• キーボードスタンドのおすすめ人気ランキング10選【テーブル型・ダブルレッグタイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • キーボードスタンドのおすすめ人気ランキング10選【テーブル型・ダブルレッグタイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • キーボードスタンドのおすすめ人気ランキング10選【テーブル型・ダブルレッグタイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • キーボードスタンドのおすすめ人気ランキング10選【テーブル型・ダブルレッグタイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • キーボードスタンドのおすすめ人気ランキング10選【テーブル型・ダブルレッグタイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

キーボードスタンドのおすすめ人気ランキング10選【テーブル型・ダブルレッグタイプも!】

キーボードを載せる台であるスタンドは、キーボード奏者には欠かせないもの。自分の使い方に合った信頼の置けるスタンドを選ぶことで、演奏時に最大限のパフォーマンスを発揮できるようになります。


楽器メーカーであるヤマハやカシオからもさまざまなスタンドが販売されていますが、どれを選べばいいのかは、なかなか分かりにくいもの。そこで今回の記事では人気のキーボードスタンドと、その選び方についてご説明します。キーボーディストのみなさん、要チェックですよ!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 7,234  views
目次

キーボードスタンドの選び方

人気の商品をご紹介する前に、まずはキーボードスタンドの選び方についてご説明します。店頭やネットショップで選ぶ際の参考にしてみてくださいね!

まずはキーボードスタンドの形状をチェック!

キーボードスタンドには、さまざまな形状のものがあります。代表的なものは「X型」「Z型」「テーブル型」ですが、スタンドの中にはこれらの形状に属さないものも。まずは、それぞれの形状の特徴を比べてみましょう!

軽量で運びやすく、セッティングも楽な「X型」

軽量で運びやすく、セッティングも楽な「X型」

出典:amazon.co.jp

アルファベットのXのような形をしているこちらは、シンプルな構造のためセッティングがしやすく、また他の形のスタンドと比べると軽量なのも特徴です。さらに、折りたためばかさばりにくいのも嬉しいポイント。


ただし、あまり重いキーボードは置けない傾向があります。また、高めにセッティングした場合、上に置いたキーボードがグラつきやすくなってしまうといった一面も。


この形のスタンドには、支える部分の足が1本しかない「シングルレッグ」と、二重構造になっている「ダブルレッグ」があります。より安定感を求めるなら、ダブルレッグタイプを選ぶことをおすすめします。

「Z型」なら、立って弾く際にも安定感抜群

「Z型」なら、立って弾く際にも安定感抜群

出典:amazon.co.jp

Z型のキーボードスタンドはX型よりもグラつかず、安定感があることが特徴。高さを上げても、その安定感は損なわれることはありません。そのため、特に立って演奏したい奏者の方にはおすすめです。


また、足元を広く取ることができるため、ペダルやフットスイッチを置きたい場合にも安心。ただし、重くかさばりやすいため、持ち運びの際には注意が必要です。

88鍵を乗せても安定感があり足元も広々!「テーブル型」

88鍵を乗せても安定感があり足元も広々!「テーブル型」

出典:amazon.co.jp

テーブル型のスタンドはがっしりとしており、とにかく安定感があります。88鍵キーボードなど、幅と重量があるキーボードを置く場合にも、安心して使うことができるでしょう。足元も広々としており、ペダルなども踏みやすいですよ。


ただし、高さはあまり上げることができません。基本的には、座って演奏するためのスタンドだと考えたほうがよいでしょう。また、折りたたんだ際にややかさばることにも注意しておく必要があります。

その他のタイプもチェックしてみよう

その他のタイプもチェックしてみよう

出典:amazon.co.jp

キーボードスタンドの代表的な形状は上に挙げた通りですが、他にもビジュアルを重視したコンパクトなスタンドや、一度に2〜3台のキーボードを設置できるスタンドなども存在します。


代表的な形状のスタンドでは物足りなくなってしまった場合には、特殊な形状のタイプもチェックしてみるといいですね。

スタンドのスペックも知っておこう

キーボードスタンド選びの際には、サイズや耐荷重といったスペックを知っておくことも大切。形や色だけでなく、以下についてもしっかりチェックしておきましょう。

どの程度の重さのキーボードを載せられるか

どの程度の重さのキーボードを載せられるか

出典:amazon.co.jp

同じ形状のキーボードスタンドであっても、材質や構造によって、載せられるキーボードの重さは異なります。


キーボード自体も、鍵盤の数や機能などによって重量はさまざま。自分が使用するキーボードの重さをしっかり把握し、それに応じたスタンドを選んでくださいね。

スタンド自体のサイズや重さも確認しよう

スタンド自体のサイズや重さも確認しよう

出典:amazon.co.jp

キーボードスタンドは、基本的に持ち運んで利用するもの。だからこそ、スタンド自体のサイズや重さを確認しておくことも大切です。それらをあらかじめ知っておけば、持ち運びの際にどの程度スタンドがかさばるのかもイメージしやすいですよ。

特定のキーボードしか載せられないスタンドに注意

特定のキーボードしか載せられないスタンドに注意

出典:amazon.co.jp

キーボードスタンドの中には、特定のキーボード用に設計されているものも。メーカーだけでなく特定機種専用のタイプであれば、当然該当するキーボードにしか使えませんから、注意しておく必要があります。


自分が使用しているキーボードの機種が正確に分からない場合や、様々なキーボードを載せる可能性がある場合は、汎用性があるスタンドを選ぶと安全ですね。

キーボードスタンドの人気ランキング10選

ここからは、人気のキーボードスタンドをランキング形式でご紹介します。どんなスタンドが人気なのか、早速チェックしてみましょう!

10位
形状X型(シングルレッグ)
耐荷重55kg
重さ2.98kg
サイズ奥行400mm×高さ100mm〜900mm
対応キーボード汎用型
9位

キクタニキーボードスタンド X型

KS-29

2,370円 (税込)

形状X型(シングルレッグ)
耐荷重20kg
重さ3.02kg
サイズ奥行480mm×高さ645mm〜1100mm
対応キーボード汎用型
8位

SunRuck電子キーボード用 キーボードスタンド

SR-KSD01

2,680円 (税込)

形状Z型
耐荷重-
重さ2.1kg
サイズ幅81cm×奥行390mm×高さ550cm〜86cm
対応キーボード本体裏に接続ネジのあるキーボード
7位

カシオ電子キーボード用スタンド

CS-7W

8,128円 (税込)

形状テーブル型
耐荷重-
重さ7.3kg
サイズ幅950mm×奥行547mm×高さ707mm
対応キーボードLK-221・LK-215・LK-218・LK-211・LK-208・LK-108・LK-301BB・LK-207・LK-107・WK-500・CTK-5000・WK-245・CTK-4400・CTK-4200・WK-220・WK-210・CTK-4000・CTK-7200・WK-6600・CTK-6250・CTK-6200・CTK-7000・WK-6500・CTK-6000・CTK-496・CTK-560L
6位

カシオ電子キーボード用 スタンド

CS-2X

2,673円 (税込)

形状X型(シングルレッグ)
耐荷重-
重さ4.9kg
サイズ奥行520×高さ675mm〜789mm
対応キーボードLK-121・LK-115・LK-118・LK-111・CTK-2200・CTK-240・CTK-1100
5位

CLASSIC PROX型キーボードスタンド

KST10X

1,922円 (税込)

形状X型(シングルレッグ)
耐荷重45kg
重さ3.2kg
サイズ奥行405mm×高さ100cm(最大)
対応キーボード汎用型
4位
形状テーブル型
耐荷重-
重さ2.1kg
サイズ幅910mm×奥行450mm×高さ730mm
対応キーボードポータトーン全般(PSR-S670除き)・NP-12・NP-32シリーズ
3位

カシオ電子キーボード用 スタンド

CS-4B

2,386円 (税込)

形状テーブル型
耐荷重-
重さ3.1kg
サイズ幅696mm×奥行570mm×高さ697mm
対応キーボードLK-221・LK-215・LK-218・LK-211・LK-208・LK-108・LK-301BB・LK-207・LK-107・CTK-5000・CTK-4400・CTK-4200・CTK-4000・CTK-7200・CTK-6250・CTK-6200・CTK-7000・CTK-6000・CTK-496・CTK-230・CTK-560L
2位
形状テーブル型
耐荷重-
重さ2.1kg
サイズ幅930mm×奥行450mm×高さ670mm
対応キーボードポータトーン全般(PSR-S670除き)・NP-12・NP-32シリーズ
1位
形状X型(ダブルレッグ)
耐荷重25kg
重さ4.2kg
サイズ奥行490mm×高さ330mm〜1000mm
対応キーボード汎用型

人気キーボードスタンドの比較一覧表

商品画像
1
キーボードスタンド Dicon Audio Keyboard Stand

Dicon Audio

2
キーボードスタンド YAMAHA キーボードスタンド

YAMAHA

3
キーボードスタンド カシオ 電子キーボード用 スタンド

カシオ

4
キーボードスタンド YAMAHA キーボードスタンド

YAMAHA

5
キーボードスタンド CLASSIC PRO X型キーボードスタンド

CLASSIC PRO

6
キーボードスタンド カシオ 電子キーボード用 スタンド

カシオ

7
キーボードスタンド カシオ 電子キーボード用スタンド

カシオ

8
キーボードスタンド SunRuck 電子キーボード用 キーボードスタンド

SunRuck

9
キーボードスタンド キクタニ キーボードスタンド X型

キクタニ

10
キーボードスタンド Gravity X型キーボードスタンド

Gravity

商品名

Keyboard Stand

キーボードスタンド

電子キーボード用 スタンド

キーボードスタンド

X型キーボードスタンド

電子キーボード用 スタンド

電子キーボード用スタンド

電子キーボード用 キーボードスタンド

キーボードスタンド X型

X型キーボードスタンド

特徴頑丈なダブルレッグにより、88鍵キーボードでも安定!取り付け簡単で持ち運びもラクラクネジ固定式で揺らしても落ちない!立って演奏したい方におすすめ細かい高さ調整も簡単にできる!マジックテープでキーボードをしっかり固定可能キーボードをしっかり固定でき、グラつきもなく頑丈!リーズナブルなZ型スタンド初心者でも素早くセッティングできる!軽量でラクラク持ち運べるスタンド
価格3,680円(税込)2,582円(税込)2,386円(税込)3,702円(税込)1,922円(税込)2,673円(税込)8,128円(税込)2,680円(税込)2,370円(税込)3,980円(税込)
形状X型(ダブルレッグ)テーブル型テーブル型テーブル型X型(シングルレッグ)X型(シングルレッグ)テーブル型Z型X型(シングルレッグ)X型(シングルレッグ)
耐荷重25kg---45kg---20kg55kg
重さ4.2kg2.1kg3.1kg2.1kg3.2kg4.9kg7.3kg2.1kg3.02kg2.98kg
サイズ奥行490mm×高さ330mm〜1000mm幅930mm×奥行450mm×高さ670mm幅696mm×奥行570mm×高さ697mm幅910mm×奥行450mm×高さ730mm奥行405mm×高さ100cm(最大)奥行520×高さ675mm〜789mm幅950mm×奥行547mm×高さ707mm幅81cm×奥行390mm×高さ550cm〜86cm奥行480mm×高さ645mm〜1100mm奥行400mm×高さ100mm〜900mm
対応キーボード汎用型ポータトーン全般(PSR-S670除き)・NP-12・NP-32シリーズLK-221・LK-215・LK-218・LK-211・LK-208・LK-108・LK-301BB・LK-207・LK-107・CTK-5000・CTK-4400・CTK-4200・CTK-4000・CTK-7200・CTK-6250・CTK-6200・CTK-7000・CTK-6000・CTK-496・CTK-230・CTK-560Lポータトーン全般(PSR-S670除き)・NP-12・NP-32シリーズ汎用型LK-121・LK-115・LK-118・LK-111・CTK-2200・CTK-240・CTK-1100LK-221・LK-215・LK-218・LK-211・LK-208・LK-108・LK-301BB・LK-207・LK-107・WK-500・CTK-5000・WK-245・CTK-4400・CTK-4200・WK-220・WK-210・CTK-4000・CTK-7200・WK-6600・CTK-6250・CTK-6200・CTK-7000・WK-6500・CTK-6000・CTK-496・CTK-560L本体裏に接続ネジのあるキーボード汎用型汎用型
商品リンク

キーボードスタンドの売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、キーボードスタンドのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してみてください。

まとめ

今回の記事ではキーボードスタンドについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?スタンドは、演奏のしやすさを大きく左右する大切なものです。今回の記事が、あなたのキーボードスタンド選びに役立つことを祈っています!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す