• トラベルアイロンのおすすめ人気ランキング10選【コンパクト!】のアイキャッチ画像1枚目
  • トラベルアイロンのおすすめ人気ランキング10選【コンパクト!】のアイキャッチ画像2枚目
  • トラベルアイロンのおすすめ人気ランキング10選【コンパクト!】のアイキャッチ画像3枚目
  • トラベルアイロンのおすすめ人気ランキング10選【コンパクト!】のアイキャッチ画像4枚目
  • トラベルアイロンのおすすめ人気ランキング10選【コンパクト!】のアイキャッチ画像5枚目

トラベルアイロンのおすすめ人気ランキング10選【コンパクト!】

携帯用アイロンとも呼ばれる「トラベルアイロン」。旅行や出張に行った際、収納しておいた衣類がシワシワで着られないとお困りになったことはありませんか?そんな時に便利なトラベルアイロンは、無印良品やナショナルなど多くのメーカーから販売されています。様々なタイプがあり、小型アイロンや衣類スチーマー、そして中には海外旅行向けの電圧切り替え製品まで登場しているんです。これだけ種類豊富だと選ぶのに一苦労なんて方も多いはず。

そこで今回は、トラベルアイロンの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します!口コミで評判の製品や、手のひらサイズで持ち運びやすいものなど、沢山のラインナップでお届けしますよ。機能的なトラベルアイロンを手に入れて、旅先でもキレイに整った服を身につけましょう。
  • 最終更新日:2020年04月01日
  • 25,667  views
目次

普通のアイロンと何が違う?トラベルアイロンの魅力

普通のアイロンと何が違う?トラベルアイロンの魅力

旅先でのアイロンがけに便利なトラベルアイロン。スーツケースの中に衣類を入れるとどうしてもシワが付きがちですが、トラベルアイロン一つあればあっという間にピシッとハリのある衣服が着られます。


普通のアイロンとの違いはいくつかありますが、何よりもそのコンパクトなサイズが最大の特徴。一般的なアイロンでは、スーツケースに入れたら場所を取ってしまうので仕方なく持っていけないなんてこともありますが、トラベルアイロンなら小スペースに収まるので持ち運びが簡単にできます。


また、電圧の切り替え機能付きの商品もあるので海外旅行をする時にも便利です。重量も軽いものが多いので、飛行機に乗る際の預け入れ荷物にも気兼ねなく入れられますよ。出張や旅行が多い方はぜひ持っておきたいアイテムです。

トラベルアイロンの選び方

旅行中の身だしなみに便利なトラベルアイロン。タイプ・重さや大きさ・電圧に気を付けて選ぶことで、使い勝手の良いトラベルアイロンをゲットしましょう。

目的に合わせてタイプを選ぼう

トラベルアイロンは大きく分けて、通常のアイロンを小型化したもの・蒸気のみが噴出されるタイプの衣類スチーマーアイロン・2WAYで使える融合型の3つに分けられます。

小回りがきくからワイシャツにも◎「アイロンタイプ」

小回りがきくからワイシャツにも◎「アイロンタイプ」
細かい場所にも小回りを効かせる必要があるワイシャツなどには小型アイロンがおすすめ。シャツのボタンとボタンの間など細かいシワにも使いやすいので重宝します。手のひらに収まる程の小さな商品や折りたたみが可能な商品があり、持ち運びにも困りません。

ただし、威力は通常のアイロンよりもぐっと劣るものが多いため全体的なアイロンがけは不得手です。また、アイロン台がないと使えません。使う際は、かさ張らない旅行用のシート状のアイロン台もあるので、そういったものを用意すると良いでしょう。

大きなシワだけなら「衣類スチーマー」。臭い対策にも◎

大きなシワだけなら「衣類スチーマー」。臭い対策にも◎
宿泊先では衣類の大きなシワだけ取りたい、という場合や衣類の臭いもあわせて取りたいといった場合には、衣類スチーマーが便利です。アイロンほどではありませんが台も必要なく、ハンガーにかけたまま手軽にシワを伸ばすことができます。綿は勿論、ウールやシルクなどあらゆる素材に対応しているものが多いのも嬉しいです。

また、スチームをあてることによって脱臭効果も期待できますよ。旅行で1日着用した衣類の汗やタバコの臭いを消臭してくれるので、カバンに収納しても他の物への臭い移りの心配がありません。スーツを連日着用した際もほとんど臭わずに済むので、エチケットとして持っておくと何かと便利です。

旅先で身だしなみをしっかり整えたいなら2WAY仕様を

旅先で身だしなみをしっかり整えたいなら2WAY仕様を

小型アイロンと衣類スチーマーのいいとこどりをした融合型アイロンは、出張や旅行の機会が多い方におすすめ。


出張先ではワイシャツの細かいシワまでしっかり、旅行先では洋服の大きなシワだけ簡単に取り除きたいなど用途に合わせて使用することができます。アイロンとしても衣類スチーマーとしても使えるので活躍の幅が広くて◎。

しかし汎用性が高い一方で、アタッチメントの持ち運びがかさむというデメリットもあります。アイロンとして使用する場合にはアイロン台も必要なので、持ち運ぶ荷物を考慮して選びましょう。

携帯性は重要!重量は500gを目安に

携帯性は重要!重量は500gを目安に

トラベルアイロンは持ち運ぶことが前提なので、重さは500gを目安に選ぶといいでしょう。大きさも旅行バッグの中で邪魔にならない20cmくらいが◎


また、衣類スチーマーは小型アイロンよりも大きい傾向にあります。商品によって重量と大きさの差がかなりあるので、その中でできるだけ軽くて小さいものを選ぶと良いですよ。

海外旅行用は電圧の切り替えに注意

海外旅行用は電圧の切り替えに注意
海外旅行に持っていく予定がある場合は、電圧切り替えができるかどうかに注目して選びましょう。海外と日本とでは電圧の規格が違うため、電圧変換に対応していなかったり、プラグの形状が海外のものと違ったりする場合も。電圧の切り替えが出来ない製品を購入した場合は、別途変圧器や変換プラグを購入する必要が出てきます。

また電圧の目安として、100V~240Vぐらいまで対応しているものなら安心です。参考までに、100Vの電圧のタイプが使えるのは日本のみで、中国は220V、アメリカは110Vもしくは120V、フランスでは220Vといった具合で電圧は異なります。よく海外旅行・出張に行く方はこの数値を目安にして選ぶと良いでしょう。

温度調節範囲やスチーム量などの機能性をチェック

温度調節範囲やスチーム量などの機能性をチェック
旅行用ということで、通常のアイロンより機能を妥協してしまう方もいるかもしれませんが、使い心地がイマイチだと持って行った甲斐がなくなるもの。きちんと使用できるか、性能もチェックしましょう。

まず重要なポイントは、どんな素材にも対応しているかどうか。温度調節が可能なものか、最高温度はいくつなのかを確認すれば、頑固なシワが付きやすい綿素材からデリケートなウール素材など様々な衣服に使えますよ。

また、小型アイロンを選ぶなら5分程度の余熱、衣類スチーマーなら1分ほどの余熱で使える製品を選びましょう。小型アイロンは比較的立ち上がり時間が長い製品が多い傾向にありますが、旅行中は起動時間が少しでも速いものの方が便利です。


さらに衣類スチーマーの場合は、注入する水量や一度の注水で何分ぐらい稼働可能なのか確かめると使用時の手間がグッと省けますよ。一度の稼動が短すぎると何度も注水する必要があるので、10分前後は欲しいところですね。

トラベルアイロンの人気ランキング10選

それではここから、トラベルアイロンのおすすめ人気ランキング10選をご紹介します。各通販サイトでの売れ筋ランキングを参考に、当サイトがおすすめできる商品を厳選しました。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月9日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
タイプ衣類スチーマー
サイズ15.7×14×14.5cm
重量680g
電圧切り替え-
温度調節範囲-
スチーム量/タンク容量-/180ml
立ち上がり時間60秒
その他機能-
9位
タイプ融合型
サイズ-
重量620g
電圧切り替え-
温度調節範囲-
スチーム量/タンク容量-/約110ml
立ち上がり時間25秒
その他機能防水機能・自動停止機能
8位
タイプ小型アイロン
サイズ10×6.3×5.1cm
重量246g
電圧切り替え-
温度調節範囲180℃(温度調節不可)
スチーム量/タンク容量-/-
立ち上がり時間-
その他機能-
7位
タイプ融合型
サイズ約8×13×16cm
重量740g
電圧切り替え-
温度調節範囲約160℃
スチーム量/タンク容量毎分約11g/100mL
立ち上がり時間約24秒
その他機能360度スチーム機能・瞬間3倍パワフルスチーム
6位
タイプ融合型
サイズ16.5×9.4×13.4cm
重量700g
電圧切り替え-
温度調節範囲-
スチーム量/タンク容量-/-
立ち上がり時間-
その他機能エチケットブラシ
5位
タイプ融合型
サイズ34.5×8×9cm
重量1.04kg
電圧切り替え-
温度調節範囲60~220℃
スチーム量/タンク容量-/100ml
立ち上がり時間-
その他機能衣類ブラシ・ブラシ・アイロンミトン付き・水濡れ防止機能
4位
タイプ融合型
サイズ9.6×6.5×21cm
重量700g
電圧切り替え-
温度調節範囲180℃
スチーム量/タンク容量-/120ml
立ち上がり時間25秒
その他機能防水機能
3位
タイプ融合型
サイズ9×8.5×20cm
重量500g
電圧切り替え-
温度調節範囲-
スチーム量/タンク容量毎分14g/100ml
立ち上がり時間25秒
その他機能サーモスタット機能
2位
タイプ衣類スチーマー
サイズ13.3×8.5×21.5cm
重量525g
電圧切り替え-
温度調節範囲-
スチーム量/タンク容量-/約140ml
立ち上がり時間2分
その他機能自動停止機能
1位
タイプ融合型
サイズ約17.5×8.5×12.5cm
重量約690g
電圧切り替え-
温度調節範囲約100・135・170℃
スチーム量/タンク容量毎分約14g/約70mL
立ち上がり時間30秒
その他機能ワンプッシュ連続スチーム機能

人気トラベルアイロンの比較一覧表

商品画像
1
トラベルアイロン 日立 衣類スチーマー CSI-RX2 1枚目

日立

2
トラベルアイロン Tenswall スチームアイロン 1枚目

Tenswall

3
トラベルアイロン LaKuun クイックスチーマー 1枚目

LaKuun

4
トラベルアイロン Uarter スチームアイロン 1枚目

Uarter

5
トラベルアイロン Kocokara ハンディーアイロン 1枚目

Kocokara

6
トラベルアイロン SIS コンパクトアイロン 1枚目

SIS

7
トラベルアイロン パナソニック 衣類スチーマー NI-FS750 1枚目

パナソニック

8
トラベルアイロン ドウシシャ ピエリア ミニアイロン  1枚目

ドウシシャ

9
トラベルアイロン ISILER 【改良版】衣類スチーマー 1枚目

ISILER

10
トラベルアイロン dodocool スチームアイロン 1枚目

dodocool

商品名

衣類スチーマー CSI-RX2

スチームアイロン

クイックスチーマー

スチームアイロン

ハンディーアイロン

コンパクトアイロン

衣類スチーマー NI-FS750

ピエリア ミニアイロン

【改良版】衣類スチーマー

スチームアイロン

特徴ボタンを離しても1分間スチーム噴射!持ちやすくてコンパクトなお手頃シンプルタイプ時短&小型がうれしい便利アイテム!スチームの勢いでシワ取り楽チン幅広い温度調節で、様々な素材に使える!スチーマー・アイロン・エチケットブラシが一体に!コンパクトでパワフルな衣類スチーマー可愛らしい見た目&嬉しいお値段の小型アイロン持ち運びやすく、安全機能も充実!キャリーバッグにすっぽり入る大きさ!大容量タンクも◎
最安値
7,227
送料要確認
詳細を見る
2,480
送料要確認
詳細を見る
5,073
送料要確認
詳細を見る
3,578
送料要確認
詳細を見る
4,980
送料要確認
詳細を見る
1,280
送料要確認
詳細を見る
9,391
送料無料
詳細を見る
728
送料別
詳細を見る
3,798
送料要確認
詳細を見る
3,015
送料要確認
詳細を見る
タイプ融合型衣類スチーマー融合型融合型融合型融合型融合型小型アイロン融合型衣類スチーマー
サイズ約17.5×8.5×12.5cm13.3×8.5×21.5cm9×8.5×20cm9.6×6.5×21cm34.5×8×9cm16.5×9.4×13.4cm約8×13×16cm10×6.3×5.1cm-15.7×14×14.5cm
重量約690g525g500g700g1.04kg700g740g246g620g680g
電圧切り替え----------
温度調節範囲約100・135・170℃--180℃60~220℃-約160℃180℃(温度調節不可)--
スチーム量/タンク容量毎分約14g/約70mL-/約140ml毎分14g/100ml-/120ml-/100ml-/-毎分約11g/100mL-/--/約110ml-/180ml
立ち上がり時間30秒2分25秒25秒--約24秒-25秒60秒
その他機能ワンプッシュ連続スチーム機能自動停止機能サーモスタット機能防水機能衣類ブラシ・ブラシ・アイロンミトン付き・水濡れ防止機能エチケットブラシ360度スチーム機能・瞬間3倍パワフルスチーム-防水機能・自動停止機能-
商品リンク

シワ取りスプレーという選択肢も!

今回ご紹介したトラベルアイロンは、どれも通常のアイロンと比べ小型・軽量。ですが、それすら邪魔になる…という場合もあるかもしれません。そんなときは、シワ取りスプレーという選択肢もあります。ちょっとしたシワならスプレーで取れることもあるので、ぜひ以下の記事もチェックしてみてください!

トラベルアイロンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、トラベルアイロンのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、トラベルアイロンのおすすめ人気ランキング10選をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?


好みのアイロンのタイプが決まったら、あとは重量・サイズ・電圧切り替えの有無・性能をチェックして、よりご自身にぴったりのトラベルアイロンを選びましょう。最高のトラベルアイロンをゲットして、旅行を思いきり満喫してくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す