1. TOP
  2. >
  3. ホビー
  4. >
  5. 楽器
  6. >
  7. ギターケースのおすすめ人気ランキング10選【エレキ・アコギ用】
  • ギターケースのおすすめ人気ランキング10選【エレキ・アコギ用】のアイキャッチ画像1枚目
  • ギターケースのおすすめ人気ランキング10選【エレキ・アコギ用】のアイキャッチ画像2枚目
  • ギターケースのおすすめ人気ランキング10選【エレキ・アコギ用】のアイキャッチ画像3枚目
  • ギターケースのおすすめ人気ランキング10選【エレキ・アコギ用】のアイキャッチ画像4枚目
  • ギターケースのおすすめ人気ランキング10選【エレキ・アコギ用】のアイキャッチ画像5枚目

ギターケースのおすすめ人気ランキング10選【エレキ・アコギ用】

大切なギターを衝撃、汚れなどから守るために欠かせないのが「ギターケース」。しかし、一口にギターケースと言っても、エレキギター用・アコースティックギター用など種類もさまざま。そのうえ、ソフト・ハード・セミハードなど色々なタイプがあるため、どれを買えば良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自分に合ったギターケースを選ぶ為のポイントと共に、ランキング形式にておすすめ商品をご紹介していきます。利用するシーンに合ったギターケースを選んで、大切なギターをしっかり守っていきましょう。
  • 最終更新日:2020年06月24日
  • 38,005  views
目次

ギターケースの選び方

まずは、ギターケースを選ぶ上で知っておきたいポイントをご説明します。

用途に合わせてケースのタイプを選ぼう

ギターケースの種類は、大きく分けて「ソフトケース」「ギグバッグ」「セミハードケース」「ハードケース」など複数のタイプがあります。自分の利用シーンに合わせたものを選ぶ為に、先ずはそれぞれの特徴などを知っておきましょう。

徒歩での移動時には「ソフトケース」がおすすめ

徒歩での移動時には「ソフトケース」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

軽くて収納性に優れているソフトケースは、徒歩による近場への持ち運びに最適です。例えば、徒歩5分ほどのスタジオに持ち運ぶ際などには、気軽にギターを収納できる、おすすめのケースと言えるでしょう。ギターを出した後の空になったケースは畳めるので、収納性にも優れます。比較的安価な品が多いのも良いですね。

ただし、ほとんどのものがナイロン素材でできているため、他の種類のものと比べると外からの衝撃に弱いという注意点があります。また、簡素な作りの商品も多いので、チャック部分が壊れてしまったり、底部分が破れてしまったりということも多いのが事実です。あくまでも、徒歩で持ち歩くときのみの使用にとどめた方が無難でしょう。

ソフトケースよりもクッション性のある「ギグバッグ」

ソフトケースよりもクッション性のある「ギグバッグ」

出典:ibanez.com

ソフトケースよりもクッション性に優れ、頑丈に作られているのがギグバッグです。ハードケースよりも軽いので、長距離の移動にも向いています。ただし、頑丈さは劣るので扱いには注意が必要です。


商品の中には、ケース自体に大きなポケットがついているものなど収納にも優れているケースがあります。楽譜や小物などをしまいたい人はケースの収納面についてもチェックしてみてください。


ギグバッグについては明確な定義がなく、メーカーによってケースの呼び方が変わる場合もあります。例えば、ソフトケースよりもしっかりした作りをしていてもソフトケースとして売られていることもあるので、購入を考えている人は実際にものを見て決めるのが良いでしょう。

電車やバス移動が多いなら「セミハード」を

電車やバス移動が多いなら「セミハード」を

出典:amazon.co.jp

耐久性と耐衝撃性に優れながら、持ち運びもしやすいセミハードケースは、電車やバス移動などの中・長距離に適します。樹脂製の板が入っており、ハードケースに近い作りをしています。軽量化を図るため、外装をナイロン素材にしているものなどもあります。

また、リュックサックの様に背負えるタイプが多いので、長時間の持ち運び時にも身体への負担が少なく済むというのも嬉しいですね。


自転車での持ち運びの際にも重宝するタイプのケースでしょう。例えば、自宅から駅までは自転車で、駅からは電車に乗ってスタジオまで移動するといったスタイルの方にはぴったりなおすすめのギターケースです。

保管用や長距離移動での持ち運びに「ハードケース」が最適

保管用や長距離移動での持ち運びに「ハードケース」が最適

出典:amazon.co.jp

外装には木材やプラスチックなどを使用することにより、耐衝撃性を強化しています。外部の衝撃からギターを守るという点で、一番長けているハードケースは、長距離移動の際に重宝するでしょう。車や飛行機などの移動におすすめなケースになります。ホコリなどの汚れからも守ってくれるので、保管用にも最適ですよ。

堅牢性は高いですが、携帯性には欠けます。ケース自体が重いという点、背負う為のショルダーベルトが付いていないという点で、持ち運ぶ際には体への負担も大きくなります。サイズも大きいので場所を取ってしまうのも考慮しなければなりません。乗り物に積み込んで運ぶ、この使い方が一番おすすめなケースです。

サイズにぴったり合うものを選ぶ

サイズにぴったり合うものを選ぶ

出典:amazon.co.jp

ケースとギターのサイズを合わせるのもとても重要なこと。同じギターでも、エレキギターとアコースティックギターでは基本的に本体の厚みが違うので対応するケースも異なります。さらに、エレキギターの中でも、変形タイプといわれるフライングVなどは、専用のケースが必要です。

いくら携帯性に優れていて自分の利用シーンにぴったりと合ったケースを選んでも、ギターが入らなければ意味がありません。また、サイズが合わないとケースの中で動いてしまい故障の原因につながることも。ケースからはみ出してしまうと、ギターがむき出しになり、衝撃から守れなくなってしまいます。大切なギターを守るためにも、サイズにぴったり合うケースを選びましょう。

持ち運びやすいものを選ぶ

持ち運びやすいものを選ぶ
できるだけ持ち運びやすいものを選ぶことも重要です。ギターケースに付いているショルダーストラップが1本の場合は、片側の肩にだけ掛けて携帯することになります。いわゆる斜め掛けというスタイルですね。一方、2本のショルダーストラップが付いていれば、リュックの様に背負えるので肩への負担は軽減されます。

また、ショルダーストラップが付いていない場合は、手に提げて持ち運ばなければなりません。キャリーカートに載せるという手段もありますが、どちらにしても片手がふさがってしまいますので携帯性として優れているとは言えなくなります。長時間かけて持ち運ぶ際には、ショルダーストラップが2本付いている背負えるタイプがおすすめです。

ポケットの収納性も重要ポイント

ポケットの収納性も重要ポイント

出典:amazon.co.jp

ケースにポケットが付いていると、譜面やチューナーなどのちょっとした機材も収納できて便利です。逆にポケットの無いケースの場合は、細かい機材を別のケースに入れて持ち運ばなければならなくなるので、移動時にはかさばってしまいます。

また、ポケットが沢山付いているものや、大きいタイプのものなどを選べば収納の幅が広がります。ケースによってポケットの有無、数や大きさもそれぞれですので、収納したい機材がどれほどあるかで選ぶようにしましょう。

ギターケースのおすすめ人気ランキング10選

それでは、ここからはいよいよ、おすすめのギターケースをランキング形式でご紹介していきます。選び方のポイントを参考に、あなたのギターと利用するシーンにぴったり合った商品を見つけてくださいね。
10位
タイプセミハードケース
ショルダーストラップ2本
ポケット
内寸全長1003mm・最大幅375mm・厚み89㎜
9位
タイプハードケース
ショルダーストラップ×
ポケット×(ケース内に収納スペース有)
内寸不明
8位
タイプハードケース
ショルダーストラップ×
ポケット×(ケース内に収納スペース有)
内寸全長995mm・最大幅320mm・厚み65㎜
7位
タイプソフトケース
ショルダーストラップ1本
ポケット
内寸全長1000mm・最大幅380mm・厚み50mm
6位
タイプハードケース
ショルダーストラップ×
ポケット×(ケース内に収納スペース有)
内寸全長1000mm・最大幅340mm・厚み40mm
5位
タイプセミハードケース
ショルダーストラップ2本
ポケット
内寸全長1010mm・最大幅350mm・厚み45㎜
4位
タイプセミハードケース
ショルダーストラップ2本
ポケット
内寸全長1030mm・最大幅385mm
3位
タイプセミハードケース
ショルダーストラップ2本
ポケット
内寸全長1055mm・最大幅405mm・厚み60㎜
2位
タイプセミハードケース
ショルダーストラップ2本
ポケット
内寸全長1040mm・最大幅395mm・厚み60㎜
1位

MUSENTエレキギター用 ギグバッグ

MSGBSEG1200

5,480円 (税込)

タイプセミハードケース
ショルダーストラップ2本
ポケット
内寸全長1050mm・最大幅400mm・厚み48㎜

おすすめ人気 ギターケースの比較一覧表

商品画像
1
ギターケース MUSENT エレキギター用 ギグバッグ 1枚目

MUSENT

2
ギターケース 星野楽器 IGB541 1枚目

星野楽器

3
ギターケース 星野楽器 IGB540 1枚目

星野楽器

4
ギターケース キョーリツコーポレーション CST-100 1枚目

キョーリツコーポレーション

5
ギターケース プラグイン EGB-141010E 1枚目

プラグイン

6
ギターケース キョーリツコーポレーション EG-120 1枚目

キョーリツコーポレーション

7
ギターケース 荒井貿易 SC-50 1枚目

荒井貿易

8
ギターケース GATOR GC-ELECTRIC-A 1枚目

GATOR

9
ギターケース Fender PRO SERIES STRAT/TELE CASE 1枚目

Fender

10
ギターケース GATOR エレキギター用ソフトケース 1枚目

GATOR

商品名

エレキギター用 ギグバッグ

IGB541

IGB540

CST-100

EGB-141010E

EG-120

SC-50

GC-ELECTRIC-A

PRO SERIES STRAT/TELE CASE

エレキギター用ソフトケース

特徴全てが揃った最強のセミハードケース機能性と共にカラーバリエーションにもこだわりを収納性と耐久性にこだわったケース抜群の収納力!保管時にも安心の装備ありシンプルで使いやすいお手頃セミハードケース堅牢性と高級感をお手頃価格で!近場の移動に重宝!お手頃ケース耐久性に自信ありなハードケース高級感と堅牢性を兼ね備えた一品2本を一気に運べる優れもの
最安値
5,480
送料要確認
詳細を見る
4,950
送料別
詳細を見る
4,620
送料要確認
詳細を見る
3,550
送料要確認
詳細を見る
2,970
送料別
詳細を見る
8,470
送料別
詳細を見る
1,900
送料別
詳細を見る
16,538
送料無料
詳細を見る
22,880
送料別
詳細を見る
タイプセミハードケースセミハードケースセミハードケースセミハードケースセミハードケースハードケースソフトケースハードケースハードケースセミハードケース
ショルダーストラップ2本2本2本2本2本×1本××2本
ポケット×(ケース内に収納スペース有)×(ケース内に収納スペース有)×(ケース内に収納スペース有)
内寸全長1050mm・最大幅400mm・厚み48㎜全長1040mm・最大幅395mm・厚み60㎜全長1055mm・最大幅405mm・厚み60㎜全長1030mm・最大幅385mm全長1010mm・最大幅350mm・厚み45㎜全長1000mm・最大幅340mm・厚み40mm全長1000mm・最大幅380mm・厚み50mm全長995mm・最大幅320mm・厚み65㎜不明全長1003mm・最大幅375mm・厚み89㎜
商品リンク

ギターピックも揃えよう!

ギターの演奏に不可欠なのが「ギターピック」。ティアドロップ型やおにぎり型のほかにも、ジャズ型や丸型など、形もデザインも非常に豊富です。以下の記事では、初心者~中級者向けのおすすめのギターピックをたくさん紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

ギターケースの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ギターケースのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

おすすめのギターケースランキング、いかがでしたでしょうか?大切なギターを衝撃から守るだけではなく、収納やデザイン性にもこだわっている商品が多数ありました。あなたとあなたのギターにぴったり合ったケースを見付けて、充実した音楽活動を送ってくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す