• DIY用エアーコンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【塗装にも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • DIY用エアーコンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【塗装にも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • DIY用エアーコンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【塗装にも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • DIY用エアーコンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【塗装にも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • DIY用エアーコンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【塗装にも!】のアイキャッチ画像5枚目

DIY用エアーコンプレッサーのおすすめ人気ランキング10選【塗装にも!】

DIY用エアーコンプレッサーは、空気入れとしてだけでなく、塗装やくぎ打ちサンドブラストまで幅広く行えると大人気。SK11・高儀・アネスト岩田キャンベルミナトワークス・シンセイなど、さまざまなメーカーから販売されています。出力・エア吐出量・重量などにも違いがあるため、どれを購入しようか迷うこともありますよね。

そこで今回は、通販で購入できるDIY用エアーコンプレッサーのおすすめ人気ランキングと選び方をご紹介します。タイヤの空気圧調整やゴミを吹き飛ばすだけでなく、塗装やサンドブラストなどご自宅で体験してみませんか?
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 97,889  views
目次

エアーコンプレッサーの導入で広がるDIY

エアーコンプレッサーの導入で広がるDIY

出典:amazon.co.jp

タイヤの空気圧調整に使われることが多いエアーコンプレッサー。実はタイヤだけでなく、エアーツールと一緒に使うことで、DIYで大活躍します。

例えばスプレーガンを付けて塗料を飛ばして屋根・壁・小物の塗装することも可能。また、サンドブラストガンを付けて石や金属に模様を彫る・ネイラーを使ってのくぎ打ち・ボールや浮き輪などの空気入れなどにも使えます。

このようにエアーツールとの組み合わせで、多くの作業ができるのでDIY用にひとつはあるとできることの幅が広がりますよ!

DIY用エアーコンプレッサーの選び方

エアーコンプレッサーは用途に合わせて選ばないと、目的のエアーツールが使えないときがあります。そのため、こちらをしっかり見て適したエアーコンプレッサーを選んでください。

乾式と湿式は用途から適したものを選択

乾式と湿式は用途から適したものを選択
エアーコンプレッサーの種類は、乾式と湿式の2つになります。選び方は低価格タイプや塗装用なら乾式を選び、連続運転時間や耐久性を重視するなら湿式です。乾式はオイルを使用せずにエンジンを回すタイプ。連続運転時間は短く耐久が低いものの、値段も安くオイルが空気に混じらないので塗装に最適になっています。

もうひとつの湿式タイプは、連続運転時間と耐久性ともに乾式より優れています。ただし空気にオイルが少々混じるので、塗装や吹き付けるものによっては注意してください。

出力は使用頻度を考えてバランスを取る

出力は使用頻度を考えてバランスを取る

出典:amazon.co.jp

出力が高いほどより強く空気を圧縮しますが値段もサイズも高くなるので、使用頻度とのバランスを考えて選びましょう。出力はkWで表され、小型は0.5kWまでになり中型は0.5~0.75kWで、それ以上は大型になります。使用頻度が高い方は作業を快適にできる大型~中型タイプを選び、たまに使う方は小型の低出力タイプがコスパ良くおすすめです。

なお高出力は消費電力も多く、家庭用電源だと電圧不足になるケースもあるので確認してください。

塗装に使うならエア吐出量を見る

塗装に使うならエア吐出量を見る
エアーコンプレッサーを使って塗装をしたいなら、タンク容量が大きく吐出量が大きいものを購入しましょう。そうしないと、安定せずに均一な吹き付けができません。吐出量はL/minの単位で表され、1分当たりに何リットル出せるかとなります。目安は塗装する大きさにより変わり、DIY用なら80L/min前後からタンクは30Lもあれば十分でしょう。

また、車の塗装といった特に大きなものなら、もっと大きな吐出量とタンク容量が必要になります。

静音タイプも視野に

静音タイプも視野に

出典:amazon.co.jp

コンプレッサーはどうしても音が出るので、環境によっては騒音問題になってしまうことも…。ご近所のことも考えると静音タイプのエアーコンプレッサーも視野にいれましょう。完全に音が無くなるわけではありませんが、普通のタイプと比べて緩和されています。昔はこのような静音タイプは、普通タイプより高価でした。現在では、ほとんど値段も違わず安価で購入できるので予算の心配もありません。

また静音性にこだわるなら、スペックに運転音が書いてあることが多いため、スペックをしっかり注目しましょう。運転音の大きさははdB(デジベル)という単位で表され、これが大きくなるほど音が大きくなります。

重さと設置場所を確認する

重さと設置場所を確認する

出典:amazon.co.jp

選ぶ際は性能ばかりつい見てしまいますが、重さと設置場所を確認することも大切です。大型のエアーコンプレッサーはかなり重いので、設置したい場所まで運べないかもしれません。特に一人暮らしで、他の人の手が借りれないなら注意してください。

また大型タイプだと持ち運びは難しく、一定の場所で据え置きタイプとして使います。そのためさまざまな作業をその場所で行うことになるので、できるだけスペースを確保しましょう。

すぐ始めたいならエアーツールとのセットが便利

すぐ始めたいならエアーツールとのセットが便利

出典:amazon.co.jp

エアーコンプレッサーの中には、スプレーガンといったエアーツールがセットになった便利な商品があります。セットタイプはエアーコンプレッサーの入門用に最適。本格的に使うには物足りないものの、DIYでちょっと使ってみたいという用途なら十分に使えるのでおすすめです。

DIY用エアーコンプレッサーおすすめ人気ランキング10選

それでは、DIYに便利なエアーコンプレッサーをご紹介します。

10位:三方良し ミニエアーコンプレッサー

三方良し ミニエアーコンプレッサー
出典:amazon.co.jp
三方良し ミニエアーコンプレッサー

11,980円 (税込)

詳細情報
・サイズ:310×130×310mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:6kg
・タイプ:乾式
・出力:-
・吐出量:23L/min
・タンク容量:3L
・騒音値:45dB
・付属品:エアーホース

小型サイズで軽く持ち運びに便利

小型サイズで軽く持ち運びに便利

出典:amazon.co.jp

小型サイズのエアーコンプレッサーの中でも、特にサイズが小さく人気を集めています。重量はなんと6kgしかなく、これなら持ち運びやすいですね。静音方式になっているので、同じ小型エアーコンプレッサーと比べると騒音も抑えられています。

小型タイプなので仕方ないのですが、タンク容量は3Lと小さく吐出量も23L/minと低めになるので、塗装といった用途には向いていません。作りは値段の割にしっかりとしていて、耐久性はなかなかありますよ。

9位:KENOH ミニオイルレスコンプレッサー

KENOH ミニオイルレスコンプレッサー KML-60
出典:amazon.co.jp
KENOH ミニオイルレスコンプレッサー KML-60

10,486円 (税込)

詳細情報
・サイズ:360×395×180mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:8kg
・タイプ:乾式
・出力:0.25kW
・吐出量:37L/min
・タンク容量:6L
・騒音値:-
・付属品:-

小型でもそこそこハイパワー!

小型でもそこそこハイパワー!

出典:amazon.co.jp

こちらもミニタイプになりますが、タンク容量は6Lと多く吐出量も37L/minと上がって使いやすくなりました。ただし重量とサイズは少々増えているので、その点のみ注意してください。小型のため塗装などには向かないものの、ゴミを吹き飛ばしたりといった用途に向いています。

小型タイプでもう少し吐出量やタンク容量が欲しいなら、ちょうど良いバランスなのでおすすめですよ!

8位:Air Family 静音オイルレスコンプレッサー

Air Family 静音オイルレスコンプレッサー SSL-24
出典:amazon.co.jp
Air Family 静音オイルレスコンプレッサー SSL-24

19,801円 (税込)

詳細情報
・サイズ:600×540×310mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:21kg
・タイプ:乾式
・出力:0.55kW
・吐出量:33L/min(50Hz)・41L/min(60Hz)
・タンク容量:24L
・騒音値:65dB(50Hz)・68dB(60Hz)
・付属品:R1/4ワンタッチカプラー・エアーフィルター

室内で使えるほど低騒音

室内で使えるほど低騒音

出典:amazon.co.jp

運転音が静かで使いやすいと評判の、Air Familyが販売する静音エアコンプレッサー。一般的なエアーコンプレッサーは、音が大きく室内では使いにくいところがありました。しかしこちらはかなり静かで、室内で使っている方もいるほどです。

タンク容量は24Lもあるので、DIY用として使うなら十分に使えるでしょう。なお意外とサイズが大きく、重量も21kgと重いことに注意してください。

7位:シンセイ オイル式コンプレッサー

シンセイ オイル式コンプレッサー EBS-25
出典:amazon.co.jp
シンセイ オイル式コンプレッサー EBS-25

12,179円 (税込)

詳細情報
・サイズ:540×360×540mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:18kg
・タイプ:湿式
・出力:-
・吐出量:47L/min(50Hz)・56L/min(60Hz)
・タンク容量:25L
・騒音値:-
・付属品:-

高価な湿式が低価格で手に入る!

高価な湿式が低価格で手に入る!

出典:amazon.co.jp

湿式の中では値段が安く、なかなかコスパ良いエアーコンプレッサーです。湿式は乾式と比べて、オイルを使うなど手間があり性能も高い分だけ値段も高くなります。しかしこれだけ安いなら、気軽に購入できますね。

出力は不明ですが、その他のスペックから判断すると中型辺りでしょう。タンク容量は25Lと大きく、吐出量も47L/minとなかなかです。湿式はどのようなものか試してみたい方は、低価格なので使ってみませんか?

6位:シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー

シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー EWS-30
出典:amazon.co.jp
シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー EWS-30

25,799円 (税込)

詳細情報
・サイズ:600×350×570mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:23kg
・タイプ:乾式
・出力:-
・吐出量:75L/min(50Hz)・85L/min(60Hz)
・タンク容量:30L
・騒音値:68dB
・付属品:-

塗装をしたい方におすすめ!

塗装をしたい方におすすめ!

出典:amazon.co.jp

50Hz時で75L/minと吐出量が高く、タンク容量も30Lと大きいので塗装に最適なエアーコンプレッサーです。もちろん乾式タイプなので、オイルが混じることなくキレイに塗装ができますよ。画像は水を排出するドレンプラグで、空気中に水分が含まれるためエアーコンプレッサーは、どうしても水分が溜まるので排出する必要があります。

また静音タイプなので、運転音もご近所の迷惑にならない範囲まで抑えられています。エアーコンプレッサーで塗装をしたく、少し大きめのものが欲しいならぜひおすすめです。なおAmazonではレビュー50件近くもあり、なかなか高評価になっています。

5位:SK11 低騒音モデル エアーコンプレッサー

SK11 低騒音モデル エアーコンプレッサー SW-231
出典:amazon.co.jp
SK11 低騒音モデル エアーコンプレッサー SW-231

35,020円 (税込)

詳細情報
・サイズ:660×595×360mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:29kg
・タイプ:乾式
・出力:1.5kW
・吐出量:62L/min(50Hz)・79L/min(60Hz)
・タンク容量:30L
・騒音値:67dB(50Hz)・69dB(60Hz)
・付属品:-

人気のSK11製がさらに低騒音になりました

人気のSK11製がさらに低騒音になりました

出典:amazon.co.jp

少々価格は高いものの、高評価を受けるSK11のエアーコンプレッサーがより静音性を高めて登場しました。従来品よりも10%の低騒音を実現しているので、今までうるさくて使いにくかった方におすすめです。

出力は大型タイプで、1.5kWとかなりのハイパワー。もちろん家庭用のAC100V電源で使えるので安心してください。レビュー・口コミでも、かなり静かで高性能だと評判になっている実績があります。頻繁にエアーコンプレッサーを使うなら、高性能と静音性の2つは大切な要素なのでこちらを使ってみてくださいね!

4位:ミナトワークス エアーコンプレッサー

ミナトワークス エアーコンプレッサー CP-8A
出典:amazon.co.jp
ミナトワークス エアーコンプレッサー CP-8A

9,980円 (税込)

詳細情報
・サイズ:440×160×310mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:7.7kg
・タイプ:乾式
・出力:-
・吐出量:19.8L/min
・タンク容量:8L
・騒音値:-
・付属品:

手ごろな値段で購入できるミニタイプ

手ごろな値段で購入できるミニタイプ

出典:amazon.co.jp

たまにエアーコンプレッサーを使うだけなので、できるだけ低価格なものが欲しいなら、おすすめなのがこちら。1万円ほどで購入できてしまう、コスパ抜群の小型エアーコンプレッサーです。小型でもタンクは8Lと大きく、吐出量も19.8L/minとなかなかあります。

さらに7.7kgと軽く持ち運びやすいように、取っ手も付いているのでさまざまな場所で使えます。また連続運転時間は15分と長く、これなら快適に作業ができますね。なおエアーツールが3点付いてくるセット品もあるので、そちらもおすすめです。

3位:アネスト岩田キャンベル コルト

アネスト岩田キャンベル コルト HX4004
出典:amazon.co.jp
アネスト岩田キャンベル コルト HX4004

17,027円 (税込)

詳細情報
・サイズ:740×355×635mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:30kg
・タイプ:湿式
・出力:0.75kW
・吐出量:60L/min(50hz)・65L/min(60Hz)
・タンク容量:30L
・騒音値:-
・付属品:-

高出力のエアーコンプレッサーが2万円を切る値段!

0.75kWで高出力の大型湿式タイプが2万円を切る低価格で購入できると、人気のアネスト岩田キャンベルのコルトです。オイルが混じるため塗装などには向きませんが、オイルを使っているため乾式よりも基本的な性能は上になります。

特に連続運転時間は湿式のため60分もあり、一般的な乾式は20~30分も多いので安定した作業ができますよ。なお、アネスト岩田キャンベルのエアーコンプレッサーは、HX4004以外にも複数あるので間違えないように注意してください。

2位:高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー

高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー ACP-25SLA
出典:amazon.co.jp
高儀 EARTH MAN エアーコンプレッサー ACP-25SLA

21,050円 (税込)

詳細情報
・サイズ:585×520×345mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:21kg
・タイプ:乾式
・出力:-
・吐出量:80L/min(50Hz)・96L/min(60Hz)
・タンク容量:25L
・騒音値:65dB
・付属品:-

吐出量が多く安定した吹き付けができる

吐出量が多く安定した吹き付けができる

出典:amazon.co.jp

DIY用に販売されている低価格タイプの中でも、人気があるもののひとつが「高儀のエアーコンプレッサー」です。出力は不明なものの、吐出量が50Hzで80L/minもあり安定した塗装が可能になっています。ただタンク容量は25Lと少々少ないのが、デメリットでしょうか。

しかし高儀のエアーコンプレッサーはモデルがたくさんあり、もっとタンク容量が多く性能も高いタイプもあるため使用状況に応じて選択できます。また上記の写真のように、スペアタンクも販売されているので安心ですよ。なおこちらは静音モデルになるので、運転音は気にならないくらいまで抑えられています。

1位:SK11 エアーコンプレッサー

SK11 エアーコンプレッサー SR-102
出典:amazon.co.jp
SK11 エアーコンプレッサー SR-102

22,281円 (税込)

詳細情報
・サイズ:650×355×580mm(幅×奥行き×高さ)
・重量:26kg
・タイプ:乾式
・出力:0.75kW
・吐出量:48~55L/min(0.6Mpa時)
・タンク容量:30L
・騒音値:-
・付属品:-

性能が高くタンク容量も30L!大人気のエアーコンプレッサー

性能が高くタンク容量も30L!大人気のエアーコンプレッサー

出典:amazon.co.jp

一番におすすめするのは、特にDIY用として人気を集めるSK11ブランドの「エアーコンプレッサー SR-102」。深みのあるメタリックな赤いボディは、スタイリッシュでかっこいいですね。見た目だけでなく性能もなかなかのもので、0.6Mpaと高圧力の空気を48~55L/minも出せます。

また最高圧力の0.8Mpaなら、37~42L/minとなるので状況に応じて使い分けましょう。タンク容量は30Lとなっていて、これならDIY用として空気入れから塗装まで余裕で使えます。肝心の運転音は、静音モデルではないものの、静かでそこまで気になりません。

値段の割に高性能でコスパ良く、1台あれば後はエアーツールさえ揃えることでさまざまなことができます。このように、いろいろなことをしたくなるDIY用として最適なので、ぜひエアーコンプレッサーを購入するならおすすめですよ!

エアーコンプレッサーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、エアーコンプレッサーのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

DIY用におすすめなエアーコンプレッサーをご紹介しました。

エアーコンプレッサーといえば、空気をタイヤなどに入れるぐらいにしか使わないと一般的には思われています。しかしエアーツールを使うことで、くぎ打ちやサンドブラストまで行える便利なツールに変身します。DIYは様々な工具・機械を使って、いろいろな物を作っていくのが楽しさです。ぜひエアーコンプレッサーとエアーツールで、DIYを充実させてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す