1. TOP
  2. >
  3. ベビー・キッズ
  4. >
  5. 粉ミルク
  6. >
  7. 森永乳業 E赤ちゃんの口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー
森永乳業 E赤ちゃん
森永乳業
E赤ちゃん
1,340円(税込)

森永乳業 E赤ちゃんの口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

森永乳業 E赤ちゃんを実際に購入して、徹底的に比較検証しました!

栄養バランスの良さで注目を集める森永乳業「E赤ちゃん」。しかしインターネット上には、「溶けにくい」などマイナスな口コミも見られるため、購入に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、森永乳業 E赤ちゃんを実際に使って、溶けやすさ・甘すぎないか・使い勝手・コストパフォーマンスの4点について比較検証レビューしました。検証結果に合わせて、森永乳業 E赤ちゃんの適切な使用方法もご紹介しますので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年01月13日
目次

森永乳業 E赤ちゃんとは?

森永乳業 E赤ちゃんとは?

E赤ちゃんは、森永乳業から発売されている粉ミルクです。「母乳に近くて消化にいいミルク」をコンセプトとし、新生児から1歳ごろまでの乳児を対象として販売されています。そのコンセプトの通り、E赤ちゃんの最大の特徴は消化の良さといえるでしょう。


一般的な粉ミルクには母乳よりも豊富なたんぱく質が配合されており、新生児の未熟な消化機能では、体に負担がかかる可能性も…。それに対し、森永乳業 E赤ちゃんはたんぱく質量を母乳とほぼ同量にし、たんぱく質も消化吸収のよいペプチドに分解して配合することで、赤ちゃんの消化器に負担をかけません

森永乳業 E赤ちゃんとは?

また森永乳業 E赤ちゃんは、配合成分のバランスの良さや赤ちゃんの消化器への優しさが評価され、第97回日本小児科学会でも紹介されました。全国13大学20施設の専門家が評価し、栄養学的観点で有用であること、そしてミルクアレルギーの原因となる抗体ができにくいことも認められています


サイズ展開も豊富で、800gサイズと300gサイズの缶、スティックタイプ、400gのエコらくパックセット、そしてエコらくパックセットの詰め替え用パックの計5種類から選択可能。エコらくパックは詰め替え用パックを補充することで繰り返し使用できるため、缶のようにかさばりにくく捨てる際もノンストレスです!

森永乳業 E赤ちゃんを実際に使って検証レビュー!

森永乳業 E赤ちゃんを実際に使って検証レビュー!

インターネット上では、悪い口コミも見られる森永乳業 E赤ちゃん。しかし最も気になるのは、実際に使ってみての評価ですよね。


そこで今回は、森永乳業 E赤ちゃんを実際に購入し、以下の4点について比較検証しました。


検証①:溶けやすさ

検証②:甘すぎないか

検証③:使い勝手

検証④:コストパフォーマンス


森永乳業 E赤ちゃんも含めて、人気の粉ミルク8選も実際に使用して比較検証しています。他の粉ミルクの検証結果が気になる方は、下のリンクからチェックしてみてくださいね。

検証①:溶けやすさ

検証①:溶けやすさ

まずは、溶けやすさについて検証していきます。


森永乳業 E赤ちゃんを100ml分調乳し、哺乳瓶の底をゆっくりと円を描くように回します。10回繰り返した後、底に溶け残りがあるかどうかをチェックし、評価しました。

10秒でしっかり溶けてダマにならない!

10秒でしっかり溶けてダマにならない!

森永乳業 E赤ちゃんは、とても溶けやすく調乳しやすい粉ミルクです。ゆっくりと哺乳瓶を回すと、10秒程度でしっかりと溶かすことができました。底を確認してみても、溶け残りは全くありません!


溶けにくい粉ミルクの場合、溶かし切るために哺乳瓶を振った結果ミルクが泡立ってしまい、赤ちゃんにとって飲みにくくなってしまうことも…。しかし森永乳業 E赤ちゃんであれば、強く振らずとも粉ミルクを溶かすことができるため、飲みやすさにほとんど影響はありません

検証②:甘すぎないか

検証②:甘すぎないか

次は、甘すぎないかどうかの検証をおこないます。


コンビニやスーパーで手に入る有名メーカーの牛乳を5種類集め、糖度の平均を測りました。この平均値より森永乳業 E赤ちゃんの糖度が高すぎないかどうかをチェックし評価します。

糖度は9度!甘さは気にならないが味がいまいち…

糖度は9度!甘さは気にならないが味がいまいち…

森永乳業 E赤ちゃんは、甘さが気にならない粉ミルクでした。牛乳の糖度の平均値が10度だったのに対し、E赤ちゃんの糖度は9度。そのため、頻繁に粉ミルクを与える場合でも糖分を気にする必要はありません。ただし、実際に口にしてみると、他ブランドの粉ミルクとは全く違う味わいが気になります。


舌に残る苦味が独特で、検証に参加したスタッフからは「豆乳と泥水を混ぜたような味」という残念な声も…。味に敏感な赤ちゃんが嫌がることも考えられます。まずはスティックタイプを購入し、赤ちゃんの好みに合うかどうかをチェックしてから大きめサイズを購入するのが無難ですよ!

検証③:使い勝手

検証③:使い勝手

次は、使い勝手について検証していきます。


E赤ちゃんを使って実際に使って、ケースの構造や使いやすさをチェックし、スムーズに調乳できるかどうかを評価しました。

スプーンが埋もれないため衛生的!使い勝手も良い

スプーンが埋もれないため衛生的!使い勝手も良い

森永乳業 E赤ちゃんは、比較的使い勝手の良い粉ミルクです。フタは完全に取れるタイプで、粉ミルクをすくいやすく感じました。また付属のスプーンがとても大きく、取り出しやすいのも評価できます。


スプーンが大きいため粉ミルクの中にスプーンが埋もれにくく、スプーンを取り出すときに指や手が粉ミルクに触れません。そのため衛生的にも安心ですね。使いやすさ・衛生面ともにしっかりとこだわりたい方におすすめしたい商品です。

検証④:コストパフォーマンス

検証④:コストパフォーマンス

最後に、コストパフォーマンスについて検証します。


他ブランドの粉ミルクとE赤ちゃん1gあたりの値段を計算して比較し、コストパフォーマンスの良さを評価しました。

1gあたり3.77円!コストパフォーマンスは平均的

1gあたり3.77円!コストパフォーマンスは平均的

森永乳業 E赤ちゃんは、平均的なコストパフォーマンスの粉ミルクです。一般的な粉ミルク1gあたりの値段は、約2〜5.8円程度とされています。それに対し、森永乳業 E赤ちゃんは1gあたり3.77円でした。


平均的な価格ですので、リピートして購入したい方にも安心ですね。また、ステックタイプよりも、缶タイプの方が分量に対して値段がお得な傾向があるため、1ヶ月以内に使い切れるのであれば缶タイプを購入しましょう。スティックタイプはお出かけ時の携帯用として使用するのがおすすめですよ!

【レビュー結果】溶けやすさと使いやすさは評価できるが、独特すぎる味がネック!人気の粉ミルク8商品中3位

【レビュー結果】溶けやすさと使いやすさは評価できるが、独特すぎる味がネック!人気の粉ミルク8商品中3位

森永乳業 E赤ちゃんは、溶けやすいものの独特な味が気になる粉ミルクでした。コストパフォーマンスが平均的でリピートしやすいことも評価され、人気の粉ミルク8商品中3位という結果に!


10秒程度でサッと溶かすことができるためしっかり振る必要がなく、ミルクの泡立ちや溶け残りも心配ありません。しかし豆乳のような独特の味わいがやや気になります。赤ちゃんが飲んでくれれば問題はありませんので、缶を購入する前にまずはスティックタイプで試してみてくださいね。


スプーンが大きく、粉ミルクの中にスプーンが埋もれにくいのもこの商品の特長です。スプーンを取り出す際に手や指が粉ミルクに触れず衛生面でも優れています。コストパフォーマンスも平均的でリピートして購入しやすいため、頻繁にミルクを使用する方にもおすすめですよ!

缶やケースのすりきり用パーツで丁寧にすりきりを!E赤ちゃんの作り方

缶やケースのすりきり用パーツで丁寧にすりきりを!E赤ちゃんの作り方

赤ちゃんの健やかな成長のため、粉ミルクは適切な量で正しく調乳することがとても大切です。E赤ちゃんの適切な作り方をご紹介します。


  1. まずは哺乳瓶をしっかりと消毒します。浸け置き消毒・煮沸消毒・電子レンジ消毒のいずれかの方法で消毒しましょう。
  2. 哺乳瓶に、沸騰後70度程度に冷ましたお湯を入れます。まずは出来上がり量の2/3程度のお湯を入れてください。
  3. 商品に付属している専用スプーンで、正確にミルクの分量を計って哺乳瓶に入れます。エコらくパックの場合、すりきり用の棒がパックの口の部分についています。そして缶の場合は、口の縁が一部直線状になっていますので、その部分ですりきりをしましょう。
  4. 軽く哺乳瓶を振って溶かします。
  5. 出来上がり量までお湯を足しましょう。
  6. 体温程度に冷ましてから赤ちゃんに飲ませてあげてください。


森永乳業 E赤ちゃんの缶やケースには、それぞれ粉ミルクをすりきりしやすい工夫がされています。それらのパーツを活用して丁寧にすりきって使用するようにしてくださいね

まとめ

今回は、森永乳業 E赤ちゃんについて比較検証レビューしました。


溶けやすくダマにならない粉ミルクですが、豆乳のような独特な風味が懸念点です。缶を購入する前にまずはスティックタイプを購入して赤ちゃんの好みに合うかを確かめましょう!母乳に近い粉ミルクをお探しの方は、ぜひこの機会に森永乳業 E赤ちゃんを購入してみてくださいね。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す