• 弓道かけのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像1枚目
  • 弓道かけのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像2枚目
  • 弓道かけのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像3枚目
  • 弓道かけのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像4枚目
  • 弓道かけのおすすめ人気ランキング7選のアイキャッチ画像5枚目

弓道かけのおすすめ人気ランキング7選

弓を引く際に右手を保護する弓道かけ。「弓がけ」「カケ」とも呼ばれます。征矢弓具製作所や加藤弓具店など様々な弓具店から販売され、三つがけや四つがけといった種類の違いもあるので、どの商品を買えばいいか分からない方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、弓道かけの選び方と、おすすめの商品を人気順のランキングでご紹介します。たくさんある商品の中から、自分に合った弓道かけを選びましょう!

  • 最終更新日:2019年08月21日
  • 289  views
目次

ご参考までに、弓道かけのAmazonの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

弓道かけの選び方

まずは弓道かけの選び方のポイントからご紹介します。

手のサイズに合ったものを選ぼう

正確に矢を放つために、自分の手のサイズに合った弓道かけを選ぶことが大切です。

指の先が余りすぎず、きつすぎないサイズが理想

指の先が余りすぎず、きつすぎないサイズが理想

弓道かけは、紐を巻かずに装着した状態で指の先が余らず、親指と人差し指の又の部分も浮かない大きさのものを選びましょう。また、親指を保護する帽子の長さも重要。親指の爪先が触れ、中で少し指を動かせるくらいのものが理想です。


弓道かけが小さすぎると、指の可動域が狭くなり、思ったように弦の角度をコントロールできません。逆に弓道かけが大きすぎると、指の力がうまく伝わらず、力みの原因にもなります。サイズの合わない弓道かけでは思うように矢を放てないので、指の先が余りすぎず、きつすぎない弓道かけを選ぶようにしましょう。


なお、自分の手にフィットする弓道かけを手に入れるためには、フルオーダーメイドで作ってもらうのが一番です。しかし、フルオーダーメイドの弓道かけは非常に高価になってしまいます。既製品でも使いこむことで革が馴染んでフィットしてくるので、なるべくお金をかけたくない方は既製品のなかから自分に合ったサイズのものを選びましょう!

通販で購入する際は手形合わせがあるかどうかをチェック

通販で購入する際は手形合わせがあるかどうかをチェック

ネット通販を利用する場合、弓道かけを実際に装着してサイズ感を確かめることができません。そこでおすすめなのが手形合わせを利用する方法です。


手形合わせとは、コピー機などで自分の手形をスキャンしてメールで送るだけで、自分の手に合ったサイズの弓道かけを選んでくれるサービス。手形合わせは実際に弓道かけを装着しなくても、自分ピッタリのサイズの弓道かけが手に入るのがメリットです。


手形合わせの方法は販売店によってさまざまで、紙の上に置いた右手の輪郭を鉛筆でなぞってスキャンする方法や、それぞれの指の長さ・太さをメジャーで測ってメールで伝える方法などがあります。弓道かけの場合、自己判断でS・M・Lサイズのなかから選ぶと失敗するケースも多いので、手形合わせを積極的に利用しましょう!

弓力に応じて三つがけか四つがけかを選ぼう

弓道かけには、「三つがけ」「四つがけ」「押し手がけ」「諸弓がけ」などがあります。弓力に応じて、まずはその中でも主流となる「三つがけ」「四つがけ」のどちらかを選ぶとよいでしょう。

部活動で使う方や弓道初心者の方は三つがけ

部活動で使う方や弓道初心者の方は三つがけ

三つがけは、現代弓道においてメジャーな弓道かけのタイプです。親指・人差し指・中指の三本を保護し、弓を引く際には親指を弦にかけ、中指で親指を押さえる形になります。この際、親指がまっすぐ的を向くため、三つがけは的中に向いているのが特徴です。


四つがけと比べて使う指が一本少ないため、三つがけで強い弓を引くことは難しくなります。しかし、使う指が少ない分、三つがけは指の力を抜きやすく自然な離れが出しやすいのも特徴です。弓道初心者の方や部活動で弓道かけを使用する学生さんは、こちらの三つがけタイプが主流となります。

20kg以上の強い弓を引く場合は四つがけ

20kg以上の強い弓を引く場合は四つがけ

四つがけは、親指・人差し指・中指・薬指を保護する四本指タイプ。三つがけよりも使う指が増えるぶん強く弓を引けるため、20kg以上の弓に最適です。弓を引く際には、親指を弦にかけ、薬指で親指を押さえる形になります。


三つがけから四つがけに変えたら矢のスピードが増して的中するようになったという方もいるので、四つがけは弓力を補って矢の威力を上げたい方にもおすすめです。


ただし、四つがけは取りかけが少し窮屈になり、指の力も抜きづらく自然な離れが出にくいといった特徴もあります。どちらかというと中級者・上級者向けなので、初心者の方は三つがけからスタートすると安心です。

自分のフォームに合ったものを選ぼう

打ち起こしや右手を捻るかどうかによっても、適した弓道かけは変わってきます。自分のフォームに合ったものを選びましょう。

打ち起こしの種類に適しているかどうかは帽子の向きをチェック

打ち起こしの種類に適しているかどうかは帽子の向きをチェック

弓道かけには、正面打ち起こしを想定して作られたものと、斜面打ち起こしを想定して作られたものがあります。弓道かけを選ぶ際には、帽子の向きが下向きか水平かをチェックして、自分の打ち起こしに合ったものを選ぶようにしましょう。


正面打ち起こし用と斜面打ち起こし用では、特に弓道かけの帽子(親指部分)の向きに違いがあります。正面打ち起こし用では、帽子が中指の付け根に向かって下向きになっているのが一般的。斜面打ち起こし用では、帽子が中指と人差し指の間に向かって水平に取り付けられる傾向にあります。


イメージ通りの発射を行うため、自分の打ち起こしに適した弓道かけを選ぶことが大切です。

右手を捻るかどうかで適した弦枕のタイプも変化

右手を捻るかどうかで適した弦枕のタイプも変化

右手を捻るかどうかで、適した弓道かけは変わってきます。現在市販されている弓道かけの多くは、弦枕(弦がかかる場所)が帽子に対して直角の「一文字」です。一文字の弓道かけは捻りを前提にしたつくりで、右手を捻らないと下弦を取れないつくりになっています。そのため、弦枕が一文字のものは右手に捻りをくわえる方向けです。


一方、右手を捻らない方には、弦枕が帽子に対して斜めになっている「筋交い」「大筋交い」を選ぶのがおすすめ。こちらは四つがけに多いタイプで、大きく捻らなくても下弦が取れるようになっています。一文字の弓道かけで捻らずに取りかけると暴発の原因にもつながるので、必ず自分のフォームに合った弦枕のものを選びましょう。

弓道かけのおすすめ人気ランキング7選

それでは、ここまでに紹介した選び方のポイントも踏まえて、弓道かけの人気商品をランキング形式でご紹介します!

7位

加藤弓具店千山 堅帽子 並 三ツカケ

20,800円 (税込)

手形合わせ
タイプ三つがけ
打ち起こし斜面
6位
手形合わせ×
タイプ三つがけ
打ち起こし正面
5位

加藤弓具店寛鋭 堅帽子 上 四ツカケ

25,920円 (税込)

手形合わせ
タイプ四つがけ
打ち起こし正面
4位

猪飼弓具店朝嵐 堅帽子 三ッカケ

20,520円 (税込)

手形合わせ
タイプ三つがけ
打ち起こし斜面
3位

加藤弓具店翔鳳 堅帽子 並

20,800円 (税込)

手形合わせ
タイプ三つがけ
打ち起こし正面
2位

征矢弓具製作所束離 三分縁

35,640円 (税込)

手形合わせ
タイプ三つがけ
打ち起こし正面
1位

征矢弓具製作所中離 三分縁

23,600円 (税込)

手形合わせ
タイプ三つがけ
打ち起こし正面

人気弓道かけの比較一覧表

商品画像
1
弓道かけ 征矢弓具製作所 中離 三分縁 1枚目

征矢弓具製作所

2
弓道かけ 征矢弓具製作所 束離 三分縁 1枚目

征矢弓具製作所

3
弓道かけ 加藤弓具店 翔鳳 堅帽子 並 1枚目

加藤弓具店

4
弓道かけ 猪飼弓具店 朝嵐 堅帽子 三ッカケ 1枚目

猪飼弓具店

5
弓道かけ 加藤弓具店 寛鋭 堅帽子 上 四ツカケ 1枚目

加藤弓具店

6
弓道かけ 山武弓具店 三本カケR 初心者用 1枚目

山武弓具店

7
弓道かけ 加藤弓具店 千山 堅帽子 並 三ツカケ 1枚目

加藤弓具店

商品名

中離 三分縁

束離 三分縁

翔鳳 堅帽子 並

朝嵐 堅帽子 三ッカケ

寛鋭 堅帽子 上 四ツカケ

三本カケR 初心者用

千山 堅帽子 並 三ツカケ

特徴使いやすく壊れにくい入門編の弓道かけ中・上級者への一歩を踏み出せる弓道かけ全国大会出場選手にも人気のスタンダードなモデル斜面打ち起こしの捻りが大きい方向け手にフィットするはめ心地の良さが人気体験イベントなどで役立つリーズナブルな弓道かけ斜面打ち起こしを始める方におすすめ
価格23,600円(税込)35,640円(税込)20,800円(税込)20,520円(税込)25,920円(税込)6,480円(税込)20,800円(税込)
手形合わせ×
タイプ三つがけ三つがけ三つがけ三つがけ四つがけ三つがけ三つがけ
打ち起こし正面正面正面斜面正面正面斜面
商品リンク

弓道かけの売れ筋ランキングもチェック!

まとめ

今回はおすすめの弓道かけを紹介しましたが、いかがでしたか?三つがけ・四つがけや、正面・斜面打ち起こしなどの違いも踏まえて、自分に合った弓道かけを選んでみてくださいね。


なお、通販で弓道かけを購入する際は、手形合わせを利用するのもお忘れなく!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す