• 卓球シューズのおすすめ人気ランキング14選【初心者向け・上級者向け】のアイキャッチ画像1枚目
  • 卓球シューズのおすすめ人気ランキング14選【初心者向け・上級者向け】のアイキャッチ画像2枚目
  • 卓球シューズのおすすめ人気ランキング14選【初心者向け・上級者向け】のアイキャッチ画像3枚目
  • 卓球シューズのおすすめ人気ランキング14選【初心者向け・上級者向け】のアイキャッチ画像4枚目
  • 卓球シューズのおすすめ人気ランキング14選【初心者向け・上級者向け】のアイキャッチ画像5枚目

卓球シューズのおすすめ人気ランキング14選【初心者向け・上級者向け】

2016年のリオオリンピックでの日本勢の活躍もあり、現在、空前の卓球ブームが到来しています。街中のカフェなどで卓球をプレーできるところが出現するなど、誰でも気軽に楽しめるスポーツとなっていますね。今回はそんな卓球ブームに乗って卓球を始めたという初心者の方から、試合で良い結果を残したいと願う上級者まで、レベル別におすすめの卓球シューズをご紹介したいと思います。

卓球は主に体育館で行うスポーツです。シューズは「体育館シューズで充分なのでは?」と思われるかもしれませんが、俊敏性を求められる卓球に適したシューズを履くことによって、よりプレーの質が向上します。ぜひ、自分に合った卓球シューズを見つけて、イキイキと卓球を楽しむための参考にしてください!
  • 最終更新日:2019年05月27日
  • 78,421  views
目次

卓球シューズの選び方

それではまず、卓球シューズの選び方を押さえておきましょう。最初に初心者の方も上級者の方も共通しておさえるべき基本の選び方を確認した後、レベル別にピッタリの卓球シューズを選ぶポイントをまとめました。

余裕があり動きやすいサイズを選ぶ

つま先に1cm弱ほど余裕があるものを

つま先に1cm弱ほど余裕があるものを

出典:amazon.co.jp

卓球は前後左右に激しく動くスポーツです。そのため、キュッと踏み込み靴に全体重をかける場面が多々あります。もし前後に余裕が無いものを選んでいると、踏み込んだときに指がギュッと潰れてしまい、そのうち痛みが出てくるかもしれません。卓球シューズの場合はつま先に1cm弱ほど余裕があるものを選ぶと良いでしょう。

同様に、足の甲部分にも多少の余裕が欲しいところです。平常の状態でギュッと甲を締め付けるような感覚があるようなら、きつすぎます。逆に、余裕がありすぎても足が靴の中で安定しないため、靴擦れ等のトラブルに見舞われる可能性が出てきます。また、足の縦幅だけでなく横幅や甲の高さも選ぶポイントに加えましょう。

必ず試着することがポイント!

必ず試着することがポイント!

出典:amazon.co.jp

ではどうやって自分にピッタリのサイズの卓球シューズを見つけるのかというと、やはり試着しかありません。サイズはメーカーによってもブランドによっても微妙に違ってきます。Aメーカーで24cmだったとしても、Bメーカーでは24.5cmがピッタリということもあります。

試着する際は、必ず練習や試合で履く予定の卓球用靴下を着用し、かかと部分をしっかりつけて確認するようにしましょう。サイズ感の確認が終わったら、土踏まず部分のフィット感も確認を。土踏まず部分のアーチが合わないとつらい場合があります。

「ちょっと緩いけれど、面倒くさいし、まあいっか…」と妥協しないことが大切です。合わないシューズを履き続けると、思わぬ怪我の原因になります。気を付けましょう。ネット通販の場合でも、サイズ交換が無料でできる場合も多いので、しっかり利用しちゃいましょう。

底のグリップ力が大切

底のグリップ力が大切

出典:asics.com

卓球で得点するには、前後左右にボールを振られたときに、さっとボールを打てる位置まで動いて、スイングする姿勢で止まることが必要になってきます。ボールがあらぬ方向に飛んでいってしまうという場合は、打点する際の姿勢が安定していないことが多いからです。

ピタッと自分が思う場所で止まるには、卓球シューズのグリップ力が大切になってきます。体育館の床をギュッとつかまえて離さない強力なグリップ力です。大抵の卓球シューズには、グリップ力が備わっていますが、そのレベルは様々です。初心者ならそれほど動かないので、並みのグリップ力で大丈夫ですが、上級者になればなるほど、アウトソール底の形状に気を配りましょう。

初心者は、クッション性の高さ&安定感を特に重視!

初心者か上級者かによっても卓球シューズの選び方は変わってきます。初心者の場合は、まだ前後左右に激しく動くことは無いと思いますので、特にクッション性や安定感に着目して選ぶのがポイントです。

クッション性が高いものがおすすめ

初心者におすすめなのは、クッション性の高い卓球シューズです。卓球は俊敏性を求められるスポーツなので、卓球シューズは軽さを追求したものがメジャーですが、足へのホールド力が弱いため、初心者が履くと足をくじくなどトラブルにつながる可能性があります。

クッション性が高いシューズは、俊敏性は劣りますが、をしっかりとホールドしてくれます。足への当たりが柔らかく、足も疲れにくいため、初心者には最適。ちなみに、有名メーカーの中ではasicsがクッション性の高い卓球シューズを販売しています。

安定感も選ぶポイント

安定感も選ぶポイント

出典:asics.com

クッション性が高いシューズを選ぶ際の注意点としては、クッション性が高すぎるために足入れした際の安定性に欠けるものがあるということです。サイズ選びの項で記載した土踏まず部分のアーチのクッションなども注目し、ジャンプした際にグラグラしないものを選びましょう。

卓球シューズはズバリ消耗品!

卓球シューズはズバリ消耗品!
安くても数千円はかかる卓球シューズ。購入したばかりの頃は、アウトソール底の粒が揃って、グリップもバッチリ効いていても、練習内容がハードになればなるほど、その消耗は速く、1ヵ月も経たないうちに底がツルツルになってしまうユーザーもいます。つまり、卓球シューズは消耗品!

初心者なら、最初からあまり金額の高い卓球シューズに手を出さず、各メーカーの入門ラインから試していくと良いでしょう。初心者用として揃えられている商品は、クッション性重視のものが多いですが、中には素足感覚を体験できるシューズもあります。練習がハードになってきて、しっかりフォームも定まってくるようになったら、初心者用の素足感覚シューズを試してみましょう。

上級者になったら、軽く素足感覚で履けるシューズを!

上級者になったら、軽量で素足感覚で履けるシューズを選びましょう。直接地面をつかむ感覚を味わえるような質の高い卓球シューズで、さらなるレベルアップを狙いましょう!

俊敏性を求めるなら軽いシューズがベスト

俊敏性を求めるなら軽いシューズがベスト
相手よりも0.1秒でも速くポジションに付きたいと思うのが卓球。速くスイングできる体勢に入って構えて得点を狙いたいという上級者の方には、重いシューズは邪魔になるだけです。俊敏性を求めるなら、軽いシューズがベスト!

高品質なシューズになればなるほど、高反発ソールなど様々な機能が搭載されているにも関わらず、軽い造りになっています。軽さの目安としては、26cm片足で約260gほど。

ソールやアッパーが柔らかい素材でできていると動きやすい!

素足感覚で履けるほどの軽さを備えていたとしても、ソールやアッパー部分が硬い素材でできていると、屈曲性が無く、動きにくさを感じます。卓球独特の動きを生み出すには、ソールやアッパーが柔らかい素材でできているものがおすすめです。

上級者でも足に不安がある方は素足感覚+クッション性も重視

前後左右に激しく動く卓球をしている場合でも、「よく足をくじきそうになる」「足の怪我をしている」という場合には、クッション性もある素足感覚シューズに履き替えると良いでしょう。もちろん、通常の素足感覚のシューズに慣れていると、重さや反発力という点で違和感があるとは思いますが、まずは足を痛めないことが大切です。

素足感覚のシューズは俊敏性に優れるという長所がある一方で、足への負担は重く、足もねじれやすくなると言われています。もちろん、フォームなどが完璧なプレーヤーなら、軽量シューズで全く問題はありませんが、フォームに癖があったり、まだ発展途上という中高生の場合、シューズを使いこなせない可能性があります。フォームや打点に入るときの動きを訂正していき、足に不安が無くなったところで、再び素足感覚で履ける軽量シューズに挑戦してみましょう。

【初心者向け】卓球シューズのおすすめ人気ランキング7選

それではここからは【初心者向け】【上級者向け】に分けて、おすすめの卓球シューズを7選ずつご紹介していきます。まずは初心者向けから。初心者向けとしては、「選び方」で確認したように、クッション性があり足がぐらつかない安定感のある商品を選びました。価格もポイントになります。
7位
タイプクッション性&安定性重視 
サイズ展開22.0~28.0cmの13サイズ展開 
片足重量-
グリップ力
6位
タイプ軽量&素足感覚重視
サイズ展開22.5~28.0cmの12サイズ展開
片足重量-
グリップ力
5位

Butterfly卓球シューズ レゾラインJL

5,180円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視 
サイズ展開19.0~25.0cmの11サイズ展開 ※ジュニア&レディースサイズ
片足重量-
グリップ力
その他ソール厚め
4位

Butterfly卓球 シューズ レゾライン トライネックス

4,752円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視 
サイズ展開22.5~28.0cmの12サイズ展開 
片足重量-
グリップ力
その他
3位

Nittaku 卓球 シューズ ウィンアクト

5,795円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視 
サイズ展開22.5~28.0cmの12サイズ展開(レディース&メンズ)
片足重量-(S字アウトソールで軽量化)
グリップ力〇(ソフトコンパウンド、ピポットターン、ハニカムパターン)
その他軽量ダブルメッシュで通気性、EVAミッドソールでクッション性、インソールはアナトミカル形状
2位

MIZUNO卓球シューズ クロスマッチプリオ RX3

4,972円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視
サイズ展開20.0~28.0cmの15サイズ(ジュニア&レディース&メンズ)
片足重量230g(26.0cm)
グリップ力
その他VS-1(クッション性)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、ミズノグリーングレード シルバーメダル認定
1位

asics卓球シューズ アタックHYPERBEAT SP2

6,318円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視 ※軽量&素足感覚も意識
サイズ展開19.0~28.0cmの16サイズ(ジュニア&レディース&メンズ)
片足重量-
グリップ力
その他Solyteで薄底&クッション性、メッシュで通気性

おすすめ人気【初心者向け】卓球シューズの比較一覧表

商品画像
1
卓球シューズ asics 卓球シューズ アタックHYPERBEAT SP2 1枚目

asics

2
卓球シューズ MIZUNO 卓球シューズ クロスマッチプリオ RX3  1枚目

MIZUNO

3
卓球シューズ Nittaku  卓球 シューズ ウィンアクト 1枚目

Nittaku

4
卓球シューズ Butterfly 卓球 シューズ レゾライン トライネックス  1枚目

Butterfly

5
卓球シューズ Butterfly 卓球シューズ レゾラインJL  1枚目

Butterfly

6
卓球シューズ TSP ネオファイト ライトシューズ 1枚目

TSP

7
卓球シューズ YASAKA ジェット・インパクト  1枚目

YASAKA

商品名

卓球シューズ アタックHYPERBEAT SP2

卓球シューズ クロスマッチプリオ RX3

卓球 シューズ ウィンアクト

卓球 シューズ レゾライン トライネックス

卓球シューズ レゾラインJL

ネオファイト ライトシューズ

ジェット・インパクト

特徴クッション性がありながらも軽量性も意識!バランスのとれ...ミズノ製卓球シューズの入門ライン!クッション性があるのに軽量軽量&グリップ力にこだわりあり!レゾラインの入門ライン!安価でクッション性も問題なしジュニア&レディースの初心者に!ソール厚めなので安定感抜群軽量&素足感覚シューズに挑戦してみたい初心者におすすめ最初に買うならこのシューズ!
価格6,318円(税込)4,972円(税込)5,795円(税込)4,752円(税込)5,180円(税込)4,596円(税込)3,670円(税込)
タイプクッション性&安定性重視 ※軽量&素足感覚も意識クッション性&安定性重視クッション性&安定性重視 クッション性&安定性重視 クッション性&安定性重視 軽量&素足感覚重視クッション性&安定性重視 
サイズ展開19.0~28.0cmの16サイズ(ジュニア&レディース&メンズ)20.0~28.0cmの15サイズ(ジュニア&レディース&メンズ)22.5~28.0cmの12サイズ展開(レディース&メンズ)22.5~28.0cmの12サイズ展開 19.0~25.0cmの11サイズ展開 ※ジュニア&レディースサイズ22.5~28.0cmの12サイズ展開22.0~28.0cmの13サイズ展開 
片足重量-230g(26.0cm)-(S字アウトソールで軽量化)----
グリップ力〇(ソフトコンパウンド、ピポットターン、ハニカムパターン)
その他Solyteで薄底&クッション性、メッシュで通気性VS-1(クッション性)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、ミズノグリーングレード シルバーメダル認定軽量ダブルメッシュで通気性、EVAミッドソールでクッション性、インソールはアナトミカル形状ソール厚め
商品リンク

【上級者向け】卓球シューズのおすすめ人気ランキング7選

それでは次に上級者向けのおすすめの卓球シューズ7選をご紹介します。上級者向けには、様々な機能を搭載した高機能卓球シューズをチョイスしてみました。クッション性や安定性と軽さとのバランスも絶妙なものばかりです。
7位

asics 卓球シューズ アタックDUALYTE

10,098円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視
サイズ展開21.0~25cnの8サイズ展開(幅は2E相当)※レディースサイズのみ
片足重量-
グリップ力◎(マルチコンタクトエッジ)
その他EX-SKIN(つま先部、軽量、マイクロファイバー素材)×TPU補強人工材でソフトなフィット感&横ブレ抑制、パワーホールドシューレース
6位

MIZUNO卓球シューズ ウエーブカイザーブルク 4

6,690円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視
サイズ展開23.0~28.5cnの13サイズ展開(幅は3E相当)※レディースサイズ(22.5~25cmの5サイズ展開で幅も3E相当)あり
片足重量265g(26.0cm)
グリップ力
その他MIZUNO WAVE(クッション性&安定性)、PARALLEL WAVE(クッション性)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、ミズノグリーングレード シルバーメダル認定
5位
タイプクッション性&安定性重視(前陣即効型)
サイズ展開22.5~28.0cnの12サイズ展開(幅は2E相当)
片足重量-
グリップ力◎(マルチコンタクトエッジ)
その他通気性◎
4位

asics 卓球シューズ アタック BLADELYTE 3

9,850円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視(ドライブ主戦パワー型)
サイズ展開22.5~28.0cnの12サイズ展開(幅は2E相当)
片足重量-
グリップ力
その他フレクションフィット(屈曲時の足の動きをストレスなく再現)、クイックカウンター(横ブレ防止)、通気性◎
3位

ミズノ 卓球シューズ ウエーブメダル SP3

11,186円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視
サイズ展開22.5~28.5cnの13サイズ展開
片足重量285g(26.0cm)
グリップ力◎ ※XGラバー(グリップ力&耐久性)
その他Boaシステム搭載、MIZUNO WAVE(クッション性&安定性)、AP+(クッション性&反発性に富むミッドソール)、MIZUNO INTERCOOL(湿度調整&温度調整)、MILD CUSHION(クッション性&フィット感あるインソール)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、SR touch(高反発ソール)
2位

ミズノ 卓球シューズ ウエーブドライブ Z

10,498円 (税込)

タイプ軽量&素足感覚重視 ※クッション性&ホールド力も高い
サイズ展開23.0~29.0cnの13サイズ展開
片足重量255g(26.0cm)
グリップ力◎ ※XGラバー(グリップ力&耐久性)、D-Flex Groove(蹴りだしサポート)
その他MIZUNO WAVE(クッション性&安定性)、PoWnCe(反発力&軽量化)、MILD CUSHION(クッション性&フィット感&耐久性)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、PRIMESKIN(天然皮革の質感&耐久性&フィット感の持続性)、SR touch(高反発ソール)
1位

ミズノ 卓球シューズ ウェーブメダル 5

8,149円 (税込)

タイプクッション性&安定性重視 ※軽さもあり
サイズ展開22.5~28.5cnの13サイズ展開
片足重量265g(26.0cm)
グリップ力◎ ※XGラバー(グリップ力&耐久性)
その他MIZUNO WAVE(クッション性&安定性)、PARALLEL WAVE(クッション性)、AP+(クッション性&反発性に富むミッドソール)、MIZUNO INTERCOOL(湿度調整&温度調整)、MILD CUSHION(クッション性&フィット感あるインソール)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、SR touch(高反発ソール)

おすすめ人気【上級者向け】卓球シューズの比較一覧表

商品画像
1
卓球シューズ ミズノ  卓球シューズ ウェーブメダル 5 1枚目

ミズノ

2
卓球シューズ ミズノ  卓球シューズ ウエーブドライブ Z 1枚目

ミズノ

3
卓球シューズ ミズノ  卓球シューズ ウエーブメダル SP3 1枚目

ミズノ

4
卓球シューズ asics  卓球シューズ アタック BLADELYTE 3 1枚目

asics

5
卓球シューズ asics  卓球シューズ EXCOUNTER 1枚目

asics

6
卓球シューズ MIZUNO 卓球シューズ ウエーブカイザーブルク 4  1枚目

MIZUNO

7
卓球シューズ asics  卓球シューズ アタックDUALYTE 1枚目

asics

商品名

卓球シューズ ウェーブメダル 5

卓球シューズ ウエーブドライブ Z

卓球シューズ ウエーブメダル SP3

卓球シューズ アタック BLADELYTE 3

卓球シューズ EXCOUNTER

卓球シューズ ウエーブカイザーブルク 4

卓球シューズ アタックDUALYTE

特徴クッション性&軽さ&グリップ力&価格!総合力でナンバー1!これぞミズノの真骨頂!高いグリップ力を求めるならこのシ...面倒な紐調節ナシ!Boaシステムでフィット感は完璧にasicsのフィット感を存分に味わうならこのシューズ!素早いプレーもこのシューズなら可能!前陣速攻型プレーヤー向け足の横幅が広い方におすすめ!石川佳純選手のリクエストに応えた足に優しく勝てる靴
価格8,149円(税込)10,498円(税込)11,186円(税込)9,850円(税込)8,424円(税込)6,690円(税込)10,098円(税込)
タイプクッション性&安定性重視 ※軽さもあり軽量&素足感覚重視 ※クッション性&ホールド力も高いクッション性&安定性重視クッション性&安定性重視(ドライブ主戦パワー型)クッション性&安定性重視(前陣即効型)クッション性&安定性重視クッション性&安定性重視
サイズ展開22.5~28.5cnの13サイズ展開23.0~29.0cnの13サイズ展開22.5~28.5cnの13サイズ展開22.5~28.0cnの12サイズ展開(幅は2E相当)22.5~28.0cnの12サイズ展開(幅は2E相当)23.0~28.5cnの13サイズ展開(幅は3E相当)※レディースサイズ(22.5~25cmの5サイズ展開で幅も3E相当)あり21.0~25cnの8サイズ展開(幅は2E相当)※レディースサイズのみ
片足重量265g(26.0cm)255g(26.0cm)285g(26.0cm)--265g(26.0cm)-
グリップ力◎ ※XGラバー(グリップ力&耐久性)◎ ※XGラバー(グリップ力&耐久性)、D-Flex Groove(蹴りだしサポート)◎ ※XGラバー(グリップ力&耐久性)◎(マルチコンタクトエッジ)◎(マルチコンタクトエッジ)
その他MIZUNO WAVE(クッション性&安定性)、PARALLEL WAVE(クッション性)、AP+(クッション性&反発性に富むミッドソール)、MIZUNO INTERCOOL(湿度調整&温度調整)、MILD CUSHION(クッション性&フィット感あるインソール)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、SR touch(高反発ソール)MIZUNO WAVE(クッション性&安定性)、PoWnCe(反発力&軽量化)、MILD CUSHION(クッション性&フィット感&耐久性)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、PRIMESKIN(天然皮革の質感&耐久性&フィット感の持続性)、SR touch(高反発ソール)Boaシステム搭載、MIZUNO WAVE(クッション性&安定性)、AP+(クッション性&反発性に富むミッドソール)、MIZUNO INTERCOOL(湿度調整&温度調整)、MILD CUSHION(クッション性&フィット感あるインソール)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、SR touch(高反発ソール)フレクションフィット(屈曲時の足の動きをストレスなく再現)、クイックカウンター(横ブレ防止)、通気性◎通気性◎MIZUNO WAVE(クッション性&安定性)、PARALLEL WAVE(クッション性)、NON MARKING SOLE(床に足跡がつきにくい)、ミズノグリーングレード シルバーメダル認定EX-SKIN(つま先部、軽量、マイクロファイバー素材)×TPU補強人工材でソフトなフィット感&横ブレ抑制、パワーホールドシューレース
商品リンク

レベルに合った人気の卓球ラケットが分かる!

初心者が中・上級者向けの卓球ラケットを使ってもうまくいきません。以下の記事では、初心者と、中・上級者とレベル別におすすめの卓球ラケットをご紹介しています。選び方のコツも参考にしてください。

卓球シューズの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、卓球シューズのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

今回は、初心者向けと上級者向けに分けて、卓球シューズのおすすめ商品をそれぞれ7選ずつご紹介しました。少し前までは、クッション性を重視するのか、軽量性を重視するのかでハッキリと区別されていた卓球シューズですが、現在は高機能な素材が続々と搭載され、クッション性も軽量性も両方を兼ね備えたシューズもたくさん発売されています。

メーカーによって微妙に異なる履き心地。自分に適した卓球シューズを求めて、色々な種類を履き比べてみるのも楽しいですね。ぜひ自分のプレースタイルに合う卓球シューズを見つけて、卓球ライフを謳歌してください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す