• フェンダーのベースおすすめ人気ランキング10選【ムスタング・ジャガー・ジャズも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • フェンダーのベースおすすめ人気ランキング10選【ムスタング・ジャガー・ジャズも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • フェンダーのベースおすすめ人気ランキング10選【ムスタング・ジャガー・ジャズも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • フェンダーのベースおすすめ人気ランキング10選【ムスタング・ジャガー・ジャズも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • フェンダーのベースおすすめ人気ランキング10選【ムスタング・ジャガー・ジャズも!】のアイキャッチ画像5枚目

フェンダーのベースおすすめ人気ランキング10選【ムスタング・ジャガー・ジャズも!】

ベーシストたるもの、一度はフェンダー社のベースを弾いてみたいものです。とはいえ、実に様々なラインナップがあり、一体どれが自分にとってピッタリなのか、だんだんと分からなくなってくるもの。


今回はそんなフェンダーのベースを選ぶポイントに加え、人気の10台をご紹介していきます。ぜひベース選びの参考にしてみてくださいね。

  • 最終更新日:2019年11月11日
  • 9,956  views
目次

フェンダーのベースの選び方

まずは、フェンダー社のベースを選ぶ際に押さえておきたいポイントについてご紹介していきたいと思います。

メインとなるモデルは2種類

フェンダーのベースを購入するのであれば、まずはそのモデルをチェックしておきましょう。好みはもちろんですが、形の違いによって弾きやすさや音も大きく異なってきます。

パンクスにも大人気、プレシジョンベース

パンクスにも大人気、プレシジョンベース

出典:amazon.co.jp

エレキベースの元祖が、こちらのプレシジョンベース。そのデビューはなんと1951年にまで遡ります。そんな元祖エレキベースですが、現代においても多くのミュージシャンに愛用されています。


特にパンクロック系ミュージシャンに愛用者が多い、プレシジョンベース。ポール・シムノンやシド・ヴィシャスといったパンクのオリジネーターたちが愛用していたということもあるのでしょうが、その単純なつくりと、エッジの効いたサウンド、見た目のシンプルさとった部分がパンクロックにマッチするのも人気の理由です。


ちなみに、プレシジョンとは「精密な」といった意味の英語。ウッドベースしかなかった時代にフレットを打ったベースを完成させたことで、より精密な演奏が可能となったため命名されたそうですよ。

ジャズベースは、全ての音楽に対応可能な万能選手

ジャズベースは、全ての音楽に対応可能な万能選手

出典:amazon.co.jp

プレシジョンベースに続き、フェンダー社のベース第二弾として1960年に作られたのがジャズベース。サウンドの幅をより広げるために、フロントとリアに2つのピックアップを採用しました。その思惑は見事に大ヒットを生み出し、ベースのスタンダードとして確固たる地位を築いています。

暖かみのあるサウンドから、切れの良いサウンドまで作り出すことができるため、ジャズはもちろんロックにフュージョンにヒップホップにと、ジャンルを問わず使用されています。

個性あふれるモデルも見逃せない

メインとなるプレシジョンベースとジャズベース以外にも、フェンダー社からはいくつかのベースが販売されています。現行で発売されているものについて見ていきましょう。

手が小さい人にもうれしい「ムスタング」

手が小さい人にもうれしい「ムスタング」

出典:amazon.co.jp

ベースはギターよりもネックが長く、弦も太くて硬いため、手が小さい人ですと物理的に演奏しにくいもの。手が小さいゆえにベースを諦めるなんて話もよくありますが、ちょっと待った。そんな人はムスタングベースをお試しください。

このベースはいわゆるショートスケールが採用されており、通常よりもネックが短く作られています。そのため単純に手が届きやすく、弦のテンションも低いため、弱い力でも弦を押さえることが可能です。

「ジャガーベース」なら多彩な音作りが楽しめる

「ジャガーベース」なら多彩な音作りが楽しめる

出典:amazon.co.jp

「ジャズベースとプレシジョンベース、どちらも魅力的でどちらにするか決められない!」なんて人はぜひ一度、このジャガーベースをお試しください。


フロントピックアップはプレシジョンベースのスタイル、リアのピックアップはジャズベースのスタイルと、それぞれが一つで楽しめるようになっています。独創的なボディシェイプも魅力的ですね。

シリーズによって個性が変わる

一口にプレシジョンベースと言っても、そこにはスタンダードやデラックスなどなど、実に多くのシリーズがあります。シリーズによって、ベースの個性は全く異なります。続いてはそれらをチェックしていきましょう。

定番アイテムをお探しなら「スタンダード」

定番アイテムをお探しなら「スタンダード」

出典:amazon.co.jp

これぞ王道、これぞフェンダーというベースをお探しであれば、こちらのスタンダードシリーズがおすすめ。フェンダー伝統の形式と、最新の技術が詰まった現代の定番品ですよよ。

スラップなどでブリブリとしたサウンドを奏でるなら、「デラックス」

スラップなどでブリブリとしたサウンドを奏でるなら、「デラックス」

出典:amazon.co.jp

サウンドの幅をより広げるために、アクティブピックアップを採用したのがデラックスシリーズ。3バンドのイコライザーを搭載しているため、ドンシャリなサウンドから、ミッドを強調した暖かみのあるサウンドまで自由自在に変化させることが可能です。

お手軽にヴィンテージ感を愉しみたい人には「クラシック」を

お手軽にヴィンテージ感を愉しみたい人には「クラシック」を

出典:amazon.co.jp

多くのベーシストの心をとらえて離さない、60年代に作られたヴィンテージベースの数々。一度は演奏してみたいなんて思いにも駆られますが、状態の良いものですと200万円オーバーなんて当たり前の世界。いかんせん高いですよね。


そんなヴィンテージの雰囲気を、現代の技術で作り出したのがクラシックシリーズ。塗装のハゲやキズなどによって使い込まれた雰囲気を、そして独自に開発されたピックアップによって、昔ながらのぬくもりあるサウンドを再現しています。

昔ながらのスタイルにこだわりたい人に「アメリカン・オリジナル」

昔ながらのスタイルにこだわりたい人に「アメリカン・オリジナル」

出典:amazon.co.jp

1951年に誕生したプレシジョンベース、1960年に誕生したジャズベース、それらが最も輝いていた60年代のスペックを忠実に再現し、現代に蘇らせたのがアメリカン・オリジナルシリーズです。

サイズ、形状、ピックアップ、塗装などなど、スペックの再現度はさすが本家本元であるフェンダーです。10年、20年と愛用していくことによって、次世代のスタンダードになるかもしれませんね。

最新鋭の技術が詰め込まれた「アメリカン・エリート」

最新鋭の技術が詰め込まれた「アメリカン・エリート」

出典:amazon.co.jp

昔ながらの良さは踏襲しつつ、革新的な技術を詰め込んだのが、、アメリカン・エリートシリーズ。最新鋭のピックアップとプリアンプによる華やかなサウンド、プレイヤビリティを最大限に高めるネック形状など、次世代のスタンダードモデルです。

個性的なベースをお探しなら「アメリカン・プロフェッショナル」

個性的なベースをお探しなら「アメリカン・プロフェッショナル」

出典:amazon.co.jp

プロのミュージシャンたるもの、独自のサウンドを作り出す為に様々な工夫を凝らすもの。そんなミュージシャンたちの様々な要望に応えるかのように、個性的なアイテムを多数そろえているのがアメリカン・プロフェッショナルです。

フレットレスベースに5弦ベース、左利き用などなど、探していたスタイルがここにあるのかもしれません。

しっかりとした作りのベースをお探しなら「メイドインジャパン トラディショナル」

しっかりとした作りのベースをお探しなら「メイドインジャパン トラディショナル」

出典:amazon.co.jp

かつて日本国内での販売用に「フェンダー ジャパン」という名で呼ばれていたシリーズが、メイドインジャパン トラディショナルという名前で蘇りました。


フェンダー ジャパン時代よりその作りの良さは有名で、しかもアメリカ製よりもお求めやすい価格帯ということもあり、海外ミュージシャンが来日時に多数購入していたのは有名な話。


価格的にはよりお求めやすいプレイヤーというシリーズが作られましたが、しっかりとした作りのベースをお探しであれば、メイドインジャパン・トラディショナルシリーズは見逃せません。

良いとこどりの名器揃い!「メイドインジャパン ハイブリッド」

良いとこどりの名器揃い!「メイドインジャパン ハイブリッド」

出典:amazon.co.jp

日本製のしっかりとしたボディのベースにアメリカ製のピックアップを採用と、まさに良いとこどりをしているのがメイドインジャパン ハイブリッドシリーズ。手軽にアメリカンな音が愉しめるということで人気のシリーズです。

エントリーモデルにぴったりの「プレイヤー」

エントリーモデルにぴったりの「プレイヤー」

出典:amazon.co.jp

フェンダーのエントリーモデルとして、新たに生み出されたのがプレイヤーシリーズ。フェンダー社の名に恥じぬしっかりとした作りながらも、驚きの価格帯を実現しています。これからベースを始めてみたいという場合には見逃せないシリーズです。

ミュージシャンこだわりの仕様が詰まった「アーティスト」

ミュージシャンこだわりの仕様が詰まった「アーティスト」

出典:amazon.co.jp

「憧れのあのミュージシャンと同じベースが欲しい!」そんな気持ちに応えてくれるのがアーティストシリーズ。ミュージシャンなりのこだわりが詰まったスペックを忠実に再現しています。

そのミュージシャンのファンにはもちろん、ちょっと珍しいスタイルのベースをお探しであれば、一度チェックしてみてください。理想的なスタイルのベースに思わぬところで出会えるかもしれませんよ。

生産国にもこだわりを!

フェンダーのベースには3つの生産国があり、それぞれに特徴を持っています。いったいどんな特徴があるのか、ご紹介していきます。

これぞ王道を目指すならアメリカ製!

これぞ王道を目指すならアメリカ製!

出典:amazon.co.jp

フェンダーはもともとアメリカの会社ですし、これぞフェンダーというベースをお探しであればやはりアメリカ製のものがおすすめ。そのピックアップに、ネックに、ボディに、それぞれしっかりとこだわりが詰まっています。

しっかりとした作りがうれしい日本製!

しっかりとした作りがうれしい日本製!

出典:amazon.co.jp

もともとは日本のみでの販売用にOEMで作られていたフェンダージャパンですが、正式なシリーズとして登録されることになりました。かつてのような日本独自の規格ではなくなり、正式にフェンダーUSAの監修のもとで作られたベースはしっかりとした作りで、なおかつ米国製同様の仕様になっています。

思わぬ掘り出し物があるメキシコ製!

思わぬ掘り出し物があるメキシコ製!

出典:amazon.co.jp

アメリカ工場で作られたパーツを、メキシコで組み上げているというメキシコ製のフェンダー。ほぼアメリカ製なのにお求めやすい価格帯ということで、かねてより「掘り出し物」で有名でした。作りが雑なんてことを言う人もいますが、フェンダーUSA監修ですから、そんなこともありませんのでご安心ください。

フェンダーのベース人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のフェンダーベースをご紹介していきます。それぞれについて種類や特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

10位
フェンダー
ベース フェンダー プレイヤー プレシジョンベース
出典:amazon.co.jp

フェンダープレイヤー プレシジョンベース

71,280円 (税込)

タイププレシジョンベース
シリーズプレイヤー
生産国メキシコ
9位
フェンダー
ベース フェンダー MIJ ハイブリッド '50s プレシジョンベース
出典:amazon.co.jp

フェンダーMIJ ハイブリッド '50s プレシジョンベース

102,900円 (税込)

タイププレシジョンベース
シリーズメイドインジャパン ハイブリッド
生産国日本
8位
フェンダー
ベース フェンダー スタンダード ジャズベース
出典:amazon.co.jp

フェンダースタンダード ジャズベース

102,441円 (税込)

タイプジャズベース
シリーズスタンダード
生産国アメリカ
7位
フェンダー
ベース フェンダー エアロダイン ジャズベース
出典:amazon.co.jp

フェンダーエアロダイン ジャズベース

74,462円 (税込)

タイプジャズベース
シリーズスタンダード
生産国日本
6位
フェンダー
ベース フェンダー MIJ Traditional 70s ジャズベース
出典:amazon.co.jp

フェンダーMIJ Traditional 70s ジャズベース

118,800円 (税込)

タイプジャズベース
シリーズメイドインジャパン トラディショナル
生産国日本
5位
フェンダー
ベース フェンダー スタンダード ジャガーベース
出典:amazon.co.jp

フェンダースタンダード ジャガーベース

111,081円 (税込)

タイプジャガーベース
シリーズスタンダード
生産国アメリカ
4位
フェンダー
ベース フェンダー ムスタング ベース PJ
出典:amazon.co.jp

フェンダームスタング ベース PJ

73,530円 (税込)

タイプムスタングベース
シリーズ-
生産国メキシコ
3位
フェンダー
ベース フェンダー デラックス アクティブ ジャズベース
出典:amazon.co.jp

フェンダーデラックス アクティブ ジャズベース

172,700円 (税込)

タイプジャズベース
シリーズデラックス
生産国アメリカ
2位
フェンダー
ベース フェンダー MIJ トラディショナル '60s プレシジョンベース
出典:amazon.co.jp

フェンダーMIJ トラディショナル '60s プレシジョンベース

81,544円 (税込)

タイププレシジョンベース
シリーズメイドインジャパン トラディショナル
生産国日本
1位
フェンダー
ベース フェンダー プレイヤー ジャズベース
出典:amazon.co.jp

フェンダープレイヤー ジャズベース

71,280円 (税込)

タイプジャズベース
シリーズプレイヤー
生産国メキシコ

フェンダーの人気ベース比較一覧表

商品画像
1
フェンダー
ベース フェンダー プレイヤー ジャズベース

フェンダー

2
フェンダー
ベース フェンダー MIJ トラディショナル '60s プレシジョンベース

フェンダー

3
フェンダー
ベース フェンダー デラックス アクティブ ジャズベース

フェンダー

4
フェンダー
ベース フェンダー ムスタング ベース PJ

フェンダー

5
フェンダー
ベース フェンダー スタンダード ジャガーベース

フェンダー

6
フェンダー
ベース フェンダー MIJ Traditional 70s ジャズベース

フェンダー

7
フェンダー
ベース フェンダー エアロダイン ジャズベース

フェンダー

8
フェンダー
ベース フェンダー スタンダード ジャズベース

フェンダー

9
フェンダー
ベース フェンダー MIJ ハイブリッド '50s プレシジョンベース

フェンダー

10
フェンダー
ベース フェンダー プレイヤー プレシジョンベース

フェンダー

商品名

プレイヤー ジャズベース

MIJ トラディショナル '60s プレシジョンベース

デラックス アクティブ ジャズベース

ムスタング ベース PJ

スタンダード ジャガーベース

MIJ Traditional 70s ジャズベース

エアロダイン ジャズベース

スタンダード ジャズベース

MIJ ハイブリッド '50s プレシジョンベース

プレイヤー プレシジョンベース

特徴入門機ながら驚きのサウンドを実現ロックなベースを奏でるなら!スラップを多用したいベーシストにショートスケールならではの独特のサウンドプレベでもジャズべでもない独自のスタイル渋いカラーリングのジャズベースフロントピックアップはプレシジョン現代風味のジャズベース全てのエレキベースはここから始まった手に取りやすいエントリーモデル
最安値
71,178
送料別
詳細を見る
81,544
送料要確認
詳細を見る
169,500
送料別
詳細を見る
73,530
送料要確認
詳細を見る
111,081
送料要確認
詳細を見る
118,800
送料別
詳細を見る
70,300
送料無料
詳細を見る
102,441
送料要確認
詳細を見る
102,900
送料要確認
詳細を見る
71,280
送料無料
詳細を見る
タイプジャズベースプレシジョンベースジャズベースムスタングベースジャガーベースジャズベースジャズベースジャズベースプレシジョンベースプレシジョンベース
シリーズプレイヤーメイドインジャパン トラディショナルデラックス-スタンダードメイドインジャパン トラディショナルスタンダードスタンダードメイドインジャパン ハイブリッドプレイヤー
生産国メキシコ日本アメリカメキシコアメリカ日本日本アメリカ日本メキシコ
商品リンク

音作りに欠かせない、エフェクター・アンプにも注目

念願のベースを手にしたなら、音作りに欠かせないエフェクターやアンプについても考えておきたいもの。以下の記事では、おすすめの機材を数多くご紹介しています。こちらもぜひご参照くださいね。

フェンダーベースの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、フェンダー ベースのYahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

フェンダー社のベースについて、その選び方やおすすめのアイテムなどをご紹介してきましたが、気になる1台は見つかりましたか?


名門ブランドのベースだけあり、一生使い続けることができるほどのポテンシャルを秘めています。ぜひお気に入りの一台を手に入れて、素敵なベースライフをお過ごしください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す