• 瞬間冷却パックのおすすめ人気ランキング7選【急な発熱・熱中症対策にも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 瞬間冷却パックのおすすめ人気ランキング7選【急な発熱・熱中症対策にも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 瞬間冷却パックのおすすめ人気ランキング7選【急な発熱・熱中症対策にも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 瞬間冷却パックのおすすめ人気ランキング7選【急な発熱・熱中症対策にも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 瞬間冷却パックのおすすめ人気ランキング7選【急な発熱・熱中症対策にも!】のアイキャッチ画像5枚目

瞬間冷却パックのおすすめ人気ランキング7選【急な発熱・熱中症対策にも!】

発熱時などの応急処置の他、暑さ対策にも効果的な瞬間冷却パック。一瞬で冷却できる便利グッズとして、ダイソーなどの100円ショップでも販売されています。しかし冷却持続時間は商品によって異なり、繰り返して使えるものや氷点下まで冷えるものなどいろいろ。何を基準に選んでいいのか分かりにくいと感じたことはないでしょうか。

そこで今回は、瞬間冷却パックを効果的に使うための選び方と、人気商品をランキング形式でご紹介します。緊急用に便利なひえっぺや長期保管できるクールレスキューなど7つの商品が登場。また記事の後半では効果的な使い方も紹介しますので、ぜひ参考にして上手に使いこなしましょう。
  • 最終更新日:2018年05月17日
  • 33,904  views
目次

瞬間冷却パックの選び方

瞬間冷却パック選びでは、サイズや持続時間を考慮して、利用シーンに合わせて選ぶことが大切です。以下で詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

「冷却持続時間」は利用シーンに合わせて選ぶ

商品によって冷却持続時間が異なるので、まずはこの時間を確認して、利用シーンに適したものを選ぶようにしましょう。

レジャーでの使用なら「60~90分」持続するものが便利

レジャーでの使用なら「60~90分」持続するものが便利

出典:amazon.co.jp

海やキャンプなど、レジャーでの使用には持続時間の長いものを選ぶようにしましょう。瞬間冷却パックはほとんどの商品が持続時間30分前後となっていますが、この時間は天候や気温に左右されやすく、炎天下の下では予想よりも短くなります。

記載時間よりも短いものと想定して、冷却持続時間が60~90分前後のものを選べると良いですね。レジャーで過ごす時間に合わせて、複数用意しておくことをおすすめします。

「30分前後」のものは発熱やケガなどの緊急時に

「30分前後」のものは発熱やケガなどの緊急時に
冷却持続時間が30分程度のものは、緊急時や熱中症対策にぴったりです。高熱を出した時の氷嚢替わりや、捻挫をした時に冷やすアイテムとしても使えます。また猛暑日は熱中症対策グッズとしても活躍するので、30分程度でも十分冷やせますよ。

ただこちらも気温や使い方によって持続時間が変化しますので、予備用も併せて準備しておくのがおすすめです。

冷え方の違いから、目的に合ったものを選ぶ

瞬間冷却パックに使われている成分によって、冷え方に違いが出てきます。それぞれの違いを理解して、目的に合ったものを選びましょう。

強力に冷やしたいのなら「尿素」配合のものを

強力に冷やしたいのなら「尿素」配合のものを

出典:amazon.co.jp

成分に尿素を含んだものは、通常の冷却パックよりも低温になると言われています。強力に冷やしたいのなら尿素入りのものを選んでおきましょう。

ただ尿素配合によってどのくらいの冷却効果があるのかは詳細に表示されているわけではなく、具体的な数値は不明となっています。あくまでも冷え方の目安程度に捉えておくことをおすすめします。

すぐに使わない時は「硝酸アンモニウムと水」のみがおすすめ

すぐに使わない時は「硝酸アンモニウムと水」のみがおすすめ

出典:amazon.co.jp

備蓄用など、すぐに使う予定がない場合は尿素を含まないものを選んでください。尿素配合のものは、高温になると尿素が溶けだして固まってしまう可能性があるので、保管には向きません。

硝酸アンモニウムと水のみでできているタイプならば、保管が可能です。長期保管する予定があるのなら配合成分も良く確認しておきましょう。

災害などの備蓄用では「使用期限」に注意して

災害などの備蓄用では「使用期限」に注意して

出典:amazon.co.jp

災害時に向けて備蓄用として持っておく場合は、持続時間が異なるものをそれぞれ持っておくのがおすすめ。夏の停電時の冷蔵用や暑さ対策など、用途に応じて使い分けられます。

しかし、瞬間冷却パックには使用期限が設定されているものもある点に注意。長いものでも3年ほどしか持ちませんので、定期的に使用期限をチェックして補充するようにしてくださいね。使用期限の記載がない場合は、指定されている保管方法をきちんと守って保管し、なるべく早めに使いきるようにしてください。

再利用すれば経済的。再冷凍可能か要確認

ほとんどの商品は、数回だけですが繰り返し使えるようになっています。簡易的な保冷剤として使えるので経済的で、お弁当や飲み物の保冷をする方には重宝します。全ての商品が再利用できるとは限りませんので、繰り返し使いたい場合は、再利用可能と記載された商品を選んでくださいね。

瞬間冷却パックの人気ランキング7選

それでは、人気の瞬間冷却パックをランキング形式でご紹介していきます。目的やシーンに合わせて、最適な商品を選んでくださいね。
7位
冷却持続時間30分尿素配合×
使用期限記載なし再利用
6位
ドン・ピエール
出典:amazon.co.jp

アサヒプランニングドン・ピエール

2,850円 (税込)

冷却持続時間50分尿素配合×
使用期限不明再利用
5位
ポンッ! deクール(12個)
出典:amazon.co.jp

アイリスオーヤマポンッ! deクール(12個)

1,559円 (税込)

冷却持続時間30~40分尿素配合
使用期限記載なし再利用
4位
クイックフリーズ(12個)
出典:amazon.co.jp

サンケイ商事クイックフリーズ(12個)

2,672円 (税込)

冷却持続時間約60分尿素配合
使用期限記載なし再利用
3位
クイックフリーズ クールレスキュー
出典:amazon.co.jp

サンケイ商事クイックフリーズ クールレスキュー

3,654円 (税込)

冷却持続時間90分(室温30℃)尿素配合×
使用期限3年程度再利用
2位
冷却持続時間15~30分(室温25℃)尿素配合×
使用期限不明再利用
1位
冷却持続時間40分(室温30℃)尿素配合
使用期限不明再利用

人気瞬間冷却パックの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格冷却持続時間尿素配合使用期限再利用商品リンク
1
ヒヤロン(12個)

ロッテ

ヒヤロン(12個)

素早く氷点下まで冷やしてくれる1,795円(税込)40分(室温30℃)不明詳細を見る
2
ひえっぺ(12個)

扶桑化学

ひえっぺ(12個)

発熱時や怪我の応急処置に便利1,128円(税込)15~30分(室温25℃)×不明詳細を見る
3
クイックフリーズ クールレスキュー

サンケイ商事

クイックフリーズ クールレスキュー

長期保管できるから備蓄用にも便利3,654円(税込)90分(室温30℃)×3年程度詳細を見る
4
クイックフリーズ(12個)

サンケイ商事

クイックフリーズ(12個)

すぐに冷却。60分持続するから安心2,672円(税込)約60分記載なし詳細を見る
5
ポンッ! deクール(12個)

アイリスオーヤマ

ポンッ! deクール(12個)

10度~氷点下までの冷たさを感じられる1,559円(税込)30~40分記載なし詳細を見る
6
ドン・ピエール

アサヒプランニング

ドン・ピエール

お出かけの多い方におすすめ2,850円(税込)50分×不明詳細を見る
7
パンチクール

アイスジャパン

パンチクール

携帯用に便利な保冷剤652円(税込)30分×記載なし詳細を見る

瞬間冷却パックの効果的な使用法&注意点

瞬間冷却パックの効果的な使用法と、覚えておきたい注意点を確認しておきましょう。

熱を下げやすいポイントに使うと効果的。使用時はタオルに包んで

熱を下げやすいポイントに使うと効果的。使用時はタオルに包んで
瞬間冷却パックは持続時間が短いので、効率良く体温を下げられる部位に当てた方が効果的です。熱を下げやすいポイントは、額・後頭部・脇の下・足の付け根・首筋ですので、この部分に当ててみてください。高熱時だけでなく熱中症予防にもおすすめです。

ただし、患部に直接当てると低温やけどを起こしてしまうこともあります。子どもや肌の弱い方が使う場合は特に注意して、タオルやハンカチに包んで、直接肌に触れないようにしてご使用くださいね。または、冷却タオルや冷却シートを代用するのも1つの手です。

ペットへの冷却パックの使用は避ける

ペットへの冷却パックの使用は避ける
犬や猫も熱中症になってしまうことがありますが、瞬間冷却パックを使うのは避けてください。ペットは人とは異なり、氷点下で冷やすと血管を収縮させてしまう危険があります。涼しい場所に移動させてから、体に水をかけてゆっくり冷やしてあげましょう。

飛行機への持ち込みはNG。冷感シートなどで代用して

飛行機への持ち込みはNG。冷感シートなどで代用して

出典:amazon.co.jp

瞬間冷却パックは液体で、かつ硝酸アンモニウムが含まれているため、飛行機への持ち込みはできません。預け入れ荷物でも引き受けてもらえないので、飛行機に乗る際は気をつけましょう。

どうしても暑さを緩和したいというのならば、額に貼り付ける冷却シートで代用するのがおすすめです。ただし航空会社によっては規定が変わる場合もありますので、事前確認は必須です。

熱中症対策アイテムを見たい方はこちらから

瞬間冷却パックと一緒に備えたい熱中症対策グッズも要チェック。塩飴や冷却スプレーなど、熱中症を防止できるアイテムはたくさんあります。ぜひお出かけ時に携帯して、熱中症を予防しましょう。

瞬間冷却パックの売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、瞬間冷却パックのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

瞬間冷却パックの人気ランキング、いかがでしたか?

冷却パックは一時的な冷感アイテムではありますが、用途や利用シーンに応じて選ぶことで、効果的な使い方ができます。ご紹介したランキングや使い方も参考にして、厳しい暑さを乗り切りましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す