• 5749ac117d9480f9c5359c5144267e0ee6c201c2
  • 6bf2ecddd011f4f0ec4a6b8259c177556120621d
  • F6d68b5682a9d4e1c5e10d292ab2dbcca6cb8420
  • 7bb66fe17557c59ef30aaef9c15c8a06cc03b033
  • 41911186a3e7b9c61dc0eb9f8bac25e98ea34786

腰枕のおすすめ人気ランキング10選【巻いて寝るだけ!】

多くの日本人が悩まされているという腰痛。事務作業に立ち仕事、お腹の大きい妊婦さんなど、腰痛の原因はさまざまですが、朝起きると腰が痛いという方は寝る姿勢に問題があるのかもしれません。寝姿勢を正すために、タオルを腰下に当てて寝る方もいるようですが、寝ている間にタオルの位置がずれるのは必須。その点腰枕は、腰に巻くタイプや簡単に高さ調整できるものがあり、手軽に腰痛緩和の効果が期待できると話題なんですよ。

今回はそんな腰枕の選び方とともに、口コミ評価の高いおすすめ人気の商品を、ランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にして、すっきりした目覚めを体感しましょう!!

最終更新日:2017年10月11日 | 97views

腰枕の選び方

正しい寝姿勢になるように腰をサポートしてくれる腰枕。そんな腰枕は、普段の自分の寝姿勢に合わせて選ぶことがとても重要になってきます。くわしく見ていきましょう。

腰枕の硬さはマットレスの硬さに合わせながら選ぼう

まずはマットレスの硬さや、今の自分の寝姿勢をチェックしてみましょう。寝起きに身体が痛いという方は、寝姿勢が不自然になる何らかの理由があるはずです。いつもの寝姿勢を思い浮かべながら見て下さいね。

柔らかいマットレスには、しっかり支えてくれる硬めのものを

どんなマットレスにも共通することですが、マットレスに横になった際に、最も沈み込みやすいのが腰からお尻の辺りです。マットレスが最もへたりやすい部分でもありますね。そのため、お使いのマットレスが柔らかく、腰が沈んでしまっているという場合には、少し固めの腰枕を選んで、腰部分をしっかりと支えてあげましょう。

やわらかめで身体にフィットし過ぎる物よりも、多少高反発のものの方が腰の沈み込みを防いでくれるはずです。ただし、固すぎると不自然に腰だけが浮いてしまい逆効果です。口こみなども参考に、程よいものを選んでくださいね。

固めのマットレスには、フィットしやすい柔らかめのものを

お使いのマットレスが硬めの場合や、体重が軽くてマットレスの適度な沈み込みを得られない方は、腰が浮いて(反って)しまっている可能性があります。そのため、腰が浮いている部分のすき間を埋められるようなものを選び、腰をリラックスさせてあげましょう。

やわらかめで身体にフィットするものなら、腰とマットレスの間のわずかなすき間を埋めてくれますよ。床にお布団を敷いて寝ている方も、固いマットレスを使っている状態と同様に、腰が浮いてしまっている可能性があります。そんな方にもやわらかめの腰枕がおすすめです。

身体にフィットしやすい素材として低反発もおすすめなのですが、低反発素材は蒸れやすいという側面もあります。汗かきの方はウレタン素材のものにするなど、素材にも注意して選んでくださいね。

快眠のために、寝返りのしやすさも大切!

せっかく腰枕を使っても、寝返りがしづらいなどかえって睡眠を妨げるようでは意味がありません。スムーズな寝返りのために、どういった点に気を付けて選べば良いかを見ていきましょう。

横幅が60㎝以上のものを目安に

大人が1晩で行う寝返りの回数は、20~30回とも言われていますが、腰痛もちの人は寝返りが少ない、とも言われていますね。血流を良くするため、蒸れを発散するためなど、寝返りにはさまざまなメリットがあるのですが、腰枕をすることで余計に寝返りがしづらくなったり、腰枕が身体からずれる衝撃で目が覚めたりするようでは意味がありません。スムーズな寝返りをするためには、寝返りの動きに対応してくれるほどの横幅があると安心ですよ。

一般的な腰枕は大体60㎝ほどの横幅のものが多く、60㎝を1つの目安にすると良さそうです。身体が大きい方は特に横幅の確認をしておくと良いですね。

身体に装着するタイプも

ある程度の長さがあるものでもやっぱり安心できない、ずれるのが嫌、という方におすすめなのが、腰に巻くタイプです。このタイプなら、仰向け・横向きどの体勢でも腰からずれることがなく、安心して寝ることができますよ。購入の際には、ウエストが何cmまで入るのか、腰回りのサイズチェックも忘れないようにしましょう。

ただしこのタイプは、腰回りに汗をかきやすくなるため、特に夏場の使用や暑がりの方は注意が必要です。一晩中装着するものなので、なるべく通気性の良い素材を選ぶことも大切ですね。

高さ調整ができると便利!妊婦さんにもおすすめ

購入してみたは良いけれど、高さが合わない、いまいち腰のすき間にフィットしていないということもあると思います。マットレスの固さなど、お手持ちの寝具との相性もあるので、正直実際に使ってみないと分からない部分もありますよね。

そんな場合に便利なのが高さ調整ができる商品です。高さ調整のシートを追加したり、中身の素材を出し入れすることで微調整できるタイプを選べば、失敗を防ぐことができますよ。妊婦さんもお腹が重くなってくるにつれ腰痛に悩まされることが多いと思いますが、日々体形が変わるため、高さ調整ができるものの方が体形の変化に柔軟に対応できて安心です!

また、購入を検討する際には、自分にどの位の高さが丁度良いのか、あらかじめ確認してみることをおすすめします。具体的には、いつも寝ている寝具の上で腰部分に畳んだバスタオルをあててみましょう。あててみて楽に感じるバスタオルの厚みを目安にします。実際の腰枕と沈み込み具合などは違うとしても、1つの目安になりますので、ぜひ試してみて下さいね。

腰枕のおすすめ人気ランキング10選

ここまでで、寝姿勢を正して腰痛改善につなげる腰枕の選び方を見てきましたが、ここからは実際に利用者の満足度が高い商品をランキング形式で10選ご紹介します。それでは、さっそく見ていきましょう!

10位:巻く腰まくら NEW

巻く腰まくら(NEW)4560164882905
5,880円(税込)

・サイズ:103×18×2cm
・素材:ウレタンフォーム/外;綿・ポリエステル・ポリウレタン
・腰回り:65〜95cm
・高さ調節:×

2cmと薄めだから、腰回りに着けても軽々

厚さ2cmと薄手のタイプなので、今までバスタオルなどで代用していた方はちょうど良い高さと感じられそうです。寝返りを打つ際もストレスが少なくて済みますよ。むっちりしたウレタン素材が身体の凹凸にフィットして隙間を埋めてくれます。側生地は通気性の良いコットンを使用していて、地肌に装着しても気持ちが良いのだとか!丸洗いができるのも嬉しいですね。

9位:眠り姫 高弾発 パラレーヴTM

眠り姫 高弾発 パラレーヴTM 腰マット 15022401
2,980円(税込)

・サイズ:67×50×3cm
・素材:パラレーヴTM(中実ソフトタイプ)・合成繊維/外;ポリエステル・ダブルラッセルメッシュ
・腰回り:-
・高さ調節:×

高弾発素材で腰をしっかり支える

マットレスの中央部分がへたっている、という人におすすめなのが、こちらの腰まくらです。パラレーヴTMという独自の高弾発素材を使用していて、沈む腰をしっかり支えてくれますよ。薄くてかさばらない、程よいサイズ感も人気のようです。通気性も良く、耐久性のあるタイプなので、体格の良い方や、男性の方に特におすすめです。マットレスを買い替えるには早すぎるけど、快適な朝を迎えたい…という方はぜひ試してみては?

8位:お医者さんのふんわり腰まくら

お医者さんのふんわり腰まくら
4,773円(税込)

・サイズ:-
・素材:ウレタンフォーム/外;ポリエステル
・腰回り:60~105cm
・高さ調節:○

ふんわりウレタン!寝返りしてもしっかりフィット

まだちょうどいい高さが分からない、という人におすすめなのがこちらの腰枕です。整形外科医と共同開発したという商品で、安心の日本製品です。パットを挿入するスペースが3カ所あり、腰面も両側面も自分好みの高さにカスタマイズできます。巻き付けるタイプですが、通気性の良いウレタンフォームを使用しているので蒸れにくいのも嬉しいポイントですね。

7位:オーシン ファインエアー 温熱腰まくら

オーシン ファインエアー 温熱腰まくら
5,918円(税込)

・サイズ:19×125×3~5cm
・素材:エアーラッセル/外;ハニカムメッシュ・発熱毛布
・腰回り:~120cm
・高さ調節:×

底づきせず負担を分散。発熱効果のある生地で冬でもポカポカ

独自のエアーラッセルという素材を使っているこちらの腰枕。底づき感のなく弾力性のある素材で作られており、優れた体圧分散を実現してくれます。通気性が良いのもポイントです。さらに側生地には発熱効果のある毛布を使用。冬場の寒さで緊張した筋肉をポカポカ温めて、腰痛を軽減してくれます!

6位:枕にplus ここにも枕

枕にpuls ここにも枕
1,944円(税込)

・サイズ:66×25×5.5cm
・素材:ナチュラルパイプ(ポリエチレン)/外;立体メッシュ
・腰回り:-
・高さ調節:○

ちょっとした隙間を埋めたい、という人に最適

腰枕の高さを微調整したい人におすすめなのが、こちらの商品です。中材を自分で出し入れすることで、手軽に高さの調整ができます。ただ、入れる際には少し手間取る、という口コミもあったので、手間を取られたくない方は注意してくださいね。長さは66㎝と十分にあり、のびのび寝返りを打てるのもポイントです!

5位:オーシン 寝ながら腰ケア

オーシン 寝ながら腰ケア 6460369
6,092円(税込)

・サイズ:111×14×1,3,4cm
・素材:エアーラッセル/外;ハニカムメッシュ
・腰回り:84~110cm
・高さを調節:○

高さ調節もできる、程よい弾力の腰枕

先ほどもランクインしたオーシンからもう一つ高さ調節のできる腰枕のご紹介です。こちらにも弾力性のある独自のエアーラッセルを使っているので、腰回りの圧を分散させるのに適しています。高さは1・3・4cmと自分で微調整できるので、腰に合わせやすいと人気です。高弾発なので、沈みやすいマットレスでもしっかり支えてくれますよ。

4位:低反発ゲルマニウムシリーズ 腰マクラ

低反発ゲルマニウムシリーズ 腰マクラ
2,149円(税込)

・サイズ:30×50×7cm
・素材:低反発ウレタンフォーム(ゲルマニウム配合)/外;ポリエステル・ニット
・腰回り:-
・高さ調節;×

もっちりとした柔らかさで腰を優しく包む

ゲルマニウムパウダーが配合されたこちらの腰枕。低反発のウレタンフォームが使われており、7cmと高さはあるものの、腰がちょうどいい高さに沈むようになっています。幅が広いので、寝返りもストレスなく打てると評判なんですよ。長年患っていた腰痛が、これを使ってから解決した、という人もいるようです。お値段もお手頃なので、試してみる価値があるかもしれませんね。

3位:QUETA 低反発腰枕

QUETA 低反発腰枕
2,899円(税込)

・サイズ:60×30×2.5cm
・素材:低反発メモリーフォーム/外;ポリエステル・フランネル
・腰回り:-
・高さ調節:×

本格的な体圧吸収素材で、腰をしっかりサポート

宇宙飛行士も使用している体圧吸収素材「低反発メモリーフォーム」を使用しているこちらの腰枕。ウレタンフォームを使っているものよりもやや硬さがあり、ちょうどいい!という口コミもあります。腰に当たる部分は、三角に傾斜がついているので、より腰にフィットしやすくなっていますよ。もちろん横向き姿勢でもしっかりサポートしてくれます。もっと早く使っていれば良かった…と思うほどの優れものです!

2位:王様シリーズ 王様の腰枕

王様の腰枕 4580297857540
3,780円(税込)

・サイズ:64×29×2~3cm
・素材:ポリスチレンビーズ・ポリエステル/外;綿・ポリウレタン
・腰回り:-
・高さ調節:×

部分ごとに違う高さで、どこを向いても腰にフィット!

超極小のポリウレタンビーズを使うことで、動いても腰にフィットしやすくしているこちらの腰枕。それに加えてふわふわの綿素材も中に入っているので、程よい柔らかさで腰を包み込みます。真ん中は3cm、サイドは2cmと高さが違っていて、寝返りを打っても腰とマットレスの間が埋まるように設計されているのがポイント。今まで数時間おきに腰の痛みで起きていた人も、これを使ってからはぐっすり寝られるようですよ!

1位:lucrubun 快眠腰枕

lucrubun 快眠腰枕
2,780円(税込)

・サイズ:66×22×2~5cm
・素材:低反発ポリウレタン/外;ビロード
・腰回り:-
・高さ調節:×

人間工学に基づいた3Dフォルムが、腰にジャストフィット

硬めのマットレスを使っている人におすすめしたいのが、こちらの腰枕です。もっちりした高品質の低反発ウレタンフォームが腰をしっかり包み込みます。人間工学に基づいたフォルムは、どんな寝姿勢にもフィットし、無理のない自然な寝姿勢を保ってくれます。反り腰の人も、背中を反り過ぎることなく姿勢を正すことができますよ。この腰枕を使ったら久しぶりに熟睡できた!という人も多くいるようです。

寝姿勢だけに限らず、デスクワークの方や、長時間運転するドライバーさんにもおすすめ。Amazonのレビューでも高評価の多い、人気商品です!

正しく使わないと逆効果になることも⁉

理想の寝姿勢に導いてくれる腰枕ですが、謝った使い方をすると腰痛を緩和させるどころか、かえって腰を痛めることにもなりかねません。人間の理想の寝姿勢は、立ち姿勢に近い状態。すなわち、横から見たときに背骨がゆるやかなS字を描いている状態です。寝姿勢が自然なS字になるように、「反りすぎてしまっている腰のすき間を埋める」、「横向きのときには、背骨が水平に近い状態になるようにサポートする」というのが腰枕の適切な使い方です。腰枕を使用することで余計に不自然な姿勢になることは避けて下さいね。

なお、腰枕というと、骨盤枕のような硬くて筒状のものを思い浮かべる方もいるかもしれませんが、そのような形状の物は腰が反りすぎてしまい、長時間の使用には向きません。手っ取り早く家にあるものを代用しようと思っている方は、逆効果にならないよう注意しておきましょう。

他にもたくさん!快眠グッズでより良い睡眠を

身体の痛みの原因は人それそれですし、日々の生活で変化するものでもあります。快適に眠るために、これが正解という答えはありません。快眠をサポートするためのグッズはいろいろあり、以下の記事も参考になりますよ。ぜひご自身に合ったアイテムを見つけて下さいね!

腰枕の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、腰枕のAmazon、楽天での売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認下さい。

まとめ

タイプの異なる腰枕を見てきましたが、使ってみたい商品は見つかりましたか?腰枕を使って寝姿勢が改善されることで、睡眠の質まで良くなり、それに起因する様々な健康問題も解決できるかもしれません。自分にあった腰枕を選んで、健康な体に近づけてくださいね!

ただし、腰枕でも解決できない場合ももちろんありますから、その場合はその他の寝具を見直す必要があるかもしれません。また、あまりに酷く長引く腰痛は椎間板ヘルニアや、内臓疾患の場合もあります。きちんと病院に行って適切に対処することも大切です。

関連記事

人気の記事

関連キーワード