1. TOP
  2. >
  3. 食品
  4. >
  5. 菓子・スイーツ
  6. >
  7. ソイジョイのおすすめ人気ランキング10選【低糖質・グルテンフリー】
  • ソイジョイのおすすめ人気ランキング10選【低糖質・グルテンフリー】のアイキャッチ画像1枚目
  • ソイジョイのおすすめ人気ランキング10選【低糖質・グルテンフリー】のアイキャッチ画像2枚目
  • ソイジョイのおすすめ人気ランキング10選【低糖質・グルテンフリー】のアイキャッチ画像3枚目
  • ソイジョイのおすすめ人気ランキング10選【低糖質・グルテンフリー】のアイキャッチ画像4枚目
  • ソイジョイのおすすめ人気ランキング10選【低糖質・グルテンフリー】のアイキャッチ画像5枚目

ソイジョイのおすすめ人気ランキング10選【低糖質・グルテンフリー】

大塚製薬が販売する大豆バー「ソイジョイ」。体型を気にする人にも嬉しい低糖質・低カロリーで、植物性タンパク質などの大豆の栄養分を手軽に摂取できる便利な食品です。ダイエット中のおやつとしても人気ですが、どの味がベストなのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、ソイジョイの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介。ナッツ・フルーツなど味のバリエーションが豊富なソイジョイですが、実は味ごとにカロリーや糖質に若干の差があります。摂取カロリーを気にする人は要チェックですよ。

  • 最終更新日:2020年06月10日
  • 15,310  views
目次

低糖質で高タンパク!グルテンフリーのソイジョイ

低糖質で高タンパク!グルテンフリーのソイジョイ

「ソイジョイ」は、低糖質・高タンパクで栄養バランスが良いのが特徴。1本あたりの糖質量は10g程度で、お菓子と比べるとかなり控えめです。さらに、糖質の吸収が穏やかな低GI食品でもあるので、ダイエット中のおやつにもぴったりです。


また、大豆の粉からつくった生地でできているので、大豆の栄養をまるごと吸収できるところもポイント。グルテンフリーであることはもちろん、小麦製品と別工場で作られているのもうれしいですね。


何より「美味しい」が魅力。バリエーションも豊富で、ナッツ・フルーツ・チョコレートなどぎっしり詰まっていて食べ応えがあります。ダイエット中でなくても、時間のない日の朝食やおやつにぴったりですよ。

ソイジョイの選び方

ここからは、ソイジョイの選び方をご紹介します。フレーバーが豊富なので、お気に入りの味がきっと見つかりますよ。

まずは、カロリーに注目。ダイエット中の人はミニサイズを

まずは、カロリーに注目。ダイエット中の人はミニサイズを

ソイジョイは一般的なお菓子と比べカロリーが低めで満足度が高いのが特徴ですが、商品によってカロリーが異なります。


1本あたりのカロリーを抑えたい人は「カロリーコントロール80」がおすすめです。1本80kcalのミニサイズで、通常サイズに比べるとカロリーは30%前後減。物足りないのではと心配になるかもしれませんが、封を開けて1本食べきるという満足度は変わりませんのでダイエット中の人にぴったりです。


通常サイズは120~150kcalとフレーバーによってさまざま。10kcal前後の違いでも毎日積み重ねることで大きな違いになりますので、自分の食べているソイジョイのカロリーは必ず確認しておきましょう。

味の好みや、脂質・糖質などの成分でフレーバーを選ぶ

フレーバーは、フルーツ系とナッツ系が主流。成分にもそれぞれ特徴がありますので、しっかりチェックしておきましょう。

おやつ代わりに!フルーツ系は贅沢な果肉感と低脂質が魅力

おやつ代わりに!フルーツ系は贅沢な果肉感と低脂質が魅力

ストロベリー・ブルーベリー・アップル・レーズンなどフルーツ系のソイジョイは、果肉感がしっかりとしていて食べ応えがあるのが特徴です。フルーツが好きな人、おやつとしてソイジョイを楽しみたい人にぴったり。お菓子やケーキが我慢できない人にもイチオシです。


また、フルーツ系はナッツ系に比べ脂質が低め。脂質が気になる人には、フルーツ系がおすすめですよ。

低糖質・腹持ち良しの定番ナッツ系

低糖質・腹持ち良しの定番ナッツ系

定番のナッツ系は、糖質が少なめなのが魅力。アーモンド&チョコレート・ピーナッツ・ホワイトマカダミアなどがラインナップされていますが、どれも糖質量が1本あたり6g前後とソイジョイの中でも低めです。


糖質の摂取量をできるだけ抑えたいという人は、ナッツ系がマスト。また、しっとりとした食感の食べ応えあるナッツ系バーは、腹持ちがいいと評判なので空腹感に悩まされる人にもおすすめです。

サクサク食感が好みならクリスピーシリーズがおすすめ

サクサク食感が好みならクリスピーシリーズがおすすめ

クリスピーシリーズは、サクサクとした軽い食感が特徴。しっとり重めの食感のレギュラータイプが苦手な方は、軽めのサクサク食感のクリスピーシリーズがおすすめです。味のバリエーションもフルーツ系・ナッツ系ともに揃っているので、いろいろな味を楽しめます。


また、普段レギュラータイプを食べている人も、クリスピーシリーズをラインナップに含めると食感が変わるので◎。ダイエット中などで食べる機会の多い方は、飽きずに続けられるのでおすすめです。

新発売のフレーバーや季節限定品もチェック!

新発売のフレーバーや季節限定品もチェック!

ソイジョイは日々進化し続ける人気商品です。そのため、定期的なバージョンアップが行われており、季節や期間限定のフレーバーも定期的に販売されています。


ソイジョイ好きなら定番品はもちろん、新商品もチェックしておきたいポイント。特に、期間限定フレーバーはあっという間に販売期間を過ぎてしまいますので、こまめにチェックして見逃さないようにしましょう!

ソイジョイのおすすめ人気ランキング10選

ソイジョイの人気フレーバーをランキング形式でご紹介します。気になるカロリー・糖質・脂質量もご紹介しますので、好みに合わせて選んでくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月11日時点)をもとに順位づけしています。

10位
カロリー133kcal
2種のアップル
糖質7g
脂質11.8g
タイプフルーツ系
9位
カロリー121kcal
ミックスベリー
糖質7.6g
脂質6.9g
タイプクリスピー
8位
カロリー117kcal
プレーン
糖質9.4g
脂質6.6g
タイプスコーン
7位
カロリー132kcal
3種のレーズン
糖質11.3g
脂質7.1g
タイプフルーツ系
6位
カロリー149kcal
ピーナッツ
糖質5.4g
脂質10.5g
タイプナッツ系
5位
カロリー133kcal
ストロベリー
糖質11.5g
脂質7.1g
タイプフルーツ系
4位
ソイジョイ 大木 ソイジョイ カロリーコントロール80 1枚目
出典:amazon.co.jp

大木ソイジョイ カロリーコントロール80

1,847円 (税込)

カロリー80kcal
アーモンド&チョコレート・ブルーベリー・ストロベリー
糖質アーモンド&チョコレート4.2g・ブルーベリー6.7g・ストロベリー6.9g
脂質アーモンド&チョコレート5.3g・ブルーベリー4.4g・ストロベリー4.3g
タイプナッツ系・フルーツ系
3位
カロリー130g
ホワイトマカダミア
糖質5.6g
脂質8.8g
タイプクリスピー
2位
カロリー115kcal
バナナ
糖質7.1g
脂質6.6g
タイプクリスピー
1位
カロリー145kcal
アーモンド&チョコレート
糖質7.6g
脂質9.7g
タイプナッツ系

人気ソイジョイの比較一覧表

商品画像
1
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ アーモンド&チョコレート 1枚目

大塚製薬

2
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ クリスピー バナナ 1枚目

大塚製薬

3
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ クリスピー ホワイトマカダミア 1枚目

大塚製薬

4
ソイジョイ 大木 ソイジョイ カロリーコントロール80 1枚目

大木

5
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ ストロベリー 1枚目

大塚製薬

6
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ ピーナッツ 1枚目

大塚製薬

7
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ 3種のレーズン 1枚目

大塚製薬

8
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ スコーンバー プレーン 1枚目

大塚製薬

9
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ クリスピー ミックスベリー 1枚目

大塚製薬

10
ソイジョイ 大塚製薬 ソイジョイ 2種のアップル 1枚目

大塚製薬

商品名

ソイジョイ アーモンド&チョコレート

ソイジョイ クリスピー バナナ

ソイジョイ クリスピー ホワイトマカダミア

ソイジョイ カロリーコントロール80

ソイジョイ ストロベリー

ソイジョイ ピーナッツ

ソイジョイ 3種のレーズン

ソイジョイ スコーンバー プレーン

ソイジョイ クリスピー ミックスベリー

ソイジョイ 2種のアップル

特徴濃厚なチョコレート味が美味しい!低糖質でダイエット中も安心バナナの甘みが食欲をそそる!フルーツ好きならこのフレーバークリスピーシリーズのなかで最も低糖質!糖質制限中の人に...1本あたり80kcal!カロリーコントロールのマストアイテムたっぷりのフルーツとホワイトチョコレートのハーモニー食感を求めるならこれ!腹持ちがよく満足感も得やすいしっとりとした生地とたっぷりレーズンのコンビネーション大豆の風味を楽しみたいならこれ!飽きのこない味で続けやすいベリー好きにおすすめ!サクサク食感が満腹感をアップりんごの甘みとしっとり感がクセになる!
最安値
1,108
送料別
詳細を見る
89
送料要確認
詳細を見る
4,800
送料無料
詳細を見る
1,847
送料無料
詳細を見る
1,180
送料別
詳細を見る
4,578
送料無料
詳細を見る
4,662
送料無料
詳細を見る
4,980
送料別
詳細を見る
4,663
送料無料
詳細を見る
4,578
送料無料
詳細を見る
カロリー145kcal115kcal130g80kcal133kcal149kcal132kcal117kcal121kcal133kcal
アーモンド&チョコレートバナナホワイトマカダミアアーモンド&チョコレート・ブルーベリー・ストロベリーストロベリーピーナッツ3種のレーズンプレーンミックスベリー2種のアップル
糖質7.6g7.1g5.6gアーモンド&チョコレート4.2g・ブルーベリー6.7g・ストロベリー6.9g11.5g5.4g11.3g9.4g7.6g7g
脂質9.7g6.6g 8.8gアーモンド&チョコレート5.3g・ブルーベリー4.4g・ストロベリー4.3g7.1g10.5g7.1g6.6g6.9g11.8g
タイプナッツ系クリスピークリスピーナッツ系・フルーツ系フルーツ系ナッツ系フルーツ系スコーンクリスピーフルーツ系
商品リンク

適量を意識して置き換えやおやつにするのが◎

適量を意識して置き換えやおやつにするのが◎

ソイジョイは低糖質・低カロリーですが、いくらヘルシーといっても1本あたり130kcalあり10gほどの糖質が含まれています。ダイエット向けの食品のイメージは強いものの、食べすぎると太ってしまうので注意してください。


なお、ダイエットや糖質制限中にソイジョイを食べるタイミングは、小腹がすいたときのおやつや1食分の置き換えが定番。食事をとる前にソイジョイを食べておいてお腹を満たし、ご飯の食べすぎを防ぐのもありですよ。

ソイジョイ以外の低糖質おやつもチェック!

低糖質のおやつは、ソイジョイのようなバータイプ以外にもたくさんのバリエーションがあります。以下の記事では、チョコレート・クッキー・シュークリームなど、こんなものも!?と驚くこと間違いなしの低糖質おやつをご紹介。気になる方はチェックしてみてくださいね。

まとめ

糖質やカロリーを気にする人でも気兼ねなく食べられるヘルシーな大豆バー「ソイジョイ」。さまざまなフレーバーがあるので、毎日食べても飽きずに続けられるのが魅力です。


今回ご紹介した商品の選び方と各フレーバーの特徴を参考にして、自分にぴったりのソイジョイを見つけてくださいね!気に入ったフレーバーがあったら、Amazonなどネット通販でまとめ買いするのがお得ですよ。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す