1. TOP
  2. >
  3. ドリンク
  4. >
  5. ブランデー
  6. >
  7. 【おいしい!】ブランデー梅酒のおすすめ人気ランキング10選
  • 【おいしい!】ブランデー梅酒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【おいしい!】ブランデー梅酒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【おいしい!】ブランデー梅酒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【おいしい!】ブランデー梅酒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【おいしい!】ブランデー梅酒のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【おいしい!】ブランデー梅酒のおすすめ人気ランキング10選

甘みがあり飲みやすい梅酒は、日本ではポピュラーなお酒。梅の時期になると手造りする方も多く、居酒屋にはいろいろな種類の梅酒がラインナップされています。中にはブランデーを使って漬けたものもあり、一般的なホワイトリカーを使った梅酒とは違った味わいが楽しめると人気。チョーヤなど人気のブランドをはじめ、いろいろなメーカーから販売されています。

そこで今回は、ブランデー梅酒の選び方のポイントとおすすめ商品の人気をランキングをご紹介します!ブランデーを使った梅酒で、いつもとは一味違う新たな世界を覗いてみませんか?
  • 最終更新日:2020年05月18日
  • 59,227  views
目次

ブランデー梅酒の選び方

梅酒は通常、ホワイトリカー(透明な蒸留酒)を使ってつけるのが一般的です。ブランデー梅酒は、そのホワイトリカーの代わりにブランデーを使って漬けたもの。

もともとブランデーが持っている風味やおいしさに梅の味が加わるので、ホワイトリカーを使った梅酒とはまた違った味が楽しめます。ブランデーの種類によっても味が異なるので、自分好みのものを見つけるのも楽しいのではないかと思います。

ここでは、ブランデー梅酒を楽しむための、選び方のポイントを見ていきましょう。

ブランデーの種類

ブランデーの種類
ブランデー梅酒の最も大きな違いは、漬けるのにどんなブランデーを使っているか、ということです。ブランデーの種類が違えば、それを使って作られる梅酒の味もかなり異なってきます。

好きなブランデーがあるのなら、それを使って作られた梅酒を選んだほうが好みに合うでしょうし、できるだけ自分の味覚に合うブランデーをつかっている梅酒を選ぶことがポイントです。

しかし、こればかりは飲んでみないとわからないところでもあるので、その梅酒を出しているメーカーの他のラインナップを見てみたり、説明文を見たりしながら、好みに合うかどうかを検討してみると良いでしょう。

商品そのものの価格

商品そのものの価格
ブランデー梅酒は、通常使われるホワイトリカーの代わりにブランデーを使っていますので、少々値段が高めになります。ブランデーにもランクがあり、そのランクによっても価格が変わってくるので、好みの味であってもなかなか手を出せない、ということもあるかもしれません。

日常的に楽しむお酒として選びたいなら、味と共に価格もチェックしておいたほうが良いでしょう。

アルコール度数の高さ

アルコール度数の高さ
ブランデーを使って作るブランデー梅酒は、ややアルコール度数が高めであることが少なくありません。だいたい13〜20度くらいと幅がありますが、アルコールが苦手な人は、やはり低めのものを選ぶほうが良いでしょう。ロックではなく、水割りやソーダ割りにするなど、飲み方を工夫するという方法でもいいかもしれませんね。

自分好みのものを作ってみる

自分好みのものを作ってみる
メーカーや酒蔵の既製品を買うのもいいけれど、自分で作ってみるのもおすすめです。ブランデー梅酒を作るのに必要な材料は、たった3つ。梅と氷砂糖、ブランデーです。あとは、これらが入る大きめの容器があれば大丈夫。氷砂糖は梅の半分〜同量を、ブランデーは梅500gに対して1本(700mlくらい)準備しましょう。梅を水洗いしてしっかり水気を取ったら、梅と氷砂糖を交互に敷き詰め、そこにブランデーを注いだら、終了です。

2〜3ヶ月熟成させれば、飲み頃です。いろいろなブランデーを試してみたり、氷砂糖の配分を変えてみたりして、自分好みの味を探してみてはいかがでしょうか。

ブランデー梅酒のおすすめ人気ランキング10選

それでは、ここから人気のブランデー梅酒をランキング形式でご紹介します。

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング など各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月29日時点)を参考に、編集部独自で順位付けしています。
10位
原材料梅・砂糖・酒精・ブランデー
アルコール度数10%
内容量1000ml
9位
原材料梅(国産)・醸造アルコール・ブランデー・糖類・酸味料・香料・カラメル色素
アルコール度数8〜9%
内容量1800ml
8位
原材料梅(南高梅)・醸造アルコール・氷砂糖
アルコール度数17%
内容量500ml
7位
原材料梅(国産)・スピリッツ・ブランデー・糖類・酸味料・香料・カラメル色素
アルコール度数12%
内容量720ml
6位
原材料-
アルコール度数14.5%
内容量720ml
5位
原材料梅実・醸造アルコール・糖類・ブランデー・蜂蜜
アルコール度数14%
内容量720ml
4位
原材料梅(紀州産)・砂糖・醸造アルコール・ブランデー
アルコール度数8%
内容量720ml
3位
原材料梅・砂糖・醸造アルコール・ブランデー
アルコール度数12.4%
内容量720ml
2位
原材料梅実・糖類・醸造アルコール・ブランデー・蜂蜜
アルコール度数14%
内容量720ml
1位
原材料梅(紀州産南高梅)・糖類・酒精・ブランデー
アルコール度数14%
内容量720ml

人気ブランデー梅酒の比較一覧表

商品画像
1
ブランデー梅酒 チョーヤ梅酒 The CHOYA BLACK 1枚目

チョーヤ梅酒

2
ブランデー梅酒 明利酒類 梅香 百年梅酒 1枚目

明利酒類

3
ブランデー梅酒 河内ワイン エビス福梅 1枚目

河内ワイン

4
ブランデー梅酒 プラム食品 紀州にごり梅酒 熊野かすみ 1枚目

プラム食品

5
ブランデー梅酒 本坊酒造 星舎蔵 上等梅酒 1枚目

本坊酒造

6
ブランデー梅酒 太田酒造 ブランデー原酒入 びわ湖うめ酒 1枚目

太田酒造

7
ブランデー梅酒 サントリーホールディングス  手摘み南高梅の完熟梅酒 1枚目

サントリーホールディングス

8
ブランデー梅酒 梅一番井口 梅子桜子 1枚目

梅一番井口

9
ブランデー梅酒 清洲桜醸造 楽園 ブランデー梅酒 1枚目

清洲桜醸造

10
ブランデー梅酒 チョーヤ梅酒 さらりとした梅酒 1枚目

チョーヤ梅酒

商品名

The CHOYA BLACK

梅香 百年梅酒

エビス福梅

紀州にごり梅酒 熊野かすみ

星舎蔵 上等梅酒

ブランデー原酒入 びわ湖うめ酒

手摘み南高梅の完熟梅酒

梅子桜子

楽園 ブランデー梅酒

さらりとした梅酒

特徴フランス産コニャックで仕込んだ本格梅酒日本一の称号を得た梅の都・水戸の名品長期熟成ブランデーで仕込んだ福梅梅の香ただようトロリとした口あたりワンランク上の上等な味わい自家製ブランデーで漬けた無添加梅酒完熟南高梅を使った丁寧な造り梅と桜が出合ったやさしい味わいパーティなど大勢で楽しみたいときにすっきりとした飲み口で女性にも人気
最安値
919
送料要確認
詳細を見る
1,299
送料別
詳細を見る
1,250
送料要確認
詳細を見る
720
送料要確認
詳細を見る
862
送料要確認
詳細を見る
1,036
送料要確認
詳細を見る
1,220
送料別
詳細を見る
2,178
送料別
詳細を見る
1,080
送料要確認
詳細を見る
746
送料要確認
詳細を見る
原材料梅(紀州産南高梅)・糖類・酒精・ブランデー梅実・糖類・醸造アルコール・ブランデー・蜂蜜梅・砂糖・醸造アルコール・ブランデー梅(紀州産)・砂糖・醸造アルコール・ブランデー梅実・醸造アルコール・糖類・ブランデー・蜂蜜-梅(国産)・スピリッツ・ブランデー・糖類・酸味料・香料・カラメル色素梅(南高梅)・醸造アルコール・氷砂糖梅(国産)・醸造アルコール・ブランデー・糖類・酸味料・香料・カラメル色素梅・砂糖・酒精・ブランデー
アルコール度数14%14%12.4%8%14%14.5%12%17%8〜9%10%
内容量720ml720ml720ml720ml720ml720ml720ml500ml1800ml1000ml
商品リンク

黒糖を使った梅酒もおすすめ!

梅酒にはいろいろな種類がありますが、黒砂糖を使った梅酒があるのをご存知ですか?ブランデー梅酒同様ひと味違った梅酒が楽しめますので、ぜひ以下の記事もチェックしてみてくださいね。

まとめ

お酒な苦手な人でも、これなら飲める!とあげられることも多い梅酒。今ではさまざまなテイストのものが販売されていて、梅酒だけでもずいぶんと楽しむことができます。

そんな中でも、ブランデー梅酒は、ブランデーのもつ豊かな味わいを楽しめる大人な味。いつもの梅酒とはまた違った味わいを楽しめるブランデー梅酒を、楽しんでみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す