【徹底比較】ドライシャンプーのおすすめ人気ランキング23選

【徹底比較】ドライシャンプーのおすすめ人気ランキング23選

ドライシャンプーは、水やお湯を使わずに香りで頭皮のニオイを抑えたり、髪を清潔に保ったりすることができる便利アイテム!一般的には、介護や災害時に使用するイメージがありますが、実はアウトドアや長時間のフライト、運動の後など、日常生活のなかで気軽に使用できる商品がたくさんあるんです。しかし、スプレー・ジェル・パウダー・フォーム・シートタイプなど種類も豊富。そのうえ、コーセーや資生堂など大手メーカーからも多数の商品が販売されていて、どれがいいのか悩んでしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のドライシャンプー23商品を比較して、最もおすすめのドライシャンプーを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. 抑臭力
  2. 成分評価
  3. 使用感

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか? ドライシャンプーの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。


※本記事で記載している「ドライシャンプー」は香りによって頭皮の匂いをカバーする商品のことです。医薬品等として消臭効果が認められた商品は存在しません。

  • 2020年04月23日更新
  • 391,738 views

検証のポイント

売れ筋のドライシャンプー23商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 抑臭力

    検証① 抑臭力

    まずは、ドライシャンプーを検討するうえで一番気になる「抑臭力」を検証しました。ニオイを細かく分析するため、臭気判定士の石川英一さんのご協力を得ました。<ニオイのスペシャリスト/臭気判定士 石川英一さん>国家資格「臭気判定士」の第一期。上乗せ資格「臭気対策アドバイザー」も所持。ニオイ対策の会社2社を経て「においの探偵」として独立。 テレビ・雑誌や、大手企業の消臭効果試験にも携わっている。『さし旅「大掃除マニアと巡るピッカピカ大作戦ツアー」』(NHK)『よじごじDays「梅雨の体臭&家庭臭~2大ニオイ対策」』(テレビ東京)『きわめびと「何かをきわめた人は面白い!試食販売の女王&ニオイ探偵」』(NHK)『おはスタ』(テレビ東京)『健康カプセル! ゲンキの時間』(TBS)『美と若さの新常識』(NHK)『あさイチ』(NHK)『生活ほっとモーニング 「クイズdeなっとく! いやーなにおい撃退術」』(NHK)『いぬのきもち』『ねこのきもち』「パナソニック ボディシェバーER-GK40」効果試験、「ファブリーズ」消臭効果等技術指導社内男性モニター23人に一晩シャンプーを控えてもらい、洗髪後24時間経過した状態の頭皮にドライシャンプーを使用。ドライシャンプーの使用前後で「脂臭・汗臭・付着臭」を抑えることができたかを5段階で評価しました。

  • 成分評価

    検証② 成分評価

    ドライシャンプーは洗い流さないため、シャンプーよりも肌の負担が多い傾向にあります。そこで次は、以下のポイントを踏まえ、ドライシャンプーの配合成分を1.0~5.0で評価しました。<成分評価のポイント>・保湿成分は配合されているか・抑臭成分は配合されているか・肌への刺激となりうる成分が配合されているか など

  • 使用感

    検証③ 使用感

    最後に、mybest編集部5人がドライシャンプー23商品を実際に使用。製品そのものの使いやすさや、仕上がりのふわっと感について、5段階で評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    ヘアカラーをした夜にも!ドライシャンプーの意外なメリットとは

    ヘアカラーをした夜にも!ドライシャンプーの意外なメリットとは

    お湯を使わずに髪を清潔に保てる便利アイテム、ドライシャンプー。みなさんは使ったことがありますか?


    緊急時や介護の場で使うイメージが多いですが、実は、ヘアカラーやパーマをした後などにも大活躍!カラーを定着させるためにも、当日のシャンプーは控えたいもの。ドライシャンプーを使えば、髪を濡らさずに頭皮のニオイやベタつきを抑えることができますよ。


    そのほかにも、アウトドアや旅行先、機内での使用を目的とする人だけでなく、シャンプーの刺激が気になる人からも人気です。


    とはいえ、通常のシャンプーのように、しっかりと汚れを洗浄できるわけではありません。きちんと汚れを落としたいときは、シャンプーを使ってくださいね。

    ドライシャンプーの選び方

    ドライシャンプーの選び方

    頭皮の専門家でもある毛髪診断士の齊藤あきさんにご協力を得て、ドライシャンプーを選ぶときに必ずチェックしておきたい「3つのポイント」についてご紹介します。


    <美肌・美髪のスペシャリスト/毛髪診断士 齊藤あきさん>

    5万人以上もの女性に施術・アドバイスを行ってきたパーソナルビューティプロデューサー。2008年に開業した美肌・美髪専門店「スキンケアサロン・ティナロッサ」で肌や髪のトラブルに悩む人と向き合い続けている。サロンワークのほか、講師や執筆活動、TV出演など活躍の場を広げている。美容師・毛髪診断士認定講師、日本アロマ環境協会インストラクター・アロマセラピスト、オーガニックアドバイザー、日本健康医療コーディネーターなど資格多数。(株)イフ&シュア代表、ヘアケア大学主宰。



    ※ ランキングに掲載している商品は専門家が選定したものではなく、編集部が独自に集計・ランキング付けしたものです。また、選び方で記載する効果効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている内容・商品説明をご確認ください。

    ① 頭皮の状態、タイプで選び方は変わる!

    大きく分けて「ミスト」「スプレー」「ジェル」「パウダー」「シート」「フォーム」の6種類があるドライシャンプー。タイプごとのメリット・デメリットをご紹介するので、自分の肌やロケーションにあわせて選んでみてくださいね。

    「ミスト・スプレー・ジェル」タイプは頭皮をさっぱりさせるのにピッタリ

    「ミスト・スプレー・ジェル」タイプは頭皮をさっぱりさせるのにピッタリ

    ミスト・スプレー・ジェルタイプは、爽快感が欲しい場合におすすめ。ドライシャンプーを直接頭皮に当てられるので、簡単に使用することができるのもメリットのひとつ。


    また、パウダーを勢いよく噴射するスプレータイプは、使用後の頭皮がスッキリするものも多いので、汗をかいたときだけでなく、気分転換したいときに使用するのもおすすめですよ。


    ただし、肌の状態によっては注意が必要。特に、スプレーやジェルタイプはエタノール含有量が高いものが多いため、アルコールが苦手な方や、頭皮が乾燥しがちな人はチェックしておきましょう。

    頭皮の乾燥が気になるなら「パウダー」タイプ

    頭皮の乾燥が気になるなら「パウダー」タイプ

    乾燥が気になる人には、余分な皮脂を取りすぎないパウダータイプがおすすめ。勢いよく頭皮に当てるスプレータイプとは異なり、使用量も自分で微調節することができます。


    しかし、なかにはシリコンやコンディショニング成分、UV成分が配合されているものもあります。すべてのパウダータイプが肌にやさしいとはいえないので、肌が敏感になっている人は配合成分もしっかりチェックしましょう。

    「シート」タイプなら持ち運びも簡単!

    「シート」タイプなら持ち運びも簡単!

    サイズがコンパクトで軽いものが多く、ロケーションを問わず使用できるのが魅力のシートタイプは、アウトドアや長時間のフライトにおすすめ


    フォームやスプレータイプのように、ガスを使用していないため、機内にも持ち込み可能です。


    スプレータイプやミストタイプのように、一度に広範囲をふき取ることはできない点はマイナスポイント。スプレータイプと比べると、爽快感も少し欠けます。

    洗った感がほしいなら「フォーム」タイプ

    洗った感がほしいなら「フォーム」タイプ

    頭皮・髪に泡をつけて拭き取る「フォーム」タイプは、一番シャンプーに近い使用感。髪を濡らして汚れを拭き取るので、きちんと洗った感を感じることができます。


    汚れをしっかり拭き取ることができる一方、タオル併用の製品が多く、アウトドアや外出先での使用には不向き。災害時や、介護時の方が向いているでしょう。

    ② ドライシャンプーは頭皮に残りやすい!刺激が強い商品に注意

    ドライシャンプーは頭皮に残りやすい!刺激が強い商品に注意

    洗い流さないため、通常のシャンプーと比べて肌への負担が多い傾向にあるドライシャンプー。肌が弱い方にとっては、トラブルの原因になってしまうこともあります。


    肌への刺激が心配な人は、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどのUV成分、シリコーンやコンディショニング成分など、肌の負担になる可能性が高い成分に注意しましょう。


    また、敏感肌の場合は、香料や防臭剤も確認しておくのが無難です。


    成分表の初めに記載されているほど、配合量が多いということなので、記載されている位置にも注目してみてくださいね。


    <シリコーン系成分の一例>
    ・ジメチコン
    ・シクロペンタンロキサン など

    <コンディショニング成分>
    ・ベヘントリモニウムクロリド など
    齊藤 あき
    毛髪診断士/美養研究家
    齊藤 あきさんのコメント

    ドライシャンプーは洗い流さないため、通常のシャンプーよりも肌への負担が高い傾向に。UV成分やシリコーン・コンディショニング成分は、肌に残ると刺激になることもあるので、肌がデリケートな方は特に注意しましょう。

    ③ 香りは「消したいニオイの種類」から選ぶのもアリ

    香りは「消したいニオイの種類」から選ぶのもアリ

    シャンプーを選ぶ際、ついつい自分の好きな香りを選んでしまいますよね。


    もちろん、使用感が気に入らないと満足に使えないため、製品の香りをいいと思えるかはとっても重要なポイントですが、ドライシャンプーを選ぶときは、気になるニオイにしっかりアプローチできる香りを選ぶのも大切です!


    ドライシャンプーや制汗剤などに主流な香りはメントールやミント。これらは、悪臭を目立たなくしてくれる万能な香りとして、多くの製品に配合されています。


    ただし、大量の汗をかいた場合には注意が必要。メントールは多種類のニオイにアプローチできる一方で、アンモニアとの相性はあまりよくありません。


    強いアンモニア臭にメントールを混ぜると、アンモニア臭を倍増させ、かえって不快なニオイになってしまうことも…。汗をたくさんかいた後は、メントールは控えた方がよいでしょう。


    汗のニオイを抑えるには、グレープフルーツをはじめとする柑橘系の香りがおすすめ!製品の香りが強いものは少ないですが、不快な香りをカバーして、無難に汗のニオイを抑えることができます。


    今回の検証では、臭気判定士のご協力を得て、汗・脂や、頭皮・髪に付着したさまざまなニオイを分析し、各製品がどのニオイを抑えることができたかを細かく評価しました。ぜひチェックしてみてくださいね!

    売れ筋の人気ドライシャンプー全23商品を徹底比較!

    ドライシャンプーの検証

    ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋ランキング上位23商品をすべて集めて、どれが最も優れた商品なのかを検証していきます。


    検証項目は以下の通りです。


    検証①:抑臭力

    検証②:成分評価

    検証③:使用感

    今回検証した商品

    1. ネイチャーラボ|ダイアン パーフェクトビューティー ドライシャンプー
    2. BCL(ビーシーエル)|サボリーノ 髪を洗いまスプレー
    3. ネイチャーラボ|MAROドライシャンプー
    4. コーセー|スティーブンノル ニューヨーク ドライ シャンプー
    5. SQUSE ME(スキューズミー)|ドライシャンプー フルーティブーケ
    6. ミネルバコスメティックス|スエロスデオドライズシャンプー
    7. オーガニックジャパン|オーガニックドライシャンプー AN
    8. 資生堂|TSUBAKI お部屋でシャンプー ドライシャンプー(洗い流しのいらないタイプ)
    9. DHC(ディーエイチシー)|水のいらない リフレッシュシャンプー
    10. 持田ヘルスケア|スキナ ドライシャンプー
    11. ナプラ|N. シアドライシャンプー
    12. コーセー|ネイチャー アンド コー ボタニカル ドライシャンプー
    13. ココバイ|the product (ザ プロダクト)ドライシャンプー
    14. Fujiko(フジコ)|FPPパウダー
    15. COLAB(コーラボ)|ドライシャンプーオリジナルローズ&ベルガモット
    16. コーセー|フレッシュケア ドライシャンプーシート
    17. コーセー|フレッシュケア ドライシャンプーフォーム
    18. 資生堂|フレッシィ ドライシャンプー (ディスペンサー)
    19. giovanni(ジョヴァンニ)|ドライシャンプー&ボリュームパウダー
    20. LUSH(ラッシュ)|ドライミー!
    21. Acure|DRY SHAMPOO - BRUNETTE TO DARK HAIR
    22. 四国紙販株式会社|水の要らない泡なしシャンプーウェット手袋
    23. Bumble and bumble.(バンブルアンドバンブル)|Prêt-à-powder

    検証① 抑臭力

    抑臭力

    まずは、ドライシャンプーを検討するうえで一番気になる「抑臭力」を検証しました。ニオイを細かく分析するため、臭気判定士の石川英一さんのご協力を得ました。


    <ニオイのスペシャリスト/臭気判定士 石川英一さん>

    国家資格「臭気判定士」の第一期。上乗せ資格「臭気対策アドバイザー」も所持。ニオイ対策の会社2社を経て「においの探偵」として独立。 テレビ・雑誌や、大手企業の消臭効果試験にも携わっている。『さし旅「大掃除マニアと巡るピッカピカ大作戦ツアー」』(NHK)『よじごじDays「梅雨の体臭&家庭臭~2大ニオイ対策」』(テレビ東京)『きわめびと「何かをきわめた人は面白い!試食販売の女王&ニオイ探偵」』(NHK)『おはスタ』(テレビ東京)『健康カプセル! ゲンキの時間』(TBS)『美と若さの新常識』(NHK)『あさイチ』(NHK)『生活ほっとモーニング 「クイズdeなっとく! いやーなにおい撃退術」』(NHK)『いぬのきもち』『ねこのきもち』「パナソニック ボディシェバーER-GK40」効果試験、「ファブリーズ」消臭効果等技術指導



    社内男性モニター23人に一晩シャンプーを控えてもらい、洗髪後24時間経過した状態の頭皮にドライシャンプーを使用。ドライシャンプーの使用前後で「脂臭・汗臭・付着臭」を抑えることができたかを5段階で評価しました。

    【検証ハイライト】ポイントは頭皮への「密着感」!拭き取りタイプは抑臭力が高い傾向に

    【検証ハイライト】ポイントは頭皮への「密着感」!拭き取りタイプは抑臭力が高い傾向に

    今回の検証で高得点を獲得したのは、以下5商品。


    ・スキューズミー ドライシャンプー フルーティブーケ

    ・モイスト・ダイアン

    ・ドライシャンプーAN

    ・持田ヘルスケア スキナドライシャンプー

    ・サボリーノ


    そのほか、23商品中11商品が「脂臭・汗臭」などの抑臭に成功。そのなかでも、頭皮にしっかり液を付けることができるジェル・フォームタイプやスプレータイプは、どれも比較的優秀な結果を収めました。


    特に、「スキナ ドライシャンプー」をはじめとするジェルやフォームタイプは、頭皮や髪に液をつけてタオルでふき取るため、製品の香りは強くないものの、脂臭や汗臭をしっかり抑えることができました。


    スプレータイプも同様で、頭皮にしっかりとドライシャンプーを当てることができ、脂・汗臭を抑えやすい傾向に。


    しかし、なかには製品の香料が悪影響を及ぼし、逆に不快なにおいになってしまったものも。特に、「メントール」や「ミント」の香りには注意が必要です。


    一方で、パウダーの抑臭力はいまひとつ。髪が邪魔して頭皮にしっかり粉を付けるのが難しく、効果もあまり感じられませんでした。

    石川英一
    臭気判定士
    石川英一さんのコメント

    メントールは、汗臭や脂臭などさまざまな種類のニオイを抑えることができる「万能薬」である一方、強いアンモニア臭との相性はよくありません。多少の汗であれば問題ありませんが、大量の汗をかいたときには避けたほうがよいでしょう。


    汗を無難に抑えるなら「柑橘系」の香り、タバコ臭ならオレンジ系の香りが有効です。

    検証② 成分評価

    成分評価

    ドライシャンプーは洗い流さないため、シャンプーよりも肌の負担が多い傾向にあります。

    そこで次は、以下のポイントを踏まえ、ドライシャンプーの配合成分を1.0~5.0で評価しました。


    <成分評価のポイント>
    ・保湿成分は配合されているか
    ・抑臭成分は配合されているか
    ・肌への刺激となりうる成分が配合されているか など

    【検証ハイライト】満点は2商品のみ!肌への負担を軽減するなら「水」ベースのドライシャンプーを

    【検証ハイライト】満点は2商品のみ!肌への負担を軽減するなら「水」ベースのドライシャンプーを

    成分分析で文句なしの満点を獲得したのは、23商品中「the product(ザ プロダクト)」と「N.SHEA」の2商品のみ。どちらもミストタイプの商品でした。


    エタノールは配合しているものの、「the product」はダマスクローズ蒸留水を、「SHEA」はレモングラス葉水をベースにしており、ともに自然由来の成分を配合したシンプルな成分配合が高評価に繋がりました。


    ミスト・スプレータイプは比較的平均点が高かったものの、「スキューズミー」は2.5点と低評価。


    紫外線対策(UVカット)成分やコンディショニング成分などを配合しており、一見充実した成分配合に思えますが、人によっては刺激になってしまう恐れがあるため、評価は伸びませんでした。


    そのほか、UV成分やシリコーン・コンディショニング成分は、肌に残ると刺激になることもあるため減点対象としました。


    肌が敏感な方は、できるだけシンプルな成分配合のミストタイプを選ぶとよいでしょう。

    検証③ 使用感

    使用感

    最後に、mybest編集部5人がドライシャンプー23商品を実際に使用。製品そのものの使いやすさや、仕上がりのふわっと感について、5段階で評価しました。

    【検証ハイライト】スプレーはコツ要らず!パウダーはさらっとするが量の調整が難しく、初心者には不向き

    【検証ハイライト】スプレーはコツ要らず!パウダーはさらっとするが量の調整が難しく、初心者には不向き

    「サボリーノ」や「スキューズミー」など、使用感の検証で高評価を得た商品のほとんどが、スプレータイプという結果に。スプレーを直接吹きかけるだけという使いやすさが、高得点へとつながりました。


    一方で、粉を手のひら・頭皮にのせて馴染ませるパウダータイプは、どれもいまひとつの評価。実際に使用した編集部員からは、「使用量や使い方がよくわからない」という声や、「粉で髪が白くなる」という声もあり、初心者には特に不向きといえます。


    全体的に点が伸びなかったパウダータイプですが、唯一「fujiko(フジコ)」だけは高評価を獲得!キャップを外したらポンポンと馴染ませるだけなので、ドライシャンプーに使い慣れてない人でも簡単に使用できます。


    ただ、高評価を得た商品でも、「ふわっと感」はいまひとつ。どの製品も際立ってボリュームアップしたものはありませんでした。

    No.1
    ベストバイ・ドライシャンプー
    抑臭力No.1

    ネイチャーラボダイアン パーフェクトビューティー ドライシャンプー

    767円(税込)

    総合評価

    3.97
    • 抑臭力: 4.0
    • 成分評価(低刺激性): 4.0
    • 使用感: 3.9

    すべての検証で高評価に!抑臭力はもちろん保湿成分も充実した優秀な一品

    ネイチャーラボの「ダイアン パーフェクトビューティードライシャンプー」は、ほどよいフローラルの香りが勢いよく噴射されるスプレータイプ。狙ったところにしっかり当たり、頭皮の脂臭・汗臭をしっかり抑えることができました。


    抑臭力同様、使用感でも高評価を得ました。サラサラした手触りになっただけでなく、ふわっと感のある髪に。ボリューム感は少ないものの、髪1本1本のベタつきは抑えることができました。スプレーを当てると地肌がスッキリするので、夏場の使用におすすめですよ。


    さらに特筆すべき点は、その配合成分。各種セラミドや植物油を配合しているため、保湿効果が期待できるのは嬉しいポイント。髪をサラサラとさせる「カオチン活性剤」も配合しており、トリートメント製品のような成分配合が高評価へとつながりました。


    ただし、一点だけ…髪や頭皮のケア効果が期待できるのは好印象ですが、「カオチン活性剤」は場合によっては頭皮への刺激になることもあるので、肌の弱い人は注意してくださいね。

    内容量95g
    商品の特徴サラサラふんわり
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香りフレッシュシトラスペアの香り
    No.2
    初めて使う人におすすめ

    BCL(ビーシーエル)サボリーノ 髪を洗いまスプレー

    1,320円(税込)

    総合評価

    3.97
    • 抑臭力: 4.0
    • 成分評価(低刺激性): 4.0
    • 使用感: 3.9

    ミストのような使用感かつ、抑臭力も優秀で高バランス!肌にやさしい成分配合も高評価

    ほどよい柑橘系の香りは使う人を選ばず、社内モニター全員が「心地よい香り」とコメントした「サボリーノ」のドライシャンプー。


    製品の香りはそこまで強くないものの、脂臭をしっかりカバー。汗臭は少し残ってしまいましたが、レモンのような製品の香りとうまく混ざり、不快な香りはしませんでした。抑臭力は4点と高評価をつけました。


    成分評価でも4点と高い評価を獲得!頭皮のニオイを抑える効果が期待できる「チャ葉エキス」「ユーカリ葉エキス」など植物性成分をベースとした無添加な成分配合。他の商品と比べ、肌にやさしい点が評価されました。


    スプレータイプですが、粉末を使用していないためミストのような使用感。ボリューム感はそこそこですが、スプレーの威力もちょうどよく、ベタつきも和らぎます。マイナス点が限りなく少なく、5人中4人が4.0点以上の高評価をつけました。ドライシャンプーを初めて使う方にもおすすめできる商品です。

    内容量100g
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香りフルーティーハーブの香り
    No.3
    男性におすすめ

    ネイチャーラボMAROドライシャンプー

    966円(税込)

    総合評価

    3.80
    • 抑臭力: 3.5
    • 成分評価(低刺激性): 4.5
    • 使用感: 3.5

    使用感・抑臭力は及第点レベルだが、充実した成分配合で評価を伸ばした

    「MARO(マーロ)」のドライシャンプーは、小さめな噴射口からスプレーが勢いよく噴射され、汗臭やその他の不快なニオイをしっかり抑えることができました。


    メンズ用の商品ですが、香りは意外とフルーティで、女性が使用しても違和感が少ない点は嬉しいポイント。ただし、リンゴに清涼感をプラスしたような個性的な香りなので、量は加減しながら使用するのが無難でしょう。


    成分を見てみると、抑臭効果が期待できる植物エキスのほか、セラミドなどの保湿成分も多数配合。肌が弱い人には刺激になりうる防臭剤「ピロ亜硫酸Na」を使用している点で減点となりましたが、評価は4.5点と極めて優秀な結果を残しました。


    「瞬間爽快」とあるように、ふわっと感はないものの、頭皮に当てるとスッキリします。成分評価以外は平均的な結果でしたが、外出には便利な最適なサイズ。使い勝手のよい商品だといえます。

    内容量40g
    商品の特徴ボリューム仕上げ。
    形状スプレー
    ノンシリコンシリコン配合
    香り記載なし・不明
    No.4

    コーセースティーブンノル ニューヨーク ドライ シャンプー

    1,038円(税込)

    総合評価

    3.77
    • 抑臭力: 3.5
    • 成分評価(低刺激性): 4.0
    • 使用感: 3.9

    抑臭力は平均的だが、マイナス点が少ない使用感・バランスのよい成分配合で上位に

    大手ヘアケアブランド「スティーブンノル」のドライシャンプーは、万人受けしそうな清潔感あるフローラルの香りが印象的。噴射口がやや広くピンポイントの使用は難しいものの、粉っぽさが少ないため簡単に馴染ませることができます。


    根元からサラサラになり、それでいて自然な仕上がりに。1時間経過してもサラサラ感は持続しているうえ、清涼感も長く続くので、スッキリ感が欲しい人にもおすすめです。


    皮脂を吸着する効果がある「オクテニルコハク酸デンプンAI」や、抑臭効果がある「チャ葉エキス」などプラスαの成分を配合したバランスがよい成分構成。ただし、一部の人には刺激性が高いエタノールも含まれているため、満点には一歩届きませんでした。


    抑臭力検証の結果も良好。脂臭・汗臭ともにしっかり抑えることができました。製品の香りが残るものの控えめなので、不快感が少ない点も好印象。全体的にバランスの取れたドライシャンプーです。

    内容量80g
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香りフレッシュフローラルウッディの香り
    No.5
    使用感No.1

    SQUSE ME(スキューズミー)ドライシャンプー フルーティブーケ

    1,188円(税込)

    総合評価

    3.64
    • 抑臭力: 4.0
    • 成分評価(低刺激性): 2.5
    • 使用感: 4.3

    抑臭力・使用感ともにトップクラス。しかし、配合成分の豊富さが裏目に出た

    使用感では23商品中トップとなる4.3点を記録したスキューズミーのドライシャンプー。


    「皮脂吸着パウダー入り」と書いてある通り、髪1本1本に少量の粉をまとったような感覚でさらっとします。それでいて乾燥を感じない点も好印象。髪のベタつきをしっかり抑えることができました。スプレー時にはフローラルの香りを強く感じますが、後には残りにくいです。ニオイを嗅いでみると、脂臭はしっかり抑えられていて、製品の残り香もあまりありません。


    唯一低評価となってしまったのは、成分評価。保湿成分をはじめUVカット成分など、多種類の成分が配合されています。一見充実してそうに見えますが、コンディショニング成分など、一部刺激になりそうなものも配合しているため低評価となってしまいました。


    スプレーを当てると頭皮がさっぱりするので、夏に向いている商品。ただし、肌がデリケートな人にはおすすめできない結果となりました。

    内容量50g
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香りフルーティーブーケの香り
    No.6

    ミネルバコスメティックススエロスデオドライズシャンプー

    2,200円(税込)

    総合評価

    3.53
    • 抑臭力: 3.5
    • 成分評価(低刺激性): 4.3
    • 使用感: 2.8

    爽快感は強いが効果は限定的。成分評価は高いものの、そのほかは平均レベルに留まる

    パッケージがおしゃれ、かつ持ち運びやすいサイズ感の「deodrizeドライシャンプー」。男性向けの商品ですが、フローラルのような香りは女性でも問題なく使用できます。


    噴射口が細く勢いよくスプレーが噴射され、細かいパウダーが頭皮の皮脂を吸着します。脂臭・汗臭をきちんと抑えることができました。爽快感も感じますが、頭皮のさっぱり感は持続しませんでした。髪のべたつきはとれますが、ボリューム感が欲しい人には物足りないでしょう。


    抑臭力・使用感は及第点レベルですが、成分評価は4.3点と高評価。刺激となる可能性があるエタノールは配合しているものの、植物性エキスほか、抑臭効果が期待できる成分が配合されていて高評価を得ました。

    内容量60g
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンシリコン配合
    香り記載なし・不明
    No.7

    オーガニックジャパンオーガニックドライシャンプー AN

    3,069円(税込)

    総合評価

    3.49
    • 抑臭力: 4.0
    • 成分評価(低刺激性): 4.3
    • 使用感: 2.0

    抑臭力・成分ともに優秀だが、ジェル特有のペタっとした使用感が足を引っ張る結果に

    「アンマロク果実エキス」など保湿作用のある成分を多数配合しているほか、皮脂のバランスを整え、抑臭効果も期待できる精油のブレンドが好印象だった「オーガニックドライシャンプーAN」。成分評価、抑臭力で高評価を記録。嫌な脂臭や汗臭もしっかり抑えることができました。


    順位を落とす原因となってしまったのは使用感。タオル併用で使用時の手間が大きいうえ、「ジェルはムースに比べてムラになりやすく、均等に頭皮につけるのが難しい」という声もありました。


    また、きちんと拭き取らないと乾くまでに時間がかかる点もマイナスに。髪をふわっとさせにくいのはもちろん、サラサラ感も少なく、仕上がりの満足感は低め。外出先ではなく、家での使用が適しているタイプです。

    内容量200ml
    商品の特徴-
    形状ジェル
    ノンシリコンノンシリコン
    香り記載なし・不明
    No.8

    資生堂TSUBAKI お部屋でシャンプー ドライシャンプー(洗い流しのいらないタイプ)

    680円(税込)

    総合評価

    3.35
    • 抑臭力: 3.5
    • 成分評価(低刺激性): 4.5
    • 使用感: 2.0

    成分評価はトップクラスだが、抑臭力は平均的で使用感もいまひとつ

    ボトルの先を頭皮につけて使用するため、他のジェルタイプより使いやすい点が特徴の「TSUBAKI」。ジェルを直接頭皮につけるため爽快感はかなり高いものの、仕上がりはいまひとつ。ジェルにより髪が束になって固まってしまい、髪がふわっとすることもなければ、サラサラする感覚もありませんでした。


    一方、成分は高評価。保湿・抑臭効果が期待でき、バランスがいい成分配合です。ただ、刺激となりうるエタノール・香料が原因で満点には届きませんでした。


    抑臭力の検証では、脂臭・汗臭はしっかり抑えることができたものの、製品の残り香が強く、評価は伸びませんでした。外出先での使用は不向きの商品といえます。また、使用してから外出するまでに十分な時間がない場合も、使用を控えたほうが無難でしょう。

    内容量180ml
    商品の特徴-
    形状ジュレ
    ノンシリコン記載なし・不明
    香りフローラルフルーティーをブレンドした香り
    No.9

    DHC(ディーエイチシー)水のいらない リフレッシュシャンプー

    1,580円(税込)

    総合評価

    3.05
    • 抑臭力: 3.5
    • 成分評価(低刺激性): 3.0
    • 使用感: 2.5

    抑臭力は問題なし。スッキリ感はあるが、使用場所を選ぶため評価は伸びず

    DHCのドライシャンプーは、勢いよく出てくるミストタイプ。抑臭効果が期待できる点は高評価でしたが、エタノールや合成界面活性剤など、やや懸念点がある成分配合で成分評価は3点とそこそこ。抑臭力は良好で汗臭を抑えることができ、脂臭も軽減できました。


    順位を落とした原因は使用感。ミストなので髪を水で濡らしたような感覚になり、スッキリ感はあるものの、タオルで拭いてもなかなか乾きません。家にいるなら問題ありませんが、外出先ではストレスに感じてしまいそう。乾けばベタつきは取れますが、仕上がりのふわっと感・サラサラ感も物足りませんでした。

    内容量150ml
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香り爽やかなウォーターシトラスの香り。
    No.10

    持田ヘルスケアスキナ ドライシャンプー

    878円(税込)

    総合評価

    3.01
    • 抑臭力: 4.0
    • 成分評価(低刺激性): 3.0
    • 使用感: 1.7

    抑臭力が高く成分も平均的だが、独特な香りが評価を落とす要因に

    泡をしっかり頭皮につけ拭き取るため、脂や汗のニオイをしっかり抑えることができました。洗浄成分として「ココイル加水分解コラーゲンTEA」も配合しているためと考えられます。


    ドライシャンプーは洗浄成分を配合していないものがほとんどなので、他商品と比べて汚れを落とす機能に長けているといえます。しかし、保湿成分は少なく、アルコール成分も複数配合しているため、肌の弱い方は避けたほうが無難でしょう。


    極めて低評価となってしまったのは使用感。スッキリ感はありますが、拭き取り必須で手間がかかる点や、製品の独特な香りが評価を分ける結果になりました。しかし、製品の香りはそこまで残らないので、しっかり洗いたい人であれば検討の余地はあるでしょう。

    内容量140g
    商品の特徴ふわっとしたヘアスタイルに使うボリューマイザーとしても使用いただけます。
    形状ムース
    ノンシリコンノンシリコン
    香り柑橘系の香り
    No.11
    成分評価No.1

    ナプラN. シアドライシャンプー

    2,100円(税込)

    総合評価

    3.01
    • 抑臭力: 2.5
    • 成分評価(低刺激性): 5.0
    • 使用感: 1.7

    配合成分は満点だが、抑臭力はいまひとつ。独特なミントの香りも評価を分けた

    レモングラス葉水ベースのシンプルな成分配合。刺激性の高い成分が少なく、自然由来の成分が多い点が高評価へと繋がりました。成分評価は満点でしたが、そのほかの評価はいまひとつ振るわない結果に。


    脂臭はカバーできたものの、汗臭は完全に抑えることができません。また、メントールの香りは汗臭との馴染みが悪く、やや不快な香りが残りました


    製品の香りは使用感にも影響。編集部員からは「髪につけるには強すぎる」というコメントもあり、使う量には注意が必要といえます。サラサラ感・ふわっと感の少ない仕上がりもいまひとつ。ポンプが硬くて使いにくい点もマイナス評価となりました。

    内容量60ml
    商品の特徴瞬間、サラふわ髪
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香り記載なし・不明
    No.12

    コーセーネイチャー アンド コー ボタニカル ドライシャンプー

    1,080円(税込)

    総合評価

    2.97
    • 抑臭力: 1.5
    • 成分評価(低刺激性): 4.0
    • 使用感: 3.9

    成分・使用感の評価は良好だが、肝心の抑臭力は頼りない結果に

    皮脂を吸着するシリカやコーンスターチ、抑臭効果のあるセージ葉エキスを配合。ホホバ種子油で保湿効果も期待できるなど、成分バランスはよく評価は4点を得ました。粒子が細かいパウダーで、粉っぽさが少ない点も好印象。サラサラした髪になり、ボリュームアップとまではいえませんが、ふわっと感のある髪になりました


    石けんのようなほどよい香りは高評価でしたが、汗臭との相性はいまひとつ。脂臭はカバーできたものの、汗臭を完全に抑えることはできず、評価は1.5点と低評価。全体の順位を落としてしまいました。

    内容量90g
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香りリラックスハーバルグリーンの香り
    No.13

    ココバイthe product (ザ プロダクト)ドライシャンプー

    1,154円(税込)

    総合評価

    2.85
    • 抑臭力: 1.5
    • 成分評価(低刺激性): 5.0
    • 使用感: 2.5

    成分配合は文句なし。製品の香りは強いものの、抑臭力があるとはいえない

    ミントガムのような強い香りが特徴的な「the product(ザ プロダクト)」のドライシャンプー。サッパリ感はあるものの、製品の強い香りが好みを分け、使用感の評価は2.5点と低評価に。髪のサラッと感やふわっと感が欲しい人よりも、爽快感が欲しい人に向いています。


    抑臭力の検証では脂っぽいニオイが残り、製品の香りでも隠しきれません。成分評価は満点を獲得しましたが、ドライシャンプーとしての実力には欠ける結果となりました。

    内容量115ml
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンシリコン配合
    香り記載なし・不明
    No.14

    Fujiko(フジコ)FPPパウダー

    1,680円(税込)

    総合評価

    2.83
    • 抑臭力: 1.0
    • 成分評価(低刺激性): 4.0
    • 使用感: 4.1

    コツ要らずでふわっと感のある髪に仕上がるが、抑臭力は期待できない

    植物性エキスを多数配合している点は好印象です。しかし、シリコーン系成分も多いため、肌の弱い人は避けた方が無難です。ポンポンと髪の根元に押し付けるだけなので、簡単に使えるのは嬉しいポイント。ベタつきをしっかり吸収し、ふわっと感のある髪に仕上がりました


    成分・使用感と高評価だった一方、抑臭力は低評価。特に毛髪が多い部分に使用するのは難しく、あまり臭いを抑えることができませんでした。ドライシャンプーというよりも、前髪などの部分的なスタイリング剤として使用するほうがよいでしょう。

    内容量8.5g
    商品の特徴根本のボリュームアップのスタイリング剤としても使用いただけます
    形状パウダー
    ノンシリコンノンシリコン
    香り記載なし・不明
    No.15

    COLAB(コーラボ)ドライシャンプーオリジナルローズ&ベルガモット

    980円(税込)

    総合評価

    2.82
    • 抑臭力: 3.0
    • 成分評価(低刺激性): 3.0
    • 使用感: 2.4

    サラサラした髪に仕上がるが、強い香りが苦手な方は避けた方が吉

    ベタつきを抑える効果に優れた成分配合が特徴的だったCOLAB(コーラボ)のドライシャンプー。刺激となり得る香料が使われており、成分評価は平均レベルに留まりました。スプレーの勢いが強く頭皮にしっかり当てることができる一方、地肌のスッキリ感も強めで、実際に使用した編集部員からは「冷たすぎる」という声も…。寒い季節にはおすすめできませんが、夏場の使用であれば問題ないでしょう。


    また、抑臭力もいまひとつ。ベタつきはしっかり抑えることができますが、脂臭・汗臭を完全にカバーすることはできませんでした。

    内容量200ml
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香りローズ&ベルガモットの優雅な香り
    No.16

    コーセーフレッシュケア ドライシャンプーシート

    343円(税込)

    総合評価

    2.74
    • 抑臭力: 2.5
    • 成分評価(低刺激性): 3.0
    • 使用感: 2.8

    持ち運びやすいが、毛量が多いほど使いにくい。短髪向きのドライシャンプー

    シートタイプのドライシャンプー。亜鉛やアンモニウムを配合した抑臭効果に優れた成分配合ですが、毛量が増えるほどシートが頭皮に届きにくくなるため、抑臭力の評価は伸びませんでした。


    拭き取りタイプなので、頭皮がスッキリした感覚はありますが、仕上がりのサラサラ感・ふわっと感はあまり感じません。髪の短い男性であれば問題なく使用できそうですが、毛量が多い場合は使いにくいでしょう。また、刺激となりうる成分のエタノールを配合しているので、肌の弱い人は注意が必要です。

    内容量10枚
    商品の特徴-
    形状シート
    ノンシリコンノンシリコン
    香り心安らぐラベンダーの香り
    No.17

    コーセーフレッシュケア ドライシャンプーフォーム

    668円(税込)

    総合評価

    2.69
    • 抑臭力: 2.5
    • 成分評価(低刺激性): 3.5
    • 使用感: 2.1

    効果が期待できそうな成分配合だが、手間がかかる使い方で初心者には不向き

    「心安らぐラベンダーの香り」はあまり感じませんが、爽やかで清潔感のある香り。拭き取りタイプで手間がかかるものの、頭皮はスッキリします。ただし、フォームタイプなのでしっかり拭き取らないとベタつき、仕上がりのふわっと感も物足りないため、評価は伸びませんでした。


    抑臭力もいまひとつ。拭き取った後もわずかに汗臭が感じられました。使用する際は少し多めに使うとよいでしょう。抑臭・洗浄効果が期待できる成分配合ですが、肌に残ると負担になるため、丁寧に拭き取ることがポイント。使用量や使用方法に注意が必要なため、順位も振るわない結果となりました。

    内容量180g
    商品の特徴-
    形状フォーム
    ノンシリコンノンシリコン
    香り心やすらぐラベンダーの香り
    No.18

    資生堂フレッシィ ドライシャンプー (ディスペンサー)

    365円(税込)

    総合評価

    2.54
    • 抑臭力: 2.0
    • 成分評価(低刺激性): 3.7
    • 使用感: 2.1

    入浴が難しい場合なら検討の余地アリ。しかし、脂臭を完全には抑えられない

    独特な香りで好みが分かれた「フレッシィ」のドライシャンプー。頭皮につけると、スッキリとした清涼感は感じますが、乾くまでに時間がかかってしまいました。ふわっと感のある髪にもならないので、外出先での使用は向いていません


    抑臭力もいまひとつ。汗臭は抑えられたものの、脂臭は微かに残ってしました。比較的バランスがよい成分配合ですが、エタノールが高配合されているため、肌の弱い方は注意が必要です。

    内容量150ml
    商品の特徴-
    形状スプレー
    ノンシリコンノンシリコン
    香り無香料
    No.19

    giovanni(ジョヴァンニ)ドライシャンプー&ボリュームパウダー

    1,647円(税込)

    総合評価

    2.49
    • 抑臭力: 1.0
    • 成分評価(低刺激性): 4.5
    • 使用感: 2.4

    配合成分はトップクラス。しかし、抑臭効果はいまひとつ

    「giovanni」のドライシャンプーはスタイリング剤としても使用可能。しかし、ベタつきは取れたもののボリューム感は感じられず、使用感の評価は平均レベルに留まりました。


    コーンスターチとカオリンなど、植物由来の成分がベースとなっているため肌がデリケートな方でも使いやすいのは嬉しいポイント。成分評価は4.5と極めて優秀な結果を収めました。一方で、抑臭力は最低評価。抑臭効果はわずかに感じられましたが、ドライシャンプーとして使う場合は大量に粉を髪にまぶす必要がありそうです。

    内容量50g
    商品の特徴髪のべたつきをおさえてボリュームスタイルを作り、 頭皮を清潔に保つヘアスタイリングパウダー
    形状パウダー
    ノンシリコンノンシリコン
    香り記載なし・不明
    No.20

    LUSH(ラッシュ)ドライミー!

    1,490円(税込)

    総合評価

    2.40
    • 抑臭力: 1.5
    • 成分評価(低刺激性): 3.5
    • 使用感: 2.5

    香りはよいが、抑臭力はいまひとつ。ドライシャンプーとしては物足りない

    グレープフルーツの香りが高評価だったLUSH(ラッシュ)のドライシャンプー。髪のベタつきはなくなり、サラッとした髪に仕上がったものの、ふわっと感はいまひとつ。また、手に取って頭皮に馴染ませるタイプのため、使用感の検証では使いにくいというコメントも。初心者には不向きでしょう。


    皮脂の吸着に優れたコーンスターチが主成分。しかし刺激となる可能性がある香料配合されているため、評価は平均レベルに留まりました。抑臭力のも検証でも、あまり効果を感じられず…。しっかりとニオイを抑えるには、大量の粉を頭皮にムラなく使用しましょう

    内容量115g
    商品の特徴-
    形状パウダー
    ノンシリコンノンシリコン
    香りグレープフルーツとライムの爽快な香り
    No.21

    AcureDRY SHAMPOO - BRUNETTE TO DARK HAIR

    3,999円(税込)

    総合評価

    2.26
    • 抑臭力: 1.0
    • 成分評価(低刺激性): 4.5
    • 使用感: 1.7

    成分評価は文句なし。しかし、初心者には扱いづらく抑臭力は物足りない

    頭皮に負担となる成分が特になく、肌がデリケートな人でも使いやすいドライシャンプー。しかし、髪に馴染ませるにはコツがいります。サラッとした髪になり、ふわっと感もそこそこありますが、特別高く評価できるほどでもありませんでした。


    きちんと使用するのが難しく、抑臭力の検証でもニオイの減衰も少なめ。パウダータイプなので爽快感もなく、全体的に物足りなさを感じる結果で、あえて選ぶ理由は見当たりませんでした。

    内容量58g
    商品の特徴-
    形状パウダー
    ノンシリコンノンシリコン
    香りローズマリー
    No.22

    四国紙販株式会社水の要らない泡なしシャンプーウェット手袋

    267円(税込)

    総合評価

    1.87
    • 抑臭力: 1.0
    • 成分評価(低刺激性): 2.5
    • 使用感: 2.4

    使いやすさを追求した「手袋型」が裏目に。抑臭力もいまひとつ

    「四国紙販」のドライシャンプーは手袋型になっているのが特徴的。確かに頭皮は拭きやすいのもの、手全体が湿る不快感が原因で使用感の評価は2.4点と低評価


    また、手袋型のため、ムラなく拭き取るのが難しく、抑臭力は振るわない結果に。脂臭・汗臭ともに抑えきることはできませんでした。成分評価は2.5点。肌が弱い人は使用を避けましょう。

    内容量2枚
    商品の特徴-
    形状シート
    ノンシリコンノンシリコン
    香りフルーティーフローラルの香り
    No.23

    Bumble and bumble.(バンブルアンドバンブル)Prêt-à-powder

    9,000円(税込)

    総合評価

    1.85
    • 抑臭力: 2.0
    • 成分評価(低刺激性): 0.0
    • 使用感: 3.5

    ふわっと感のある髪に仕上がるが、抑臭力は低め。ドライシャンプーとしては物足りない

    海外で人気のBumble and bumble(バンブル アンド バンブル)のドライシャンプー。ドライシャンプーというよりは、スタイリング剤のような使用感が特徴的で、甘い香りのパウダーがペタっとした髪の束をほぐし、ふわっと感のある髪に仕上がりました。


    一方で抑臭力はいまひとつ。製品の香りでうまく隠せたものの、脂や汗臭は抑えることができませんでした。

    内容量56g
    商品の特徴ボシューム仕上がり
    形状パウダー
    ノンシリコンノンシリコン
    香り記載なし・不明

    人気ドライシャンプーの検証結果比較表

    汗をかいたらしっかり洗浄!おすすめシャンプーもチェック!

    記事冒頭でも記載した通り、ドライシャンプーは頭皮や髪のニオイとベタつきを抑えてくれるもの。汚れを落とす力は期待できません。


    以下の記事では、おすすめの市販シャンプーをご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

    文:内田百美、写真:三浦晃一・稲垣佑季・瀧川寛
    ランキング作成日:2020年3月31日

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す