• フォローアップミルクのおすすめ人気ランキング6選【栄養補助や卒乳に!】のアイキャッチ画像1枚目
  • フォローアップミルクのおすすめ人気ランキング6選【栄養補助や卒乳に!】のアイキャッチ画像2枚目
  • フォローアップミルクのおすすめ人気ランキング6選【栄養補助や卒乳に!】のアイキャッチ画像3枚目
  • フォローアップミルクのおすすめ人気ランキング6選【栄養補助や卒乳に!】のアイキャッチ画像4枚目
  • フォローアップミルクのおすすめ人気ランキング6選【栄養補助や卒乳に!】のアイキャッチ画像5枚目

フォローアップミルクのおすすめ人気ランキング6選【栄養補助や卒乳に!】

栄養の補助や卒乳までのつなぎとして便利な「フォローアップミルク」。森永や明治、雪印などのメーカーが育児用ミルクからのステップアップ用として発売しています。しかし、それぞれ栄養素にも特徴があり、意外とどれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フォローアップミルクの選び方とともに、おすすめ商品の人気ランキングをご紹介します。ぐんぐん・ステップなどの人気商品から、DNAやオリゴ糖をプラスしたものまで勢揃い!フォローアップミルクを上手に使って、赤ちゃんの栄養をサポートしていきましょう!
  • 最終更新日:2019年08月09日
  • 45,146  views
目次

フォローアップミルクは必要?いつから飲ませるべき?

フォローアップミルクは必要?いつから飲ませるべき?

赤ちゃんの栄養をサポートしてくれる、フォローアップミルク。でも、飲ませた方がいいのか迷っているママも多いのではないでしょうか。


そもそも、フォローアップミルクとは、1日3回の離乳食が始まる9ヶ月頃から3歳頃に飲むミルクのこと。育児用ミルクが母乳の代わりや補助として飲む、赤ちゃんの「食事」であるのに対し、フォローアップミルクは、牛乳や食事だけでは不足しがちな栄養を補給するためのものになります。


必ずしもすべての赤ちゃんが必要なわけではありませんが、母乳の量が減ってきたときや、離乳食だけでは栄養の偏りが気になるときに大活躍。卒乳に向けて牛乳を飲ませるまでのつなぎが必要なときにもおすすめですよ。フォローアップミルクで補いながら、赤ちゃんの栄養バランスを整えてあげましょう。

フォローアップミルクの選び方

それでは、フォローアップミルクの選び方を見ていきましょう。

栄養素の配合量をチェックしよう

栄養素の配合量をチェックしよう

フォローアップミルクには、ビタミンCや鉄分、タンパク質などが多く含まれていますが、どの栄養素をどれだけ配合しているかは、メーカーによって異なります。赤ちゃんの状態にあわせて、必要な栄養をしっかり補給できるものを選びましょう。


たとえば、便秘がちな子や腸の弱い子には、オリゴ糖を多く配合しているものがおすすめ。お魚を食べるのが苦手な子には、DHA入りを選ぶいいでしょう。


また、骨の形成をしっかりと育みたいという場合は、カルシウムの配合量が多いものを選ぶのもいいですね。母乳不足が気になるなら、ヌクレオチドなどの母乳成分が多く含まれているものもおすすめですよ。

赤ちゃんが飲みやすいものを選ぶ

フォローアップミルクは、各メーカーによって甘さの度合いなどが異なります。飲ませるシーンなども考慮して、赤ちゃんが飲みやすいものを選んでみましょう。

甘みの少ないあっさり味だと離乳食と併用しやすい

甘みの少ないあっさり味だと離乳食と併用しやすい
フォローアップミルクは、あまり甘すぎないものを選ぶことが基本。あっさりした味わいなら、子どもがミルクだけを好むようになる心配がなく、離乳食もしっかり食べてくれます。離乳食と一緒に飲む場合でも、食事に合うあっさり味の方がいいでしょう。

ただし、なかには甘みが少ないと飲まない子もいます。まずはあっさりしたものを試してみて、飲まなければほんのり甘いものを選ぶようにしてくださいね。

ほんのり甘いものは食欲のないときなどに有用

ほんのり甘いものは食欲のないときなどに有用

出典:meiji.co.jp

ほんのり甘みのあるタイプは、食欲がなく水分も摂りにくいときの水分補給にぴったりです。病気のときなどにいいですね。子どもは甘いもののほうが好きなことが多いので、しんどくて何も食べてくれないときでも、飲んでくれることがあります。

ただし、甘みのあるものに慣れすぎると、離乳食やお茶などを嫌がるようになることも。甘みのあるものばかりを与えず、状況に合わせて上手にとりいれるようにしてくださいね。

シーンに合わせてタイプを使い分けよう

フォローアップミルクの容器は、大きく分けて缶タイプ・スティックタイプ・キューブタイプがあります。使い方や使うシーンに合わせて賢く使い分けましょう。

自宅では、コスパのいい大缶がおすすめ

自宅では、コスパのいい大缶がおすすめ

自宅で使うときは、コスパのいい缶入りのフォローアップミルクを選びましょう。大きいサイズの缶なら、毎日飲む場合もたっぷり入っていて、コスパも抜群です。


また、小さい缶入りのものは、お試しで飲ませたいときにおすすめ。卒乳のために母乳から移行するときなど、母乳と併用するときにも、まず小さい缶を用意して、徐々にフォローアップミルクの割合を増やすと良いでしょう。ずっと完全母乳だった子は、フォローアップミルクを嫌がることもあるので、小さい缶から試すといいですね。

スティックタイプは、外出時にぴったり

スティックタイプは、外出時にぴったり

出典:wakodo.co.jp

1本ずつ持ち運べるスティックタイプは、外出先でミルクを飲ませたいときに便利です。多くのメーカーが採用しているので、メーカー自体は栄養素や味で選んだ上で、自宅では缶、外出ではスティックと使い分けることもできます。

1本で1回分の分量である約100mlできるものが多いので、いつでもさっと溶かすだけでOK。お出かけの時間に合わせて、持ち運ぶ本数を決めるといいですね。

自宅でも外出先でも便利なのは、キューブタイプ

自宅でも外出先でも便利なのは、キューブタイプ

出典:meiji.co.jp

キューブタイプのフォローアップミルクは、キューブ一つで40ml、半分に割れば20mlからミルクを作ることができます。面倒なスプーン計量の手間もかからず、粉をこぼすこともありません。キューブタイプなら外出時も持ち運びやすく、自宅で忙しいときにもサッと作れて便利です。


缶入りに比べるとコストがかかり、現在のところ明治からしか販売されていませんが、手間をかけずに作りたい方にはおすすめですよ!

フォローアップミルクのおすすめ人気ランキング6選

それでは、人気のフォローアップミルクをご紹介していきます。なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

6位
栄養素カルシウム・鉄・DHAの配合率が高い
味わい
タイプ缶(820g・300g)・スティック(14g×18本)
5位
栄養素オリゴ糖3種類配合・DHAや鉄分・母乳成分の配合率が高い
味わい自然な甘さ
タイプ缶(820g)・エコらくパック(400g×2)・スティック(14g×10本)
4位
栄養素ヌクレオチド・ラクトアドへリン・DHA・リン脂質の配合率が高い
味わい甘さ控えめ
タイプ缶(850g)・スティック(14g×10袋)
3位
フォローアップミルク グリコ アイクレオのフォローアップミルク 1枚目
出典:amazon.co.jp

グリコアイクレオのフォローアップミルク

2,089円 (税込)

栄養素ビタミン類・ヌクレオチドの配合率が高い
味わいあっさりとした味
タイプ缶(820g)・スティック(13.6g×10本)
2位
栄養素ビタミン・ミネラル成分・DHAの配合率が高い
味わいほんのりとした甘み
タイプ缶(800g)・キューブ(22.4g×5袋・28g×16袋・28g×24袋)
1位
フォローアップミルク 和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん 1枚目
出典:amazon.co.jp

和光堂フォローアップミルク ぐんぐん

1,539円 (税込)

栄養素リン・リン脂質・鉄分・カルシウム・DHAの配合率が高い
味わいさっぱりとした味わい
タイプ缶(830g・300g)・スティック(14g×10包)

人気フォローアップミルクの比較一覧表

商品画像
1
フォローアップミルク 和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん 1枚目

和光堂

2
フォローアップミルク 明治 ステップ 1枚目

明治

3
フォローアップミルク グリコ アイクレオのフォローアップミルク 1枚目

グリコ

4
フォローアップミルク 雪印メグミルク たっち 1枚目

雪印メグミルク

5
フォローアップミルク 森永乳業 チルミル 1枚目

森永乳業

6
フォローアップミルク 雪印ビーンスターク つよいこ 1枚目

雪印ビーンスターク

商品名

フォローアップミルク ぐんぐん

ステップ

アイクレオのフォローアップミルク

たっち

チルミル

つよいこ

特徴骨を形成するための成分をしっかり配合!ラインナップ豊富で、シーンに合わせて使い分けできるヌクレオチド5種類を高配合!風味もよく飲みやすい母乳育児から移行しやすい甘さ控えめのミルクビタミン・ミネラルに加え、母乳成分もたっぷりカルシウムと鉄をしっかり補給できる!
価格1,539円(税込)1,625円(税込)2,089円(税込)1,230円(税込)1,545円(税込)2,300円(税込)
栄養素リン・リン脂質・鉄分・カルシウム・DHAの配合率が高いビタミン・ミネラル成分・DHAの配合率が高いビタミン類・ヌクレオチドの配合率が高いヌクレオチド・ラクトアドへリン・DHA・リン脂質の配合率が高いオリゴ糖3種類配合・DHAや鉄分・母乳成分の配合率が高いカルシウム・鉄・DHAの配合率が高い
味わいさっぱりとした味わいほんのりとした甘みあっさりとした味甘さ控えめ自然な甘さ
タイプ缶(830g・300g)・スティック(14g×10包)缶(800g)・キューブ(22.4g×5袋・28g×16袋・28g×24袋)缶(820g)・スティック(13.6g×10本)缶(850g)・スティック(14g×10袋)缶(820g)・エコらくパック(400g×2)・スティック(14g×10本)缶(820g・300g)・スティック(14g×18本)
商品リンク

フォローアップミルクはどのように飲ませる?

フォローアップミルクはどのように飲ませる?

出典:wakodo.co.jp

フォローアップミルクを初めて飲ませるママの中には、どうやって飲ませたらいいのかわからない方も多いことでしょう。育児用ミルクの場合、おっぱいを吸わせるように哺乳瓶で飲ませますが、フォローアップミルクは食事の補助なので、牛乳を飲むようにコップやマグで飲ませればOKです。


慣れないうちは哺乳瓶でも構いませんが、コップやストローを使う練習にもなりますよ。また、ずっと母乳で育ってきた子どもは哺乳瓶がうまく吸えない場合も多いため、その場合もコップやマグを使うといいですね。

フォローアップミルクを飲ませるコップをチェック!

フォローアップミルクを飲ませる時に、コップを使う練習もしたいなら、赤ちゃんが倒してもこぼれないコップを使うのがおすすめですよ。ぜひ、以下の記事も参考に、赤ちゃんが飲みやすいコップを用意してあげてくださいね。

フォローアップミルクの売れ筋ランキングもチェック!

フォローアップミルクの楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

フォローアップミルクの選び方や商品の紹介は役に立ちましたか?子どもの成長を支える、栄養たっぷりなミルクなので、栄養が足りているか心配なママはぜひ試してみてくださいね。与えたい栄養成分から選ぶのが一番ですが、何よりも子どもが気に入って飲んでくれないと意味がないので、好きな味を探して色々と試してみてください!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す