• リーシュコードのおすすめ人気ランキング10選【サーフィンを最大限楽しめるものは?】のアイキャッチ画像1枚目
  • リーシュコードのおすすめ人気ランキング10選【サーフィンを最大限楽しめるものは?】のアイキャッチ画像2枚目
  • リーシュコードのおすすめ人気ランキング10選【サーフィンを最大限楽しめるものは?】のアイキャッチ画像3枚目
  • リーシュコードのおすすめ人気ランキング10選【サーフィンを最大限楽しめるものは?】のアイキャッチ画像4枚目
  • リーシュコードのおすすめ人気ランキング10選【サーフィンを最大限楽しめるものは?】のアイキャッチ画像5枚目

リーシュコードのおすすめ人気ランキング10選【サーフィンを最大限楽しめるものは?】

サーフボードとサーファーを繋げて、サーフボードだけが流されることを防止するリーシュコード。長いものや短いもの、更には細いものから太いものまでさまざまな形状のリーシュコードが販売されているため、どれを選んで良いのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?


そこで今回は、リーシュコードの選び方や、評判の良いおすすめの商品を人気順にランキング形式でご紹介します。自分のサーフスタイルに合った商品を見つけて、より一層安全にサーフィンを楽しみましょう!

  • 最終更新日:2019年03月12日
  • 52  views
目次

リーシュコードの装着は必須のマナー!

リーシュコードの装着は必須のマナー!

リーシュコードは、大きな波に巻かれてもサーフボードだけが流されてしまわないように取り付けるものです。サーフボードが流されてしまうと、岸に戻ることが困難になったり他のサーファーに衝突し怪我をさせてしまったりと危険性が高まります。安全にサーフィンを楽しむためにも、リーシュコードは必ず装着しましょう


使用するサーフボードの種類によって、どのような長さ・太さのリーシュコードが適しているのかが変わります。先に、サーフボードを選んでからの購入が理想ですね。

リーシュコードの選び方

自分に合ったものであれば、心置きなくより一層安全にサーフィンを楽しむことができます。では、どういったポイントで選べば良いのかチェックしていきましょう。

サーフボードの長さよりも少し長めのものを選ぶ

サーフボードの長さよりも少し長めのものを選ぶ

サーフボードよりも長めのリーシュコードを使用しないと、ボードが流れた際に自分の体に衝突して怪我をする恐れがあります。ただし、長すぎるリーシュコードはサーフボードが流された場合、他のサーファーに衝突して怪我をさせてしまう危険性も。サーフボードの長さよりも少し長めのリーシュコードを選ぶと良いでしょう。


サーフボードの長さはfeet(1feetは30.48cm)で表現されます。6feetほどのショートボードには、6〜7feetくらいのリーシュコードを選ぶといいでしょう。9feetほどのロングボードを使用する場合は、9〜10feetくらいのリーシュコードが最適です。

太さはサーフポイントの環境よって決める

サーフポイントは全国津々浦々に存在しますが、同じ環境のサーフポイントは一つとしてありません。自分が行くサーフポイントの環境に合わせてリーシュコードを選びましょう。

波が小さければ5mm程度で十分

波が小さければ5mm程度で十分

波のサイズが大きくなるほどリーシュコードへの負荷は強力になるため、負荷に耐えられる太さが必要になります。波のサイズはサーフポイントによって大きく変わるので、自分がよく行くサーフポイントの波のサイズを想像してみてください。


波のサイズが人間の頭くらいまでの高さであれば、5mmくらいの太さがおすすめ。十分に波の負荷に耐えることができ、細いので漕いで進む時にも水の抵抗を受けにくい太さになります。

自分より倍大きい波があるなら6~7mm、海外のスポットなら8mm以上

自分より倍大きい波があるなら6~7mm、海外のスポットなら8mm以上

波のサイズが自分より倍大きい高さのスポットに行くという方は、6mmくらいのサイズがおすすめです。ただし、初心者のうちは意図せずサーフボードから落ちてしまうことも。その時に波が来てしまったらパニックになってしまいますよね。始めてまだ間もないなら、太さが7mm以上あった方が安心です。


日本では少ないですが、それ以上の高さがあるスポットでは8mm以上の太さが必須。パイプラインなど海外のビッグウェーブスポットにチャレンジするなら備えておきましょう。

海底に岩があるなら7mm以上をチョイス

海底に岩があるなら7mm以上をチョイス

海底が岩のサーフポイントなら、7mm以上ある太めのリーシュコードを選びましょう。波に巻かれたときに海底の岩と接触すると、リーシュコードが切れてしまう恐れがあります。


海底が砂の場合は、岩などに接触して切れる心配が少ないため5mmで十分です。ただし、海底が砂でも波が高いポイントも存在します。その場合は、波の大きさを優先して太さを選んでくださいね。

フィット感を重視するならグリップの軽いものを

フィット感を重視するならグリップの軽いものを

足に付けたときのフィット感が気になるなら、グリップが軽めのものを選びましょう。グリップが重いとフィット感が得られないばかりか、足首に負担をかけてしまうことも。特に、初めて使う人や長時間サーフィンを楽しみたい人は足首が気になってサーフィンに集中できないので注目したい部分ですね。

スイーベル構造だと絡みにくく動きやすい

スイーベル構造だと絡みにくく動きやすい

絡みにくさを重視するなら、「スイーベル」構造のものがおすすめです。波に巻かれると、海中で体やサーフボードが回転しリーシュコードが絡まってしまいます。絡まりを放っておくと、動きにくいだけでなくコード自体に変な癖がつくことも。スイーベル構造なら、コード両端に回転軸が付いているので絡みにくく変な癖がつきにくいです。

キーポケット付きなら小物収納も可能

サーフィン中、車などの鍵をどこにしまえば良いのか迷ってしまいますよね。そんな時に便利なのが、足首部分の内側に小さなポケットがあるタイプです。車の鍵だけは持っておきたい人や荷物の預かりがない場所でサーフィンを楽しみたい人は、ポケットの有無にも注目しましょう。


鍵を入れた分、足首への負荷がかかりやすくなるのでフィット感を重視する人には不向きの面もあります。

リーシュコードのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、いよいよリーシュコードの人気商品をランキング形式でご紹介します。選び方で挙げたポイントを確認して、ご自身のサーフスタイルに合った最良のリーシュコードを探してみてくださいね。

10位

クロウハーレーSurf leash REGULAR 7' 

4,644円 (税込)

長さ7feet
太さ7mm
特徴絡みにくい
キーポケットの有無×
9位

GT SUITリーシュコード 6ft COMP

1,944円 (税込)

長さ6feet
太さ6mm
特徴絡みにくい・スイーベル方式
キーポケットの有無
8位
DAKINE KAINUI LONGBOARD ANKLE 10 x 1/4 GARNET LEASH CODE 1枚目
出典:amazon.co.jp

DAKINEKAINUI LONGBOARD ANKLE 10 x 1/4 GARNET LEASH CODE

3,180円 (税込)

長さ10feet
太さ6.3mm
特徴絡みにくい・耐久性あり・スイーベル方式
キーポケットの有無×
7位

FCS エフシーエスレギュラーアンクルリーシュ 9’

3,070円 (税込)

長さ9feet
太さ7mm
特徴絡みにくい・スイーベル方式
キーポケットの有無
6位
monoii(モノイー) サーフボード用 6ft 1枚目
出典:amazon.co.jp

monoii(モノイー)サーフボード用 6ft

2,080円 (税込)

長さ6feet
太さ5.5mm
特徴絡みにくい・スイーベル方式
キーポケット
5位

株式会社LOOPグラッシー サーフィン リーシュコード 9' レギュラー

2,290円 (税込)

長さ9feet
太さ7mm
特徴絡みにくい・耐久性あり
キーポケット
4位
長さ9feet
太さ7mm
特徴絡みにくい・収縮性あり
キーポケット
3位

FCS エフシーエスレギュラー リーシュ 6’

2,680円 (税込)

長さ6feet
太さ7mm
特徴絡みにくい・耐久性あり
キーポケット×
2位
DAKINE(ダカイン) JOHN JOHN シグネチャーモデル 6’×3/16” 1枚目
出典:amazon.co.jp

DAKINE(ダカイン)JOHN JOHN シグネチャーモデル 6’×3/16”

3,369円 (税込)

長さ6feet
太さ5mm
特徴グリップ軽い・スイーベル方式
キーポケット×
1位
長さ6feet
太さ4.9mm
特徴耐久性あり・グリップ軽い・スイーベル方式
キーポケット×

人気リーシュコードの比較一覧表

商品画像
1
FCS フリーダム リーシュコード 6ft 1枚目

FCS

2
DAKINE(ダカイン) JOHN JOHN シグネチャーモデル 6’×3/16” 1枚目

DAKINE(ダカイン)

3
FCS エフシーエス レギュラー リーシュ 6’  1枚目

FCS エフシーエス

4
GT SUIT リーシュコード 9ft 1枚目

GT SUIT

5
株式会社LOOP グラッシー サーフィン リーシュコード  9' レギュラー 1枚目

株式会社LOOP

6
monoii(モノイー) サーフボード用 6ft 1枚目

monoii(モノイー)

7
FCS エフシーエス レギュラーアンクルリーシュ 9’ 1枚目

FCS エフシーエス

8
DAKINE KAINUI LONGBOARD ANKLE 10 x 1/4 GARNET LEASH CODE 1枚目

DAKINE

9
GT SUIT リーシュコード 6ft COMP 1枚目

GT SUIT

10
クロウハーレー Surf leash REGULAR 7'  1枚目

クロウハーレー

商品名

フリーダム リーシュコード 6ft

JOHN JOHN シグネチャーモデル 6’×3/16”

レギュラー リーシュ 6’

リーシュコード 9ft

グラッシー サーフィン リーシュコード 9' レギュラー

サーフボード用 6ft

レギュラーアンクルリーシュ 9’

KAINUI LONGBOARD ANKLE 10 x 1/4 GARNET LEASH CODE

リーシュコード 6ft COMP

Surf leash REGULAR 7' 

特徴ストレスフリーでサーフィンに集中できる!ワールドチャンピオンが認める確かな品質が魅力的初心者ショートボーダーにおすすめの一本!安価なリーシュコードを求めるロングボーダーに!機能性・耐久性・コストパフォーマンスの三拍子が揃ったモデル初心者から上級者まで幅広く愛されるモデル安心感と機能性の両方を求めるロングボーダー向け信頼性の高さで選ぶならこれ!ヘビーユーザー向けのリーシ...コストパフォーマンス重視ならこれ!職人が製作する確かな品質!安心を求める方におすすめ
価格5,184円(税込)3,369円(税込)2,680円(税込)2,149円(税込)2,290円(税込)2,080円(税込)3,070円(税込)3,180円(税込)1,944円(税込)4,644円(税込)
長さ6feet6feet6feet9feet9feet6feet9feet10feet6feet7feet
太さ4.9mm5mm7mm7mm7mm5.5mm7mm6.3mm6mm7mm
特徴耐久性あり・グリップ軽い・スイーベル方式グリップ軽い・スイーベル方式絡みにくい・耐久性あり絡みにくい・収縮性あり絡みにくい・耐久性あり絡みにくい・スイーベル方式絡みにくい・スイーベル方式絡みにくい・耐久性あり・スイーベル方式絡みにくい・スイーベル方式絡みにくい
キーポケット×××××
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

リーシュコードの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、リーシュコードのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

リーシュコードの装着は、サーフィンを楽しむためには必要不可欠な存在です。ご自身のサーフボードやサーフスタイルに合ったお気に入りの一本を見つけて、快適なサーフィンを楽しみましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す