• アーチェリー用弓のおすすめ人気ランキング10選【初心者でも気軽に楽しめるのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • アーチェリー用弓のおすすめ人気ランキング10選【初心者でも気軽に楽しめるのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • アーチェリー用弓のおすすめ人気ランキング10選【初心者でも気軽に楽しめるのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • アーチェリー用弓のおすすめ人気ランキング10選【初心者でも気軽に楽しめるのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • アーチェリー用弓のおすすめ人気ランキング10選【初心者でも気軽に楽しめるのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

アーチェリー用弓のおすすめ人気ランキング10選【初心者でも気軽に楽しめるのはどれ?】

的を狙って矢を放ち、その精度を競う「アーチェリー」。オリンピック種目としても注目されています。しかし、アーチェリー用の弓には、リカーブボウ・ベアボウ・コンパウンドボウなどの種類があり、素材や長さもさまざまなため、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね?


そこで今回は、アーチェリー用弓の選び方を徹底解説。さらに、通販レビューでも評判の高いおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。自分の用途に合った、使いやすいアーチェリー用弓を選んで、高得点を狙いましょう。

  • 最終更新日:2019年04月03日
  • 1,119  views
目次

生涯スポーツとしても人気!アーチェリーの魅力

生涯スポーツとしても人気!アーチェリーの魅力

オリンピック種目としても注目されている「アーチェリー」。弓道と同様に専用の弓矢で的を狙い、得点数を競うというシンプルなスポーツですが、風向などの状況を的確に判断する頭脳や判断力が要求される奥深さも魅力です。


過剰な腕力や体力もいらず、子供からお年寄りまで幅広い年代で楽しめるため、生涯スポーツとしても人気があります。日本ではまだ競技人口が1万2千人ほどしかいないため、才能を磨けば、オリンピック出場だって夢ではありません。大会も多く各地に練習場や教室も増えているため、始めるなら今がチャンスです。まずは手頃な弓から揃えて、アーチェリーをはじめてみませんか?

アーチェリー用弓の選び方

アーチェリー用弓は、次のポイントに沿って選んでいきましょう。

目的や使い方に合わせて選ぼう

アーチェリーの弓には、次の3つのタイプがあります。それぞれ使い勝手が違いますので、自分の目的や競技種目にあった、使いやすいものを選びましょう。

競技用なら「リカーブボウ」を。趣味にも幅広く使えて◎

競技用なら「リカーブボウ」を。趣味にも幅広く使えて◎

競技目的の人は、日本で流通するアーチェリー用弓の主流である「リカーブボウ」を選びましょう。サイトやストリング、リムなどのアクセサリーが付属しており、「オリンピックスタイル」「フリースタイル」とも呼ばれます。


50m以上の長距離の的を狙うのに向いており、的中性が高いのが特徴。競技としてだけでなく趣味でも使え、初心者から上級者まで使う人を選びません。パーツの組み合わせなどによって使いやすさが変わるので、競技歴や種目に応じて、自分に使いやすい強さや長さを選びましょう。

これから始めるなら「ベアボウ」がおすすめ

これから始めるなら「ベアボウ」がおすすめ
「ベアボウ」は、リカーブボウからサイトなどのアクセサリーを取り外したもので、一番ベーシックなスタイル。付属品がついていないぶん軽量で扱い方が簡単なため、初心者や腕力の少ない女性におすすめです。

弓の使い方の基礎を学ぶのに最適で、5~50m程度の短距離を狙うのに向いています。的を狙って山の中や草原を回るフィールド競技に使う場合は、持ち運びがしやすい軽量なものを選びましょう。

「コンパウンドボウ」は趣味で楽しみたい人に

「コンパウンドボウ」は趣味で楽しみたい人に

アメリカやヨーロッパではポピュラーで、最近日本でも注目度が高いのが、「コンパウンドボウ」。ただし、競技では使われないため、あくまで趣味で楽しみたい人におすすめです。


リムの先端にカムという滑車がついているため、少ない力で弦を引けますが、構造や扱い方が複雑なので、アーチェリー初心者よりは、ある程度習熟した人に向いています。的中精度はリリーサーやスコープの質に比例するので、アクサセサリーのグレードに注目して選びましょう。

速く・遠くに飛ばせる素材をチョイス

速く・遠くに飛ばせる素材をチョイス
軽量と強度が要求されるアーチェリー用の弓には、木から金属、樹脂などのさまざまな素材が使われています。一般的におすすめなのは、性能に優れて値段面でも安心なアルミニウム合金

価格は高くても衝撃に強いマグネシウム合金は繰り返し矢を放っても壊れにくく、部分的にカーボンや高分子ポリエチレンを使った弓はしなやかで矢がまっすぐ早く飛びます。素材によって弓の特徴が変わりますので、予算も考えながら使いやすい素材を選びましょう。

体格・体力にあわせて使いやすいものを選ぼう

アーチェリー用の弓選びで重要なスペックは、矢を放つ弦の張りの強さや長さ・重さです。使い勝手や成績に大きく影響を与えますから、次のポイントを押さえて選んでいきましょう。

初心者は7~9Kgが目安。腕力や熟練度を基準に強さをチョイス

初心者は7~9Kgが目安。腕力や熟練度を基準に強さをチョイス

「ドローウェイト」とも呼ばれる弓の強さはポンド(lbs)やキログラム(kg)で表記され、値が大きいほどよく飛びます。その一方で強すぎるとバランスがとりにくく、命中精度が落ちて筋肉を傷めるので、矢を引く腕の力や熟練度にあわせて選ぶのが大事です。


初心者なら16~20lbs(7~9Kg)程度を目安に。慣れてきたら20~30lbs(9~13kg)にステップアップし、競技選手になったら30~50lbs(13~23kg)の範囲で使いやすいものを選ぶとよいでしょう。簡単に強さ調整ができる商品なら、状況に合わせて張りの強さを変えられるため、買い替える必要もなく◎ですよ。

成人は66か68インチを目安に、無理なく引ける長さを選ぼう

成人は66か68インチを目安に、無理なく引ける長さを選ぼう
長さは「引き尺」や「ドローレングス」とも呼ばれ、インチ(inch)やセンチ(㎝)で表記されます。一般的に成人の主流は、66か68inch。子供用には46・56・62inchと、体形や腕の長さにあわせて選ぶといいでしょう。

身長から選ぶなら160cm前後で64inch、170cm前後で66inch、175cm前後で68inch、180cm前後で70inchが目安。心配な人は一度ショップで体のサイズをはかってもらうといいですね。

重すぎるものはNG!パーツを含めた全体の重さもチェックしよう

重すぎるものはNG!パーツを含めた全体の重さもチェックしよう
アーチェリー用の弓の全体サイズや、重さも大事ですね。弓が重くて持ちにくいと正しいフォームが身に付かず、楽しめません。リカーブボウやコンパウンドボウはリムやスタビライザーなどのパーツも含めて重量をチェックし、重すぎないか確認をしましょう。

アーチェリーを楽しむ場合は、専用の練習場へ行く必要があります。分解できる商品も多いので、自分の交通手段も考慮し、重さとともに携帯性や収納性の良い弓を選んでおくと便利です。

初心者にはセット商品がおすすめ

初心者にはセット商品がおすすめ
アーチェリー用の弓は単体でも販売していますが、全くの初心者であれば弦や矢、スタンドと組み合わせたセット商品がおすすめです。必要なものが一度に手に入るので手軽に始めることができ、セットのコスパの良さも◎。

ただし、タイプやスペック面での安易な妥協は好ましくありません。初心者だからこそ自分の腕力や体格にピッタリの商品を選んで、まずはアーチェリーを楽しむことから始めましょう。

アーチェリー用弓の人気ランキング10選

それでは、アーチェリー用弓の人気商品をランキング形式で紹介していきます。

10位
タイプコンパウンドボウ
素材航空アルミニウム合金他
強さ19~70lbs
強さの調整可
長さ19~30inch
本体サイズ長さ31inch
重量3.8lbs
セット内容サイト・スタビライザー・矢12本・リストバンド・アレンレンチ・ストリングワックス・矢筒他
9位
タイプリカーブボウ
素材アルミニウム
強さ15~20lbs
強さの調整可
長さ22~26inch
本体サイズ全長約121cm
重量785g
セット内容サイト・矢3本・アームガード・スクリューアローレスト・クイーバー
8位
タイプリカーブボウ
素材プラスチック
強さ約15lbs(約6.81kg)
強さの調整可×
長さ表示なし
本体サイズ全長約130cm
重量270g
セット内容弦・矢2本・クイーバー・アームガード
7位
タイプリカーブボウ
素材木(槐)・グラスファイバー
強さ30か40lbsから選択可能
強さの調整可×
長さ54inch
本体サイズ全長約137cm
重量961g
セット内容
6位

PLリカーブボウ

33,826円 (税込)

タイプリカーブボウ
素材グラスファイバー・マグネシウム
強さ30lbs
強さの調整可×
長さ28inch
本体サイズ全長約162cm
重量約1500g
セット内容弦・サイト
5位
タイプコンパウンドボウ
素材グラスファイバー・アルミニウム
強さ約55lbs(約24kg)
強さの調整可
長さ27~29inch
本体サイズ全長約105.41㎝
重量1800g
セット内容弦・サイト・スクリューアローレスト
4位
タイプリカーブボウ
素材マグネシウム合金・ファイバーグラス
強さ20・22・24・26・28・30・32・34lbsから選択可能
強さの調整可×
長さ8.3inch(21cm)
本体サイズ全長66inch(168cm)
重量表示なし
セット内容サイト・ロープ設置ツール・矢台用・ショックアブソーバー・アームガード・保護指・矢筒・矢12本
3位

ATROPOSアーチェリーロングボウ

ATROPOS-251

12,941円 (税込)

タイプリカーブボウ
素材マグネシウム合金・グラスファイバー
強さ45lbs
強さの調整可×
長さ28inch
本体サイズ全長58inch
重量30lbs
セット内容サイト・矢台
2位

ManKungコンパウンドボウ

CB010

17,379円 (税込)

タイプコンパウンドボウ
素材プラスチック
強さ25lbs(約11.35kg)
強さの調整可
長さ表示なし
本体サイズ全長約89㎝
重量900g
セット内容弦・矢2本・クイーバー・サイト・アームガード
1位
タイプリカーブボウ
素材ファイバーグラス・アルミニウム合金・プラスチック
強さ30・35・40・45・50lbsから選択可能
強さの調整可×
長さ30inch
本体サイズ全長56inch
重量1500g
セット内容

人気アーチェリー用弓の比較一覧表

商品画像
1
アーチェリー 弓 Toparchery アーチェリー用弓 1枚目

Toparchery

2
アーチェリー 弓 ManKung コンパウンドボウ 1枚目

ManKung

3
アーチェリー 弓 ATROPOS アーチェリーロングボウ 1枚目

ATROPOS

4
アーチェリー 弓 Tongtu Outdoor リカーブボウ  1枚目

Tongtu Outdoor

5
アーチェリー 弓 PerfectLine コンパウンドボウ 1枚目

PerfectLine

6
アーチェリー 弓 PL リカーブボウ 1枚目

PL

7
アーチェリー 弓 ZD Factory リカーブボウ  1枚目

ZD Factory

8
アーチェリー 弓 PL ユース リカーブボウ 1枚目

PL

9
アーチェリー 弓 EK-Archery リカーブボウ ビートル 1枚目

EK-Archery

10
アーチェリー 弓 Sunshiness コンパウンドボウ  1枚目

Sunshiness

商品名

アーチェリー用弓

コンパウンドボウ

アーチェリーロングボウ

リカーブボウ

コンパウンドボウ

リカーブボウ

リカーブボウ

ユース リカーブボウ

リカーブボウ ビートル

コンパウンドボウ

特徴組み立て簡単。独特なデザイン設計で使いやすい幅広い年代で楽しめる人気モデル。大人の初心者にもおすすめフィールド気分を盛り上げるカモフラ柄。初心者でも使いやすい繰り返し使っても安心。自分の体にあわせて選びやすい強さ・長さが調整可能。弦の交換もしやすい強さ・長さのバランスの良さが◎。初心者のステップアップに最適昔ながらの手になじむ木製モデル。光沢があってカッコイイとっても軽い。腕力に自身のない人でも安心して楽しめる成人女性も使いやすいジュニア向け。筋力養成にも◎コンパウンドボウのフルセット。届いたその日から楽しめる
価格7,999円(税込)17,379円(税込)12,941円(税込)18,570円(税込)48,885円(税込)33,826円(税込)2,999円(税込)8,763円(税込)12,171円(税込)39,870円(税込)
タイプリカーブボウコンパウンドボウリカーブボウリカーブボウコンパウンドボウリカーブボウリカーブボウリカーブボウリカーブボウコンパウンドボウ
素材ファイバーグラス・アルミニウム合金・プラスチックプラスチックマグネシウム合金・グラスファイバーマグネシウム合金・ファイバーグラスグラスファイバー・アルミニウムグラスファイバー・マグネシウム木(槐)・グラスファイバープラスチックアルミニウム航空アルミニウム合金他
強さ30・35・40・45・50lbsから選択可能25lbs(約11.35kg)45lbs20・22・24・26・28・30・32・34lbsから選択可能約55lbs(約24kg)30lbs30か40lbsから選択可能約15lbs(約6.81kg)15~20lbs19~70lbs
強さの調整可××××××
長さ30inch表示なし28inch8.3inch(21cm)27~29inch28inch54inch表示なし22~26inch19~30inch
本体サイズ全長56inch全長約89㎝全長58inch全長66inch(168cm)全長約105.41㎝全長約162cm全長約137cm全長約130cm 全長約121cm長さ31inch
重量1500g900g30lbs表示なし1800g約1500g961g270g785g3.8lbs
セット内容弦・矢2本・クイーバー・サイト・アームガードサイト・矢台サイト・ロープ設置ツール・矢台用・ショックアブソーバー・アームガード・保護指・矢筒・矢12本弦・サイト・スクリューアローレスト弦・サイト弦・矢2本・クイーバー・アームガードサイト・矢3本・アームガード・スクリューアローレスト・クイーバーサイト・スタビライザー・矢12本・リストバンド・アレンレンチ・ストリングワックス・矢筒他
商品リンク

購入前に弓のレンタルを利用してみるのもおすすめ︕

購入前に弓のレンタルを利用してみるのもおすすめ︕

アーチェリーを始めるには、リリーサーやスコープなどの道具も必要。お金も、いろいろかかりますよね。低価格の弓も販売されてはいるものの、それでいいのか…と、迷ってしまう方も多いはず。そもそも、道具を買っても続けられるかどうかも不安、などという方もいらっしゃるかもしれませんね。


そんな方におすすめしたいのが、アーチェリー教室や練習場で行っているレンタルサービスです。

期間や弓のタイプにもよりますが、レンタルの相場は月10,000円からとリーズナブル。品質の確かな道具一式を借りられるのはもちろん、体にあわせてチョイスしてくれるところもあるので、初めての方でも気軽にアーチェリーを楽しめます。


お試し感覚である程度使ってみれば、自分に合う弓のタイプなどもわかってくるはず。その上で、お気に入りのマイ道具を購入すると、失敗も少なくなりますよ。

まとめ

アーチェリー用弓のおすすめ商品10個を、人気ランキング形式でご紹介しました。お気に入りの商品は見つかりましたか?

アーチェリーの成績は弓の値段によっても左右されますが、高額の弓を使えば的に当たるというものではありません。自分のレベルにあった使いやすい弓を使って、まずは練習を重ねることが大事です。良い成績がでるようになったら品質の高い弓に買い替えて、どんどん技術を磨いてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事