• ファイヤースターターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • ファイヤースターターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • ファイヤースターターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • ファイヤースターターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • ファイヤースターターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

ファイヤースターターのおすすめ人気ランキング10選

アウトドアでの火おこしや災害時などに役立つ「ファイヤースターター」。金属の粉末を作り、火打ち石のように火をつけるというシンプルなもので、メタルマッチ・ブラストマッチとも呼ばれています。一部のホームセンターなどでも手に入りますが、マグネシウムやフェロセリウムなど素材にも違いがあり、見ただけではどれを選んでいいのか分かりにくいものですね。

今回はファイヤースターターの選び方と合わせて、おすすめ商品を人気ランキング形式で10個ご紹介していきたいと思います。記事の後半では使い方のコツも紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。ライターを使わずに火をおこすことができれば、みんなに尊敬されちゃうかもしれませんよ!
  • 最終更新日:2018年12月27日
  • 35,592  views
目次

ファイヤースターターとは?

ファイヤースターターとは?
ファイヤースターターは原始的な仕組みの着火アイテム。燃料いらずで濡れていても使えるというメリットがあります。強風・雨・雪など、ライターが使えない環境下でも火をおこすことができます。

コンパクトなので携帯しやすく、荷物を極力持たずに楽しむ上級キャンパーに人気のアウトドアグッズです。災害時には暖を取るのはもちろん、緊急信号としても役立ってくれますよ。普段はライターやマッチで火をおこしている人も、一つ持っておくと安心です。

ファイヤースターターの選び方

そんなファイヤースターターですが、どんなところに注目して選んだらいいのでしょう?以下にポイントをご紹介します。

グリップをチェック!ストライカーが握りやすいものを

グリップをチェック!ストライカーが握りやすいものを

出典:amazon.co.jp

ファイヤースターターで火をおこすには、ストライカーとロッドをこすって火花を出す工程が必要です。そのため、ストライカーを握ってしっかり力を入れられるものがおすすめです。


グリップがついているものなどもありますので、手に馴染むものを探してみてください。ストライカーは小さすぎると持ちづらいので、ある程度の大きさのあるものを選ぶといいでしょう。

マグネシウム棒が長ければ初心者でも簡単

マグネシウム棒が長ければ初心者でも簡単

出典:amazon.co.jp

初心者には、マグネシウム棒が5cm以上あるものをおすすめします。ファイヤースターターで火をおこすには、ある程度の慣れが必要です。なかでもストライカーを擦る力加減は難しいので、できるだけマグネシウム棒が長く、一度に多く火花を出せるものを選びましょう。

なおこの記事の後半では、使い方のコツを紹介していますので、そちらもあわせて参考にしてください。

火花の大きなフェロセリウム製ロッドもおすすめ!

火花の大きなフェロセリウム製ロッドもおすすめ!

出典:amazon.co.jp

ロッドはマグネシウムが一般的ですが、フェロセリウムという合金を使ったタイプもあります。マグネシウムよりも火花が大きいのが特徴で、上級者に多く愛用されているのがこのタイプ。

フェロセリウムの粉末はマグネシウムのように盛大には燃えないので、薪に直接火をつけることはできません。しかしティッシュペーパーや枯れ葉など、空気をたっぷり含んだ火口(ほくち)があれば、大量の火花を放ってあっという間に着火できるのが魅力。

慣れてしまえばストライカーがなくてもOK。ほぐした麻ひもにアウトドアナイフでガシッと火花を飛ばし、ゆっくり焚き火を楽しむ…なんていうワイルドな使い方も、フェロセリウムならできてしまいます。

携帯便利、かつ紛失しにくいものがおすすめ

外に持ち出して使うアイテムなので、携帯性も忘れずに確認しましょう。ロッドとストライカーが一つにまとめられ、それぞれ紛失しないように工夫されているとさらに便利です。

ロッドとストライカーがつながれば紛失防止に

ロッドとストライカーがつながれば紛失防止に

出典:amazon.co.jp

ファイヤースターターは、マグネシウム棒とストライカーがセットになって初めて機能するものです。どちらか一方を失くしてしまうことのないよう、セットで保管、持ち歩きできるものがおすすめ。

ほどんどの商品はこの2つが紐などでつなげられており、中には紐が着火剤として機能するものも。このタイプならさらに火おこしが簡単にできます。

他にも、ベルトループに下げられるキーリング付きのものや、保管兼携帯に便利なケース・カバー付きのもの、ペン型のものもあります。ファイヤースターターは小さいものなので、よく物をなくすという方は、特にこのポイントに注目して選ぶといいでしょう。

アクセサリー型は身につけやすく、見た目もクール!

アクセサリー型は身につけやすく、見た目もクール!

出典:amazon.co.jp

ネックレスのように首から下げられるタイプや、ブレスレットとして身に着けられるアクセサリー型も人気です。うっかりポケットから落ちてしまう…なんてこともないので、失くす心配がありません。このタイプは携帯性・紛失しにくさの両方を満たし、しかもおしゃれ!


中には緊急時に便利なホイッスル機能を持ったものも。ただロッドやストライカーが小さいため、やや扱いづらいかもしれません。すでにファイヤースターターに慣れている、中級以上の方におすすめします。

コスパはどれもほぼ同じ。自分に合う使いやすいものを

コスパはどれもほぼ同じ。自分に合う使いやすいものを
ファイヤースターターは仕組み自体が「金属を擦って火花を出す」という単純なものなので、高くても数千円どまり、比較的安価で手に入れられます。

1度購入したら何百回・何千回と火をおこすことができるものなので、使用回数を考えればどの商品も非常にコスパは高いと言えます。「高いものは良いものだろう」と値段を判断材料にするよりは、自分に合ったサイズ・使用感かどうかを基準に選ぶのが賢明です。

ファイヤースターターの人気ランキング10選

ここからは、おすすめのファイヤースターターをランキング形式で10選ご紹介します。ぜひお気に入りを探してみてくださいね!

10位

Bush Craft(ブッシュクラフト)オリジナル ファイヤースチール2.0

06-01-meta-0001

2,700円 (税込)

ストライカーのグリップなし
ロッドの長さ約6cm
ロッドの素材マグネシウム
携帯性紐付き
9位
ストライカーのグリップなし
ロッドの長さ不明
ロッドの素材マグネシウム
携帯性紐付き
8位
桜木 マグネシウムファイヤースターター
出典:amazon.co.jp

桜木マグネシウムファイヤースターター

388円 (税込)

ストライカーのグリップなし
ロッドの長さ約4cm
ロッドの素材マグネシウム
携帯性紐付き
7位
Live Fire Gear(ライブファイヤーギア) ライブファイヤー オリジナル サバイバルキット
出典:amazon.co.jp

Live Fire Gear(ライブファイヤーギア)ライブファイヤー オリジナル サバイバルキット

LFK1

2,456円 (税込)

ストライカーのグリップなし
ロッドの長さ約4cm
ロッドの素材記載なし
携帯性紐付き
6位

Yiteng多機能ブレスレット ファイヤースターター

199円 (税込)

ストライカーのグリップなし
ロッドの長さ不明
ロッドの素材フェロセリウム
携帯性ブレスレット型
5位
Epiphany V3 ポケット ブロワー スターターキット
出典:amazon.co.jp

EpiphanyV3 ポケット ブロワー スターターキット

3,480円 (税込)

ストライカーのグリップなし
ロッドの長さ不明
ロッドの素材マグネシウム
携帯性紐付き/ケース付き
4位
ストライカーのグリップなし
ロッドの長さ7.5cm
ロッドの素材マグネシウム
携帯性チェーン付き
3位

MIRAISペン型 ファイヤースターター

MR-EDCCNC-16

500円 (税込)

ストライカーのグリップあり
ロッドの長さ約4cm
ロッドの素材マグネシウム
携帯性ペン型/リング付き
2位
株式会社Ultimate Life WIBERTA(ウィベルタ)
出典:amazon.co.jp

株式会社Ultimate LifeWIBERTA(ウィベルタ)

899円 (税込)

ストライカーのグリップなし
ロッドの長さ約6cm
ロッドの素材マグネシウム
携帯性チェーン付き/カバー付き
1位

BUNDOK(バンドック)火起こし キット

BD-485

1,280円 (税込)

ストライカーのグリップあり
ロッドの長さ不明
ロッドの素材マグネシウム合金
携帯性キーリング付き/カバー付き

人気ファイヤースターターの比較一覧表

商品画像
1
BUNDOK(バンドック) 火起こし キット

BUNDOK(バンドック)

2
株式会社Ultimate Life WIBERTA(ウィベルタ)

株式会社Ultimate Life

3
MIRAIS ペン型 ファイヤースターター

MIRAIS

4
AZ ファイヤースターター

AZ

5
Epiphany V3 ポケット ブロワー スターターキット

Epiphany

6
Yiteng 多機能ブレスレット ファイヤースターター

Yiteng

7
Live Fire Gear(ライブファイヤーギア) ライブファイヤー オリジナル サバイバルキット

Live Fire Gear(ライブファイヤーギア)

8
桜木 マグネシウムファイヤースターター

桜木

9
Forfar ファイアスターター

Forfar

10
Bush Craft(ブッシュクラフト) オリジナル ファイヤースチール2.0

Bush Craft(ブッシュクラフト)

商品名

火起こし キット

WIBERTA(ウィベルタ)

ペン型 ファイヤースターター

ファイヤースターター

V3 ポケット ブロワー スターターキット

多機能ブレスレット ファイヤースターター

ライブファイヤー オリジナル サバイバルキット

マグネシウムファイヤースターター

ファイアスターター

オリジナル ファイヤースチール2.0

特徴すぐ使える麻縄付きのセットカバー付きで安心して持ち運べるスタイリッシュに持つなら、コレ惜しまず使える大型マグネシウムブロワーがあるから火もおこしやすい!ブレスレット型だからいつでも身に着けられる着火後に火力調整できて便利ひとまず試してみたい方におすすめ着火剤兼マルチツール代わりにもおよそ12,000回使える!
価格1,280円(税込)899円(税込)500円(税込)288円(税込)3,480円(税込)199円(税込)2,456円(税込)388円(税込)458円(税込)2,700円(税込)
ストライカーのグリップありなしありなしなしなしなしなしなしなし
ロッドの長さ不明約6cm約4cm7.5cm不明不明約4cm約4cm不明約6cm
ロッドの素材マグネシウム合金マグネシウムマグネシウムマグネシウムマグネシウムフェロセリウム記載なしマグネシウムマグネシウムマグネシウム
携帯性キーリング付き/カバー付きチェーン付き/カバー付きペン型/リング付きチェーン付き紐付き/ケース付きブレスレット型紐付き紐付き紐付き紐付き
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ファイヤースターターの使い方とコツ

初心者の方は、慣れるまではファイヤースターターで火をおこすのに少し苦労するかもしれません。

コツは、マグネシウムをしっかり削って粉を作ること。ストライカーには、マグネシウムを削りやすいようにギザギザがついているものが多いので、ここを当ててしっかり削るのがポイントです。

まずはティッシュやコットン、乾いて燃えやすい木の葉などに火をつけるようにし、新聞紙などを足しながら火を大きくしていきましょう。

アウトドアでの火おこしにはこちらもおすすめ!

ファイヤースターター以外にも、アウトドアに便利な火おこしグッズはたくさんあります。以下の記事では、水濡れに強い木軸タイプのマッチやオイルマッチなどを紹介しています。どれも屋外での使用にぴったりなものばかりですので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

ファイヤースターターのおすすめ10選をご紹介しましたが、いかがでしたか?

キャンプやバーベキューなどのアウトドアではもちろん、緊急時にも火はとても大切になってきます。ライターやマッチの使えない状況でも、ファイヤースターターなら火をおこすことができます。

備えあれば憂いなし、非常時のために1つ持っておいて損はありません。あなたもファイヤースターターデビューしてみませんか?

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す