1. TOP
  2. >
  3. スポーツ
  4. >
  5. サーフィン用品
  6. >
  7. 初心者向けサーフボードのおすすめ人気ランキング15選【人気ブランドも登場!】
  • 初心者向けサーフボードのおすすめ人気ランキング15選【人気ブランドも登場!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 初心者向けサーフボードのおすすめ人気ランキング15選【人気ブランドも登場!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 初心者向けサーフボードのおすすめ人気ランキング15選【人気ブランドも登場!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 初心者向けサーフボードのおすすめ人気ランキング15選【人気ブランドも登場!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 初心者向けサーフボードのおすすめ人気ランキング15選【人気ブランドも登場!】のアイキャッチ画像5枚目

初心者向けサーフボードのおすすめ人気ランキング15選【人気ブランドも登場!】

自分だけのサーフボードがあれば、サーフィンがもっと楽しくなります。しかしSOFTECH・SCELL・NSPなどブランドは数多く、ショート・ファン・ロングといった種類の違いやサイズ・幅・厚みなど選ぶポイントはもりだくさん。スタイルの定まっていない初心者だと選ぶのも大変ですよね。

そこで今回は、初心者におすすめのサーフボードの選び方と人気商品をランキング形式でご紹介します。初心者の方におすすめなブランドや簡単なリペア方法など、人には聞きにくいポイントもご紹介。この記事を参考に、もっとサーフィンが楽しくなる自分にぴったりのサーフボードを見つけてくださいね!

  • 最終更新日:2020年10月14日
  • 83,192  views
目次

マイボードの購入は脱・初心者への近道

マイボードの購入は脱・初心者への近道

初心者がいざサーフィンを始めると、「最初はレンタルで」と思う方も多いでしょう。しかし、自分でサーフボードを購入することで、より快適で楽しいサーフィンができるようになります。


身長や体重、自分の求めるサーフスタイルなどは千差万別。よって、同じサーフボードでも、どんな人にも合うわけではありません。自分に合うサーフボードは、扱いやすくて一層上達が早くなるのが魅力。自分の思い通りに動きやすいので、全ての動作において効率が上がります。


また、サーフィンで何よりも重要なことは、サーフィンを楽しむこと。思い通りに動かせてどんどん上達することで、サーフィンがより楽しくなるのもポイントです。マイボードを購入することが、自分の目指すサーフィンへの近道となりますよ。

初心者用サーフボードの選び方

人気ランキングの前に、サーフボードの選び方について見ていきましょう。

レベルや求めるスタイルでボードの種類を選ぼう

サーフボードは、大きく分けてショートボード・ファンボード・ロングボートの3種類に分かれます。それぞれで特徴が異なるため、自分に合ったサーフボードをしっかりと確認することが必要です。

ロング・セミロングボードは抜群の安定感で初心者に◎

ロング・セミロングボードは抜群の安定感で初心者に◎

「早く波に乗る楽しさを味わいたい」という初心者の方は、ロング・セミロングボードを選ぶのがおすすめです。


ロング・セミロングボートは、全長が長くて幅や厚みもあり、浮力と安定感があるため、初心者の方でも比較的簡単にテイクオフができます。気軽に波に乗るという非日常感を楽しめるのが大きな魅力です。


また、高い浮力と安定感があることで、力の弱い小波でもテイクオフができるのも嬉しいポイント。ほかの種類のサーフボードではテイクオフ不可能なコンディションでも、ロングボードであればテイクオフしてサーフィンを楽しめます。ただし、アグレッシブに俊敏なターンはできませんので、注意してくださいね。

適度な浮力と安定感のファンボード。最終的にショートボードを目指す方にも◎

適度な浮力と安定感のファンボード。最終的にショートボードを目指す方にも◎

「安定感がありつつも、ターンを楽しみたい」という方におすすめなのがファンボード。ファンボードは、ロングボードとショートボードの良いとこどりのサーフボードです。ショート・ロングの中間の長さで、適度な安定感とターン性能を持ち合わせています


ショートボードではテイクオフが無理な波でも、ファンボードならテイクオフできることも。ショートボード並みの俊敏なターンはできませんが、たくさんテイクオフをしてショートボード寄りのターンを楽しめます。


ショートとロングの中間的な位置づけで、テイクオフやターンを楽しむこともできますが、「ゆくゆくはショートボードに移行したい」という方の練習用としても最適ですよ。

アグレッシブな動きができるショートボード。難易度は高め

アグレッシブな動きができるショートボード。難易度は高め

アグレッシブでダイナミックなサーフィンを楽しみたい方は、いきなりショートボードを選んでしまうのもありです。ショートボードの最大の魅力は、コンパクトで非常に軽く、切れ味の鋭い俊敏なターンができること。波の上を自由自在に動き回るという、非日常感を楽しむことができますよ!


ボードの進行方向を180度急激に変える「カットバック」や、波の頂点から飛び上がる「エアリアル」など、さまざまなトリックを繰り出せるのもショートボードの楽しいポイント


ただし、ショートボードは3種類の中で最も浮力や安定感がありません。よって、初心者の方だとテイクオフするのが非常に難しいところが難点。テイクオフやターンができるまでは、根気よく練習することが必要なので、最初からショートボードを購入する方は注意してくださいね。

サイズは身長・体重・レベルに合わせて選ぼう

サイズは身長・体重・レベルに合わせて選ぼう

サーフボードを選ぶ際は、自分の身長と体重も考慮することが重要です。サーフボードは種類ごとにおおよその適正体重があり、ショートボードは約70kg、ファンボードは約75kg、ロングボードは約85kgとされています。しかし、モデルによっても変わりますので、購入の際は確認を取るようにしましょう。


長さは、ロングボードは274cm以上を基準に、初心者がファンボードを購入する際は、安定感のある200cm以上がおすすめ。今後ショートボードに乗る予定の方は、短めを選ぶのもありですよ。

厚みがあるボードは浮力が高くテイクオフがしやすい

厚みがあるボードは浮力が高くテイクオフがしやすい

初心者はボードの種類に関わらず、厚みのあるサーフボードを選ぶのがおすすめです。厚みがあると、浮力が増すため最初に訪れる難関のテイクオフがクリアしやすくなります。


浮力があれば、波の状況に左右されずにオールラウンドにサーフィンを楽しむことも可能。ヒザやモモサイズなど、比較的波が小さいポイントでサーフィンを行う方にもぴったりです。迷ったときは、最終的に厚みで判断するのもありですよ。

安定感を重視するなら幅広のものを

安定感を重視するなら幅広のものを

初心者は、安定感のある幅広のサーフボードを選ぶのがおすすめ。パドリングやテイクオフをはじめとする動作は、安定感が肝。体勢が安定すると、1つ1つの動作を基本に沿って落ち着いて行うことができるので、上達も早まります。


幅は52cmを目安にするのが◎。一般的なサーフボードの幅は48cmですが、ランキングには50cm以上の商品もたくさん登場しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

レールはミディアムからフルレールがおすすめ

レールはミディアムからフルレールがおすすめ

レールはサーフボードの横にあるエッジのことで、初心者には浮力のあるミディアムからフルレールがおすすめです。程よい浮力とコントロール性能で、オールラウンドに使用したい方は「ミディアム」を選びましょう。最も一般的な種類のレールなので、クセがなくすんなりとフィットします。


テイクオフのしやすさと安定感で選ぶなら「フルレール」がぴったり厚みがあるので浮力が高く、パドリング時やテイクオフ後の直進の安定性にも優れています。


コントロールしやすい「ローレール」は、浮力が少ない分テイクオフが難しいため、初心者向けではありません。1本目のサーフボードのレールは、求めるスタイルに合わせてミディアムとフルレールから選びましょう。

初心者向けの人気ブランドもチェック

初心者向けの人気ブランドもチェック

サーフボードのブランド力はとても魅力ですが、初心者は憧れのプロ向けよりも、自分のレベルに合ったチョイスが重要です。


「NSP」と「TORQ SurfBoard」は、パドリング力がなくて波に乗りづらい方や、長く使いたい方にぴったり。頑丈で軽量なエポキシレジンという素材で製造されているため、コンクリートに少し当てたくらいでは傷つかず、軽量効果によってパドリングの出だしをスピーディーにすることが可能です。

「ラスティ」は、波が腹や胸以上だと怖いという方におすすめ。小波に強いボードや超浮力ボードなど、初心者向けのモデルがラインナップされているので選びやすいですよ。

初心者向けサーフボードのおすすめ人気ランキング15選

人気の初心者向けサーフボードをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年9月29日時点)をもとにして順位付けしています。

15位
種類ショートボード
適正体重-
長さ180cm
厚み6.19cm
49.53cm
レール-
14位
種類ショートボード
適正体重-
長さ187.9cm
厚み6.7cm
52.7cm
レール-
13位
種類セミロングボード
適正体重~80kg(初心者)
長さ243.8cm
厚み6.8cm
55cm
レールボキシー
12位
種類ショートボード
適正体重-
長さ198cm
厚み7.3cm
51cm
レール-
11位
種類-
適正体重-
長さ182.9cm
厚み7.0cm
53.9cm
レール-
10位
種類ファンボード
適正体重-
長さ220cm
厚み6.4cm
54cm
レール-
9位
種類ショートボード
適正体重80kg(初中級~)
長さ177.8cm
厚み6.67cm
53.34cm
レールミディアム
8位

SCELL ミッドレングス ファンボード 7'0

csb70p-bl

48,730円

種類ファンボード
適正体重~65kg(初心者)
長さ213cm
厚み6.35cm
56.5cm
レールミディアム
7位
種類ファンボード
適正体重~70kg(初心者)
長さ203cm
厚み6.5cm
53cm
レールボキシー
6位
種類ソフトボード
適正体重-
長さ243.8cm
厚み8.57cm
58.4cm
レール-
5位
種類ファンボード
適正体重-
長さ177.5cm
厚み7.6cm
52.1cm
レールフルボキシー
4位

LUNGE TURKEYミニロングサーフボード CLEAR

LT-CLA-E-68

51,800円 (税込)

種類ミニロングボード
適正体重50kg~100kg
長さ203cm
厚み6.7cm
54.6cm
レールハーフボキシー
3位
種類ショートボード
適正体重65kg以下(初中級〜)
長さ182.88cm
厚み5.87cm
52.07cm
レールミディアム
2位
種類ファンボード
適正体重~75kg(初心者)
長さ218cm
厚み7.3cm
55.88cm
レールミディアム
1位
初心者 サーフボード CLOVER(クローバー) SURFBOARDS MINI2 1枚目
出典:amazon.co.jp

CLOVER(クローバー)SURFBOARDS MINI2

CLOVER-MINI2

44,611円 (税込)

種類ショートボード
適正体重-
長さ178cm
厚み6.3cm
52cm
レール-

人気初心者向けサーフボードの比較一覧表

商品画像
1
初心者 サーフボード CLOVER(クローバー) SURFBOARDS MINI2 1枚目

CLOVER(クローバー)

2
初心者 サーフボード LAHAINA CLASSIC 7'2" 1枚目

LAHAINA

3
初心者 サーフボード MIKE SHAPES IDLE 6'0 1枚目

MIKE SHAPES

4
初心者 サーフボード LUNGE TURKEY ミニロングサーフボード CLEAR 1枚目

LUNGE TURKEY

5
初心者 サーフボード SOFTECH ボンバー 5'10 1枚目

SOFTECH

6
初心者 サーフボード CATCH SURF ODYSEA LOG X EVAN ROSSELL 1枚目

CATCH SURF

7
初心者 サーフボード SCELL ファンボード 6'8 ビギナー7点セット 1枚目

SCELL

8
初心者 サーフボード SCELL  ミッドレングス ファンボード 7'0 1枚目

SCELL

9
初心者 サーフボード アドバンス サーフボード SK8-3 A55 1枚目

アドバンス

10
初心者 サーフボード BIC MINI MALIBU 7'3'' 1枚目

BIC

11
初心者 サーフボード SOFTECH ローラー 6’0 1枚目

SOFTECH

12
初心者 サーフボード BIC SPORT 6'6 MAXI SHORTBOARD 1枚目

BIC SPORT

13
初心者 サーフボード SCELL セミロングボード 8'0 1枚目

SCELL

14
初心者 サーフボード NSP Protech HYBRID 1枚目

NSP

15
初心者 サーフボード 白浜マリーナ Blue Surfboard M-2 5'11” 1枚目

白浜マリーナ

商品名

SURFBOARDS MINI2

CLASSIC 7'2"

IDLE 6'0

ミニロングサーフボード CLEAR

ボンバー 5'10

ODYSEA LOG X EVAN ROSSELL

ファンボード 6'8 ビギナー7点セット

ミッドレングス ファンボード 7'0

サーフボード SK8-3 A55

MINI MALIBU 7'3''

ローラー 6’0

6'6 MAXI SHORTBOARD

セミロングボード 8'0

Protech HYBRID

Blue Surfboard M-2 5'11”

特徴品質と完成度が高く、安定感があるショートボードコントロールしやすく、誰にでも使える形状小さめの波でも楽しめる!日本の海に適したショートボード総合的なバランスの良さが特徴の軽量タイプ柔軟さと頑丈さを兼ね備えたソフトボードハイセンスなデザインと浮力の高さがポイント必要なアイテムがそろった初心者向けのサーフィンセットスピードを出しやすく、楽にライティングできる!軽くて持ち運びに便利!小さい波でも素早く乗れる安定感があるオールラウンドタイプソフト素材を採用!幅が広めで安定感◎耐久力に優れ、やわらかく快適な乗り心地扱いやすい構造のセミロングボード劣化しにくい頑丈な作りで長く使える!初めてのショートボードにおすすめ
最安値
44,611
送料要確認
詳細を見る
55,440
送料要確認
詳細を見る
59,900
送料要確認
詳細を見る
51,800
送料要確認
詳細を見る
49,500
送料要確認
詳細を見る
69,300
送料要確認
詳細を見る
47,080
送料要確認
詳細を見る
49,900
送料要確認
詳細を見る
45,360
送料要確認
詳細を見る
39,600
送料要確認
詳細を見る
43,200
送料要確認
詳細を見る
65,780
送料要確認
詳細を見る
59,700
送料要確認
詳細を見る
82,500
送料要確認
詳細を見る
種類ショートボードファンボードショートボードミニロングボードファンボードソフトボードファンボードファンボードショートボードファンボード-ショートボードセミロングボードショートボードショートボード
適正体重-~75kg(初心者)65kg以下(初中級〜)50kg~100kg--~70kg(初心者)~65kg(初心者)80kg(初中級~)---~80kg(初心者)--
長さ178cm218cm182.88cm203cm177.5cm243.8cm203cm213cm177.8cm220cm182.9cm198cm243.8cm187.9cm180cm
厚み6.3cm7.3cm5.87cm6.7cm7.6cm8.57cm6.5cm6.35cm6.67cm6.4cm7.0cm7.3cm6.8cm6.7cm6.19cm
52cm55.88cm52.07cm54.6cm52.1cm58.4cm53cm56.5cm53.34cm54cm53.9cm51cm55cm52.7cm49.53cm
レール-ミディアムミディアムハーフボキシーフルボキシー-ボキシーミディアムミディアム---ボキシー--
商品リンク

軽度の傷なら自分でリペアをすることが可能!

軽度の傷なら自分でリペアをすることが可能!

サーフィンをしていると、地面や岩などにぶつけて傷を付けてしまうことがあります。「そのままでいいか」と放っておくのは非常に危険です。傷が付いたまま海に入ると、水が入り込んでサーフボードが重くなることも。表面の軽度な傷やひび割れであったら、自分でリペアをしてしまいましょう!


初心者の方のリペアにおすすめなのは「UVレジン」。UVレジンは最初は液体で、日光などの紫外線に当たると硬化するという優れものです。


UVレジンを塗る前に、傷やひび割れ部分を「#80」くらいの粗目のサンドペーパーで削り、面を滑らかにします。その後、サーフボードを日陰に置いて、傷やひび割れしている部分にUVレジンを流しこみ、サーフボードを移動して日光に当たるようにしましょう。


10分ほど待ってUVレジンが完全に硬化したら、盛り上がっている箇所をサンドペーパーで面を滑らかにします。最初は「#80」番ほどの粗目のサンドペーパーで磨き、ある程度滑らかになったら「#120」、「#240」と徐々に細かい目に替えていくのが重要です。


面が完全に滑らかに整ったらリペア完了です。もしえぐれや深い傷であったら、無理せずプロに相談するようにしてくださいね。

サーフィンを楽しむにはボード以外のアイテムも必要!

サーフィンは、サーフボード一つだけでは最大限楽しむことができません。その他の必要なアイテムを使用することで、ストレスなく思う存分サーフィンライフを満喫することができます。ぜひ以下の記事もチェックして、快適なサーフィンを楽しんでくださいね!

まとめ

初心者用サーフボードの選び方と、初心者用サーフボードのおすすめ人気ランキング15選をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今回、ご紹介したサーフボードはどれも拘りを持って作られた高品質なものばかりです。デザインはもちろんのこと、機能面でも優れています。ぜひお気に入りのサーフボードを手に入れて、サーフィンを楽しんでくださいね!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す