• 猫の首輪おすすめ人気ランキング10選【セーフティーバックル・迷子札つきも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 猫の首輪おすすめ人気ランキング10選【セーフティーバックル・迷子札つきも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 猫の首輪おすすめ人気ランキング10選【セーフティーバックル・迷子札つきも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 猫の首輪おすすめ人気ランキング10選【セーフティーバックル・迷子札つきも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 猫の首輪おすすめ人気ランキング10選【セーフティーバックル・迷子札つきも!】のアイキャッチ画像5枚目

猫の首輪おすすめ人気ランキング10選【セーフティーバックル・迷子札つきも!】

猫を飼っていると必須アイテムとなるのが首輪です。脱走や災害時などで猫が迷子になってしまっても、首輪があれば大丈夫。一目で飼い猫だと判別できます。付けていると安心な首輪ですが、デザインも豊富でおすすめとされる製品も多いため、どれを購入しようか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、猫の首輪の選び方と、通販で購入できる人気商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ、ご自宅の猫ちゃんにピッタリな首輪を見つけてくださいね!

  • 最終更新日:2019年02月25日
  • 417  views
目次

室内飼いの猫に首輪は必要?

室内飼いの猫に首輪は必要?

猫を室内で飼育している場合、首輪は必要ないと思うかもしれません。でも、万一のことは起こり得るもの。ドアを開けたときに脱走してしまったり、災害時などの緊急時に外に出てしまった場合、首輪は捜索や身元確認のための、大きな手がかりとなります。


マイクロチップを装着する方法もありますが、保護した方が気づかないことも考えられます。首輪があれば一目見て飼い猫と分かるため、いざという時のために付けておくのがおすすめ。万一の場合に備えて、首輪を付ける習慣をつけておきましょう。

猫の首輪の選び方

まずは、猫の首輪の選び方についてのご紹介です。

飼い猫に合わせたサイズ選びが重要

首輪のサイズ選びは、まずはじめに注意しておきたいポイントです。短いと息苦しく感じ、長すぎると猫が外そうとして口に引っかかり、猿ぐつわのようになってしまうことも。購入前にはしっかりとサイズを確認しましょう。

「指が2本程度入るぐらい」の余裕をもったサイズがベスト

「指が2本程度入るぐらい」の余裕をもったサイズがベスト

猫の首にピッタリなサイズの首輪は、猫の首回りの長さプラス4cmほどとされています。首輪を付けた際の丁度良いサイズの目安は、猫と首輪の隙間に指が2本ぐらい入る程度です。長毛種の場合は、さらにゆとりを持たせて3本程度を目安にしてください。


サイズを測る際には、やはりメジャーを使うのが正確。でも猫ちゃんが嫌がる場合には、木綿糸などの伸縮性のない糸を使用して計測するのがおすすめですよ。

子猫にはサイズ調整できるものが○

子猫にはサイズ調整できるものが○

子猫に首輪をつける場合は、さらに注意が必要です。日々成長していく子猫は、気がつくと首輪が窮屈になっていた、なんてことも少なくありません。子猫用サイズの首輪を選ぶのはもちろん、子猫の成長に合わせて、サイズ調整が可能な首輪を選ぶのもおすすめです。


子猫に最適な首輪のサイズの目安は、子猫の首と首輪の隙間に指が1~2本入る程度が理想です。子猫が息苦しさを感じないよう、首輪のサイズチェックはこまめに行ってくださいね。

動きの活発な猫には「セーフティーバックル」タイプがおすすめ

動きの活発な猫には「セーフティーバックル」タイプがおすすめ

高い身体能力を持った猫は、ジャンプしたり、狭いすき間を通り抜けたり等が大好き。でも、首輪をつけたまま高い場所に登ると木の枝などの出っ張りに首輪が引っかかり、首吊り状態になってしまう危険性もあるので、注意が必要です。


そのような危険を避けるため、特に活発な子には、強い力で引っ張ると外れるセーフティーバックルタイプの首輪を選びましょう。


首輪の引っかかりが心配ならその他にも、強い力がかかるとよく伸びて脱げやすい、柔らかな素材を使用したシュシュタイプもおすすめですよ。

鈴やリボンは猫のストレスにならない程度が目安

鈴やリボンは猫のストレスにならない程度が目安
可愛らしいデザインの多い猫の首輪ですが、アクセサリーがたくさん付いたものは避けた方がいいでしょう。首が動かしにくかったり、重すぎることでストレスを感じてしまいます。

首輪の飾りやデザインについては、ワンポイントでアクセサリーが付いたタイプや、幅の細めのものを選ぶのがおすすめ。


鈴については常に首元で音が鳴ることになるので、聴力が優れた猫にはストレスになることも。ただ、鈴には猫の居場所が分かるといったメリットもあるため、猫が嫌がるそぶりを見せなければ、付けておいた方が良いこともありますよ。特に家具の隙間などに隠れがちな子には、鈴があると居所がわかって安心ですね。

迷子札付きタイプなら、さらに安心・安全

迷子札付きタイプなら、さらに安心・安全

万が一迷子になってしまった場合のことを考えるなら、迷子札つきの首輪を選ぶのもおすすめ。飼い主の名前や電話番号を書き込めるため、発見の可能性がグッと上がります。記入した迷子札は文字が消えていないか、定期的に確認しましょう。


ただし迷子札については、別売りの迷子札を選ぶのも手。可愛らしいアクセサリータイプもありますので、合わせてチェックしておくのもいいですね。

猫の首輪の人気ランキング10選

それでは、猫の首輪の人気商品をご紹介します。
10位
サイズ19cm(13~26cmの間で選択可)
セーフティーバックル×(ゴムあり)
○(取り外し可)
迷子札×
本体重量
9位

ビーグラッド猫専用ぬこ武将首輪

1,260円 (税込)

サイズ約19cm~30cm
セーフティーバックル
×
迷子札×
本体重量約3g
8位

猫用品のゴロにゃんゴロにゃんオリジナル セーフティー猫用首輪

822円 (税込)

サイズ約22~35cm
セーフティーバックル
×
迷子札△(お名前シール付属)
本体重量約6g
7位
サイズ5.5×2.0×20.5cm(首回り17~28cm)
セーフティーバックル
迷子札×
本体重量15g
6位

猫雑貨 招福セーフティバックル付猫首輪

KG-M

1,380円 (税込)

サイズ17~28cm
セーフティーバックル
迷子札×
本体重量
5位
サイズ約10~30cm
セーフティーバックル
迷子札×
本体重量約5g
4位
サイズ5×8×32.5cm
セーフティーバックル×(マジックテープ)
×
迷子札×
本体重量5g
3位

iCatカジュアルカラー 小花柄 猫首輪

756円 (税込)

サイズ18~30×1cm
セーフティーバックル
迷子札×
本体重量約7g
2位
サイズオーダーメイドで選択可(幅1.2cm)
セーフティーバックルオーダーメイドで選択可
×
迷子札
本体重量
1位
サイズ5.5×1.5×20.5cm(首回り17~28cm)
セーフティーバックル
○(反射)
迷子札
本体重量15g

猫の人気首輪比較一覧表

商品画像
1
猫 首輪 ペティオ 猫小町カラー 首輪  1枚目

ペティオ

2
猫 首輪 TOPWAN 刺繍ネーム猫首輪 Sサイズ 1枚目

TOPWAN

3
猫 首輪 iCat カジュアルカラー 小花柄 猫首輪 1枚目

iCat

4
猫 首輪 プラッツ Beasite Bands 1枚目

プラッツ

5
猫 首輪 necono Luce Bell マウスグレー 1枚目

necono

6
猫 首輪 猫雑貨 招福 セーフティバックル付猫首輪 1枚目

猫雑貨 招福

7
猫 首輪 ペティオ 首輪 モノグラムレザー 1枚目

ペティオ

8
猫 首輪 猫用品のゴロにゃん ゴロにゃんオリジナル セーフティー猫用首輪  1枚目

猫用品のゴロにゃん

9
猫 首輪 ビーグラッド 猫専用ぬこ武将首輪 1枚目

ビーグラッド

10
猫 首輪 猫雑貨 招福 猫首輪 シュシュ 1枚目

猫雑貨 招福

商品名

猫小町カラー 首輪

刺繍ネーム猫首輪 Sサイズ

カジュアルカラー 小花柄 猫首輪

Beasite Bands

Luce Bell マウスグレー

セーフティバックル付猫首輪

首輪 モノグラムレザー

ゴロにゃんオリジナル セーフティー猫用首輪

猫専用ぬこ武将首輪

猫首輪 シュシュ

特徴迷子札と反射鈴で、万一の場合も安心・安全!オーダーメイドで1つだけのオリジナル首輪を作ろう!びよーんと伸びて、苦しくならない安心設計マジックテープでサイズの調整もラクラクシンプルかつ洗練されたデザインで人気これで、あなたの猫ちゃんも泥棒猫!?レザーの首輪は耐久性バツグンソフトタイプで、首への負担を軽減軽くて強い真田紐で、猫も颯爽と走り抜ける!柔らかシュシュで、猫も嫌がらない
価格365円(税込)2,560円(税込)756円(税込)1,082円(税込)3,024円(税込)1,380円(税込)481円(税込)822円(税込)1,260円(税込)1,280円(税込)
サイズ5.5×1.5×20.5cm(首回り17~28cm)オーダーメイドで選択可(幅1.2cm)18~30×1cm5×8×32.5cm約10~30cm17~28cm5.5×2.0×20.5cm(首回り17~28cm)約22~35cm約19cm~30cm19cm(13~26cmの間で選択可)
セーフティーバックルオーダーメイドで選択可×(マジックテープ)×(ゴムあり)
○(反射)×××××○(取り外し可)
迷子札××××15g△(お名前シール付属)××
本体重量15g約7g5g約5g約6g約3g
商品リンク

初めて首輪を付けるときの注意点

初めて首輪を付けるときの注意点

せっかく首輪を購入しても、ちゃんと慣れてくれるかどうか…と、心配ですよね。そんな方のために、いくつかのポイントをお教えしましょう。


初めて首輪をつける猫ちゃんには、まずは短い時間装着して様子を見るのがコツ。この間に首輪を付けて苦しくないか、緩すぎないかもチェックします。猫が嫌がる様子を見せたら、無理せず外してあげましょう。長時間首輪を付けて嫌な思いをすると、首輪を受け付けなくなってしまうため、少しずつ慣れさせることが大切です。


首輪を嫌がる場合は、シュシュやリボンなどから始めたり、鈴や迷子札を気にしている場合は、まずはそれらを外した状態で付けてあげることをおすすめします。


また、子猫に首輪を付けるのはかわいそうと思われる方もいるかもしれませんが、成猫になってからいざ付けようとすると、嫌がる確率も、暴れる危険性もぐっと高まりますし、何より猫ちゃんのストレスになってしまいます。猫ちゃんが苦労しないためにも、子猫のときから習慣付けてあげてくださいね。

かわいい猫ちゃんには、こちらもおすすめ!

付け心地のいい首輪選びはもちろんですが、かわいい猫ちゃんの、毎日のケアにも気を遣ってあげたいところ。とはいうものの、爪切りやブラシなどのグルーミング用のグッズは数多く出ているため、どれが使いやすいのか、正直悩むところでしょう。


そんな悩める飼い主さんのため、以下の記事では全国に店舗を構える大人気猫カフェに全面的に協力していただき、猫用グッズを徹底的に検証しています。こちらもぜひご覧くださいね!

猫の首輪の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、猫の首輪のAmazon・Yahooショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

猫の首輪についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?万が一の脱走を考えれば、どの猫ちゃんにも首輪は必要です。選び方を参考に、愛する猫ちゃんにピッタリな首輪を見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す