• 剣道防具袋のおすすめ人気ランキング10選【リュック・トート・キャスター付きなど】のアイキャッチ画像1枚目
  • 剣道防具袋のおすすめ人気ランキング10選【リュック・トート・キャスター付きなど】のアイキャッチ画像2枚目
  • 剣道防具袋のおすすめ人気ランキング10選【リュック・トート・キャスター付きなど】のアイキャッチ画像3枚目
  • 剣道防具袋のおすすめ人気ランキング10選【リュック・トート・キャスター付きなど】のアイキャッチ画像4枚目
  • 剣道防具袋のおすすめ人気ランキング10選【リュック・トート・キャスター付きなど】のアイキャッチ画像5枚目

剣道防具袋のおすすめ人気ランキング10選【リュック・トート・キャスター付きなど】

練習や試合、合宿のときに必要な「剣道防具袋」。重い防具を持ち歩くのに必要なアイテムです。とはいえリュック・トート・キャスター付きのキャリー型など、その種類はさまざま。どれを選べばいいのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、しっかり使える剣道防具袋を選ぶコツと、人気アイテムのランキングをご紹介します!長い移動にもおすすめの軽い防具袋や、3wayで色んな使い方ができる防具袋など、多彩なラインナップですよ。使い勝手のいい剣道防具袋を手に入れて、移動中の負担を少なくしましょう!

  • 最終更新日:2019年03月07日
  • 88  views
目次

剣道防具袋の選び方

それではまず、剣道防具袋の選び方からおさえておきましょう。

まずは形のタイプを選ぶ

現在ではショルダー型・ボストン型・トート型・リュック型に加えキャリー型など多数の形状の剣道防具袋が発売されています。年齢や目的に合う剣道防具袋の形状を選びましょう。

小学生剣士には、肩に負担がかかりにくい「リュック型」

小学生剣士には、肩に負担がかかりにくい「リュック型」

出典:amazon.co.jp

両肩に平等に重量がかかり、肩への負担が比較的少ないとされるリュック型は、小学生~中学生のお子さんにおすすめです。両手も自由に使えるため、安全性という面でも優れています。


「小さいうちは防具は親が持つから、リュック型だとかえって不便では?」と考える方もいらっしゃいますが、剣道を習い始めるといずれは自分で運ぶようになるので、早いうちから自分で持てるタイプを用意しておくのがベストです。

他にも鞄を持ち歩くなら、手提げにも肩掛けにもできる「ショルダー型」

他にも鞄を持ち歩くなら、手提げにも肩掛けにもできる「ショルダー型」

出典:amazon.co.jp

剣道防具袋以外にも荷物を持ち運ぶことが多いなら、肩掛けや手提げにもできるショルダー型が便利。他の荷物を手で持つなら肩にかける、背負うなら手で持つ、など工夫でき、荷物同士の干渉もなくなります。学校指定の鞄も持っていく必要がある、中学・高校生には特におすすめです。


また鞄が大きく開くので、荷物の出し入れや整理がしやすく、剣道初心者にも使いやすい形状。容量も確保できるので、荷物が多くなる場合も要チェックです。

交通機関での移動・遠征などが多い方には「キャリー型」

交通機関での移動・遠征などが多い方には「キャリー型」

出典:amazon.co.jp

公共交通機関での移動や、合宿・遠征が多い場合は、キャリー型の剣道防具袋がおすすめです。重い防具も転がして楽に運べますし、大容量のものが多いので、道着や袴などを必要な日数分、持って行くことができます。

ただし武道館や試合会場の中には、床のキズ防止のため、キャスターを転がしての移動を禁止しているところも多いです。また、階段がある会場ではキャスターはかえって邪魔になる場合も。キャスターが使えないと、重くて逆に不自由なので、メリット・デメリットを考えて選んでくださいね。

見た目にもこだわりたいなら、「ボストン型」「トート型」も

見た目にもこだわりたいなら、「ボストン型」「トート型」も

おしゃれさを求めたいこだわり派には、ボストン型やトート型の剣道防具袋がおすすめ。ボストン型は、スポーティなデザインが魅力。サッカーや野球・バスケ用のような、スタイリッシュな雰囲気があります。持ち手にショルダー紐を付けられるタイプなら、荷物が重くなっても対応できますよ。


トート型はスポーツ用という雰囲気が薄いので、制服・スーツ姿で持ち運んでも違和感がありません。肩掛けできるタイプが多く、意外と防具の出し入れもしやすいので、あまりスポーツらしい雰囲気を出したくない方は、ぜひ選んでみてください。

適切な収納力の剣道防具袋を選ぶことが大切

形を選んだら、次は収納力に着目しましょう。同じ形状でも、さまざまな収納力のものがあります。

防具と一緒に、道着・袴を何着入れるかで選ぶ

防具と一緒に、道着・袴を何着入れるかで選ぶ

出典:amazon.co.jp

防具に加えて道着・袴を何着入れるかに合わせて、適切な容量を選びましょう。例えば部活での練習や、1日だけの試合・出稽古なら、防具に加えて道着・袴が1着ずつ収納できれば充分。


「剣道用」として販売されている防具袋なら、たいていはこの量が入るので、1日分だけならあまり気にしなくてOKです。逆に大きすぎるものを選ばないよう、横幅・高さともに40cm台に収めたほうがいいでしょう。


2~3日以上の合宿に出かけることが多い場合は、道着・袴を数着ずつ入れる必要があります。その際は、横幅60cm弱や高さ50cm弱などの、少々大きめのものを選ぶと◎ですよ。

どんなポケットが備わっているかもチェック

どんなポケットが備わっているかもチェック
剣道防具袋の収納は、本体の防具入れ部分がメインですが、ポケットによって使い勝手がアップすることもあります。例えば、小さめのサイドポケットがいくつかあると、トーナメント表チェックのための筆記具や、ドリンクを入れておくことも可能。

また大きめのポケットがあれば、汗をかいた防具と道着・袴を、別々のスペースに清潔に収納しておけます。こうした便利なポケットがあるかどうかも、ぜひチェックしてみてください。

重量は1kg程度を目安に考えて

重量は1kg程度を目安に考えて

剣道防具を持ち運ぶ際、重さがネックになることが多いもの。防具だけの平均的な重さは約4.2kgと、それなりの重さがあるので、できれば防具袋は軽くして、持ち運びの負担を減らしたいところです。


とはいえあまりに軽く、薄っぺらすぎる防具袋だと、今度は耐久性に心配が出てきます。形状によっても異なりますが、1kg程度のものを選んでおくと、軽さと耐久性のバランスをとりやすくなりますよ。

雨の日に防具を持ち運ぶなら、撥水性も気にしたいところ

雨の日に防具を持ち運ぶなら、撥水性も気にしたいところ

剣道の試合は天候にかかわりなく行われるので、ある程度の防水性がある防具袋がおすすめです。ただしあまりに防水性が高いと、価格にも反映されてしまうので、車移動がメインなら、軽く撥水がきいているレベルの防具袋でOK。


徒歩や電車、バス移動がメインなら、少々高くなっても、しっかりとした防水生地などが使われている方が安心です。その商品がどのくらい防水・撥水にこだわっているか、商品の説明書きなどをチェックしましょう。

剣道防具袋の人気ランキング10選

それではここからは、上記の選び方をふまえて、剣道防具袋の人気ランキング10選をみていきましょう。好みの形状のものがランキングに入っていたら、ぜひチェックしてみてくださいね。

10位

KENDO IPPON剣道 防具袋 トートバッグ 軽量 アラベスク

3,980円 (税込)

形状トート型
サイズ横42×奥行き30×高さ47cm
収納可能な量大人用防具+道着と袴各1ずつ
サイドポケット〇(蓋部分にあり)
重量
撥水性
9位
剣道屋 遠征用ワイド大容量タイプ 両サイドポケット付き防具袋C 1枚目
出典:amazon.co.jp

剣道屋遠征用ワイド大容量タイプ 両サイドポケット付き防具袋C

5,983円 (税込)

形状ショルダー型
サイズ横60×奥行き32×高さ48cm
収納可能な量大人用防具+道着と袴数枚程度
サイドポケット〇(両サイド)
重量1.7kg
撥水性
8位
KENDO IPPON 剣道 防具袋 リュック 撥水加工 Budo Wing 1枚目
出典:amazon.co.jp

KENDO IPPON剣道 防具袋 リュック 撥水加工 Budo Wing

7,800円 (税込)

形状リュック型
サイズ横41×奥行き28×高さ55cm
収納可能な量大人用防具+道着と袴各1ずつ
サイドポケット〇(下ポケットに道着入れ)
重量0.99kg
撥水性
7位
剣道屋 防具袋S 少年用3WAYナイロンリュックボストンバッグ 1枚目
出典:amazon.co.jp

剣道屋防具袋S 少年用3WAYナイロンリュックボストンバッグ

4,480円 (税込)

形状リュック&ショルダー&手提げの3WAY
サイズ横41×奥行き28×高さ37cm
収納可能な量少年用防具+道着と袴を各1ずつ
サイドポケット〇(正面×1・サイド×1)
重量1.5kg
撥水性
6位

KENDO IPPON剣道 防具袋 冠 ウイニングキャリーバッグ

19,800円 (税込)

形状キャリー型
サイズ横56×奥行き32×高さ44cm
収納可能な量
サイドポケット〇(ポケット多数)
重量4.5kg
撥水性
5位
形状リュック型
サイズ横37×奥行き27×高さ53cm
収納可能な量小学生用防具
サイドポケット〇(前ポケット×1)
重量0.98kg
撥水性
4位

京都東山堂ナイロンリュック式防具袋

7,500円 (税込)

形状リュック型
サイズ横48×奥行き42×高さ27cm
収納可能な量
サイドポケット〇(多数あり)
重量
撥水性
3位
KENDO IPPON 剣道 防具袋 キャスター キャリーザック 3WAY 1枚目
出典:amazon.co.jp

KENDO IPPON剣道 防具袋 キャスター キャリーザック 3WAY

12,500円 (税込)

形状キャリー&リュック&手提げの3WAY
サイズ横32×奥行き30×高さ55cm
収納可能な量
サイドポケット〇(両サイドに竹刀入れ)
重量3.7kg
撥水性
2位
剣道屋 大人用3WAYバッグ 防具バッグL 1枚目
出典:amazon.co.jp

剣道屋大人用3WAYバッグ 防具バッグL

6,469円 (税込)

形状リュック&ショルダー&手提げの3WAY
サイズ横50×奥行き32×高さ42cm
収納可能な量Lサイズ防具+道着と袴を各1ずつ
サイドポケット〇(正面小ポケット×1・サイドの道着入れ×2)
重量1.5kg
撥水性
1位
剣道屋 雲形デザインバッグ 防具袋A 1枚目
出典:amazon.co.jp

剣道屋雲形デザインバッグ 防具袋A

3,480円 (税込)

形状ショルダー型(ショルダー紐&手提げ紐)
サイズ横43×奥行32×高さ41cm
収納可能な量Lサイズ防具+道着と袴を各1ずつ
サイドポケット
重量1.2kg
撥水性

人気剣道防具袋の比較一覧表

商品画像
1
剣道屋 雲形デザインバッグ 防具袋A 1枚目

剣道屋

2
剣道屋 大人用3WAYバッグ 防具バッグL 1枚目

剣道屋

3
KENDO IPPON 剣道 防具袋 キャスター キャリーザック 3WAY 1枚目

KENDO IPPON

4
京都東山堂 ナイロンリュック式防具袋 1枚目

京都東山堂

5
東山堂 ナイロンリュック 1枚目

東山堂

6
KENDO IPPON 剣道 防具袋 冠 ウイニングキャリーバッグ 1枚目

KENDO IPPON

7
剣道屋 防具袋S 少年用3WAYナイロンリュックボストンバッグ 1枚目

剣道屋

8
KENDO IPPON 剣道 防具袋 リュック 撥水加工 Budo Wing 1枚目

KENDO IPPON

9
剣道屋 遠征用ワイド大容量タイプ 両サイドポケット付き防具袋C 1枚目

剣道屋

10
KENDO IPPON 剣道 防具袋 トートバッグ 軽量 アラベスク  1枚目

KENDO IPPON

商品名

雲形デザインバッグ 防具袋A

大人用3WAYバッグ 防具バッグL

剣道 防具袋 キャスター キャリーザック 3WAY

ナイロンリュック式防具袋

ナイロンリュック

剣道 防具袋 冠 ウイニングキャリーバッグ

防具袋S 少年用3WAYナイロンリュックボストンバッグ

剣道 防具袋 リュック 撥水加工 Budo Wing

遠征用ワイド大容量タイプ 両サイドポケット付き防具袋C

剣道 防具袋 トートバッグ 軽量 アラベスク

特徴コンパクトで持ち運びが楽なショルダータイプをお探しの中学生に自転車・徒歩移動が多い方におすすめ!便利な3WAYキャリー&リュック&手提げの3WAY防具袋小学生におすすめのリュック型防具袋昔ながらの巾着型。重量1kg未満と軽い!防水テクノレザー使用なので雨雪にも対応小学生の剣道デビューにおすすめの3WAY2段式収納で道着・袴を分けて収納できる撥水リュック長期遠征用!荷物を一つにまとめられるショルダー防具袋丈夫なアラベスク生地を使ったトート型防具袋
価格3,480円(税込)6,469円(税込)12,500円(税込)7,500円(税込)3,240円(税込)19,800円(税込)4,480円(税込)7,800円(税込)5,983円(税込)3,980円(税込)
形状ショルダー型(ショルダー紐&手提げ紐)リュック&ショルダー&手提げの3WAYキャリー&リュック&手提げの3WAYリュック型リュック型キャリー型リュック&ショルダー&手提げの3WAYリュック型ショルダー型トート型
サイズ横43×奥行32×高さ41cm横50×奥行き32×高さ42cm横32×奥行き30×高さ55cm横48×奥行き42×高さ27cm横37×奥行き27×高さ53cm横56×奥行き32×高さ44cm横41×奥行き28×高さ37cm横41×奥行き28×高さ55cm横60×奥行き32×高さ48cm横42×奥行き30×高さ47cm
収納可能な量Lサイズ防具+道着と袴を各1ずつLサイズ防具+道着と袴を各1ずつ小学生用防具少年用防具+道着と袴を各1ずつ大人用防具+道着と袴各1ずつ大人用防具+道着と袴数枚程度大人用防具+道着と袴各1ずつ
サイドポケット〇(正面小ポケット×1・サイドの道着入れ×2)〇(両サイドに竹刀入れ)〇(多数あり)〇(前ポケット×1)〇(ポケット多数)〇(正面×1・サイド×1)〇(下ポケットに道着入れ)〇(両サイド)〇(蓋部分にあり)
重量1.2kg1.5kg3.7kg0.98kg4.5kg1.5kg0.99kg1.7kg
撥水性
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

剣道を始めるときは他の道具も用意しよう!

今から剣道を始める場合、防具・防具袋とあわせて、竹刀も用意する必要があります。以下の記事では、さまざまな竹刀をご紹介していますので、まだ用意していない方は、ぜひあわせてチェックしてみてください。悩んでしまう選び方も、しっかり解説していますよ!

剣道防具袋の売れ筋ランキングもチェック!

ご参考までに、剣道防具袋のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、さまざまな剣道防具袋をご紹介しました。剣道防具袋は年齢や使い方などに応じて選ぶと、長く快適に使えます。ぜひ自分にとって使い勝手の良いものを見つけて、剣の道を究めてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す