャッシング機能の付いた人気のおすすめクレジットカードを紹介します。これからカードを新しく申込みたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

最終更新日:2017年06月07日 | 1,605views

キャッシング機能付きクレジットカードの選び方

キャッシング機能付きクレジットカードといっても、様々な種類があります。ここでは、それぞれの選び方を紹介しましょう。

利率で選ぶ

キャッシングでお金を借りた場合、貸し付け条件として借りた金額に利子をプラスして返済しなければなりません。利子は借りた金額と借入期間のほか、利率も大きく影響するため、キャッシングの利率は必ずチェックするようにしましょう。

利率はできるだけ低いところを選ぶ

利率については、できるだけ低いカードを選ぶようにしましょう。

利率は年利何%という表示で示され、この利率が高ければ高いほど返済し終わるまでに時間がかかり、支払う利子も増えることになります。特に、何回かに分けて返済する「リボ払い」を採用しているキャッシング機能付きクレジットカードの場合は、利率の違いで支払う利子に大きな差が出てしまうため注意が必要です。

この利率ができるだけ低いところを選ぶことで、総返済額も減り、利子として支払う金額を少なく抑えられるようになるでしょう。

利率の表示に注意する

利率の表示にも気をつけなければなりません。広告を見ると「年利○%~年利○%」あるいは「年利○%」という表記になっていますが、この内「年利○%~年利○%」という表記の場合、必ず小さい利率が適用されるわけではありません。このため、利率を比較する場合は年利の大きな方を重視し、その中からできるだけ安いところを探したほうが良いでしょう。

キャッシング限度額で選ぶ

もうひとつチェックしたいのが公表されているキャッシング限度額です。

これは、そのカードでは最大でこの金額しか借りることができませんと公表されている額で、その限度額以上の借入はできません。キャッシング機能付きクレジットカードの場合、限度額が大きければ大きいほど利便性が高いので、キャッシング可能金額の上限は意識したいところでしょう。

ただ、気をつけたいのは、その限度額が必ず適用されるわけではないということです。クレジットカードの場合、まず所有していいかどうかの審査があり、次にショッピング枠の設定がなされ、さらにその中からキャッシング枠の設定がなされます。

このため、ショッピング枠を超えたキャッシング枠というのは一部の例外を除きありえません。中にはカードが発行されショッピング枠はあっても、キャッシング枠はなくキャッシング利用は不可能な場合もあります。

また、貸金業法の適用となるクレジットカード会社は、総量規制により、キャッシング限度額を年収の3分の1以内とすることが定められています。すでに他のカード会社などからのキャッシング残高がある場合は、さらにその範囲が限定されることも理解しておきましょう。

審査基準・方法で選ぶ

キャッシング機能付きクレジットカードの場合、どれも所有する前に審査があります。その審査に通らなくてはカードを所有することはできないため、それぞれのクレジットカードの審査方法を考慮して、どのクレジットカードを作るか決めるのも1つの方法になります。

状況に応じた審査方法を選択する

審査で問われるのは、その人に本当にお金を貸していいかということです。その人の収入や勤務先などの「属性」を基準とし、さらにその人のカードの利用・支払い状況などの「信用度合い」がチェックされます。

また、カードによっては、ネットでの申込みだけで審査が完了するものもあれば、本人確認書類や収入証明書など必要書類の提出が必須となっている場合もあります。それぞれのカードの審査方法も確認し、申込みを行うようにしましょう。

申込み条件を満たしたカードを選ぶ

残念ながら、どのクレジットカード会社も審査の基準を公表していません。そのため、どのクレジットカードなら審査に通るか、というのを見分けるのは非常に難しいのが現状です。一般的に審査が通りやすいといわれているところでも、最終的にはあなたの属性や信用度合いなどによって判断されるため、絶対ここなら通るということは言い切れません。

ただ、カードによっては、申込み資格として年収の指定がされていたり、パートや主婦などでも申込みが可能となっていたりなど、一部の申込み条件を公開している場合があります。そのため、まずは、カードの申込み資格の条件が一致しているかを確認したうえで、それぞれの属性にあったカードを選ぶことが重要です。

カードの発行元で選ぶ

審査の通りやすさを見分けるポイントのひとつは発行元です。クレジットカードは発行元によって大きく「銀行系」「信販系」「流通系」の3つに分けられます。更に最近では「IT系」や「交通系」といわれるものもあります。

厳しいけれどもステイタス、銀行系

銀行系とは発行元が銀行になっているクレジットカードです。発行母体が銀行なので最も分かりやすく、そして最も審査が厳しい傾向です。ステイタスのあるカードも多いため、収入が高い人や正社員で長く会社に勤めている人向けになります。

ショッピングやメリットたっぷり、流通系

流通系とは小売業が発行するものです。大手ショッピングモールやショッピングビル名のついたクレジットカードはこれに当てはまります。流通系のカードは、ほかの種類に比べ審査が通りやすいという傾向があり特典も多いので、オトクにショッピングしたい人におすすめです。

歴史と信頼、信販系

信販系とは、「信販会社」という信用に基づく立て替え払い・割賦払いを行う会社を指します。審査の通りやすさやお得度合いなどは、先ほどの「銀行系」と「流通系」の中間にあたるといえるでしょう。また、最近では、三菱UFJニコスカードのように、「信販系」と「銀行系」のカードが組み合わさったものが多くなってきているのも特徴です。

その他にも、IT系・交通系など

その他にも、いくつかの系列があります。

IT系とは発行母体がIT企業を指すもので、交通系は発行企業が交通機関を指すものになります。この2つはどちらとも審査が通りやすいとはいわれているものの、流通系と同じくらいかそれより少々厳しい傾向があるようです。これらのカードは、Suicaなどの電子マネーやさまざまショッピングなどに用できる電子マネーなどが充実しているため、ライフスタイルに合わせたカードを持ちたい人におすすめです。

支払い方法で選ぶ

キャッシング機能付きクレジットカードのなかでも、一般カードより発行されやすいといわれているのがリボ専用カードというものです。これは、支払い方法を「リボ払い」と限定しているクレジットカードになります。リボ払いはカード会社の利息収入が大きいため、一般カードよりも審査基準がゆるい傾向があります。

気をつけたいのは、逆に言えば支払い方法が決まっているカードだということでしょう。リボ専用カードは、借りた金額をリボルビング払いにより毎月一定の金額返済していかなければなりません。また、リボ専用カードの場合は利子の負担が大きく、借りたら完済までにかなり長い時間がかかります。この点は注意しましょう。

特定の属性限定のカードを選ぶ

キャッシング機能付きクレジットカードの中には、特定の属性を限定としたカードを発行している場合もあります。一部のステイタスがあるカードの場合、「大手企業の部長職以上」「年収2000万円以上」などの条件が指定されていたり、学生専用、女性専用カードなどもあります。

発行する人の属性が特定されている人のカードの場合、あえてそのクレジットカードを選ぶことで、それぞれの属性に応じた専用の審査が行われるため、条件に一致していれば審査が通りやすくなるといえるでしょう。

収入が少ない学生には学生専用カードを

学生の場合、アルバイト収入でとても収入が少なかったり、親からの小遣いや奨学金など収入と認められない収入しかない人もいるでしょう。この場合、一般的なキャッシング機能付きクレジットカードなら落ちてしまう可能性がとても高いのですが、学生専用カードの場合は別の基準が設けられているため、審査が通りやすくなります。また、学生ならではのポイント制度などの特典があるのも魅力です。

特典も多くデザインもかわいい女性専用カード

女性専用カードは、特典が多いことが大きなポイントでしょう。女性専用のキャッシング機能付きクレジットカードならデザインがが華やかで可愛く携帯電話代金の支払いでポイントが2倍になるなど、さまざまな特典が付いている場合が多くなっています。そのため、このメリットを上手に活用できるのなら、あえて女性限定のカードを選ぶのもおすすめです。

その他のメリットで選ぶ

キャッシング機能があるとはいえ、キャッシング機能付きクレジットカードもクレジットカードの一種です。クレジットカードには様々なメリットがあり、そのメリットで選ぶこともできます。

ポイントプログラムで選ぶ

キャッシング機能付きクレジットカードを使う理由のひとつは、やはりポイントプログラムでしょう。ポイントプログラムとはそれぞれのクレジットカード会社が準備しているポイント付与や利用のための仕組みで、ポイントサービスとも呼ばれます。これが充実していればしているほど、お得に利用することができます。

例えば普段から使っても100円で1ポイントと1000円で1ポイントがつくとしましょう。こうすると、同じようにクレジットカードを使っていても貯まるポイントの差は10倍になります。また、その1ポイントがどのくらいオトクなのか、ということも違うのです。例えば同じ1ポイントでも10円になるのと1円になるのとでは、価値は全く違うでしょう。

また、ポイントの用途が決まっていたり、特定のサービスやオンラインショップで使えばポイント付与率が一気に高くなるというところもあります。普段ショッピングでよく使うお店やオンラインショッピングモールがあるなら、そこが発行するクレジットカードにキャッシング機能をつけたほうが良い場合も出てくるかもしれません。

無料で使える特典で選ぶ

また、その他にもさまざまな特典を利用できるカードもあります。

その他の特典としては、「海外旅行保険」や「空港ラウンジ利用サービス」などが代表的です。また、カードによっては「インターネット不正利用保険」がついているものもあります。ランクの高いカードになると「専用コンシェルジュサービス」や「荷物の送迎サービス」などもあり、かなり色々なサービスが利用できるでしょう。

ただ、キャッシング機能付きクレジットカードの場合、特に審査がゆるいものになると、あまり専門的なサービスは行われていないことがほとんどです。特典の有無については、選ぶ基準としての優先順位が低い項目になるでしょう。

キャッシング機能付きクレジットカードのおすすめ人気ランキング10選

キャッシング機能付きクレジットカードの場合、一般的には「普通にクレジットカードを選んでキャッシング機能をつける」という方法もあります。ただ、審査に通るかどうかやメリットで選ぶと、それぞれに違いが出てきます。

ここでは、キャッシング機能付きクレジットカードのおすすめ人気ランキングを紹介しましょう。

10位:三井住友VISAゴールドカード

三井住友ゴールドカード

・利率:15.0%
・系列:銀行系
・リボ専用:×
・属性:特になし(ゴールドカードなので審査は厳しい)
・キャッシング限度額:~50万円
・ポイントプログラム:ワールドプレゼント
・その他のメリット:電子マネー、ゴールドデスクなど

キャッシング機能付きクレジットカードに品格を求める人向け

このカードはゴールドカードの中でも厳しいと評判の「三井住友カード」のゴールドカードです。キャッシング枠は最大50万円までとあまり大きくなく、銀行系なので審査も厳しいでしょう。

ただし、ゴールドならではのメリットも多く、海外旅行保険やゴールドデスクなどサービスは充実しています。クレジットカードに年会費を支払っても機能性を重視したり、品格を求める人におすすめです。

9位:セゾン・アメリカン・エキスプレスカード(ブルー)

セゾン・ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

・利率:12.0~18.0%
・系列:信販系と外資系
・リボ専用:×
・属性:なし
・キャッシング限度額:~300万円
・ポイントプログラム:永久不滅ポイント
・その他のメリット:手荷物配送サービス、オンライン・プロテクションなど

上限額が300万円まででサービスも充実

こちらのカードの特徴は、キャッシングの上限額が300万円までと大きいことや、年会費はかかるものの、その分サービスが充実しているということでしょう。このため利用価値も高く、サービスが充実したカードが欲しい方におすすめです。

ただし年会費がかかることや、信販系と外資系(海外に発行母体があるカード。国際ブランドがアメックス、ダイナースの場合に当てはまる)ということで少々審査は厳しめとされています。また、利率も最大18%と高めになっているのが難点かもしれません。

8位:ファミマTカード

・利率:14.95%~17.95%
・系列:流通系
・リボ専用:○
・属性:特になし
・キャッシング限度額:~150万円
・ポイントプログラム:Tポイント
・その他のメリット:リボ専用、ネットショップモールなど

ファミリーマートをよく使う人向けのリボ専用カード

コンビニで有名なファミリーマートのクレジットカードです。流通系ということやリボ専用カードということで審査がゆるく持ちやすいカードでしょう。属性の指定もないため、ファミリーマートをよく使う人にはおすすめです。

キャッシング枠も最大150万円までと比較的大きめになっています。キャッシング利用を重視する人にもよいのですが、返済方法がリボのみなので使いすぎには注意しましょう。

7位:マジカルクラブTカード

・利率:8.95%〜17.95%
・系列:流通系
・リボ専用:×
・属性:なし
・キャッシング限度額:~150万円
・ポイントプログラム:Tポイント
・その他のメリット:ニッセンでポイント5倍、1ヶ月3万円以上利用でTポイント2倍、など

ニッセン愛用者、Tポイントをメインに考える人におすすめ

こちらのカードもキャッシング機能付きのクレジットカードとして知られています。その中でも特に、ニッセンをよく使う人や、Tポイントを貯めたい人向けのカードとなりますね。キャッシングの利率も最低8.95%~と少々低めなので、お金を借りたいときには利息を少なく抑えることができます。

デメリットとしては、キャッシングはリボ払いのみで、一括払いに変更したい場合は連絡が必要です。その手間が少々面倒かもしれません。

6位:PARCOカード

・利率:12.0~18.0%
・系列:流通系
・リボ専用:×
・属性:なし
・キャッシング限度額:不明
・ポイントプログラム:永久不滅ポイント
・その他のメリット:新規入会時は5%OFF、PARCO各店割引

PARCO利用者向け、女性に嬉しいメリットも満載

ショッピング大好きな女性向け、というようなキャッシング機能付きクレジットカードのおすすめとしては、PARCOカードが良いでしょう。これはPARCOとセゾンカードが提携しているクレジットカードで、ポイントプログラムはセゾンの永久不滅ポイント、なおかつPARCOでの利用で5%OFFなどのとても大きなメリットがあります。

流通系のカードのため審査も通りやすいといわれており、比較的利用しやすいのではないでしょうか。年会費が無料なのも嬉しいポイントです。

5位:エポスカード

・利率:18.0%
・系列:流通系
・リボ専用:×
・属性:なし
・キャッシング限度額:~50万円
・ポイントプログラム:エポスポイント
・その他のメリット:カードのデザインを選ぶ、エポスでのお買物優待など

マルイ利用者、エポスポイントを貯めたい人向け

こちらもキャッシング機能付きクレジットカードとして、特にショッピング、それもマルイをよく利用する人向けのキャッシング機能付きクレジットカードとなっています。エポスのポイントを貯めたい人や、マルイをよく使う人向けのカードといえるでしょう。カードのデザインを選べたり、優待がとても充実しているなど、女性には嬉しい特典がたくさん。

キャッシングについては初回30日金利0円というのが嬉しいポイントです。初回利用では利率がないので、初めて使うときにはとても大きな節約となります。

4位:イオンカード

イオンカード(WAON)一体型

・利率:7.8%~18.0%
・系列:流通系
・リボ専用:×
・属性:なし
・キャッシング限度額:~300万円
・ポイントプログラム:ときめきポイント、WAONポイント
・その他のメリット:お客様感謝デー、各店舗優待など

イオンカードの中でもWAONがついた機能的なカード

こちらのカードは、有名なイオンカードの中でもWAONが付いたカードになります。もともとイオン系列をよく使う人向けとなっており、更にWAONを利用することでWAONポイントも貯まります。

キャッシングの最低利率が7.8%と低く、またイオン銀行のATMを使えばATM手数料が無料というのも嬉しいポイントですね。この手数料無料というのはほかのキャッシング機能付きクレジットカードにはあまりないポイントですから、活用したいところでしょう。

3位:ACマスターカード

ACマスターカード(カードローン付き)

・利率:10.0%~14.6%
・系列:消費者金融系
・リボ専用:○
・属性:なし
・キャッシング限度額:800万円(※ショッピングは最大300万円まで)
・ポイントプログラム:なし
・その他のメリット:即日発行

キャッシング機能付きクレジットカードの代表格

このACマスターカードは、クレジットカードの中でもキャッシング機能付きクレジットカードとしてとても良く知られているカードです。

代表的なところは、その利率の低さでしょう。年利10.0%~14.6%ととても低利率です。また、アコムの無人契約機ですぐに発行してもらえるなど、利便性が高いのが特徴的ですね。消費者金融系といって、消費者金融を発行母体にしていますので、アルバイトなどの収入であっても申込み可能であったりと、審査が通りやすいといわれています。

このカードを持つ場合、気をつけたいのはショッピング枠やキャッシング枠の設定が他のクレジットカードと少々違うということです。キャッシング枠が最大800万円、ショッピング枠が最大300万円と、キャッシング枠のほうが大きくなっている反面、他のクレジットカードのような特典やポイント制度などはないので注意しましょう。

2位:楽天カード

・利率:18.0%
・系列:IT系
・リボ専用:×
・属性:なし
・キャッシング限度額:~50万円(※国内利用)
・ポイントプログラム:楽天ポイントプログラム
・その他のメリット:楽天利用優待、カードあんしん機能など

誰でも持ちやすく、さまざまな特典も充実

クレジットカードの中でもかなり有名なカードなのが、この楽天カードになります。これはキャッシング機能付きクレジットカードとしてもおすすめです。IT系なので発行されやすく、ネットショッピングモールの楽天をよく利用する人にはさまざまな特典やサービスが満載になっています。

いろいろな楽天のサービスを利用する場合、カードも楽天にするとポイントの貯まり方がより早くなります。キャッシング機能は限度額が最大50万円までと少々少なめですが、ポイントプログラムなどもあり機能面ではとても充実しているのではないでしょうか。

1位:三菱東京UFJ-VISAカード

・利率:14.5%
・系列:銀行系
・リボ専用:×
・属性:ゴールドカード
・キャッシング限度額:~100万円
・ポイントプログラム:三菱東京UFJポイント
・その他のメリット:キャッシュカード機能、年会費無料など

普段から利用している銀行のカードにキャッシング機能を付けるのがオススメ!

今回は代表的なものとして「三菱東京UFJ-VISA」カードを紹介しました。これはポイントプログラムも充実しており利率も14.5%と比較的低めの設定なので、とても利用しやすカードではないでしょうか。

実は、銀行の普段から使っているキャッシュカードにキャッシング機能付きクレジットカードの機能を付与するのが一番のおすすめです。銀行系のキャッシングはそもそも利率が低めで、ATM利用時にもその銀行のATMなら手数料無料となる場合が多いでしょう。

また、カードを何枚も持ち歩かなくてよいというのも大きなポイントですし、将来的に住宅ローンやカーローンを組むときに優待金利が使えるなど、目に見えないメリットも魅力的です。

まとめ

実は、ここで紹介した以外にも、キャッシング機能付きクレジットカードはたくさんあります。このため、普段から利用しているクレジットカードにキャッシング機能を追加するのも良い方法でしょう。ただ、全体的に金利が安いのは銀行系のキャッシングサービスです。負担から使っている銀行のキャッシュカードをクレジットカードにし、それにキャッシング機能をつけるのもおすすめです。

キャッシングはどれも借金の一種です。このため、どのカードを契約したとしても、使いすぎには注意しましょう。また返済は計画的に行い、返済が遅れたりできなかったということにならないように注意してください。

人気の記事