• 天体望遠鏡のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 天体望遠鏡のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 天体望遠鏡のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 天体望遠鏡のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 天体望遠鏡のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

天体望遠鏡のおすすめ人気ランキング10選

天体望遠鏡は、月や星の観測に欠かせないアイテムです。最近では扱いが簡単で価格も手ごろなものが増えたため、子どもから大人まで誰でも気軽に楽しめるようになりました。しかし、屈折式や反射式、経緯台や赤道儀など初心者にとって聞き慣れない名称も多く、選ぶのは難しいですよね。


そこで今回は、ビギナーにもわかりやすく天体望遠鏡の選び方を解説しながら、おすすめ商品を人気ランキングでご紹介します。倍率やレンズ口径の違いによる特徴を知って、あなたに最適な天体望遠鏡を見つけちゃいましょう!

  • 最終更新日:2018年11月29日
  • 148,433  views
目次

天体望遠鏡の選び方

天体望遠鏡は、鏡筒・架台・三脚の3種類のパーツに分けられます。中でも重要なのは鏡筒と架台。今回はこれらを中心に、選び方のポイントをご紹介していきます。

「鏡筒」の種類から選ぶ

天体望遠鏡のメインパーツとなる鏡筒(きょうとう)には、主に「屈折式」「反射式」「カタディオプトリック式」の3種類があります。まずはそれぞれの違いを知って選んでみましょう。

ビギナーの入門機として最適な「屈折式」

ビギナーの入門機として最適な「屈折式」

出典:amazon.co.jp

初めての方には屈折式がおすすめです。これは凸レンズで天体を見るもので、望遠鏡を覗いた先の天体をそのまま観測することができます。見たい方向にそのまま動かして使うので、目的の天体を見つけやすいという特徴があります。


ただ安価なモデルでは、にじんだり歪んで見えることも。また反射式に比べるとレンズ枚数が多いため、本体がやや重くなってしまいます。とはいえメンテナンスはあまり必要ないので、ビギナーでも扱いやすいのが魅力です。

天体をよりくっきりと見られる「反射式」

天体をよりくっきりと見られる「反射式」

出典:amazon.co.jp

もっとはっきりと見たい方には、反射式をおすすめします。屈折式よりも大きなレンズが付いているため、天体がよりはっきり見えることが特徴。レンズ口径が大きな割には比較的安価で手に入れることができます。


ただ屈折式とは違い、覗いた先とは逆方向の天体が映し出されるようになっていますので、観測方位を把握しにくくなっています。しかしながら天体観測の醍醐味を味わうには最適ですので、天体望遠鏡の扱いに慣れた中級者以降の方にぴったりです。

屈折式と反射式のいいとこどり!「カタディオプトリック式」

屈折式と反射式のいいとこどり!「カタディオプトリック式」

出典:amazon.co.jp

カタディオプトリック式は、屈折式と反射式のメリットを併せ持ったタイプ。くっきりとした天体観測を楽しみたい方におすすめです。波長の違いで起こる色収差や、レンズに入った光が1点に集まらない球面収差などをしっかり補正し、にじみやボケを解消しています。


鏡筒が短いので、コンパクトなものをお探しの方にもぴったり。屈折式のように覗いた先をそのまま観測できるタイプを選べば、方角を把握しやすいので初心者にもおすすめですよ。

レンズの口径が大きなものほど明るく見える

レンズの口径が大きなものほど明るく見える

レンズには「対物レンズ」と「接眼レンズ」があり、対物レンズの口径が大きいほど光を集めやすく、望遠鏡を覗いたときに明るく見えるようになっています。できるだけ大きめのものを選んでおきましょう。


一般的な天体望遠鏡では50mm~60mmのものが多いですが、80mm以上のレンズならば、低倍率でも全体をよりくっきりと見ることができます。天体観測では高倍率で観測することが多いですが、対物レンズ有効径が大きなものならば、倍率を上げた際もより明るく見ることができます。

倍率は高すぎてもNG

倍率は高すぎてもNG

倍率は一概に高ければ良いという訳ではありません。星が大きく見えたとしても、はっきりとシャープに見えるかは別問題。基準値以上に倍率を上げるとボヤけて、見にくくなってしまいます。「適正倍率」や「最高倍率」はレンズ口径で決まるので、観察したい天体に合わせて選んでください。


「適正倍率」は口径の半分ほどが目安です。60mm口径なら30倍ほどなので、月面全体を見るなら十分に満足できるでしょう。一方「最高倍率」は、口径の1.5倍~2倍が基準。60mmのレンズでは約90~120倍、200mmならば約300~400倍までが観察に適したラインといえます。


惑星を観察するなら100倍以上は欲しいですね。60mmでも土星のリングは見えますが、惑星表面の縞模様や環の中の衛星まで観察したいなら、さらに大きなレンズ口径の望遠鏡がおすすめです。

肉眼で見えにくい星を観察するなら、「極限等級」と「集光力」をチェック

肉眼で見えにくい星を観察するなら、「極限等級」と「集光力」をチェック

より高度な天体観測をしたいのなら、「極限等級」と「集光力」の数値が大きなものを選びましょう。天体は明るさによって等級が決められており、数字が大きくなるほど暗く、6等級より暗い星は肉眼では見えにくくなります。


天体望遠鏡のスペックにある極限等級の数字が大きいものを選べば、暗くて見えにくい天体も観察することができますよ。これは口径と比例するもので、60mmは10.7等星、80mmなら11.3等星まで観測することができます。


また集光力は「肉眼の131倍」のように記載されます。これも口径に比例し、数字が大きいほどくっきり見えます。ぜひスペック表をチェックしてみましょう。

架台のタイプで選ぶ

鏡筒と三脚を接続している台のことを架台と呼びますが、これには主に2つのタイプがあります。この部分も天体観測をする上で欠かせないポイントですので、それぞれの違いを知っておきましょう。

経緯台タイプ:垂直・水平に動かしやすく、操作が簡単

経緯台タイプ:垂直・水平に動かしやすく、操作が簡単

出典:amazon.co.jp

経緯台式は鏡筒を垂直方向や水平方向に動かすタイプ。自分の見たい方角に合わせやすく、初心者や子どもでも簡単に扱うことができます。セッティングの必要がなく軽量なので、気軽に持ち出して天体観測が楽しめます。


星の動きを追尾するには、2軸を少しずつ操作する必要がありますので、できるだけ微動装置のついたものを選ぶことをおすすめします。長時間にわたる撮影などに使うなら、コンピューター制御で自動追尾できる経緯台を検討するのもいいでしょう。

赤道儀タイプ:天体の動きを追って観測できる

赤道儀タイプ:天体の動きを追って観測できる

出典:amazon.co.jp

天体の動き方を観測したいのなら、赤道儀タイプを選びましょう。これは天球の軸、赤緯・赤経に合わせて動くタイプで、より高度な観測ができるようになっています。目的の天体を自動で追尾するモータードライブがついたものもあり、撮影にも便利です。


はじめに極軸をセッティングする必要があり、初心者には扱いが難しいかもしれませんが、望遠鏡の扱いに慣れてきたらチャレンジしてみても良いでしょう。

天体の撮影には、カメラアダプターが取り付けられるものを

天体の撮影には、カメラアダプターが取り付けられるものを

出典:amazon.co.jp

天体撮影をするなら、カメラアダプターが装着できるものがおすすめ。接眼レンズに取り付けるだけで、スマートフォンやデジカメで撮影ができます。天体望遠鏡購入の際は、オプションパーツに純正アダプターがあるかどうか、あるいは汎用品が装着できるかを確認してみてください。


アダプターの中には、取り付けられるカメラの大きさや重さが限定されているものもあるので、必ず対応サイズを確認して選んでくださいね。

外に持ち出すなら、重さと大きさに注目

外に持ち出すなら、重さと大きさに注目

出典:amazon.co.jp

外に持ち出して使うのなら、重さと収納時の長さに注目しておきましょう。鏡筒・架台・三脚の全てを含め、重さが3kg前後なら持ち運びやすいですよ。


また、収納時の大きさにも注目。最も長い部分が100cm未満ならば、徒歩や自転車で移動する際も無理なく持ち運べるでしょう。あわせて収納袋の有無も忘れずに確認してくださいね。

天体望遠鏡の人気ランキング10選

ここからは、天体望遠鏡のおすすめ商品を人気順でご紹介します。選び方のポイントを参考に、あなたにピッタリの望遠鏡を見つけてくださいね。

10位
鏡筒シュミットカセグレン式
レンズの口径125mm
倍率50倍
極限等級13.0等星
集光力肉眼の329倍
架台のタイプ経緯台
サイズ記載なし
重量記載なし
9位
鏡筒屈折式
レンズの口径50mm
倍率50倍
極限等級10.2等星
集光力51倍
架台のタイプ経緯台
サイズ記載なし
重量記載なし
8位
鏡筒屈折式
レンズの口径50mm
倍率30倍
極限等級記載なし
集光力記載なし
架台のタイプ経緯台
サイズ記載なし
重量3.9kg
7位
鏡筒屈折式
レンズの口径70mm
倍率70倍
極限等級11.0等星
集光力99.9倍
架台のタイプ経緯台
サイズ記載なし
重量記載なし
6位
天体望遠鏡 池田レンズ工業 レグルス60 スマホ撮影セット
出典:amazon.co.jp

池田レンズ工業レグルス60 スマホ撮影セット

SV-66

12,800円 (税込)

鏡筒屈折式
レンズの口径60mm
倍率21倍
極限等級記載なし
集光力記載なし
架台のタイプ記載なし
サイズ記載なし
重量記載なし
5位
鏡筒屈折式
レンズの口径70mm
倍率45倍
極限等級11.0等星
集光力肉眼の100倍
架台のタイプフリーストップ式
サイズ記載なし
重量4.8kg
4位
鏡筒屈折式
レンズの口径60mm
倍率87.5倍
極限等級記載なし
集光力記載なし
架台のタイプ記載なし
サイズ記載なし
重量記載なし
3位

ミザールテック屈折経緯台式天体望遠鏡

MT-70R

23,800円 (税込)

鏡筒屈折式
レンズの口径70mm
倍率35倍
極限等級記載なし
集光力記載なし
架台のタイプ経緯台
サイズ記載なし
重量記載なし
2位
鏡筒屈折式
レンズの口径50mm
倍率75倍
極限等級記載なし
集光力記載なし
架台のタイプフリーストップ型
サイズ脚の長さ89cm・筒の長さ約65cm(合焦時)
重量1.5kg
1位
鏡筒屈折式
レンズの口径80mm
倍率46倍
極限等級11.3等星
集光力肉眼の131倍
架台のタイプ経緯台
サイズ記載なし
重量記載なし

人気天体望遠鏡の比較一覧表

商品画像
1
天体望遠鏡 ビクセン ポルタII A80Mf

ビクセン

2
天体望遠鏡 スコープテック ラプトル50

スコープテック

3
天体望遠鏡 ミザールテック 屈折経緯台式天体望遠鏡

ミザールテック

4
天体望遠鏡 スコープテック ラプトル60

スコープテック

5
天体望遠鏡 ビクセン ミニポルタ A70Lf

ビクセン

6
天体望遠鏡 池田レンズ工業 レグルス60 スマホ撮影セット

池田レンズ工業

7
天体望遠鏡 レイメイ藤井 天体望遠鏡

レイメイ藤井

8
天体望遠鏡 ビクセン スペースアイ700

ビクセン

9
天体望遠鏡 レイメイ藤井 天体望遠鏡

レイメイ藤井

10
天体望遠鏡 セレストロン Nexstar5SE

セレストロン

商品名

ポルタII A80Mf

ラプトル50

屈折経緯台式天体望遠鏡

ラプトル60

ミニポルタ A70Lf

レグルス60 スマホ撮影セット

天体望遠鏡

スペースアイ700

天体望遠鏡

Nexstar5SE

特徴初心者にも扱いやすく長く楽しめる1台「世界天文年セレクション」受賞。子ども用の望遠鏡としても◎カスタマイズしやすいスタンダードタイプ子どもの成長に合わせて調節できる伸縮性三脚天体観測初心者におすすめの入門セットスマホで手軽に天体撮影移動に便利なコンパクトタイプ早い星の動きに合わせて微調整できる「微動ハンドル」搭載型スマホアプリ「星どこナビ」対応タイプ大型レンズならではの迫力が楽しめる
価格42,323円(税込)10,800円(税込)23,800円(税込)16,980円(税込)29,700円(税込)12,800円(税込)13,296円(税込)17,916円(税込)7,709円(税込)99,851円(税込)
鏡筒屈折式屈折式屈折式屈折式屈折式屈折式屈折式屈折式屈折式シュミットカセグレン式
レンズの口径80mm50mm70mm60mm70mm60mm70mm50mm50mm125mm
倍率46倍75倍35倍87.5倍45倍21倍70倍30倍50倍50倍
極限等級11.3等星記載なし記載なし記載なし11.0等星記載なし11.0等星記載なし10.2等星13.0等星
集光力肉眼の131倍記載なし記載なし記載なし肉眼の100倍記載なし99.9倍記載なし51倍肉眼の329倍
架台のタイプ経緯台フリーストップ型経緯台記載なしフリーストップ式記載なし経緯台経緯台経緯台経緯台
サイズ記載なし脚の長さ89cm・筒の長さ約65cm(合焦時)記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし記載なし
重量記載なし1.5kg記載なし記載なし4.8kg記載なし記載なし3.9kg記載なし記載なし
商品リンク

天体望遠鏡の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、天体望遠鏡のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認して下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?天体望遠鏡は難しいというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、最近では初心者やお子さんでも簡単に使える商品が続々登場しています。組み立ても操作も簡単で、お値段も手頃な物が多くなっていますよね。

この機会にあなたにピッタリの望遠鏡を見付けて、神秘の宇宙を覗いてみて下さい!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す