• 電動スケボーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 電動スケボーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 電動スケボーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 電動スケボーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 電動スケボーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

電動スケボーのおすすめ人気ランキング10選

海外で大流行している「電動式スケートボード」。日本ではまだ公道を走るのは禁止ですが、世界から注目されているのでこれから認められる可能性もありますよね。しかし、電動スケボーは「Cool&Fun」や「exway」などのたくさんの海外メーカーから発売されているので、迷ってしまうと思います。


そこで今回は、電動スケボーの選び方とおすすめの商品をランキング形式で詳しくご紹介します。あなたにピッタリな商品がきっと見つかりますよ!

  • 最終更新日:2019年09月04日
  • 274  views
目次

電動スケボーの選び方

それでは早速、電動スケボーの選び方について解説していきます。

移動に使うなら時速20~25km出せるタイプを!

移動に使うなら時速20~25km出せるタイプを!

徒歩の代わりの移動手段として電動スケボーを使うなら、20~25kmくらい出せるものを選ぶと良いでしょう。公道での使用は禁止されていますが、私有地や許可されている公園であれば問題ありません。


一方で、スピードメインで楽しみたいという方には30km以上出せるものがおすすめ。実際に立って肌で感じると、想像以上の速さを感じることができます。中には70km出せるタイプもあるので、広くて人がいない安全なスポットがあれば検討する価値があるでしょう。


しかし一歩間違えれば大きなケガや事故が起きてしまう可能性も。周囲に注意しつつ、電動スケボーならではのスピードを楽しみましょう!

1回のフル充電で15km以上走れるものが無難!

1回のフル充電で15km以上走れるものが無難!

長い時間使用するのであれば、1回フル充電をしたら15kmくらい持続走行できるものが無難です。10km未満で充電が切れてしまうと、1日遊ぶには物足りなく感じてしまう可能性大。予算に余裕があるなら、20km以上走行可能なタイプもおすすめです。


十分に遊べるかどうかだけでなく、出先で充電が切れた場合は帰る手段にも影響が出ます。自分の足で動かすか荷物として抱えるかの2択になってしまいますので、よく確認してから購入しましょう。


また、何時間でフル充電されるのかもチェックしておくとさらに安心です。

加減速がスムーズにできれば安全面でも◎

加減速がスムーズにできれば安全面でも◎

電動スケボーの加減速は、基本的には簡単なリモコン操作で行います。安心安全に楽しむためにも、自分がスムーズに操作できるリモコンが付属しているものを選びましょう。意外と見落としがちなポイントですが、操作を誤って急加速などをしてしまうとケガや事故の原因になるのでかなり危険です。


例えば、専用のアプリをインストールすることでスマートフォンから操作可能な商品もあります。使い慣れたスマホなら、スピード調節や電池残量の確認なども含めて簡単に操作できますよね。また、こちらが指定したスピードを一定に保ってくれる機能を備えたタイプもおすすめです。

何を重視するかでサイズ・長さを選ぶ

電動スケボーには色々な大きさがあります。それぞれメリットがあるので、自分の目的に合ったサイズを選びましょう。

乗りやすさを重視するならデッキ全長90cm前後のロングタイプ

乗りやすさを重視するならデッキ全長90cm前後のロングタイプ

デッキの長さが90cm前後あるロングタイプだと、安定度がバッチリで乗りやすいのでおすすめです。よく初心者の方で、「乗りこなせなかった」「すぐ転んでしまう」といった方がいますよね。そのような場合、実は小さい電動スケボーを使用していることが原因になっていることも。


デッキが大きければ直進安定性がバツグンなので色々な体勢がとれますし、スケボーが苦手な方でもバランスがとりやすいでしょう。長距離走行などでも疲れにくいので、1日中遊ぶ方にもピッタリですよ!

トリックを決めたいならレギュラーか小型タイプ!携帯性も◎

トリックを決めたいならレギュラーか小型タイプ!携帯性も◎

本来電動スケボーは重さがあるのでトリックには不向きですが、どうしても技を決めたい場合には、デッキの長さが60~70cm前後のレギュラーサイズか小型サイズがおすすめ。大技を決めるのはかなり難易度が高いですが、ウィリーやキックターンくらいであれば可能ですよ!


また、充電が切れてしまった際に持ち帰る負担が軽減されるメリットもあります。自分の用途に合った大きさの電動スケボーを選びましょう。

電動スケボーのおすすめ人気ランキング10選

さて、ここからは電動スケボーのおすすめランキングを発表していきます。

10位
最高時速20km
持続走行-
加減速
全長79cm
9位

KintoneKintone EZ Skateboard

38,900円 (税込)

最高時速15km
持続走行8km
加減速
全長70cm
8位
最高時速18km
持続走行10km
加減速
全長74cm
7位

Cool&FunCool&Fun HB11 電動スケートボード

28,500円 (税込)

最高時速22km
持続走行10km
加減速
全長90cm
6位

LINKYLINKY 折畳み式 電動スケートボード

105,840円 (税込)

最高時速30km
持続走行15km
加減速
全長82cm
5位
最高時速30km
持続走行15km
加減速
全長93cm
4位

enSkate enSkate Woboard スケートボード

54,999円 (税込)

最高時速32km
持続走行13km
加減速
全長88cm
3位

Cool&FunCool&Fun HB10 電動スケートボード

33,999円 (税込)

最高時速32km
持続走行28km
加減速
全長97cm
2位

ExwayExway X1 PRO 最新型電動スケートボード

119,000円 (税込)

最高時速46km
持続走行25km
加減速
全長93cm
1位

BACK FIREBACK FIRE G2T

89,800円 (税込)

最高時速45km
持続走行25km
加減速
全長94cm

人気電動スケボーの比較表一覧

商品画像
1
電動スケボー BACK FIRE BACK FIRE G2T 1枚目

BACK FIRE

2
電動スケボー Exway Exway X1 PRO 最新型電動スケートボード 1枚目

Exway

4
電動スケボー enSkate  enSkate Woboard スケートボード 1枚目

enSkate

5
電動スケボー STARY STARY BOARD  1枚目

STARY

6
電動スケボー LINKY LINKY 折畳み式 電動スケートボード 1枚目

LINKY

7
電動スケボー Cool&Fun Cool&Fun HB11 電動スケートボード 1枚目

Cool&Fun

8
電動スケボー EFINITY EFINITY TYPE250S 1枚目

EFINITY

9
電動スケボー Kintone Kintone EZ Skateboard 1枚目

Kintone

10
電動スケボー  Airwheel  Airwheel  M3170wh  1枚目

Airwheel

商品名

BACK FIRE G2T

Exway X1 PRO 最新型電動スケートボード

enSkate Woboard スケートボード

STARY BOARD

LINKY 折畳み式 電動スケートボード

Cool&Fun HB11 電動スケートボード

EFINITY TYPE250S

Kintone EZ Skateboard

Airwheel M3170wh

特徴ターボモードで最大時速45km!加速力バッチリで◎水・衝撃に強くてハイスペック!スタイリッシュなデザインが◎デッキのスクリーンで速度を確認!ライト付きだから夜でも◎重さわずか5.2kg!軽くて薄いので持ち運びが楽チン折り畳めるから持ち運びしやすい!付属品も充実していて◎ギャラクシー柄のデザインが大好評!サイズにも余裕があるので◎練習用のスローモードがあって◎安心の日本製品!リモコン不要!簡単にスピード調節できて◎スマホとの連動ができる!カスタムタイヤで安全面もバッチリ
価格89,800円(税込)119,000円(税込)54,999円(税込)69,800円(税込)105,840円(税込)28,500円(税込)21,384円(税込)38,900円(税込)95,000円(税込)
最高時速45km46km32km30km30km22km18km15km20km
持続走行25km25km13km15km15km10km10km8km-
加減速
全長94cm93cm88cm93cm82cm90cm74cm70cm79cm
商品リンク

まとめ

さて、電動スケボーの選び方の解説とおすすめ商品を紹介してきましたが、参考にしていただけたでしょうか?使い方を誤ると大きなケガや事故になりかねないので、安全に気をつけて使用してくださいね。


また、初心者と経験者では選ぶべき商品が変わってきますし、どういった目的で使用するかもそれぞれ違ってきます。ご自身に合った電動スケボーを見つけていただけたら幸いです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す