• キャッチャー防具のおすすめ人気ランキング10選【硬式用・軟式用】のアイキャッチ画像1枚目
  • キャッチャー防具のおすすめ人気ランキング10選【硬式用・軟式用】のアイキャッチ画像2枚目
  • キャッチャー防具のおすすめ人気ランキング10選【硬式用・軟式用】のアイキャッチ画像3枚目
  • キャッチャー防具のおすすめ人気ランキング10選【硬式用・軟式用】のアイキャッチ画像4枚目
  • キャッチャー防具のおすすめ人気ランキング10選【硬式用・軟式用】のアイキャッチ画像5枚目

キャッチャー防具のおすすめ人気ランキング10選【硬式用・軟式用】

キャッチャーが安全に野球をするために欠かせない「キャッチャー防具」。軟式と硬式の違い、必要な防具、それぞれの選ぶポイントは、初心者にとっては難しいですよね。また、ミズノ・ゼット・ハタケヤマなど様々なメーカーから販売されていますが、一見同じように見えても、性能が大きく異なることも。


そこで今回は、キャッチャー防具の選び方のポイントとおすすめの商品をランキング形式でご紹介。今回は一式揃ったセット商品に絞って紹介しますので、買ってすぐに使うことができます。プロが使う本格派からジュニア向けまで、幅広い商品がランクインしていますので、自分にぴったりな商品が見つかるはずですよ。

  • 最終更新日:2019年05月21日
  • 1,210  views
目次

キャッチャー防具の選び方

それでは、まずキャッチャー防具を選ぶ際のポイントをご紹介します。

硬式用か、軟式用か。競技に合う種類を選ぶ

硬式用か、軟式用か。競技に合う種類を選ぶ

キャッチャー防具は、硬式・軟式のどちらに対応している商品かを確認して選ぶようにしましょう。硬式・軟式の防具は、それぞれ想定しているボールが異なります。安全を守るためにも、使いまわしたり、こっちのほうが安いから、などという理由で買うのはNGです。


特に、硬式用のマスクを軟式に使うのは非常に危険。硬式のマスクはフレームが太く、幅が広く作られていますが、軟式のボールは柔らかいので、ファウルチップの際に変形します。すると、ボールが食い込んだり、すり抜けてしまったり、なんてことになりかねません。


軟式の防具を硬式の試合で使うのもNGです。硬式のパッドは厚く、耐久力も高く、頑丈です。軟式の防具は、軟式ボールの衝撃を吸収できても、硬式ボールの衝撃を吸収できません。硬式には硬式用の、軟式には軟式用の防具を使いましょう。

セットアイテムそれぞれの機能を確認

キャッチャー防具に含まれるヘルメット・マスク・スロートガード・プロテクター・レガース。それぞれでチェックすべき機能性・ポイントについて紹介します。

ヘルメットは強度・軽さを兼ね備えた「ポリカボネート材質」が◎。通気性も重視

ヘルメットは強度・軽さを兼ね備えた「ポリカボネート材質」が◎。通気性も重視

ヘルメットを選ぶ基準は、強度・軽さ・通気性・サイズ感の4つ。軽さ・強度どちらも重視するなら「ポリカボネート材質」が圧倒的。価格がやや高いのがネックではあるので、予算の都合が合わなければ、強度が同程度の「ABS樹脂」を選ぶのもおすすめです。


また、ヘルメットを長時間着けていると、どうしても蒸れがストレスになります。ヘルメットの通気穴がしっかりと空いているもの、内部の素材がメッシュになっているものを選べば、通気性を確保して、快適に野球ができます。


最後に、ヘルメットは頭にぴったり合うサイズを選びましょう。キャッチャー防具は多くがワンサイズですが、なかには平均身長に合わせてサイズを出しているものがあります。頭のサイズはもちろん、身長を目安にサイズを選ぶと良いでしょう。

マスクは視界が良く軽い、金属製の「中空」設計がおすすめ

マスクは視界が良く軽い、金属製の「中空」設計がおすすめ

キャッチャー防具の中でも最重要といっても過言ではないマスクは、視界を重視して素材を選ぶのがおすすめ。マスクに使われる素材は金属製・樹脂製の2種類が主ですが、視界を重視するなら金属製なかでも「中空」設計のものがおすすめ。一方の樹脂製は軽い代わりに視界が狭くなりやすいので、あまりおすすめできません。


また、スロートガードがついているかも確認しましょう。マスクと一体になっているものもあれば、個別で付属しているものもあります。喉部分にもボールが当たることはありますので、喉の安全を守るためスロートガードの有無の確認を忘れないようにしましょう。

プロテクターの凹凸は好みに合わせて。肩部分を守ってくれるかも確認

プロテクターの凹凸は好みに合わせて。肩部分を守ってくれるかも確認

出典:amazon.co.jp

プロテクターは、ボディに直接ボールが当たった際の防御として、ワンバンを抱え込むようにしてキャッチングする際に体を守ってくれます。ボールへの恐怖心を克服するサポートをしてくれるので、初心者は肩まで守ってくれるものがおすすめ


凹凸があるものとないものがありますが、表面に凹凸があると、曲げやすくなるのでフィット感が増して動きやすいです。反対に、表面の凹凸がないと、ボールを広い面で受けることが可能になり、衝撃を抑えてイレギュラーな方向に飛ばないようブロックできます。

レガースは、サイズ展開を確認。1000g以下だと動きやすい

レガースは、サイズ展開を確認。1000g以下だと動きやすい

レガースはフィット感や軽さが重要です。材質による違いはあまりないといわれているので、重量・サイズに着目するようにしましょう。サイズ感・フィット感を重視すれば重量はそこまで気になりませんが、通販で購入するとなると不安ですよね。そんな方は、重量は1000g以下のものを選ぶのがおすすめです。


サイズは基本ワンサイズが多いですが、身長に合わせて選べるサイズ展開が多いものを選ぶと動きやすく、ファールボールを取る際に有利。少年野球向けのキッズサイズも展開されているので、そちらもチェックしてください。

体型に不安がある方・小中学生はサイズ展開があるものを

体型に不安がある方・小中学生はサイズ展開があるものを

キャッチャー防具は、サイズ展開があるものを選ぶのがおすすめ。基本的にワンサイズの商品が多いですが、長がまだ低い小中学生や、身長が高い人がワンサイズの商品を選ぶと、動くたびにズレてストレスにもなることも。また、防具としての役目が果たせないどころか、むしろ怪我を誘発するものになりかねません。


小中学生には少年野球向け・ジュニア向けとされているものを選ぶと◎。また、「自分の体型にワンサイズは合わないかも」という人は、身長に合わせたサイズ展開があるものを選ぶようにしましょう。サイズはメーカーによって異なりますが、160~175cmはMサイズ、170~185cmはLサイズを目安にしているところが多いです。


試着して選ぶのが理想なので、可能であれば実店舗で試着するのがおすすめですが、サイズの誤差はアジャスター等をうまく活用すればフィットするようになっているので、神経質になりすぎなくても大丈夫です。

迷ったら有名ブランドから選ぶ。少年野球にはミズノが◎

機能性やサイズ展開の有無などの選び方を参考にしても迷った場合は、有名ブランドから選ぶと安心です。特にシェア率の高いキャッチャー防具のメーカーでは、ミズノとゼットがあります。


ミズノは、おしゃれなデザインとしっかりした作りが魅力。サイズ展開も豊富で、少年野球向けの商品も充実しています。マスクの重量が軽い・プロテクターの着脱が簡単など、使いやすさにも拘った商品も多いです。また、本格的なモデルの「ミズノプロ」は、プロからも支持されています。


ゼットは、キャッチャー防具の種類やサイズ・子ども向けの商品が豊富。野球商品専門のメーカーというだけあって、プレイしやすい工夫が多く施されています。また、ワンタッチバックル式で快適に着脱できるレガース・動きやすさを重視したプロテクターなど、様々な需要に応える品揃えが魅力です。

キャッチャー防具のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のキャッチャー防具をランキング形式でご紹介していきます。

10位

SSK軟式 一般 キャッチャー防具4点セット

23,490円 (税込)

適合用途軟式
セット内容マスク・スロートガード・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様軟鉄中空鋼
スロートガード
プロテクターの凹凸
サイズ展開ワンサイズ
9位
キャッチャー防具 ゼット(ZETT) 軟式 防具 4点セット 専用袋付き 1枚目
出典:amazon.co.jp

ゼット(ZETT)軟式 防具 4点セット 専用袋付き

19,839円 (税込)

適合用途軟式
セット内容マスク・スロートガード・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様中空鋼
スロートガード
プロテクターの凹凸
サイズ展開ワンサイズ
8位

ローリングス(Rawlings)少年軟式 キャッチャー防具4点セット 収納袋付

16,740円 (税込)

適合用途少年軟式
セット内容マスク・スロートガード・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様中空軟鋼
スロートガード
プロテクターの凹凸
サイズ展開ジュニア向けワンサイズ
7位

久保田スラッガー軟式 一般用 キャッチャー防具 3点セット

32,724円 (税込)

適合用途軟式
セット内容マスク・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様-
スロートガード×
プロテクターの凹凸
サイズ展開ワンサイズ
6位

ミズノプロ軟式キャッチャー防具3点セット

34,560円 (税込)

適合用途軟式
セット内容マスク・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様中空軟鋼
スロートガード×
プロテクターの凹凸
サイズ展開ワンサイズ
5位
キャッチャー防具 ゼット(ZETT) 硬式用 キャッチャー防具 4点セット  1枚目
出典:amazon.co.jp

ゼット(ZETT)硬式用 キャッチャー防具 4点セット

30,569円 (税込)

適合用途硬式
セット内容マスク・スロートガード・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様中空鋼
スロートガード
プロテクターの凹凸
サイズ展開ワンサイズ
4位

ミズノ限定 軟式 キャッチャー 捕手 防具3点セット

22,678円 (税込)

適する用途軟式
セット内容マスク・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様中空軟鋼
スロートガード×
プロテクターの凹凸
サイズ展開ワンサイズ
3位

久保田スラッガー軟式用 ジュニア 少年 キャッチャー防具 4点セット

21,400円 (税込)

適合用途少年軟式
セット内容マスク・スロートガード・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様-
スロートガード
プロテクターの凹凸
サイズ展開ジュニア向けワンサイズ
2位

久保田スラッガーキャッチャーギア 防具 3点セット

32,616円 (税込)

適合用途軟式
セット内容マスク・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様-
スロートガード×
プロテクターの凹凸
サイズ展開ワンサイズ
1位

ミズノプロ軟式 キャッチャー 防具 3点セット

34,560円 (税込)

適合用途軟式
セット内容マスク・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材-
マスクの仕様中空軟鋼
スロートガード×
プロテクターの凹凸
サイズ展開マスクはワンサイズ、レガース・プロテクターは、M・Lサイズ兼用

人気キャッチャー防具の比較一覧表

商品画像
1
キャッチャー防具 ミズノプロ 軟式 キャッチャー 防具 3点セット 1枚目

ミズノプロ

2
キャッチャー防具 久保田スラッガー キャッチャーギア 防具 3点セット 1枚目

久保田スラッガー

3
キャッチャー防具 久保田スラッガー 軟式用 ジュニア 少年 キャッチャー防具 4点セット 1枚目

久保田スラッガー

4
キャッチャー防具 ミズノ 限定 軟式 キャッチャー 捕手 防具3点セット 1枚目

ミズノ

5
キャッチャー防具 ゼット(ZETT) 硬式用 キャッチャー防具 4点セット  1枚目

ゼット(ZETT)

6
キャッチャー防具 ミズノプロ 軟式キャッチャー防具3点セット 1枚目

ミズノプロ

7
キャッチャー防具 久保田スラッガー 軟式 一般用 キャッチャー防具 3点セット 1枚目

久保田スラッガー

8
キャッチャー防具  ローリングス(Rawlings) 少年軟式 キャッチャー防具4点セット 収納袋付 1枚目

ローリングス(Rawlings)

9
キャッチャー防具 ゼット(ZETT) 軟式 防具 4点セット 専用袋付き 1枚目

ゼット(ZETT)

10
キャッチャー防具 SSK 軟式 一般 キャッチャー防具4点セット  1枚目

SSK

商品名

軟式 キャッチャー 防具 3点セット

キャッチャーギア 防具 3点セット

軟式用 ジュニア 少年 キャッチャー防具 4点セット

限定 軟式 キャッチャー 捕手 防具3点セット

硬式用 キャッチャー防具 4点セット

軟式キャッチャー防具3点セット

軟式 一般用 キャッチャー防具 3点セット

少年軟式 キャッチャー防具4点セット 収納袋付

軟式 防具 4点セット 専用袋付き

軟式 一般 キャッチャー防具4点セット

特徴機能性もデザイン性も大満足の防具3点セットデザイン性が高くて人気!入手困難と話題のキャッチャー防具少年野球部門No.1のキャッチャー防具4色カラー展開のミズノ限定商品ワンタッチ着脱仕様で使いやすい。頑丈で持ち運びに便利な...凹凸のあるプロテクターがフィット感抜群で◎喉も両肩もしっかり守る。3点セットでも安全性の高い防具少年野球専用!かっこいいデザインが人気お手頃価格だけど、着脱がしやすく使い心地も◎肩パッドは左のみ。右投げがしやすいキャッチャー防具
価格34,560円(税込)32,616円(税込)21,400円(税込)22,678円(税込)30,569円(税込)34,560円(税込)32,724円(税込)16,740円(税込)19,839円(税込)23,490円(税込)
適合用途軟式軟式少年軟式軟式硬式軟式軟式少年軟式軟式軟式
セット内容マスク・プロテクター・レガースマスク・プロテクター・レガースマスク・スロートガード・プロテクター・レガースマスク・プロテクター・レガースマスク・スロートガード・プロテクター・レガースマスク・プロテクター・レガースマスク・プロテクター・レガースマスク・スロートガード・プロテクター・レガースマスク・スロートガード・プロテクター・レガースマスク・スロートガード・プロテクター・レガース
ヘルメットの素材----------
マスクの仕様中空軟鋼--中空軟鋼中空鋼中空軟鋼 -中空軟鋼中空鋼軟鉄中空鋼
スロートガード×××××
プロテクターの凹凸
サイズ展開マスクはワンサイズ、レガース・プロテクターは、M・Lサイズ兼用ワンサイズジュニア向けワンサイズワンサイズワンサイズワンサイズワンサイズジュニア向けワンサイズワンサイズワンサイズ
商品リンク

キャッチャー防具の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、キャッチャー防具のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

今回はキャッチャー防具一式について説明しましたが、いかがだったでしょうか?キャッチャー防具の中にも種類があり、一つ一つ着目すべきポイントがあります。また、大まかに分けて、硬式野球・軟式野球で仕様が若干異なるので、それぞれ専用のものをなるべく選ぶようにしましょう。


メーカーによっても差異があるので、デザインや仕様を考慮した上で、あるメーカーに対してこだわりを持つようになると道具選びがまた楽しくなるかもしれませんね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す