• 6cf38091d65efd001308ecaaef3c307a2076cb8b
  • 14a44d52c503ce50a20215f05cb772c4eb0126b8
  • 3658da2baee0ee7667a62f1310aa52c165f5be81
  • 0eb4179634ecc391e792fcb653e8f0809b020941
  • 9efea53098fbf23f79b5d3f06d36272d9a268abb

【プロが教える】筆箱・ペンケースの最強おすすめ人気ランキング24選【2017年最新版】

学生から社会人まで生活必需品とも言える文房具、ペンケース。たくさんのメーカーから形も機能もさまざまな商品が販売されています。デザインのバリエーションも豊富なため、思わず衝動買いしてしまうという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなペンケースの選び方について、株式会社ロフト商品部文具雑貨部バイヤーの磯野さんにお話を伺ってきました。使用シーンやスタイル別の選び方はもちろん、それを踏まえた最新の機能を搭載したおすすめ商品までご紹介しますよ。ペンケースのちょっと意外な使い方などもお聞きできましたので、ペンケース選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2017年12月08日 | 274,740views

筆箱・ペンケースの選び方のポイント

今回はペンケースの選び方について、多数の種類のペンケースを扱う株式会社ロフトの商品部文具雑貨部バイヤーとしてご活躍されている磯野菜摘さんに取材をさせていただきました。

一見シンプルに見えるペンケースですが、使用シーン・サイズ・素材・おすすめの機能など、選び方のポイントは予想以上に盛りだくさん。ぜひ今後のペンケース選びの参考にしてください。

〈取材協力:磯野菜摘さん〉

2012年に株式会社ロフトに入社。渋谷ロフトの文具売場に配属。その後商品部文具雑貨部にてアシスタントバイヤーを経て、現在はノート・キャリングのバイヤー業務に従事。

使用シーンに合わせて選ぶ

ペンケースを使うのは、主に「学校」と「職場」の2シーン。まずそれぞれの使用シーンに合ったペンケースの選び方をご紹介していきます。

学校用:20cm以上の大き目サイズ、内ポケットにも注目

学校用には、鉛筆がキチンと入る20cm以上のサイズのペンケースを選びましょう。小学生用なら、ランドセルに入るサイズなのかも確認しておきたいところです。

中学生・高校生用であれば持ち運ぶ文房具も増えるため、マチが3cm以上ある大容量サイズのペンケースがおすすめ。大学生用なら、そのまま面接に持っていくことができるデザインなど、大人になっても使い続けることを想定して選ぶと良いでしょう。
4c925c62227376e9d70be4db3766b9e13b5e4c00

特に女の子には、大量のペンや付箋・修正液を全部まとめて入れられる大きめサイズが人気です。内側に2~3個ポケットが付いているものなら、小物も痛みませんよ。

インスタグラムが流行っていることからフォトジェニックを意識して選ぶ方も多く、ペンと筆箱をピンク色に統一しているなんておしゃれな方も。インパクトのあるデザインを選べば、自分で持っていても楽しいし、人にも見せたくなりますよね。

職場用:落ち着いたデザイン&スリムサイズ、素材にもこだわって

職場用には、ペンが2本から3本入るスリムサイズのペンケースがおすすめです。カバンの中に入れても邪魔にならず、商談などのビジネスシーンにも必要最低限のペンを持ち運べます。

落ち着いたデザイン・素材を選ぶこともポイントです。合皮製のペンケースであれば高級感もありつつ、比較的安価で購入することができます。自分へのご褒美、大切な方へのギフトとして、長年愛用できる本革ペンケースを選ぶのもよいでしょう。

使い方や入れる物に合わせて形状を選ぶ

ペンケースは形によって、置き方・使い方・ペンの取り出しやすさが全く異なります。「自立型」「ペントレイ型」「がま口型」「ロール型」と主流な4タイプについてそれぞれの特徴をご紹介していきますので、あなたのスタイルに合ったものを見つけていきましょう。

狭いスペースでも邪魔にならない「自立スタンド型」

机の上が教科書や資料でいっぱいになってしまう、という方におすすめしたいのが自立型のペンケースです。ペンスタンドとしても使用できるため、狭いスペースでも場所を取りません。

初期はファスナーで開くだけのシンプルな構造でしたが、最近では下部を本体に押し込んで立たせる構造へと進化。フタに小さなバンドが付属していて、消しゴムなど小物を固定できるアイデア商品も登場しています。
4c925c62227376e9d70be4db3766b9e13b5e4c00

自立型のペンケース普及に合わせて、付箋の形も進化しています。従来の付箋だと自立式ペンケースの底に埋もれてしまうことがありますが、ペン型の付箋であればそういった心配もありません。

中身が一目で確認できる「ペントレイ型」

使いたいペンをすぐに取り出したい、そんな方におすすめなのがペントレイ型ペンケース。広く開閉できるためペンケースの中に何が入っているのか非常にわかりやすく、いろいろなペンを使い分けるという方に最適なタイプです。

持ち運び時にはコンパクトに折りたためて、使用時には広々としたペントレイに変形する、という2WAY商品も販売されています。

取り出しやすさと独特のデザインが魅力の「がま口型」

デザインと取り出しやすさ、どちらも重視したいという方におすすめなのががま口型です。開口部が広く作られているため、出したいペンをすぐに取り出せます。内側や外側にポケットが付いている商品もあり、使い勝手の面からみても優秀な商品が多いです。

デザインがかわいいだけでなく、かさばる小物も難なく収納できるため、ペンケースとしてだけでなく化粧品を入れるポーチとして購入する方も多いそうですよ。

ペン1本1本を傷つけずに収納できる「ロール型」

高価なペンを持ち歩く方におすすめなのが、ロール型ペンケース。1本1本差し込んで収納できるため、ペンに傷がつきにくいタイプです。収容できるペンの本数は少ないですが、こだわりの万年筆を持ち運びたいならぜひ選んでみてはいかがですか。
4c925c62227376e9d70be4db3766b9e13b5e4c00

根強いファンが多く、ペンケースを語るうえでロール型は欠かせません!

水洗いできる素材なら汚れても安心

ペンケースに使用されている素材は、商品によってさまざま。デザインや手触りで選ぶのももちろん良いですが、鉛筆やインクの汚れが気になる場合にはビニール・シリコン・プラスチックといった水に強い素材を選びましょう。汚れが付きにくいだけでなく洗うことができるため、いつまでもキレイな状態で使い続けられます。
4c925c62227376e9d70be4db3766b9e13b5e4c00

シンプルなプラスチックのペンケースは、シールを使って自分好みにカスタムしちゃいましょう。安価なので、失敗したり壊れたりしてもすぐに買い換えられますよ。

シリコン製は面白い形のものが多く、最近ではどうぶつ型のペンケースも登場しています。インパクト重視の目立ちたがり屋さんはぜひチェックしてみてくださいね。

スタンドやマグネットなど、使い方によりフィットした機能を

普通のペンケースでは物足りない、そんな方はぜひ機能性にもこだわって選んでみてください。マグネットを使用して手帳やノートに取り付けられるものを選べば、バッグ内でペンケースが迷子にならず、素早くペンを取り出せます。スマホで動画を見ながらや音楽を聴きながら勉強したい、という方はスマホスタンドとして使える商品を選びましょう。
4c925c62227376e9d70be4db3766b9e13b5e4c00

動画での学習が流行っていることから、スマホスタンドになるペンケースが今人気です。フタが大きく開きますが、マグネットを使用しているため安定感も抜群ですよ。

お気に入りのデザインを選ぶことも忘れずに

出典:loft.omni7.jp

ここまでさまざまなペンケースの選び方をご紹介してきましたが、やはりお気に入りのデザインを選ぶことも大切なポイントです。夏なら涼しげなクリアペンケース、冬なら温かみのある厚めの生地というように、季節によって選ぶデザインを変えるのも良いでしょう。

進級のタイミングや、好みの変化に合わせてペンケースも変えてみてはいかがでしょうか。デザインにこだわったり、お気に入りの1つを持ち歩くことで、勉強や仕事へのモチベーションもアップすること請け合いです。
4c925c62227376e9d70be4db3766b9e13b5e4c00

韓国で大ヒットして、今ロフトでも人気を集めているのが、シューズ型のペンケースです。お菓子を詰めてギフトケースにしたり、植物を入れて飾ったり、硬さを活かしてメガネケースとして使ったりと、自由に使えるところも注目を集めている理由のひとつですね。

【学校用】筆箱・ペンケースのおすすめ人気ランキング3選

それではここからは、人気の筆箱・ペンケースのランキング発表です。まずはシーン別に「学校用」と「職場用」、続けてタイプ別に「自立型」「ペントレイ型」「ポーチ型・がま口型」「ロール型」が順に登場します。

最初は容量と収納力が特徴の学校用から。ぜひサイズや内ポケットの数に注目してみてくださいね。

3位:サンスター文具株式会社 デルデ natural

出典:amazon.jp

サンスター文具 デルデ
990円(税込)

大容量のスライド式ペン立て

サンスター文具株式会社のDELDE(デルデ) naturalは、両サイドのつまみを引き下げるだけでペン立てになるペンケースです。最大でなんと約35本ものペンを収納可能。帆布生地は、自分なりにアレンジして使うのも楽しそうですね。

引き下げた状態でおしゃれなポーチとして使うこともできます。カラーバリエーションはcool・girly・popの3色。内ポケットがあるので、小さな付箋や消しゴムも安心して入れられます。

2位:レイメイ藤井 トップライナーペンケース(合皮)

レイメイ藤井 トップライナー FSB122
907円(税込)

箱型ペンケースの2倍入って軽い

レイメイ藤井のトップライナーペンケース(合皮)は、箱型のペンケースより3割も軽くて収納力があるのが特徴。コンパスもケースに入ったままで収納できちゃいます。

中には取り外せるペンホルダーと、ファスナーで閉じられるメッシュポケットが付属。カラーはブラックの他、ブルー系・レッド系があるので、学生はもちろん老若男女問わず使えそうですね。

1位:リヒトラブ ペンケース

リヒトラブ ペンケース A7551
595円(税込)

大容量でお手頃価格

LIHIT LAB.(リヒトラブ)のペンケースは、見開き型の大容量タイプ。12~14本も入るのに、すっきりしたデザインで低価格なのが魅力的ですね。

表面にはA7サイズのメモ用紙やカードが入るポケット、内側には大小のメッシュポケットがついています。ダブルファスナーなので、開け閉めも簡単ですよ。

【職場用】筆箱・ペンケースのおすすめ人気ランキング3選

続いて職場・ビジネス用にぴったりな、スリムデザインのペンケースをご紹介します。ビジネスシーン必携の、手帳と組み合わせて使いやすいものばかり。ぜひ新社会人へのギフトとしても参考にしてください。

3位:パイロット ペンサンブル ファスナーペンケース

出典:amazon.jp

パイロット ペンサンブル PSPC01
4,340円(税込)

革財布のような大人向けデザイン

PILOT(パイロット)のPensemble(ペンサンブル) ファスナーペンケースは、革財布のようなデザインがかっこいい大人向けのペンケースです。すっきりとしたフォルムながら、ペン3本に加えてメモに対応したポケットも付いています。

外側には美しい牛革、内側には柔らかなビッグスウェードを使用。コンパクトなので、ジャケットの内ポケットにも入れらますよ。

2位:PORTER SHEEN ペンケース

PORTER SHEEN ペンケース 110-02975
9,720円(税込)

ビジネスマンに人気の本格派レザー

PORTER SHEEN ペンケースは、表地に牛ステア、裏地にナイロンジャガードを使用している本格派のペンケースです。

底マチが広がっているのにシンプルなデザイン、スマートな仕上がりがビジネスマンに人気です。本革を使用しているので値段は少しお高いですが、ひとつ上のペンケースを試してみてはいかがでしょうか。

1位:パイロット 手帳バンド シースタイプ

パイロット ペンシース付き手帳バンド
611円(税込)

カラーバリエーション豊富な手帳バンド

PILOT(パイロット)の手帳バンド シースタイプは、手帳にくっつけるペンケースです。輪っかをくぐらせるだけで簡単に装着可能で、A6・B6・A5サイズに対応しています。手帳と一緒に1本だけペンを持ち歩きたい。そんな時、このペンケースならスマートです。

カラーバリエーションも豊富で、革の手帳とあわせるならブラックやダークレッド、女性にはレッドやピンクがおすすめですよ。

【自立型】筆箱・ペンケースのおすすめ人気ランキング3選

ミニマリストにはもってこいの、ペンスタンドとしても使えるペンケース。ワークスペースが十分に確保できるので、デスクを広々使えます。付加機能やデザインにも注目ですよ。

3位:コクヨ ネオクリッツ ペンスタンドになるペンケース

コクヨ ペンスタンドになるペンケース ネオクリッツ F-VBF130
609円(税込)

あっという間にペンスタンド

コクヨ ネオクリッツ ペンスタンドになるペンケースは、ファスナーを開けて外側に折り曲げる事でペンスタンドとして使うことができるペンケースです。

欲しいペンがひと目で見分けられるうえ、下半分の芯地がしっかりしているので安定感のあるペンスタンドです。ペンスタンドなら狭くてもワークスペースが確保できますね。

2位:ソニック ペンケース スマ・スタ 立つペンケース

ソニック ペンケース スマ・スタ 立つペンケース オレンジ FD-7041-OR
1,022円(税込)

開けばスマホスタンドに早変わり

ソニックのペンケース「スマ・スタ」は、スマホスタンドとして使えるという機能がとにかくユニーク。開いたフタがマグネットで固定されるので、スマホを置いて動画学習などに使うのにぴったりです。

もちろん動画学習ばかりでなく、単純にスマホを置くスペースを節約する目的で使っても良いでしょう。意外とスマホはスペースを取るので、収納場所があるだけでデスクの使用感は大きく変わりますよ。

1位:リヒトラブ スタンドペンケース プニラボ

リヒトラブ スタンドペンケース プニラボ A7712-4 ハチワレネコ
991円(税込)

水筒みたいなシリコンペンケース

LIHIT LAB.(リヒトラブ)のスタンドペンケースは、シリコンで作られた触り心地のよさが特徴です。もともと男性向けのシンプルデザインのペンケースを販売していたのですが、続いて女性をターゲットに開発されたのがこのプニラボ。デザインと感触がマッチしていて、今大注目の商品です。

ファスナーがついた上部を開き、本体を握って引き下ろすようにすると、底が凹んでペンスタンドに早変わり。フタを閉めたい時は、底を引き出すと元の形に戻せます。さらにフタの内側には消しゴムや付箋を挟めるバンド付き、と機能面も申し分ありません。

【ペントレイ型】筆箱・ペンケースのおすすめ人気ランキング3選

続いては、口を大きく開いて中身を確認しやすいペントレイ型。

3位:コクヨ ペンケース シェルブロ

コクヨ ペンケース シェルブロ グレー×ピンク F-VBF190-3
1,318円(税込)

約35本収納可能、底が広がるシェル型

コクヨのシェルブロは、名前の通りシェル=貝のように底が広がるペンケースです。35本ものペンを収納できる大容量かつ、その中身をしっかり確認できる使い勝手の良さは使えばきっとはまるはず。大きなメッシュポケット付きで、小物とペンの使い分けも自在です。

ペンケース内の整理整頓が苦手な方にこそ、試してほしいですね。

2位:リヒトラブ ワイドオープンペンケース スマートフィット アクタクト

リヒトラブ ワイドオープンペンケース スマートフィット アクタクト A7688-6
800円(税込)

一見オーソドックスなボート型、開口部を畳めばトレイに変身

リヒトラブのワイドオープンペンケースは、スタンダードな三角ボート型フォルムをベースにしたペンケース。開口部を折りたたむと、口がしっかり開いてペントレイとして使うことができます。

大小5つの内ポケット付きで、あらゆる文房具をきちんと収容可能。口コミによると、豊富なポケットを活かして化粧品ポーチとして使用している方もいるようですよ。

1位:コクヨ シーツー

コクヨ C2 F-VBF122
520円(税込)

まさにトレイ型、ボックスがそのまま開く大胆設計

KOKUYO(コクヨ)のペンケースC2(シーツー)トレータイプは、ファスナーを開くとペントレー型に変化するペンケースです。ファスナーを閉じればスタイリッシュなボックス型ペンケースとして使えるので、携帯性も十分。内ポケットはないですが、その分すっきりしているので文房具に限らずコスメを入れるのにも便利です。

価格も非常にお手頃なので、用途に合わせていくつか使い分けても良いかもしれませんね。

【ポーチ型・がま口型】筆箱・ペンケースのおすすめ人気ランキング5選

オールマイティに使える定番のポーチ型。がま口型を始め、ちょっぴり変わり種の商品も登場しますよ。

5位:セキセイ コッテイ トンガリ

出典:amazon.jp

セキセイ コッテイ トンガリ KT-1927

テントのようなかわいい円錐型

SEKISEI(セキセイ)のkottei(コッテイ) ペンケース・トンガリは、縦長のテントのような見た目が特徴的な円錐型のペンケースです。

円い面を下にすると立てられるので、ペン立てとしても使えます。パイピング仕上げなので強度もありますよ。カラーはピンク・ブラック・ライトグリーン・ライトブルーの4色。お手頃価格で、かわいらしい見た目です。

4位:p+g design ペンケース POCHI-3

ピージーデザイン POCHI-3
1,296円(税込)

シリコン素材で汚れにくい

ペンケースにはめずらしいシリコン素材なのでインク漏れしてもバッグが汚れる心配なし。水回りで使うコスメ用としてもおすすめです。

ぷっくりしたフォルムをキープできるので、海外ではメガネケースとしても人気なのだとか。カラーバリエーションも豊富で全9色。ぜひお気に入りの色を見つけてくださいね。

3位:watona 帆布がま口 ペンケース

出典:amazon.jp

watona 帆布がま口 ペンケース
1,800円(税込)

京都の職人が手作りした「がま口ペンケース」

watona(ワトナ)の帆布がま口 ペンケースは、京都の職人が1点1点丁寧に作り上げたユニークなペンケースです。

がま口の便利さは、がま口の財布を使った事がある方ならご存知ですよね。開け閉めしやすくこぼれにくい点はそのままに、帆布を使用しているので丈夫さも加わっています。中にポケットもあるので、ちょっとした小物も入れられますよ。外国の方へのお土産としてもおすすめです。

2位:コクヨ カパット

出典:amazon.jp

コクヨ カパット F-VBF150
778円(税込)

トートバッグみたいな大容量ペンケース

KOKUYO(コクヨ)のペンケースcapatto(カパット)は、小さなトートバッグのような外観の大容量ペンケースです。色柄が選べるのもいいですね。

もう1つの特徴として、底の部分がファスナーで開くポケットになっています。メモなど形を保っておきたいものは、ここに入れておけば安心です。メイクグッズやスマホも入れられますよ。

1位:ミドリ ペンポーチ がま口

ミドリ ペンポーチ がま口
1,706円(税込)

ハサミも入る、見た目以上の収納力と使い勝手

ミドリのがま口ペンケースは、口金のモチーフなど細部までこだわっているのが特徴。ネコ・コンペイトウ・リボン・トリ、と柄のバリエーションも豊富です。

見た目はもちろん、収納力抜群で内ポケットも2個付属。デザインだけではない、使い勝手の良さが魅力です。

【ロール型】筆箱・ペンケースのおすすめ人気ランキング3選

見た目を重視する人におすすめのロール型ペンケース。ただおしゃれだけじゃない、機能性も抜群なロール型なら憧れのワークスペースが作れますよ。

3位:土屋鞄製造所 トーンオイルヌメ ロールペンケース

土屋鞄製造所 トーンオイルヌメロールペンケース
9,500円(税込)

職人の技が光るオイルヌメ革製

土屋鞄製造所のトーンヌメ ロールペンケースは、使いこむ程に味の出る「オイルヌメ革」で作られた高級志向のペンケースです。

本体の内側は肌触りのよい豚革のスウェードで、ペンの差し込み口の方が少し大きく作られているため、使い勝手も抜群。長い紐をぐるぐると巻き付けて固定するタイプなので、気分にあわせて色んな締め方が楽しめますよ。

2位:デルフォニックス ロールペンケース

出典:amazon.jp

デルフォニックス ロールペンケース
1,458円(税込)

道具入れとしても使える帆布ペンケース

DELFONICS(デルフォニックス)のロールペンケースは、くるっと巻いて使うペンケースです。ペン以外にも、メイク用品や小さめの工具も入れられます。丈夫な帆布で作られているので、使いこむ程に「自分だけのもの」になっていく実感が味わえますよ。

中身の飛び出し防止の布もついているので安心。定番のブラックやベージュの他、ブルーやオレンジなどの鮮やかな色もありますよ。

1位:Beahouse × どや文具会 どや文具ペンケース

出典:amazon.jp

Beahouse どや文具ペンケース
8,208円(税込)

Twitterから誕生した日本発の文具

Beahouse × どや文具会のどや文具ペンケースは、Beahouseが「どや文具会」などの文具愛好家達とTwitterを通じて商品開発したペンケースです。

ボックスとロールトレーを組み合わせたユニークな形状で、大量の文具をあっという間に収納できます。電子機器やマスキングテープなども収納可能。国産高級本革と上質な帆布を使用した一級品です。

筆箱・ペンケースの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、筆箱・ペンケースのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

おすすめの筆箱・ペンケースのランキングはいかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した商品はどれもすべて個性的で、形・大きさ・素材も異なる魅力的なペンケースばかりです。筆記具をたくさん持ち運びたいのか、すっきりと持ち運びたいのか、自分の好みに合わせてお気に入りのペンケースを探してみてくださいね。

関連記事

人気の記事