• 【最強が決定!】消しゴムの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【最強が決定!】消しゴムの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【最強が決定!】消しゴムの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【最強が決定!】消しゴムの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【最強が決定!】消しゴムの最強おすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像5枚目

【最強が決定!】消しゴムの最強おすすめ人気ランキング20選

デスクワークに欠かせない文房具、消しゴム。mono・アーチ・リサーレなどのブランドから、砂消しゴム・ボールペンも消える消しゴムなどさまざまなタイプが登場しています。最近では、100均などでも取り扱いが増えているので、目にする機会も多いのではないでしょうか。でもデザインだけとってもディズニーなどのキャラクターものから黒い消しゴムなどいろいろあって、なかなか選ぶのは難しいですよね。

そこで今回は、消しゴムの選び方と、通販で人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。使うほどに味が出る化石消しゴムや、ヨコハマタイヤの滑らない消しゴムなど、おもしろ商品も多数登場。よく消えるかどうかもしっかり比較して、あなたにぴったりの消しゴムを見つけてください。なお記事後半では消しゴムはんこやオリジナル消しゴムケースについても解説しますので、興味のある方はお見逃しなく!

この記事に登場する専門家

おさだ かずな
猪口 フミヒロ
  • 最終更新日:2018年11月15日
  • 506,591  views
目次

消しゴムの選び方のポイント

皆さん消しゴムを購入するとき、どんな点を重視して選んでいますか?デザインや価格など選ぶポイントはたくさんありますが、本当にそれで良いのでしょうか。これから消しゴムを選ぶときのポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

用途に合わせて種類を選ぶ

消しゴムは形状や素材によって、大きく4つの種類に分けられます。まずはそれぞれの特徴を解説していくので、違いをチェックしていきましょう。

最もポピュラーで使いやすい「プラスチック消しゴム」

最もポピュラーで使いやすい「プラスチック消しゴム」

出典:amazon.co.jp

最も一般的であり、塩化ビニールから出来ているのがプラスチック消しゴムです。色んな形のアイテムを作りやすく、さらに消しクズがまとまるタイプと硬い質感のハードタイプがあります。

鉛筆でもシャーペンでも簡単に綺麗に消すことが出来ますが、減るのが早いのも特徴の一つ。また、プラスチックの定規などと長い時間一緒に置いておくと、くっついてしまうことがあるので注意しましょう。

硬くて丈夫で減りにくい「ラバー消しゴム」

硬くて丈夫で減りにくい「ラバー消しゴム」

出典:amazon.co.jp

ゴムから出来ている、消しゴムが登場したての頃によく使われていたのがラバー消しゴムです。硬くて丈夫で減りにくいのが特徴。

しかし力をいれないと文字を消すことができず、消字力もあまりないのが難点です。また、紫外線に弱く劣化しやすいので、なるべく早く使い切れるサイズのものを選びましょう。

紙ごとインクを削り取る「砂消しゴム」

紙ごとインクを削り取る「砂消しゴム」

出典:amazon.co.jp

荒い粒子の研磨剤が含まれた、紙を削り取ってボールペンなどの文字を消すのが砂消しゴムです。大きく分けるとラバー消しゴムの一種でもあります。使い方が難しく、上手く使用しないとあまり綺麗に消すことは出来ません。

修正液などを使用しなくてもインクを消すことが出来るので、絵を描く方におすすめの種類の消しゴムです。

軽い力でよく消えるものを選ぶ

軽い力でよく消えるものを選ぶ

出典:tombow.com

良く消えない消しゴムではストレスも溜まり、無駄な時間や労力もかかってしまいます。効率よく消しゴムを使用するためにも、軽い力でよく消える消字力に優れたアイテムを選びましょう。具体的な消しやすさは使ってみないと分からない部分も多いため、できるだけ口コミやレビューを参考にしてください。

固くコシのあるものは折れにくい

固くコシのあるものは折れにくい

出典:amazon.co.jp

使っていくうちにケースと接している面から折れてしまい、消しゴムが分裂してしまった、という経験のある方も多いはず。折れにくい消しゴムを選ぶのは、使いやすさや耐久性において重要なポイントです。

コシがあり固めのアイテムのほうが折れにくく、ケースの四隅がカットされているなどの折れにくくなる工夫がしてあるものを選びましょう。

消しクズのまとまりやすさにも注目

消しクズのまとまりやすさにも注目

出典:tombow.com

消しゴムを使うと、どうしても出てしまうのが消しクズ。机周りの掃除を簡単にするためにも、消しクズのまとまり具合や出にくさにまでこだわって選ぶと良いでしょう。また、消しクズが見やすい黒などの色の付いたアイテムを使用するのもおすすめです。

形状は収納しやすさを重視して選ぶ

形状は収納しやすさを重視して選ぶ
ペン型やユーモアのある独創的な形など、さまざまな形の消しゴムが売られています。見た目の好みで選ぶのも良いのですが、持ち運びのしやすさを考えてペンケースに収納しやすいものを選ぶことをおすすめします。

また、アイテムによっては凸凹とした形状で角の多いタイプも登場しています。形を決める際は、使い勝手を考えて選んでいきましょう。

プロの愛用するおすすめの消しゴム

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの消しゴムをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、用途に合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

タワーレコード消しゴム

108円 (税込)

専門家の
マイベスト

シード高品質消しゴム スーパーゴールド

ER-M01

320円 (税込)

消しゴムの人気ランキング20選

ここからは、人気のおすすめ消しゴムをランキング順にご紹介していきます。あらゆる種類が登場しますので、あなたにとって使いやすい商品をぜひ見つけてみてください!
20位
消しゴム サクラクレパス ピュアスリム 4色
出典:amazon.co.jp

サクラクレパスピュアスリム 4色

RFWPS-4P

518円 (税込)

内容量4個入り
サイズ90mm×13mm×8mm
19位
消しゴム プラス ダブルエアイン スティックタイプ
出典:amazon.co.jp

プラスダブルエアイン スティックタイプ

36-434

65円 (税込)

内容量1個入り
サイズ-
18位
消しゴム サクラクレパス アーチ消しゴム60
出典:amazon.co.jp

サクラクレパスアーチ消しゴム60

RAF60

38円 (税込)

内容量1個入り
サイズ45×19×10mm
17位
内容量1個入り
サイズ19×19×74mm
16位
消しゴム すみっコぐらし ぺんぺんアイスクリーム
出典:amazon.co.jp

すみっコぐらしぺんぺんアイスクリーム

777円 (税込)

内容量4個入り
サイズ62×30×12mm
15位
消しゴム サクラクレパス 小学生文具 消しゴム
出典:amazon.co.jp

サクラクレパス小学生文具 消しゴム

Gケシゴム#20

78円 (税込)

内容量1個入り
サイズ12.5×25.5×47.5mm
14位
内容量1個入り
サイズ20×50×20mm
13位
消しゴム トンボ モノゼロ 角型 つめ替え消しゴム付き
出典:amazon.co.jp

トンボモノゼロ 角型 つめ替え消しゴム付き

JCB-233AZ

432円 (税込)

内容量本体・詰替え消しゴム2個
サイズ2.5×5mm(消し先)
12位
内容量1個入り
サイズ13×190×45mm
11位
消しゴム OSTRICH マルチリスイレーサー
出典:amazon.co.jp

OSTRICHマルチリスイレーサー

08803ME

1,404円 (税込)

内容量1個入り
サイズ-
10位
内容量1個入り
サイズ19×58.5×10mm
9位
消しゴム ぺんてる ホルダー消しゴム クリックイレーザー
出典:amazon.co.jp

ぺんてるホルダー消しゴム クリックイレーザー

XZE33-N

454円 (税込)

内容量1個入り
サイズ14×8×122mm
8位
消しゴム コクヨ リサーレ プレミアムタイプ
出典:amazon.co.jp

コクヨリサーレ プレミアムタイプ

ケシ-90

77円 (税込)

内容量1個入り
サイズ24.5×59×12mm
7位
内容量1個入り
サイズ-
6位
内容量1個入り
サイズ53×21×10.5mm
5位
消しゴム サクラクレパス ラビット フォームイレーザーダブル100
出典:amazon.co.jp

サクラクレパスラビット フォームイレーザーダブル100

RFW-100

70円 (税込)

内容量1個入り
サイズ23×58.5×10mm
4位
消しゴム サクラクレパス ラビット 小学生学習字消し100
出典:amazon.co.jp

サクラクレパスラビット 小学生学習字消し100

RFW-100S

78円 (税込)

内容量1個入り
サイズ23×58.5×10mm
3位
消しゴム パイロット フリクションイレーザー
出典:amazon.co.jp

パイロットフリクションイレーザー

ELF-10-LB

450円 (税込)

内容量1個入り
サイズ9×5×8mm
2位
内容量1個入り
サイズ130×27×66mm
1位
消しゴム トンボ 事務用・製図用消しゴム
出典:amazon.co.jp

トンボ事務用・製図用消しゴム

PE-01A

30円 (税込)

内容量1個入り
サイズ43×17×11mm

人気消しゴムの比較一覧表

商品画像
1
消しゴム トンボ 事務用・製図用消しゴム

トンボ

2
消しゴム シード レーダー1000

シード

3
消しゴム パイロット フリクションイレーザー

パイロット

4
消しゴム サクラクレパス ラビット 小学生学習字消し100

サクラクレパス

5
消しゴム サクラクレパス ラビット フォームイレーザーダブル100

サクラクレパス

6
消しゴム パイロット フォームイレーザー

パイロット

7
消しゴム ロットリング RAPID ERASER

ロットリング

8
消しゴム コクヨ リサーレ プレミアムタイプ

コクヨ

9
消しゴム ぺんてる ホルダー消しゴム クリックイレーザー

ぺんてる

10
消しゴム プラス エアイン

プラス

11
消しゴム OSTRICH マルチリスイレーサー

OSTRICH

12
消しゴム ぺんてる アインクリック

ぺんてる

13
消しゴム トンボ モノゼロ 角型 つめ替え消しゴム付き

トンボ

14
消しゴム コクヨ カドケシ

コクヨ

15
消しゴム サクラクレパス 小学生文具 消しゴム

サクラクレパス

16
消しゴム すみっコぐらし ぺんぺんアイスクリーム

すみっコぐらし

17
消しゴム カミオジャパン リップ型ケシゴム

カミオジャパン

18
消しゴム サクラクレパス アーチ消しゴム60

サクラクレパス

19
消しゴム プラス ダブルエアイン スティックタイプ

プラス

20
消しゴム サクラクレパス ピュアスリム 4色

サクラクレパス

商品名

事務用・製図用消しゴム

レーダー1000

フリクションイレーザー

ラビット 小学生学習字消し100

ラビット フォームイレーザーダブル100

フォームイレーザー

RAPID ERASER

リサーレ プレミアムタイプ

ホルダー消しゴム クリックイレーザー

エアイン

マルチリスイレーサー

アインクリック

モノゼロ 角型 つめ替え消しゴム付き

カドケシ

小学生文具 消しゴム

ぺんぺんアイスクリーム

リップ型ケシゴム

アーチ消しゴム60

ダブルエアイン スティックタイプ

ピュアスリム 4色

特徴リーズナブルで高品質!ロングセラーの定番消しゴム探さなくても、すぐに見つかるビッグサイズパイロットの「フリクションシリーズ」専用消しゴムしっかり消せて折れにくい。はじめての消しゴムにもおすすめWレジン構造で字消し能力アップ軽い消し心地で、消しくずも散らばらない製図用インクと鉛筆が消せる両用タイプシーンを選ばず使いやすい、定番消しゴムのブラックタイプ修正ペン代わりにも活躍するノック式砂消しゴム最後までしっかり消せるロングセラーアイテムプリンターで印刷した書類の文字が消せるキューブタイプとの併用がおすすめスリムボディでいつでも細かく消せるノック式新品のときの「角で消す」感覚をいつも身近に2Bや4Bの濃い鉛筆もしっかり消せるプチギフトにもおすすめなキュートな消しゴム遊び心満載のリップタイプ折れにくいアーチ形状のケース入り軽い消し心地の「よく消える消しゴム」として定評あり携帯しやすいスティックタイプ
価格30円(税込)657円(税込)450円(税込)78円(税込)70円(税込)86円(税込)203円(税込)77円(税込)454円(税込)35円(税込)1,404円(税込)100円(税込)432円(税込)96円(税込)78円(税込)777円(税込)189円(税込)38円(税込)65円(税込)518円(税込)
内容量1個入り1個入り1個入り1個入り1個入り1個入り1個入り1個入り1個入り1個入り1個入り1個入り本体・詰替え消しゴム2個1個入り1個入り4個入り1個入り1個入り1個入り4個入り
サイズ43×17×11mm 130×27×66mm9×5×8mm23×58.5×10mm23×58.5×10mm53×21×10.5mm-24.5×59×12mm14×8×122mm 19×58.5×10mm -13×190×45mm2.5×5mm(消し先)20×50×20mm12.5×25.5×47.5mm 62×30×12mm 19×19×74mm45×19×10mm -90mm×13mm×8mm
商品リンク

消しゴムを自分流にアレンジ

ここからは、消しゴムを使って簡単に作れる消しゴムはんこや、オリジナル消しゴムケースについて解説していきます。

消しゴムはんこには専用の消しゴムを使おう

消しゴムはんこには専用の消しゴムを使おう

出典:amazon.co.jp

今回おすすめ商品として登場した「化石ケシゴム」もそうでしたが、消しゴムは加工しやすいというのが大きな魅力。それを活かして消しゴムはんこを作る方も多いですが、チャレンジするときはできるだけ「消しゴムはんこ専用消しゴム」を使うようにしましょう。

専用の消しゴムはサイズも大きく、また中には2層構造になっているものもあり、こうしたタイプは彫った部分が分かりやすいので初心者でも安心して使えます。なお消しゴムはんこを作るためのカッターもお探しの方は、以下の記事もどうぞ。アート用のカッターなどもいろいろ紹介していますよ。

オリジナル消しゴムケースを作ってみよう

オリジナル消しゴムケースを作ってみよう

出典:amazon.co.jp

自分流に消しゴムをデザインしたい方におすすめなのが、オリジナル消しゴムケース。ウェブサイトから簡単に本格的なものが作れると人気です。書いてある文字、フォント、色などがカスタムできます。

必要なものはMONO 消しゴム PE01または MONO 消しゴム PE03、L版写真用紙、透明テープ、テープのりとはさみだけ。ケースイメージをサイト上でデザインして、作成手順に従うだけで、オリジナリティ溢れる消しゴムケースの出来上がりです!以下のリンクで無料で作れるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

消しゴム+修正テープで間違い対策は完璧!

ボールペンで書類に記入していて失敗してしまった。プリントアウトされた文書の一部を修正したい。そんな時に、あるとうれしいのが修正テープです。貼ったテープの上から書き込みもできる便利な文房具。消しゴムと合わせて筆箱にひとつ入れておくと、ミスった時の対策は完璧ですよ。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

消しゴムの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、消しゴムのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご覧ください。

まとめ

おすすめの消しゴムランキング、いかがだったでしょうか?

昔から見慣れた定番の消しゴムから、オブジェのようなデザインの消しゴムまで様々なデザインがありましたが、どれも消しやすさはお墨付きのものばかりです。お好みの消しゴムを使って、勉強や仕事の効率アップに役立ててくださいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す