• フレットレスベースのおすすめ人気ランキング10選【サブにもメインにも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • フレットレスベースのおすすめ人気ランキング10選【サブにもメインにも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • フレットレスベースのおすすめ人気ランキング10選【サブにもメインにも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • フレットレスベースのおすすめ人気ランキング10選【サブにもメインにも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • フレットレスベースのおすすめ人気ランキング10選【サブにもメインにも!】のアイキャッチ画像5枚目

フレットレスベースのおすすめ人気ランキング10選【サブにもメインにも!】

独特の暖かみがあるサウンドを生み出す、フレットレスベース。これでしか出せないサウンド、これでしか再現できない奏法もあるので、フレットレスベースが欲しくなったら手に入れる他ありません。とはいえ、いざ購入しようと思ったら、想像以上に多くの種類があり、どれを手に入れるべきかなかなかに悩ましいものです。


ここでは、そんなフレットレスベースの選び方を伝えるだけでなく、人気の10本もご紹介。気になるアイテムがきっと見つかります。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 2,344  views
目次

フレットレスベースでしか出せない音がある!

フレットレスベースでしか出せない音がある!

フレッテッドのベースも楽しいものですが、それと同じくらい魅力的なのがフレットレスベースの世界。フレットが無いため、弦をスライドさせればウッドベースのようなニュアンスを出すこともできますし、それを利用したテクニックはフレッテッドベースではどうしても再現できないものです。


フレットレスベースはサウンドも特徴的で、フレットが無いぶん、丸く暖かみのあるサウンドが生まれます。また西洋音階にはない、4分1音といった音を出すことも可能です。だからこそ演奏が難しいのですが、そこも含めて魅力的な楽器です。


通常のベースに近いものから、ウッドベースっぽいニュアンスがするもの、フュージョン的なサウンドにこだわっているものまで実に様々。せっかく選ぶなら、妥協せず最高のフレットレスベースをを手に入れたいところ。ポイントをしっかり押さえて、理想の一本を手にしましょう!

フレットレスベースの選び方

それでは早速、フレットレスベース選びのポイントについてご紹介していきます。フレッテッドのベースとは、ちょっと違う観点が必要となりますよ。

まずは出したい音をイメージする!

楽器を選ぶ以上、出したい音をイメージするのは当たり前の話なのですが、フレットレスベースに関しては、いつも以上にそれを意識する必要があります。フレットレスだからという理由だけで選ぶと「求めている音と全然違った…」なんてことになりかねません。しっかり押さえていきましょう。

エレキで行くか、アコースティックで行くか

エレキで行くか、アコースティックで行くか

出典:amazon.co.jp

フレットレスベースと一口に言っても、Fenderのジャズベースのようなザ・エレキといったスタイルのものから、GODIN GUITARのA4 Ultra Fretlessのようにアコースティックなものまで実に様々。当然音のニュアンスは全く異なります。


フレットレスの暖かみがあるサウンドを求めて、アコースティックタイプをお考えの人もいるかと思いますが、そこでは注意が必要です。そもそもアコースティックベースは生音では音が小さく、アンプに通すとハウリングしやすいと、その扱いがなかなかに難しいのです。


そこでさらにフレットレスとなると、演奏が難しいうえに扱いがシビアとなかなかにハードな事態となってしまいます。アコースティックのフレットレスベースを選ぶ際には、その点に十分ご注意ください。

思わぬベースから思わぬ音がするのがフレットレスの世界

思わぬベースから思わぬ音がするのがフレットレスの世界

出典:amazon.co.jp

フレット付きのベースとフレットレスのベースでは、そのサウンドイメージは大きく異なります。例えばMUSICMANのスティングレイなど、フレッテッドであれば、スラップを多用してゴリゴリと強烈な音を鳴らすイメージですが、フレットレスであれば、大人な感じのトーンに早変わり。


Fenderであれば、ジャズベースこそがフレットレスのイメージですが、プレシジョンベースのフレットレスもなかなかどうして渋い音を響かせてくれます。


フレットレスのベースを探す際には、フレッテッドのサウンドイメージは捨てて、様々なタイプのベースを試してみてください。そこには思わぬ出会いが必ずあります。

演奏動画は要チェック!

演奏動画は要チェック!

出典:amazon.co.jp

楽器を選ぶのですから、理想的には楽器店で気になるアイテムをすべて試奏して、その中からこれぞという一本を選ぶべきです。とはいえ、現実的にはそれほど多数のフレットレスベースを扱っているお店も少ないですし、なかなか時間が取れない人も多いですよね。

楽器店に足を運べないなら、頼りにすべきは試奏動画。メーカーが用意しているオフィシャルの音源に加え、多くの試奏動画を見ることができますので、気になるアイテムについてチェックしてみましょう。


なお、試奏動画をチェックする際にはヘッドホンを使うなど、まっとうなリスニング環境をご用意くださいね。

フレットラインは必要?

フレットラインは必要?

出典:amazon.co.jp

フレットレスベースにはフレットの代わりにラインが引いてあるものと、ポジションマークだけがあるもの、そして何も書かれていないシビアな仕様のものが存在しています。


「せっかくフレットレスを購入するのだから、フレットライン無しで!」という気持ちも分かるのですが、正直おすすめできません。皆様の想像通り、レットレスはその音程を合わせるのがかなり難しいのです。


「耳には自信があるし、通常のベースならガシガシ弾けるし!」という人でも、よほどのこだわりが無い限り、まずはフレットライン入りのもを選んで、徐々にフレットレスに慣れていきましょう。


フレットライン無しのモデルを購入するのは、フレットレスに慣れて、さらに上位のモデルが欲しいと思った段階でも遅くはありません。

フレットレスベースの人気ランキング10選

ここからは具体的に、人気のフレットレスベースをご紹介していきます。それぞれについての特徴などをお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
10位
タイプエレキベース
ボディソリッド
フレットライン有り
9位
タイプエレキベース
ボディ無し
フレットライン有り
8位
タイプエレキベース
ボディソリッド
フレットライン有り
7位
タイプエレアコベース
ボディセミホロウ
フレットライン無し
6位
タイプエレキベース
ボディソリッド
フレットライン無し
5位
タイプエレアコベース
ボディセミホロウ
フレットライン無し
4位

Squier by FenderVintage Modified Precision Bass Fretless

53,191円 (税込)

タイプエレキベース
ボディソリッド
フレットライン有り
3位

FenderMIJ Traditional '60s Jazz Bass Fretless

104,583円 (税込)

タイプエレキベース
ボディソリッド
フレットライン有り
2位
タイプエレキベース
ボディセミホロウ
フレットライン有り
1位

Squier by FenderVintage Modified Jazz Bass Fretless

53,460円 (税込)

タイプエレキベース
ボディソリッド
フレットライン有り

人気フレットレスベースの比較一覧表

商品画像
1
フレットレスベース Squier by Fender Vintage Modified Jazz Bass Fretless

Squier by Fender

2
フレットレスベース Ibanez Bass Work Shop Series SRH500F-NNF

Ibanez

3
フレットレスベース Fender MIJ Traditional '60s Jazz Bass Fretless

Fender

4
フレットレスベース Squier by Fender Vintage Modified Precision Bass Fretless

Squier by Fender

5
フレットレスベース ARIA FEB-FL

ARIA

6
フレットレスベース Ibanez Bass Workshop SRF705-BBF

Ibanez

7
フレットレスベース Godin A4 Ultra Fretless Natural

Godin

8
フレットレスベース Fender JACO PASTORIUS J BASS FL 3TS

Fender

9
フレットレスベース ARIA MH AS-691BFL

ARIA

10
フレットレスベース BACCHUS BJB-1R-FL

BACCHUS

商品名

Vintage Modified Jazz Bass Fretless

Bass Work Shop Series SRH500F-NNF

MIJ Traditional '60s Jazz Bass Fretless

Vintage Modified Precision Bass Fretless

FEB-FL

Bass Workshop SRF705-BBF

A4 Ultra Fretless Natural

JACO PASTORIUS J BASS FL 3TS

MH AS-691BFL

BJB-1R-FL

特徴フレットレス入門にピッタリの一台ウッドベースのような感覚で弾ける一台メイドインジャパンのできる一本マニアが喜ぶプレベのフレットレスアコースティックかつフレットレスをお探しならジャズからフュージョンまでこなしてくれる一本ハウリングを徹底的に抑えたエレアコ・フレットレスベースジャコ・パストリアスの仕様を忠実に再現独特の上品なサウンドが自慢とにかく安くフレットレスを手に入れるならコレ
価格53,460円(税込)85,050円(税込)104,583円(税込)53,191円(税込)23,398円(税込)105,300円(税込)200,664円(税込)291,600円(税込)62,055円(税込)18,000円(税込)
タイプエレキベースエレキベースエレキベースエレキベースエレアコベースエレキベースエレアコベースエレキベースエレキベースエレキベース
ボディソリッドセミホロウソリッドソリッドセミホロウソリッドセミホロウソリッド無しソリッド
フレットライン有り有り有り有り無し無し無し有り有り有り
商品リンク

フレットレスベースを使うなら弦にもこだわりたい!

フレットレスベースを使うなら弦にもこだわりたい!

出典:amazon.co.jp

フレットレスベースでは一般的に表面が平らなフラットワウンド弦が用いられます。指板へのダメージも少なくて済みますし、単純にその太くて丸っこいサウンドがフレットレスベースにあっているということもあります。


とはいえ、上記はあくまでも一般論。あえて新品のラウンドワウンド弦の明るいサウンドを使うのもアリですし(指板へのダメージはあるにせよ)、ラウンドワウンド弦を張りっぱなしにしておいて、伸び切った丸っこいサウンドを狙うのもおすすめです。


セオリーにこだわらず、様々なことを試してみると思わぬ発見があるのが楽器の楽しさ。こだわりの弦を見つけてみてください。

まとめ

フレットレスベースについて、その選び方とおすすめの10本についてご紹介してきましたが、気になるアイテムは見つかりましたか?フレットレスベースは、通常のフレッテッドのベースとは全く異なる楽器です。あの独特のサウンドを出すためには、フレットレスベースを手に入れる他ありません。


この機会に、ぜひお気に入りの一本を手に入れてみてください。その一本は、あなたのベースライフをさらに充実したものへと導いてくれるはずです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す