• スチームアイロンのおすすめ人気ランキング10選【パナソニックやティファールなど!】のアイキャッチ画像1枚目
  • スチームアイロンのおすすめ人気ランキング10選【パナソニックやティファールなど!】のアイキャッチ画像2枚目
  • スチームアイロンのおすすめ人気ランキング10選【パナソニックやティファールなど!】のアイキャッチ画像3枚目
  • スチームアイロンのおすすめ人気ランキング10選【パナソニックやティファールなど!】のアイキャッチ画像4枚目
  • スチームアイロンのおすすめ人気ランキング10選【パナソニックやティファールなど!】のアイキャッチ画像5枚目

スチームアイロンのおすすめ人気ランキング10選【パナソニックやティファールなど!】

シワを伸ばすだけでなく、スチームのチカラで衣類の匂いケアまでしてくれる「スチームアイロン」。ワイシャツなどをきっちりプレスしたいときはスタンダードなかけ面の広いタイプ、またハンガーにかけたままスーツやコートをふっくらシャッキリさせたいときは、ハンディタイプのスチームアイロンが大活躍してくれます。

しかし、パナソニック・東芝・ティファールなど各社が販売する商品はそれぞれ個性豊か。実機を試すことも難しく、どれを選べばいいのかわからなくなってしまいますよね。今回はそんなスチームアイロンの選び方と、Amazon・楽天などの口コミで高評価のおすすめ人気商品を10選、ご紹介したいと思います!
この記事に登場する専門家
神崎 健輔
三谷 万里子
猪俣 友紀
  • 最終更新日:2018年10月10日
  • 171,216  views
目次

スチームアイロンの選び方

スチームアイロンを比べてみると、かなり性能に差があることがわかります。今回は目的に合った一台が簡単に見つかるポイントを、項目ごとにまとめました。

似た商品に「スチーマー」がありますが、この記事では、かけ面を衣類に当てて「プレス」できるものに限ってご紹介しましたので、ご注意くださいね。

アイロンのタイプで選ぶ

まず最初に考えたいのがアイロンのタイプ。大きく分けると、一般的なスタンダードタイプのアイロンと、ハンディタイプの2種類になります

ハンディタイプの多くは、衣類をハンガーに掛けたままスチームをかけることができる「ハンガーショット」としても使うことができます。使う目的に合わせて選んでみてくださいね。それぞれまったく違った魅力があるので、両方揃えるのもおすすめです。

しっかりプレスできるスタンダードタイプ

しっかりプレスできるスタンダードタイプ
スタンダードタイプのアイロンは布に触れる「かけ面」が広く、どっしりとした重さで衣類をきちんとプレスしてくれます。ここにスチームが加わることによって、蒸気の力でズボンやスカートのプリーツなどに、しっかり折り目をつける事ができます。

ハンカチなどの小物から、シーツなど面積の広いものまでオールマイティに活躍してくれる、一家に一台の必需品です

手軽さが魅力のハンディタイプ

手軽さが魅力のハンディタイプ

出典:panasonic.jp

ハンディタイプは手軽にアイロンをかけることができ、重さもそれほどありません。またハンガーショットとして使用すれば、シワを伸ばすほか、スチームで匂いを飛ばして、清潔な状態に整えてくれるというメリットがあります。この使用法では、衣類がかなりの高温となるため注意が必要。やけど防止のミトンがついているものもありますよ。

アイロンの重さで選ぶ

アイロンの重さで選ぶ
スタンダードタイプのアイロンは1~1.5キロくらいのものが主流です。衣類や寝具など、広い面に掛けることが多いなら、重めのものを選んだほうが楽チン。アイロン自体に重みがあれば、腕の力で押し付けなくても、すいすいシワを伸ばすことができます。

一方、ハンカチや薄手のブラウス・子ども用品など、日常的にこまごまアイロンを掛けるなら、1キロ程度の軽いものを選ぶといいでしょう。毎日の家事を楽にするには、サッと出せてサッと収納できるものが、なんといっても高ポイントです。

またハンディタイプは1キロ前後のものが一般的。ハンガーショットとしての活用を考えるなら、1リットルのペットボトルを持ち上げてみて、作業が続けられそうか購入前に試してみることをおすすめ。重く感じるなら迷わず、1キロに満たない軽量のものを選びましょう。

コードの有無

コードの有無は迷うところですよね。高温を長い時間キープしたいのか、スムーズに可動させたいのかによって、選ぶタイプは変わってきます。

熱をずっと保持できるコードありタイプ

熱をずっと保持できるコードありタイプ

出典:amazon.co.jp

コードありのアイロンの場合、電力供給しながらアイロン掛けができるので、作業中ずっと高温をキープすることができます。たくさんの洗濯物を一気に仕上げてしまいたい時などに力を発揮してくれますよ。またスチームのパワーも強力なのはこちらのタイプ。

ただし、コードの範囲でしか動かすことができずイライラする…、という意見も。コンセントから離れた場所では延長コードを準備する必要もあり、そのあたりがスピード重視派にちょっぴり不人気となっています

使用範囲が広がるコードレスタイプ

使用範囲が広がるコードレスタイプ

出典:amazon.co.jp

何にも妨げられず快適にアイロンがけがしたい、という方には、コードレスのアイロンをおすすめします。給電台の上にアイロンを置くと加熱される仕組み。コードレスタイプは熱が冷めやすいのが欠点ですが、たとえばワイシャツなどの場合、襟をプレス⇒給電⇒手で整える⇒袖をプレス⇒給電⇒手で整える⇒後ろ身頃…のように、こまめに台に戻すようにすれば、適温を保つことができますよ。

とはいえ、熱・スチームともに、やはりコードが付いているものよりはよりパワーダウンしてしまいます。意外なメリットとしては、左利きに向いているということ。アイロンコードは通常本体の右側についているため、左手で扱うとどうしても手前にコードが来ることとなり、邪魔になってしまうためです。

スチームの量と持続時間

スチームアイロンならではの選択基準、それはスチームの量と持続時間です。せっかくスチームアイロンを購入したのにスチームが弱ければ魅力半減。ぜひこの点もチェックしていきましょう。

スチームの量は多ければ多いほど良い

スチームの量は多ければ多いほど良い
スチームの量は、アイロンが一定の時間に出すことができる蒸気量が目安となり、「5g/分」のように表示されます。パワフルな蒸気で生地をふっくらさせたい、匂いを飛ばして清潔に保ちたい、というようにスチームの力を活用したい方は、1分間に10gほど吹き出せるものから選ぶといいでしょう。

スチームの持続時間も重要

スチームの持続時間も重要
スチームの持続時間もなかなか重要。これは水タンクの容量にも比例します。軽量化のためなどでタンクがあまりにも小さいものは、あっという間にスチームが出なくなってしまい、使いにくいのではないでしょうか。最適でも5分以上継続して作業できるものを選ぶといいですね。

かけ面の素材にもこだわりましょう

かけ面の素材にもこだわりましょう

出典:amazon.co.jp

最後に、アイロンを選ぶ上で重要なのが「かけ面」の素材です。見過ごされがちですが、アイロンの耐久性とかけ心地を左右する部分なので、しっかり確認することをおすすめします。

かけ面のコーティング素材には「セラミック」「チタン」「フッ素」などがあります。セラミックは滑りやすさに定評があり、かけ心地はとても良いのですが、価格はやや高い傾向に。チタンはセラミックの次に滑りのいい素材。フッ素は価格こそ安いものの、滑り心地は今一つで、衣類がひっかかりやすいといったデメリットもあります。

またティファールが独自に採用している「パラジウムコーティング」は、かけ面についた繊維を気化させて取り除くのだそう。耐久性も、セラミック→チタン→フッ素の順。コーティングは剥がれてしまったら修復することはできませんので、毎日たくさんアイロンを使うという方は、ぜひこのポイントも念頭に置いて選んでくださいね。

プロの愛用するおすすめのスチームアイロン

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのスチームアイロンをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、使い勝手のいいものを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
コードレススチームWヘッドアイロン
出典:amazon.co.jp

パナソニックコードレススチームWヘッドアイロン

NI-WL703-P

11,740円 (税込)

専門家の
マイベスト

VITORA ミレミニスチームアイロン

2,965円 (税込)

専門家の
マイベスト
DBK スチーム&ドライアイロン ブラック J80T
出典:amazon.co.jp

DBK スチーム&ドライアイロン ブラック J80T

11,880円 (税込)

【スタンダードタイプ】スチームアイロンのおすすめ人気ランキング7選

ここからは、スチームアイロンのおすすめ人気ランキングを発表します。

まずはスタンダードタイプから7種類をご紹介。後半にはハンディタイプ・アイロンのランキングが控えてますので、最後までお見逃しなく!

7位:DBK スチーム&ドライアイロン

DBK スチーム&ドライアイロン 80T
出典:amazon.co.jp
DBK スチーム&ドライアイロン 80T

4,899円 (税込)

詳細情報
・タイプ:スタンダードタイプ
・重量:1.5kg
・コード:あり(1.8m)
・スチーム量:-
・スチームの持続時間:-
・タンクの量:135ml
・かけ面の素材:フッ素

クラシカルな見た目がおしゃれ。どっしりと衣類をプレスしてくれる

最初にご紹介するのは、ドイツの高性能アイロンブランド・DBKによるスチームアイロンです。重さ約1.5kgとやや重めのボディで、衣類をしっかりプレスしてくれますよ。スチームが出てくる穴はかけ面の上部に集中しているので、たっぷりスチームを当てたいときは上部、穴の跡をつけたくない部分は下部のように、滑らせ方を変えて使うことができます。

基本的な機能を揃えている上に、比較的安価なのが特徴。なによりこのクラシカルなデザインのファンは多く、インテリアのアクセントとして、あえて出しっぱなしにしている人もいるそうですよ。

6位:アイリスオーヤマ スチームアイロン

アイリスオーヤマ スチームアイロン SIR-01-A
出典:amazon.co.jp
アイリスオーヤマ スチームアイロン SIR-01-A

1,380円 (税込)

詳細情報
・タイプ:スタンダードタイプ
・重量0.9kg
・コード:あり(2m)
・スチーム量:-
・スチームの持続時間:-
・タンクの量:210ml
・かけ面の素材:フッ素

コストパフォーマンス抜群!1kg以下で持ちやすい

こちらのアイリスオーヤマのスチームアイロンは、スチーム機能とドライアイロン機能、どちらも兼ね備えながら軽量で、さらに2000円程度という驚異的な価格が魅力です。タンクに水がたっぷり入るので、ある程度の時間じっくりスチームを使うことができるでしょう。スチームのパワーは「スチーム」「ハーフスチーム」の2段階に調節できます。

フッ素コーティングのため、耐久性においてはやや頼りないかもしれません。でもこのコストパフォーマンスは見逃せないものがあります。軽くて安く、パワフルなアイロンをお探しの方にはぴったりです。

5位:パナソニック コードリール式スチームアイロン ジュエルピンク

パナソニック コードリール式スチームアイロン NI-R36-P
出典:amazon.co.jp
パナソニック コードリール式スチームアイロン NI-R36-P

3,289円 (税込)

詳細情報
・タイプ:スタンダードタイプ
・重量:1.3kg
・コード:あり(1.9m)
・スチーム量:-
・スチームの持続時間:-
・タンクの量:160ml
・かけ面の素材:チタン

かけ面全体に広がるスチーム穴からスチームを噴射

アイロンの品質では高い信頼を得ている、パナソニックのスチームアイロンです。かけ面全体にたくさんのスチーム穴が開けられているため、全体にじっくり蒸気をあてることができる仕様になっています。カラーは、ピンクとシルバーから選ぶことができますよ。

1.3kgと重めのボディで、厚物もしっかりプレスしてくれます。かけ面はチタン・コーティングなので、滑りのよさやや耐久性には十分満足できることでしょう。本格機能を備えたスチームアイロンのスタンダード・モデルと言えるのではないでしょうか。

4位:パナソニック コード付きスチームアイロン

パナソニック コード付きスチームアイロン NI-S55-P
出典:amazon.co.jp
パナソニック コード付きスチームアイロン NI-S55-P

2,225円 (税込)

詳細情報
・タイプ:スタンダードタイプ
・重量:1.0kg
・コード:あり(1.9m)
・スチーム量:-
・スチームの持続時間:-
・タンクの量:200ml
・かけ面の素材:チタンコート

200ml入りタンクでスチームをたっぷりかけられるアイロン

こちらもパナソニックのスチームアイロンです。水を入れるタンクが200ml入りとたっぷりなので、長時間スチーム機能を使用することができます。重さも1kgちょうどとそれほど重いものでもなく、またかけ面がチタン加工ですので衣類を傷める心配が少ない、滑らかな使い心地が特長。

かけ面をぐるりと囲む29個のスチーム穴によって、強力に蒸気を噴射してくれます。信頼のパナソニック製、しかもシルバーチタンコーティングで2000円程度という価格はとても魅力的ですよね。

3位:東芝 コードレススチームアイロン 美ラクルラクー

東芝 コードレスアイロン 美ラクルラクー La・coo TA-FV410
出典:amazon.co.jp
東芝 コードレスアイロン 美ラクルラクー La・coo TA-FV410

4,903円 (税込)

詳細情報
・タイプ:スタンダードタイプ
・重量:0.9kg
・コード:コードレス
・スチーム量:5g/分
・スチームの持続時間:最長2分
・タンクの量:80ml
・かけ面の素材:-

コードレスアイロンで自在に服をプレスしよう

こちらは東芝のコードレスアイロン。専用の給電台に置くことで発熱するタイプとなっています。自在にアイロンを動かすことができるコードレスで、しかも1kgを切っている軽量のため、女性でも扱いやすいのではないでしょうか。スチームの量も、ワイシャツ・ブラウスのような薄手のものや小物に使うなら十分といえるでしょう。

ただし水タンクには80mlしか入らないため、持続時間は2分と短めです。長時間スチーム機能を使用したい方には、少し物足りないかもしれませんね。しかし、軽いコードレスアイロンの便利さに一度慣れてしまうともう戻れない、といった声も多く聞かれます。薄い生地の衣類や小物中心に使用する方にはぴったりですね。

2位:パナソニック コードレススチームWヘッドアイロン

パナソニック コードレススチームWヘッドアイロン NI-WL403-P
出典:amazon.co.jp
パナソニック コードレススチームWヘッドアイロン NI-WL403-P

5,390円 (税込)

詳細情報
・タイプ:スタンダードタイプ
・重量:1.0kg
・コード:コードレス
・スチーム量:9.5g/分
・スチームの持続時間:最大3分
・タンクの量:120ml
・かけ面の素材:チタン

コードレスで見た目もおしゃれなスチームアイロン

近未来的なデザインが目を引くこちらのアイロンもまたパナソニックの製品です。見た目がおしゃれなだけではなく、コードレスであり重量も1kg程度。タンクの容量は120mlあるので、スチームが最大で3分持続するというスペックも素晴らしいですね。

スチーム量は「ハイパワースチーム」「ハイパワーショット」「ハンガーショット」の3段階に調節できます。ハイパワースチームモードでは11~13g/分もの威力を発揮してくれるので、セーターなどの繊維の奥までしっかり浸透、ふっくら仕上げることができますよ。かけ面はシルバーチタンコート。蓄熱性の高いベースを使っているので、コードレスでも冷めにくいのが高ポイントですね。

1位:ティファール スチームアイロン アルティメット スチームパワー

ティファール スチームアイロン  アルティメット スチームパワー オートクリーン FV9604J0
出典:amazon.co.jp
ティファール スチームアイロン アルティメット スチームパワー オートクリーン FV9604J0

10,593円 (税込)

詳細情報
・タイプ:スタンダードタイプ
・重量:1.69kg
・コード:あり(2m)
・スチーム量:25-105g/分
・スチームの持続時間:-
・タンクの量:350ml
・かけ面の素材:パラジウム

超大容量のスチーム量!パワフルにアイロンがけしたいあなたに

1位となったのは、ティファールの「アルティメットスチームパワー」です。最大で1分間に105gという超パワフルなスチーム噴射で、頑固についてしまった衣類のシワも、さらっとほぐしてくれます。さらにタンクに入る水の量も350mlと多いため、途中で給水する必要がほどんどないというのも使いやすいですね。

かけ面はティファール独自の「パラジウムコーティング」。繊維くずを気化させて、特別な手入れをしなくても、いつもつるつるしたかけ心地が保てる、特殊な加工が施されています。重さもずっしりしているので、力を入れなくてもすいすい滑らすことができますよ。

一度ティファールのコードありタイプを使った人は、そのあともずっとリピートし続ける、というほどユーザー満足度の高いシリーズです。海外メーカーならではのダイナミックなスチームアイロン、興味のある方は一度手にしてみてはいかがでしょう?

【ハンディタイプ】スチームアイロンのおすすめ人気ランキング3選

次にハンディタイプのスチームアイロンのおすすめ商品をご紹介したいと思います。軽くて手軽なハンディタイプでは、どのような商品が支持を得ているのでしょうか。

3位:ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー

ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084BL
出典:amazon.co.jp
ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084BL

2,481円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ハンディアイロン
・重量:0.93kg
・コード:あり(2.5m)
・スチーム量:0.2g/回
・スチームの持続時間:-
・タンクの量:100ml
・かけ面の素材:フッ素

ハンディタイプのロングセラー商品!ブラシも付いてお得

ツインバードのロングセラー商品「ハンディーアイロン&スチーマー」です。価格が安く、軽量で使いやすくことで愛されている製品。通常のアイロンのようにかけ面を当ててプレスするのはもちろん、衣類をハンガーに掛けたまま、スチームの力も使ってシワを伸ばすことができます。

スチームはハンドルについているボタンを押すと、約1秒間噴射する仕組み。必要に応じてシュッ、シュッと2~5秒おきに押すのがコツです。本格的なプレスには物足りなさもありますが、帰宅してすぐや朝出かける前に手軽に使えますので、身だしなみの一つとして習慣にしてみてはいかがでしょう?

2位:ソウイ スチームアイロン ハンディー スチーマー

SOUYI スチームアイロン ハンディー スチーマー アイロン SY-066
出典:amazon.co.jp
SOUYI スチームアイロン ハンディー スチーマー アイロン SY-066

1,999円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ハンディアイロン
・重量:0.64kg
・コード:あり(1.5m)
・スチーム量:0.2g/回
・スチームの持続時間:-
・タンクの量:100ml
・かけ面の素材:フッ素

低価格で使いやすい!重さにも注目

コストパーフォーマンスが高いことで人気のハンディタイプアイロン。本体は0.64kgと非常に軽いため、さっと取り出して簡単に使用することができますよ。特に女性にとっては扱いやすい製品といえるでしょう。スチーム量は3位商品と同じ0.2g/分で、軽量にもかかわらずパワーは標準的なものを備えています。

口コミでも「簡単で手軽」「スチームに勢いがある」という意見がみられ、ハンディタイプアイロンのメリットが感じられる一機。衣類のシワ伸ばしや匂いのケアはもちろん、枕にシュっとかけるなど、ハウスダスト対策にも使えます。

1位:パナソニック 衣類スチーマー ダークブルー

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS530-DA
出典:amazon.co.jp
パナソニック 衣類スチーマー NI-FS530-DA

9,875円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ハンディタイプ/スタンダードタイプ
・重量:0.7kg
・コード:あり(2.5m)
・スチーム量:11g/分
・スチームの持続時間:最大4分間
・タンクの量:50ml
・かけ面の素材:セラミック

自動ヒートオフ機能付き!事故を防ぐ工夫が嬉しい

スタンダードタイプとハンディタイプ、両者のいいとこ取りを実現したのが、このパナソニック「衣類スチーマー」。かけ面がセラミックですので、大事な衣類も安心してプレスすることができますよ。アイロン台の上での取り回しのよさも抜群です。

スチーム量も最大11g/分とたっぷり。重さはこのランキングにおいてもっとも軽い部類ですので、ハンガーショットとしての使用もらくらくです。サッと取り出せサッと収納できるので、特に忙しい方とっては使いやすい商品ですね。

「自動ヒートオフ機能」が付いており、電源を切らずにいても一定の時間で電源が切れるため、火事や事故を防げて安心。コンパクトなボディに充実機能が詰まっっているので、メイン機としての使用はもちろん、玄関やクローゼットに置くサブ機としても手にしたくなる、手軽にパワフルなアイロンです。

キレイに仕上げるならアイロン台にもこだわって。

パリッとシワなく仕上げるには、アイロン台もかなり重要です。毎日の作業を楽にするため、目的に合ったものを選びましょう。馬は必要?スタンドタイプは腰にいい?収納しやすいのは?下のページでは、そんな疑問にお答えしています。ぜひご一読くださいね!

スチームアイロンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スチームアイロンのAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

衣類をパリッとした仕上がりにするには欠かせないスチームアイロン。選び方と、おすすめ人気ランキングをご紹介しましたがいかがでしたか?家電製品は一度買うと壊れるまで長く付き合うもの。ぜひこだわって選びたいものですね。

しわのないシャツ・折り目の付いたパンツ・ふっくらしたセーター・匂いのない清潔な上着やコート。手入れの行き届いた衣類を着けることで、印象は大きくアップします。ぜひこの記事を活用してみて下さいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す