1. TOP
  2. >
  3. 生活雑貨
  4. >
  5. 文房具・文具
  6. >
  7. MONO ダストキャッチの口コミや評判を実際に使って検証レビュー
トンボ鉛筆 MONO ダストキャッチ
トンボ鉛筆
MONO ダストキャッチ
64円(税込)

MONO ダストキャッチの口コミや評判を実際に使って検証レビュー

MONO ダストキャッチを実際に用意して、徹底的に検証しました!

消しカスが飛び散らないと人気の、「MONO ダストキャッチ」。インターネット上の口コミでは高評価を多く集める一方、「消すのに力がいる」「割れやすい」といった低評価もあり、購入に踏み切れない人もいるのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真偽を確かめるべく、MONO ダストキャッチを実際に使って、消しやすさ・消しカスのまとまりやすさを比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年09月14日
目次

消しカスの吸着性を高めるタックポリマーを配合した、MONO ダストキャッチとは?

消しカスの吸着性を高めるタックポリマーを配合した、MONO ダストキャッチとは?

MONO ダストキャッチは、トンボ鉛筆から誕生して50年以上になる消しゴムブランド、MONOが販売する消しゴムです。長さ5.5・幅2.3・厚さ1.1cmで、素材にはPVC樹脂が使用されています。

消しカスの吸着性を高めるタックポリマーを配合した、MONO ダストキャッチとは?
出典:tombow.com

消しゴム本体は、使用中の汚れが目立ちにくい黒。消しカスの吸着性を高めるタックポリマーが配合されているため、消しカスがまとまりやすくなっています。

消しカスの吸着性を高めるタックポリマーを配合した、MONO ダストキャッチとは?

スリーブの四隅は、消しゴムが食い込んで切れないようにカットされています。また、古紙パルプ70%を使用した、グリーン購入法適合商品です。

実際に使ってみてわかったMONO ダストキャッチの本当の実力!

実際に使ってみてわかったMONO ダストキャッチの本当の実力!

しかし、口コミを読むだけではこの商品の使い心地はわからないですよね。今回はMONO ダストキャッチを実際に購入して、他商品と比較検証レビューを行いました。

2回擦るだけで、文字も線もキレイに消せる

2回擦るだけで、文字も線もキレイに消せる

最初に、消しやすさを検証します。2B・B・HBの鉛筆と、HBのシャープペンシル0.5ミリの4種類で書いた文字と線を、MONO ダストキャッチで擦ってみました。黒くなりにくく、より少ない回数で消せたものを高評価とします。

2回擦るだけで、文字も線もキレイに消せる

この消しゴムで2回擦っただけで、どの文字もキレイに消せました。2回の使用で消えたのは35商品の中でも2つだけなので、非常に消しやすい消しゴムだと言えます。ただ、消し心地はごく普通でした。

本体から消しカスが離れず、非常にまとまりやすい

本体から消しカスが離れず、非常にまとまりやすい

続いて、消しカスのまとまりやすさを検証します。HBの鉛筆で塗りつぶした2×25cmの四角をこの商品で消して、その際に出る消しカスの量と形状をチェック。消しカスの量がどれだけ少なくまとまっているかを評価します。

本体から消しカスが離れず、非常にまとまりやすい

比較した商品の中でも、消しカスのまとまり具合は抜群でした。消しゴム本体が比較的柔らかく、使用中も消しカスは本体から離れずにくっついたままです。そのため、消した後の処理が簡単に済みました。

【総評】購入の価値あり。よく消えるうえに抜群のまとまりで、消しカスを集める作業も不要

【総評】購入の価値あり。よく消えるうえに抜群のまとまりで、消しカスを集める作業も不要

MONO ダストキャッチは、消しカスが圧倒的によくまとまるのが魅力。消しカスを集める作業がいらないほどです。また、検証では、2回擦っただけでどの濃さで書いた文字もキレイに消すことができました。よく消せて、綺麗に消しカスがまとまる商品を探している人におすすめです。


スリーブは本体が食い込んで切れないように、四隅がカットされています。消しゴム自体が黒いため、汚れが目立ちにくく、消しカスが見つけやすいのも便利。消しカスは散らばるものというイメージを覆した、使いやすさに配慮された商品です。

消し心地の軽さで選ぶなら、クリーンイレーザーがおすすめ

軽い消し心地の消しゴムを探しているなら、クリーンイレーザーがおすすめ。あまり力を入れずに文字を消すことができるので、広い範囲を消すときに向いています。


3回擦ってもかすかに線が残りましたが、消しカスのまとまりやすさは高評価を獲得。消すときに出てくるカスが本体にくっついて散らばらないので、指でつまんで簡単に捨てられますよ。

白い消しゴムを探しているなら、まとまるくんがおすすめ

学校や塾で消しゴムの色を白と指定されている場合は、まとまるくんがおすすめです。真っ白のシンプルデザインなので、どんな場所でも使用できますよ。


名前の通り、消しカスのまとまりやすさは比較商品の中でもトップクラス。もちろん消しやすさも高評価です。どこでもお求めやすい人気商品なので、迷った際にはぜひ候補に入れてみてください。

まとめ

今回はMONO ダストキャッチについて比較検証レビューを行いました。よく消えることがわかったでなく、使用後に消しカスを集める作業がいらない便利な商品だということがわかりました。


小学校の低学年だと、消しゴムの使い方にまだ慣れていない子も多くいます。この商品なら、抜群のまとまりやすさと適度な柔らかさで子どもにも扱いやすいので、ぜひ試してみてください。

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

カテゴリ