• ガストーチのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ガストーチのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ガストーチのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ガストーチのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ガストーチのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ガストーチのおすすめ人気ランキング10選

キャンプや料理、溶接作業などに用いられる「ガストーチ」。アウトドアシーンでは、火起こしなどでも活躍してくれる便利なアイテムですよね。とはいえ、sotoやイワタニなど、たくさんのメーカーから発売されていることに加え、火力も様々。どれが自分にあっているのかわからないという方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、ガストーチの選び方を解説するとともに、おすすめの人気アイテムをランキング形式でご紹介します。ガストーチの使い方も合わせてご紹介するので、ガストーチって使うの難しいんじゃないの?となかなか手が出ない方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事に登場する専門家

噂のぴのちゃん♡
  • 最終更新日:2019年07月27日
  • 44,504  views
目次

用途多彩の便利アイテム「ガストーチ」とは

用途多彩の便利アイテム「ガストーチ」とは

ガストーチとは、料理の焦げ付けや溶接作業、アウトドアでの火起こしに用いられる手持ちのバーナーのこと。ライターでの火起こしは、火力が不十分でなかなか点火できないなんてこともしばしば。その点ガストーチなら、面倒な火起こしも高火力であっという間に済ますことができます。


他にも、火力を調節してお魚やお肉を炙れば、キャンプでの料理もより凝ったものに。ライター感覚で簡単に扱え、燃料も安価なガスボンベでOKなので、1つ持っておけば、キャンプのクオリティも上がること間違いなしですよ。


また、他のバーナーと燃料を併用できるのも嬉しいポイント。荷物を増やしたくないキャンプにもってこいと言えます。もちろん、アウトドア以外での用途も多様。本格的な溶接はできないものの、簡単なロウ付けなら市販のガストーチでもOKです。

ガストーチの選び方

ここからは、ガストーチの選び方を解説していきます。最後まで目を通して、自分にあったアイテムを見つけてみてくださいね。

燃料の違いは火力の違い。まずはタイプを選ぼう

ガストーチの燃料は主に、CB缶とOD缶、充填式の3種類。タイプによって使える燃料も異なるので、用途に合わせて選びましょう。

コンビニで手に入る手軽さとコスパが魅力的なCB缶。料理用ならこれ

コンビニで手に入る手軽さとコスパが魅力的なCB缶。料理用ならこれ

出典:amazon.co.jp

カセットコンロにも用いられるCB缶は、コンビニで簡単に手に入る手軽さとコスパが魅力。料理を炙ったり、オートキャンプ場で火を起こし程度なら、これ1つで十分でしょう。セッティングも簡単で、ワンタッチで安全に点火できるものが多いので、初心者でも安心なのも嬉しいポイントです。


ただし、大型のBBQコンロに火をつける際などは、火力不足を感じることも。また、寒冷地などの低温下で使う場合はうまく点火できないこともあるので注意が必要です。あくまでも家庭用の燃料であることは覚えておきましょう。


とはいえ、コスパと手軽さを考えれば、便利なアイテムであることに違いありません。とりあえずガストーチが欲しいという方や、特にこだわりがなければCB缶タイプを選んでおけば間違いないでしょう。

アウトドア用なら、高火力でバーナーと併用可能なOD缶を

OD缶タイプは、火力が強く、低温でもしっかり点火するのが魅力。アウトドアで使うことを前提としているので、大型のBBQコンロへの点火や登山などの過酷な環境での使用にも最適ですよ。よくキャンプをするという方なら、他のバーナーと燃料を併用すれば、荷物が増える心配もありません。


ただし、CB缶と比べてコストがかかるのは難点。また、アウトドアショップやホームセンターでなければ手に入らないので、手軽さという面ではCB缶に劣ります。とはいえ、火力や使用感はCB缶より上なので、どんな場面でもしっかり使えるガストーチが欲しいという方におすすめです。

持ち運びやすい「充填式」は、登山やバーナーの点火用に

持ち運びやすい「充填式」は、登山やバーナーの点火用に

出典:amazon.co.jp

ライターガスやカセットガスを本体に充填して使う「充填式」。コンパクトなものが多いため、荷物を増やしたくない時に最適のガストーチと言えます。また、自動点火装置の付いていないバーナーへの点火にももってこい。点火部を伸ばせるものなら、バーナーへの点火も安全に行えますよ。


ただし、小さい分火力が弱い点は難点。火起こしをする際は、木材や炭に直接点火するのではなく、新聞紙などの燃えやすい火口を用意する必要があります。また、1度に充填できるガス量も少ないので、いろいろな使い方をするなら、CB缶やOD缶も検討してみましょう。

炙り料理や普段使いにおすすめな「ライタートーチ」

炙り料理や普段使いにおすすめな「ライタートーチ」

出典:amazon.co.jp

「ライタートーチ」は、市販の使い捨てライターをガストーチに早変わりさせる魔法のアイテム。コンパクトで持ち運びやすいことに加え、ガスを充填する手間もないため、手軽さで言えばNo.1のアイテムと言えます。毎回新品のライターを使うため、メンテナンスが必要ないのも嬉しいポイントです。


もちろん、ガストーチとしての機能もバッチリ。400℃程度の火力のライターも、ライタートーチを取り付けるだけで火力が1200℃にまで火力が上がることも。料理を炙ったりスモークチップに火をつけたりする程度なら十分でしょう。


また、燃焼時間も約1.5倍に跳ね上がるので、普段からライターを使うという方は要チェックです。ただし、元はライターなので、木材や炭への点火メイン使うのには火力不足。火力重視という方は、CB缶やOD缶を選ぶようにしましょう。

ロウ付けには、ねじ込み式の強火力パワートーチを

ロウ付けには、ねじ込み式の強火力パワートーチを

ロウ付けを行う場合は、強火力のねじ込み式のパワートーチを使うのがおすすめ。ロウ付けに用いられる銀ろうが溶ける温度は約900℃。燃焼温度が800℃から1500℃の一般のガストーチでもできないことはありませんが、扱う金属によってはうまくくっつかない場合も。


2000℃前後にまで温度が上がるパワートーチなら、しっかりとロウ付けすることができます。また、より素早く火起こしをしたい際や、大きな薪に火をつける際にも最適です。


また、購入を考えている商品の用途に、「ロウ付け」や「溶接」などが明記されているものを選びましょう。明記されていないものは、用途を想定していないことが殆どで、スペック上は問題なくても、うまくできない…なんてことがあります。

燃焼温度が1200度以上あり、かつ燃焼時間が長いものを選ぶ

燃焼温度が1200度以上あり、かつ燃焼時間が長いものを選ぶ

ガストーチの一番の用途とも言える火起こしには、一般的に1200℃以上あると良いとされます。それ以下の温度でも問題なく火を起こせますが、素早く火起こしをしたいという方は、購入前に燃焼温度も確認しておきましょう。


また、火起こしだけでなく、様々な使い方ができるのがガストーチの魅力。そのため、燃焼温度はもちろん、燃焼時間をチェックしておくことが大切です。燃焼時間の長いガストーチを選ぶか、燃料を多く持っていくかなど、予定と照らし合わせておくと、荷物も減らせて楽チンですよ。

着火スイッチやセーフティーロックのチェックも忘れずに

着火スイッチやセーフティーロックのチェックも忘れずに

キャンプ用や料理用にガストーチを購入するなら、着火スイッチ搭載のものが断然おすすめ。着火スイッチが付いていないものは、ライターやマッチなどで着火する必要があり、火傷の危険も高くなります。ガス噴射と同時に着火してくれる優れものもあるので、チェックしてみましょう。


また、合わせてチェックしたいのがセーフティロック。着火スイッチ搭載のものは、簡単で扱いやすいのが魅力ですが、反対に子供でも簡単に火を付けられることにもなります。セーフティーロック付きを選ぶのはもちろん、子供がいる場合はきつめにロックできるのものを選んでおくと安心です。

プロの愛用するおすすめのガストーチ

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのガストーチをご紹介します!プロのおすすめポイントを参考に、お気に入りのガストーチを見つけてくださいね。

専門家の
マイベスト

ガストーチのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、ガストーチのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ、自分にあったアイテムを見つけてみてくださいね。

10位
ガストーチ コールマン(Coleman) コールマントーチ  1枚目
出典:amazon.co.jp

コールマン(Coleman)コールマントーチ

170-8075

3,341円 (税込)

タイプOD缶タイプ
燃焼温度最高1500℃
燃焼時間-
着火スイッチ
セーフティーロック×
9位

SOTO(ソト)ソト スライドガストーチ

ST-480

1,790円 (税込)

タイプ充填式
燃焼温度最高1300℃
燃焼時間約20分(連続使用時間1分以内)
着火スイッチ
セーフティーロック×
8位

新富士バーナー(Shinfuji Burner)ポケトーチ(スケルトン)

PT14FFSKCR

932円 (税込)

タイプライタートーチ
燃焼温度最高1300℃
燃焼時間約20分(連続燃焼時間1分以内)
着火スイッチ
セーフティーロックチャイルドレジスタンス機能
7位

スタイル・インデックスガストーチ

GT-3000S

3,828円 (税込)

タイプ充填式
燃焼温度800〜1300℃
燃焼時間約20〜25分
着火スイッチ
セーフティーロック×
6位
タイプCB缶タイプ
燃焼温度900〜1300℃
燃焼時間-
着火スイッチ
セーフティーロックボンベロック付
5位
タイプ充填式
燃焼温度最高1300℃
燃焼時間約1時間10分
着火スイッチ
セーフティーロック×
4位
タイプCB缶タイプ
燃焼温度900〜1300℃
燃焼時間約1.5時間
着火スイッチ
セーフティーロックボンベロック付
3位

SOTO(ソト)フィールドチャッカー

ST-Y450

1,760円 (税込)

タイプCB缶タイプ
燃焼温度900〜1300℃
燃焼時間約2時間(専用ガス「ST-700」使用時)
着火スイッチ
セーフティーロック×
2位

岩谷産業カセットガス クッキングバーナー

CJ2 CB-TC-CJ2

2,820円 (税込)

タイプCB缶タイプ
燃焼温度最大1,500℃
燃焼時間約1時間50分
着火スイッチ
セーフティーロック×
1位

新富士バーナー(Shinfuji Burner)パワートーチ

RZ-730S

1,790円 (税込)

タイプCB缶タイプ
燃焼温度900〜1300℃
燃焼時間約1.5時間(専用ガス「RZ-760」使用時)
着火スイッチ
セーフティーロック×

人気ガストーチの比較一覧表

商品画像
1
ガストーチ 新富士バーナー(Shinfuji Burner) パワートーチ   1枚目

新富士バーナー(Shinfuji Burner)

2
ガストーチ 岩谷産業 カセットガス クッキングバーナー  1枚目

岩谷産業

3
ガストーチ SOTO(ソト) フィールドチャッカー  1枚目

SOTO(ソト)

4
ガストーチ AUTOMONY-JP トーチバーナー 1枚目

AUTOMONY-JP

5
ガストーチ プリンス ガストーチ  1枚目

プリンス

6
ガストーチ Asien トーチバーナー 1枚目

Asien

7
ガストーチ スタイル・インデックス ガストーチ 1枚目

スタイル・インデックス

8
ガストーチ 新富士バーナー(Shinfuji Burner) ポケトーチ(スケルトン)  1枚目

新富士バーナー(Shinfuji Burner)

9
ガストーチ SOTO(ソト) ソト スライドガストーチ 1枚目

SOTO(ソト)

10
ガストーチ コールマン(Coleman) コールマントーチ  1枚目

コールマン(Coleman)

商品名

パワートーチ

カセットガス クッキングバーナー

フィールドチャッカー

トーチバーナー

ガストーチ

トーチバーナー

ガストーチ

ポケトーチ(スケルトン)

ソト スライドガストーチ

コールマントーチ

特徴「瞬間気化方式」採用の人気No.1アイテム。料理や火起こしに安全性◎。片手で簡単に着火できて初心者にもおすすめ信頼度◎互換性◎。メーカーの統一にぴったりのガストーチコスパと機能性を兼ね備えたベストセラーアイテム耐久力の高いガストーチ。ハンディサイズで持ち運びにも最適簡単操作で初心者にもおすすめ。炙り料理に嬉しい火力調節機能も作業がしやすいコンパクトサイズ。貴金属や模型の加工に使い捨てライターがガストーチに。ガスの充填やセットが面...伸縮可能な火口でバーナーや花火の点火に。強風耐性も◎高火力で炭への着火も楽チン。アウトドア用ならこれ
最安値
1,777
送料要確認
詳細を見る
2,820
送料別
詳細を見る
1,760
送料別
詳細を見る
1,599
送料無料
詳細を見る
4,734
送料別
詳細を見る
1,140
送料無料
詳細を見る
3,390
送料要確認
詳細を見る
917
送料要確認
詳細を見る
1,789
送料要確認
詳細を見る
3,309
送料無料
詳細を見る
タイプCB缶タイプCB缶タイプCB缶タイプCB缶タイプ充填式CB缶タイプ充填式ライタートーチ充填式OD缶タイプ
燃焼温度900〜1300℃最大1,500℃900〜1300℃900〜1300℃最高1300℃900〜1300℃800〜1300℃最高1300℃最高1300℃最高1500℃
燃焼時間約1.5時間(専用ガス「RZ-760」使用時)約1時間50分約2時間(専用ガス「ST-700」使用時)約1.5時間約1時間10分-約20〜25分約20分(連続燃焼時間1分以内)約20分(連続使用時間1分以内)-
着火スイッチ
セーフティーロック×××ボンベロック付×ボンベロック付×チャイルドレジスタンス機能××
商品リンク

ガストーチの燃料はできるだけ専用のガス缶を

ガストーチを使う際には、できるだけ専用のガス缶を使うのがおすすめ。CB缶・OD缶ともに、ガスボンベの規格は統一されているので、他のメーカーのガス缶でも問題なく使用できますが、記載された燃焼温度や燃焼時間通りに機能してくれないことも。


他のメーカーのガス缶を使用した場合のトラブルは完全自己責任となってしまうため、若干コストはかかってしまっても、安全性を優先するようにしましょう。また、OD缶タイプのガストーチをCB缶で使うのもNG。アダプタも発売されていますが、かなり危険なので避けた方が良いでしょう。

アウトドアでの調理や焚火にはこちらもおすすめ

なお、その他のアウトドアの調理や焚き火に便利なアグッズに関しては、以下のリンクよりご参照ください。

ガストーチの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ガストーチのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下から確認して下さい。

まとめ

今回は、ガストーチの選び方を解説するとともに、おすすめの人気アイテムをランキング形式でご紹介しました。お気に入りのアイテムは見つかりましたでしょうか。


今回ご紹介したもの以外にも、様々なアイテムが発売されていますので、まだ見つからないという方は、ぜひ本記事の選び方を参考に、自分にあったものを探してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す