• ダイナミックマイクのおすすめ人気ランキング10選【ライブやレコーディングにおすすめなのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • ダイナミックマイクのおすすめ人気ランキング10選【ライブやレコーディングにおすすめなのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • ダイナミックマイクのおすすめ人気ランキング10選【ライブやレコーディングにおすすめなのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • ダイナミックマイクのおすすめ人気ランキング10選【ライブやレコーディングにおすすめなのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • ダイナミックマイクのおすすめ人気ランキング10選【ライブやレコーディングにおすすめなのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

ダイナミックマイクのおすすめ人気ランキング10選【ライブやレコーディングにおすすめなのはどれ?】

ライブハウスやカラオケ店でよく目にする「ダイナミックマイク」。SHURE・audio-technica・ゼンハイザーなどの有名オーディオメーカーから、さまざまな商品が販売されています。しかし、マイクを購入する場合、スペックにも違いがあるため、どのマイクを選ぼうか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、ダイナミックマイクの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式で紹介していきます。選び方のポイントをチェックして、自分にピッタリの1本を見つけてくださいね!

  • 最終更新日:2019年06月27日
  • 30,221  views
目次

ダイナミックマイクはどんな人におすすめ?

ダイナミックマイクはどんな人におすすめ?

ダイナミックマイクとは、マイクに向かって発した音の振動を電気信号に変えて伝えてくれるアイテム。前方の音や声を拾うことに特化した単一指向性であることから、スピーチ・カラオケなどのシーンではダイナミックマイクが大活躍します。


また、楽器の大きな音を拾うためのマイクとしても最適。ライブハウスなど他の音が大きく響く環境でも必要な音だけを拾いやすく、音が混ざるのも避けられます。


コンデンサーマイクと似ていますが、ダイナミックマイクは電源が不要。シンプルかつ頑丈で、耐久・耐湿性に優れているのも、大きな違いです。ボーカル・レコーディング・スピーチ用に、耐久性の高いマイクを探している人には、ダイナミックマイクがぴったりですよ。

ダイナミックマイクの選び方

では、さっそくダイナミックマイクの選び方を見ていきましょう。

指向特性の違いで選ぼう

単一指向性であるダイナミックマイクは、その指向特性(カーディオイド特性)の違いにより、いくつかのパターンに分けられます。まずは、利用したい環境にあった特性を持つものをチェックしてみましょう。

多少マイクからずれても音を拾えるのは、カーディオイド型

多少マイクからずれても音を拾えるのは、カーディオイド型

マイクを動かしながら利用したいなら音の拾う範囲が広い、カーディオイド型を選ぶのがおすすめです。正面のみの音を拾う単一指向性の良さを兼ね備えながらも、少し遊びがあるのが特徴。マイクを固定せずに手に持って利用するライブ・スピーチなどのシーンでは、カーディオイド型が利用しやすいでしょう。


なお、カーディオイドよりも広い、サブカーディオイド型もありますが、強い特性を持っていません。どちらかというと無指向性に近い性質を持っているため、あえて選ぶメリットはないと考えてよいでしょう。

マイク前方のみの音に絞りたいなら、スーパーカーディオイド型を

マイク前方のみの音に絞りたいなら、スーパーカーディオイド型を

カーディオイド型よりも、さらに正面の音を拾う範囲を絞りたい人におすすめなのが、スーパーカーディオイド型です。音を拾う範囲はかなりシビアですが、その分余計な音も拾いにくくなります。


マイクスタンドに固定して利用するライブシーンや、楽器の音を拾うシーンでは、スーパーカーディオイド型が活躍してくれるでしょう。さらに収音する範囲を絞りたい人は、ハイパカーディオイド型を検討するのもありです。

収音範囲は、周波数特性で比較しよう

収音範囲は、周波数特性で比較しよう

ダイナミックマイクが拾ってくれる音の範囲は、周波数特性をチェックすることで確認できます。通常、何Hz~何kHzまでの音を拾ってくれるのか記載されていますが、幅が広いほど本当の音に近い音質になります。


また、目安として、低音までしっかり拾いたいのであれば、70Hz以下のマイクが必要。逆に高音域を拾いたいなら15kHz以上がおすすめです。ボーカルの声だけを拾うのではなく、楽器の音も拾うのであれば、その楽器の種類にあった周波数特性の商品を選ぶようにしてくださいね。

感度が良ければ、ボーカルや楽器の繊細な音も拾える

感度が良ければ、ボーカルや楽器の繊細な音も拾える

ボーカルの声や楽器の繊細な音をマイクに入れたい人は、どれくらいの小さな音が拾えるかを表した「感度」をチェックしておきましょう!感度は「dB」数値で表記されており、数値が0に近いほど高感度のマイクになります。


コンデンサーマイクほどの感度を得るのは難しいですが、ダイナミックマイクでは、感度-50dB位の数値が平均ですので目安にしてみるとよいでしょう。

手元でミュートできる、ON・OFFスイッチ付きが便利

手元でミュートできる、ON・OFFスイッチ付きが便利

出典:amazon.co.jp

より便利に使用できるよう、ON・OFFスイッチがあるかどうかも確認しておきましょう。スイッチの無いタイプはシンプルですが、接続した瞬間から音を拾い続けるため、操作が面倒に感じられることも。


その点、スイッチが付いていると、接続先の機械を操作せずに、ミュートにできるので便利です。複数本あってもそれぞれがマイクのスイッチを切れるので扱いやすく、もしハウリングが起きても、手元ですぐにOFFにして対応できますよ。

ダイナミックマイクのおすすめ人気ランキング10選

では、ここまで見てきたダイナミックマイクの選び方を踏まえて、人気商品をランキング形式で見ていきましょう!

10位
指向性単一指向性・スーパーカーディオイド
感度-51.5dB
周波数特性50Hz~16kHz
ON・OFFスイッチ
9位
指向性単一指向性・カーディオイド
感度-53.50 dB
周波数特性70 Hz – 15 kHz
ON・OFFスイッチ
8位
指向性単一指向性・カーディオイド
感度-70dB
周波数特性50Hz~15kHz
ON・OFFスイッチ
7位
指向性単一指向性・カーディオイド
感度-54.5dB
周波数特性40Hz~15kHz
ON・OFFスイッチ
6位
指向性単一指向性
感度74+-3dB
周波数特性70Hz~14000Hz
ON・OFFスイッチ
5位
指向性単一指向性・スーパーカーディオイド
感度
周波数特性40Hz~18kHz
ON・OFFスイッチ
4位
指向性単一指向性・カーディオイド
感度ー54.5dB
周波数特性50Hz~15kHz
ON・OFFスイッチ
3位
指向性単一指向性
感度-55db
周波数特性42Hz~16.8KHZ
ON・OFFスイッチ
2位
指向性単一指向性
感度−55dB
周波数特性80Hz~14kHz
ON・OFFスイッチ
1位
指向性単一指向性
感度
周波数特性
ON・OFFスイッチ

人気ダイナミックマイクの比較一覧表

商品画像
1
ダイナミックマイク KC CM-2000 1枚目

KC

2
ダイナミックマイク Audio Technica AT-X11 1枚目

Audio Technica

3
ダイナミックマイク Ankuka ダイナミックマイク 1枚目

Ankuka

4
ダイナミックマイク Shure Incorporated SM58SE 1枚目

Shure Incorporated

5
ダイナミックマイク ゼンハイザ― e935 1枚目

ゼンハイザ―

6
ダイナミックマイク サンワダイレクト 400-SP045 1枚目

サンワダイレクト

7
ダイナミックマイク SHURE SM57-LCE 1枚目

SHURE

8
ダイナミックマイク BEHRINGER ULTRAVOICE XM8500 1枚目

BEHRINGER

9
ダイナミックマイク SHURE PGA48-XLR 1枚目

SHURE

10
ダイナミックマイク SHURE BETA58A 1枚目

SHURE

商品名

CM-2000

AT-X11

ダイナミックマイク

SM58SE

e935

400-SP045

SM57-LCE

ULTRAVOICE XM8500

PGA48-XLR

BETA58A

特徴コスパ抜群まずは試してみたいならこれ!スタイリッシュなデザインのボーカル用マイク広い範囲の音を拾えるマイクプロも使う人気のダイナミックマイクライブパフォーマンスに最適なゼンハイザーのマイクマイクを持ったときのマイクノイズを抑える楽器用にも利用できる自然な音が魅力ハウリングに強いダイナミックマイクならこれ!埋め込み型のON・OFFスイッチを搭載プロも使っているマイクを使いたいならこれ!
価格1,090円(税込)2,222円(税込)2,399円(税込)10,936円(税込)15,144円(税込)3,480円(税込)10,411円(税込)2,484円(税込)4,014円(税込)17,500円(税込)
指向性単一指向性単一指向性単一指向性単一指向性・カーディオイド単一指向性・スーパーカーディオイド 単一指向性単一指向性・カーディオイド単一指向性・カーディオイド単一指向性・カーディオイド単一指向性・スーパーカーディオイド
感度−55dB-55dbー54.5dB74+-3dB -54.5dB-70dB-53.50 dB-51.5dB
周波数特性80Hz~14kHz42Hz~16.8KHZ50Hz~15kHz 40Hz~18kHz70Hz~14000Hz40Hz~15kHz50Hz~15kHz70 Hz – 15 kHz 50Hz~16kHz
ON・OFFスイッチ
商品リンク

オーディオインターフェースでPC接続しよう!

オーディオインターフェースでPC接続しよう!

ダイナミックマイクをパソコンにつなぎ、音声を録音したいという人も多いのではないでしょうか。でも、パソコンにはマイクをそのまま接続することはできません。パソコンに接続するためには、変換ケーブルかオーディオインターフェースのどちらかが必要です。


なかでもおすすめなのは、オーディオインターフェース。ダイナミックマイクの端子にXLRケーブルを接続し、パソコンへはUSBで接続すればOKです。マイク音声ボリュームだけでなくノイズ・音質のコントロールにも役立ちますよ。


一方、変換ケーブルの場合、音は出るものの、マイクへダメージを与える可能性があるのが難点。音の調節・ノイズコントロールができません。ダイナミックマイクをパソコンへ接続しようと考えているなら、合わせてオーディオインターフェースの購入を検討するといいでしょう。

ケーブルにも拘って音質向上化!

ダイナミックマイクと音響機器を接続するのに利用できる「XLRケーブル」。ケーブルによってさらに音質を向上させることも可能です。以下の記事では、XLRケーブルの選び方やおすすめ商品を紹介していますので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

ダイナミックマイクの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ダイナミックマイクのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してしてください。

まとめ

今回は、ダイナミックマイクの選び方やおすすめ商品を紹介してきましたが、いかがでしたか?ダイナミックマイクには、ダイナミックマイクに適した利用環境や用途があります。どんな用途で活用したいのかに合わせて商品スペックを比較するといいでしょう。


ランキングで紹介している商品は、どれも通販で手に入る人気商品です。ぜひ、この記事の選び方も参考に商品を比較し、自分にピッタリのダイナミックマイクを手に入れて下さいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す