1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 猫用品
  6. >
  7. 【徹底比較】猫用食器のおすすめ人気ランキング10選
【徹底比較】猫用食器のおすすめ人気ランキング10選

【徹底比較】猫用食器のおすすめ人気ランキング10選

猫がごはんを快適に食べられるように工夫された「猫用食器」。猫壱やペティオといった様々なメーカーの商品が存在しますが、どの商品の性能が本当に優秀なのか気になりませんか?


そこで今回は、Amazon・楽天・価格.comなどの売れ筋上位の猫用おもちゃ10商品を全て購入し、最もおすすめな猫用食器はどれか、検証して決定したいと思います!


全国に店舗を構える大人気猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちに協力していただき、全ての商品を実際に使って以下3点の比較・検証をしてもらいました。

  1. 食べやすい形状かどうか
  2. 安定性
  3. お手入れのしやすさ

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

  • 2020年08月05日更新
  • 144,889 views

検証のポイント

売れ筋の猫用食器10商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 食べやすい形状かどうか

    検証① 食べやすい形状かどうか

    まずは猫用食器が「食べやすい形状かどうか」について検証していきます。実際に猫がエサを食べている様子を猫カフェのスタッフさんに見ていただき、ラクな姿勢で食べられるかどうか、深さや広さが適切かどうかなどを評価してもらいました。

  • 安定性

    検証② 安定性

    次に猫用食器の「安全性」について検証していきます。実際に猫がエサを食べている様子を猫カフェのスタッフさんに見ていただき、食事中に食器がズレないか、台座に設置した食器が動かないかなどを評価してもらいました。

  • お手入れのしやすさ

    検証③ お手入れのしやすさ

    次に猫用食器の「お手入れのしやすさ」について検証していきます。実際に猫カフェのスタッフさんに食べ終わった食器を洗ってもらい、洗いやすい形状かどうか、洗いにくい箇所はないかどうかなど、お手入れのしやすさについて評価してもらいました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    大人気猫カフェの全面協力のもと徹底比較!

    大人気猫カフェの全面協力のもと徹底比較!

    今回は全国に店舗を構える大人気猫カフェに全面的に協力していただき、猫用食器10商品を徹底検証しました!


    全国に店舗を構える大人気猫カフェのスタッフさんに、実際に店内で暮らす猫ちゃんたちにご飯をあげていただき、食べやすい形状かどうかやお手入れのしやすさなどひとつひとつの食器についてじっくりと評価しています。

    猫用食器の選び方

    猫用食器を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

    ① 猫にとって食べやすい形状の食器を選ぶ

    食器を選ぶ際に重要なサイズ・形・重量などのポイントをチェックして、猫にとって食べやすいものを選びましょう。

    浅すぎず深すぎない食器を選ぼう

    浅すぎず深すぎない食器を選ぼう
    猫ちゃんにとって「浅すぎず深すぎず」な食器を選ぶのがベストです。

    深すぎるとフードが底に残ってしまう原因になりかねません。とはいえ、浅すぎても食事中にフードがポロポロとこぼれてしまう可能性が高まるため、ある程度の深さはほしいところです。

    目安としては、猫の顔が底に届くような食器なら問題ないと言えるでしょう。

    猫のヒゲが当たらない幅がベスト

    猫のヒゲが当たらない幅がベスト

    猫のヒゲが当たりにくい横幅の広い楕円形の食器か、猫の顔よりも一回り大きなサイズの食器を選びましょう。


    猫はエサを食べるときにヒゲが当たるのをとても嫌がります。猫のストレスを溜めないようにするためにも、ヒゲの幅にあった食器を選びましょう。

    吐き戻し防止には首を曲げすぎない高さのものを選ぼう

    吐き戻し防止には首を曲げすぎない高さのものを選ぼう
    猫の顔あたりの高さで、首を曲げすぎずに済む食器を選びましょう。

    猫の食道は口から胃までほぼ真っ直ぐに繋がっているので、食器の位置が低いと頭と喉が下向きの状態になり、食事を戻してしまうことがあります。吐き癖がある猫や屈む姿勢が辛くなる高齢の猫は、食器の高さを調節してあげるだけで楽に食べられるようになることが多いです。


    台座付きの食器を選ぶのもいいですが、まずは食器の下にまな板・浅型のプラスチックケース・空き缶などを敷いて、ちょうどいい高さを探るといいですよ。

    ② 安定性があるものを選ぶ

    安定性があるものを選ぶ

    猫がエサを食べているときに食器自体が動いてしまわないような、なるべく重量があって安定性の高い商品あるものを選びましょう。猫の動きに合わせて食器が動くと、猫も落ち着いて食事ができません。


    プラスチックなど軽い食器を使いたい場合は、底に滑り止めがついているものを選びましょう。滑り止めがついていない場合、100円ショップやホームセンターで売っている滑り止めシートを貼るなどして、食器がズレないような工夫をすると良いですよ。

    ③ 素材の特徴から選ぶ

    猫用食器に使われている素材には、大きく分けて「陶磁器製」「ステンレス製」「プラスチック製」の3タイプがあります。

    安全性やお手入れのしやすさなど、それぞれの素材のメリット・デメリットを把握し、猫にピッタリな食器を選びましょう。

    安定感があって清潔に使える「陶磁器製」

    安定感があって清潔に使える「陶磁器製」

    陶磁器の猫用食器は、ある程度の重さがあるので安定感があり、傷つきにくいため清潔に使えるというのが特徴です。


    冬場でもエサが冷めにくいという利点もあります。電子レンジ対応のものを選ぶと、器のまま温められるので便利です。


    ただし割れやすいというデメリットもあるので、取り扱いには注意が必要ですね。

    丈夫でお手入れがしやすい「ステンレス製」

    丈夫でお手入れがしやすい「ステンレス製」
    ステンレスの猫用食器は、落としても壊れない丈夫さが最大のメリット。また錆びにくく汚れが落ちやすいので毎日のお手入れも簡単です。

    ただし金属製なので冬場は冷たく、猫によっては金属の臭いを嫌がることも。猫の好みをきちんと確認したうえで選んであげましょう。

    また食器自体が軽いため、猫がエサを食べているときの安定感にも不安が残ります。食器の底に滑り止めが付いているものを選ぶのがベストです。

    口や歯への刺激が少ない「プラスチック製」

    口や歯への刺激が少ない「プラスチック製」

    プラスチック製の猫用食器は比較的リーズナブルな点や、軽くて扱いやすい点が便利です。


    ただし、軽いゆえに安定感がなく、猫がエサを食べているときに動いてしまいがち。滑り止め付きのものを選ぶのがよいでしょう。


    また、傷が付きやすく、傷の隙間に入り込んだ汚れや菌が落ちにくいので、長期間使い続けたりウェットフードをあげたりするのは避けた方がよいと言えます。

    ④ 猫のクセに対応した食器を選ぶ

    「エサを器の外によくこぼす」「早食いして戻してしまう」といった、猫のクセに対応した食器を選んであげましょう。

    食べこぼし防止には「そり返し」や「二段構造」のものを

    食べこぼし防止には「そり返し」や「二段構造」のものを

    食べこぼしをすることが多い猫には、食べやすい角度が付いている「そり返し」のものや、内側にフチのある「二段構造」のものを選んでみてください。


    食器の周りにエサがこぼれると、そちらが気になって食事を中断してしまう猫もいます。また食べこぼしが多いと飼い主も掃除の手間が増えて大変です。


    食べこぼしを食器だけで完全に防ぐのは難しいので、食器の下にランチョンマットやトレーを敷いて対策すると、お掃除も楽になりますよ。

    早食い対策には凹凸状のものが◎

    早食い対策には凹凸状のものが◎

    早食いしてしまう猫には食器内に凹凸がついた食器が最適です。凹凸のすき間にエサが入り込んで食べづらくなるため、自然とゆっくり食事をするようになります。


    早食いは胃腸への負担・のど詰まり・嘔吐・胃捻転などへ繋がる危険性も。猫の健康のためにもぜひ対策してあげてください。


    しかし猫によっては早食い防止の食器だとエサを食べるのに時間がかかりすぎて、食事が面倒になってしまうというケースもあります。その場合は通常の食器で少しずつ餌をあげて早食いを防ぐといった別の工夫も試してみてくださいね。

    売れ筋の人気猫用食器全10商品を徹底比較!

    猫用食器の検証

    ここからはAmazon・楽天・価格.com・Yahoo!ショッピングなどの売れ筋ランキング上位の猫用食器全10商品を全て購入し、今回は猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちにもご協力をいただき、どれが最も優れた猫用食器なのかを検証していきます。


    検証項目は以下の3項目としました。

    検証①:食べやすい形状かどうか

    検証②:安定性

    検証③:お手入れのしやすさ

    今回検証した商品

    1. Diester|早食い防止食器
    2. Iontek|ステンレス ボウル食器
    3. Romote|スタンド フードボウル
    4. TaoKing|猫 食器 スタンド
    5. エイムクリエイツ|ネコにやさしい食器 SS
    6. オーカッツ|ヘルスウォーターシリーズ フードボウル M
    7. ペティオ|necoco メラミンディッシュ
    8. リッチェル|猫用 食べやすい食器 S
    9. 猫壱|ハッピーダイニング 脚付フードボウル
    10. 自然農園|食卓ラック ナチュラル

    検証① 食べやすい形状かどうか

    食べやすい形状かどうか

    まずは猫用食器が「食べやすい形状かどうか」について検証していきます。


    実際に猫がエサを食べている様子を猫カフェのスタッフさんに見ていただき、ラクな姿勢で食べられるかどうか、深さや広さが適切かどうかなどを評価してもらいました。

    【検証結果ハイライト】猫にとって1番食べやすいのは、食器自体の高さがある「猫壱 脚付フードボウル」!

    【検証結果ハイライト】猫にとって1番食べやすいのは、食器自体の高さがある「猫壱 脚付フードボウル」!

    猫にとって最も食べやすい形状だったのは猫壱 脚付フードボウルでした!


    食器自体に高さがあるため、猫が首を曲げて頭を下に向けることなく、楽な体勢でエサを食べられる点が高評価となりました。


    実際に他の猫が食べている食器に浮気することなく、この食器でエサを黙々と食べ続けていましたよ!

    検証② 安定性

    安定性

    次に猫用食器の「安全性」について検証していきます。


    実際に猫がエサを食べている様子を猫カフェのスタッフさんに見ていただき、食事中に食器がズレないか、台座に設置した食器が動かないかなどを評価してもらいました。

    【検証結果ハイライト】滑り止めがついている食器の安定感はかなり高め!

    【検証結果ハイライト】滑り止めがついている食器の安定感はかなり高め!

    食器の底に滑り止めがついているものが安定感の評価高めの傾向でした!


    滑り止めがしっかりとしている食器は、猫がエサを食べている間にズレないので食べやすく、ひっくり返してエサをこぼしてしまうこともありませんでした。


    なお一見安定感があるように見えますが、台座つきの食器は台座と器の固定が不安定なものが多かったです。

    検証③ お手入れのしやすさ

    お手入れのしやすさ

    次に猫用食器の「お手入れのしやすさ」について検証していきます。


    実際に猫カフェのスタッフさんに食べ終わった食器を洗ってもらい、洗いやすい形状かどうか、洗いにくい箇所はないかどうかなど、お手入れのしやすさについて評価してもらいました。

    【検証結果ハイライト】形状がシンプルで軽い食器ほど洗いやすい

    【検証結果ハイライト】形状がシンプルで軽い食器ほど洗いやすい

    形状がシンプルで軽い食器はとても洗いやすく、洗う時間も少なくて済みました。


    またプラスチック製・ステンレス製の食器は落としても割れないので安心感があります。


    陶磁器製の食器は水に濡れると滑りやすくなり、手からつるっと落ちてしまいそうに。そんな陶磁器製はすぐに割れてしまいやすい素材なので、お手入れの際の扱いには注意が必要です。

    No.1

    リッチェル猫用 食べやすい食器 S

    B002DQ9VUO

    606円

    総合評価

    4.00
    • 食べやすい形状かどうか: 4.0
    • 安定性: 4.0
    • お手入れのしやすさ: 4.0

    オール満点を獲得したmybestおすすめ商品はこちら!コスパ最強で文句なしの1位!!

    なんと全検証項目において最高評価を獲得!食べこぼしが発生しにくい二段形状を採用した猫用食器です。


    プラスチック製なのにも関わらず適度な重さがあり、滑り止めがついているので安定感は抜群。シンプルな形状で洗いやすく、手を滑らせて落としてしまっても割れないため、お手入れのしやすさも最高評価でした。


    オールA評価なのに値段もかなりリーズナブルで言うことなし!「最も優秀な猫用食器はコレ!」と自信をもっておすすめできる商品です!!

    重量240g
    素材プラスチック
    No.2

    猫壱ハッピーダイニング 脚付フードボウル

    rSo4626284

    995円

    総合評価

    4.00
    • 食べやすい形状かどうか: 4.0
    • 安定性: 3.0
    • お手入れのしやすさ: 3.0

    猫にとって最も食べやすい形状の食器はコレ!高さがあるので首を曲げずに済むのが◎

    「食べやすい形状かどうか」の検証項目において1位を獲得した脚付の猫用食器です。


    高さがある分猫が首を下に曲げすぎずに済むため吐き戻し防止効果があり、猫の食事時の負担やストレスが大きく減らしてあげることができますよ。また陶磁器製で重みがあるので、猫の食事中に食器がズレたりすることもなく、安定性も問題ありません。


    形状や安定性など、猫にとって食べやすい要素が詰まった優秀食器です。

    重量295g
    素材陶磁器
    No.3

    Iontekステンレス ボウル食器

    B072QV3HB9

    1,099円

    総合評価

    3.00
    • 食べやすい形状かどうか: 3.0
    • 安定性: 4.0
    • お手入れのしやすさ: 3.0

    とても軽いのに、しっかりした滑り止めゴムのおかげで安定感抜群!

    今回検証した10商品の中で最も軽いステンレス製の猫用食器。2個セットになったお得な商品です。


    非常に軽いことで安定性がないかと思いきや、食器の底についている滑り止め用ゴムがとても優秀で、食事中にズレてしまうことがありません


    食器の形状がシンプルでとても軽く、落としても割れてしまうことがないため洗いやすさも◎ただ、食器と滑り止め用ゴムの間にある溝に水が入り込んでしまい、若干乾きにくい点がデメリットです。

    重量80g
    素材ステンレス
    No.4

    オーカッツヘルスウォーターシリーズ フードボウル M

    2,200円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 食べやすい形状かどうか: 4.0
    • 安定性: 3.0
    • お手入れのしやすさ: 4.0

    食べこぼし防止の溝がある幅広い形状&重みによる安定感が優秀!

    食べこぼし防止の溝がある陶磁器製のシンプルな猫用食器です。


    食器の幅が広いので猫のヒゲがつきにくく、食事中の猫のストレスを軽減することができます。コンパクトですがしっかりとした重みがあるため安定感も問題ありません。


    ただ陶磁器製でかつシンプルな形状のため、洗っている最中に手から滑り落ちやすいので要注意。お手入れの際は細心の注意を払いましょう。

    重量314g
    素材陶磁器
    No.5

    ペティオnecoco メラミンディッシュ

    530円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 食べやすい形状かどうか: 2.0
    • 安定性: 2.0
    • お手入れのしやすさ: 4.0

    ヒゲがつかない楕円形の形状が◎しかし内側の段差により食べづらそうにしている様子も

    内側に段差が連なっている楕円形の猫用食器です。


    幅が広くてヒゲがつきにくい点はとても良いのですが、内側に連なっている段差により猫が若干エサを食べづらそうにしている様子がうかがえました。


    シンプルな形状かつコンパクトなサイズ感なのでお手入れがしやすく、プラスチック製なので落としても割れず安心です。

    重量125g
    素材プラスチック
    No.6

    自然農園食卓ラック ナチュラル

    N-111

    2,700円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 食べやすい形状かどうか: 3.0
    • 安定性: 1.0
    • お手入れのしやすさ: 4.0

    傾斜つきの台座で高さがあるので食べやすい!ただし食器部分が不安定

    木製の台座にステンレス食器をセットするタイプの商品です。


    台座がある分食器の位置が高くなって猫が食事中下を向きすぎずに済むうえ、台座に傾斜がついているため猫が顔を入れやすい形状なのが魅力的です。


    ただステンレス食器がとても軽くて台座への固定も弱いため、すぐ台座から外れてひっくり返ってしまいそうになる点がネックです。

    重量340g
    素材台座:木 , 食器:ステンレス
    No.7

    Diester早食い防止食器

    B06XBM46X2

    1,012円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 食べやすい形状かどうか: 1.0
    • 安定性: 4.0
    • お手入れのしやすさ: 1.0

    大食い猫も食べることを諦めた!早食い防止効果は絶大だが食事嫌いになってしまうかも

    食器の内側に多数の凸凹が配置された早食い防止効果のある食器です。この食器で普段大食いな猫にエサをあげてみたところ、なんと食べることを諦めてしまいました!


    早食い防止効果は絶大と言える結果となりましたが、この食器でエサをあげ続けていたら、そのうち食事自体が嫌いになってしまう可能性があるかもしれません。様子を見て利用するようにしましょう。

    重量約194g
    素材プラスチック
    No.8

    エイムクリエイツネコにやさしい食器 SS

    470円(税込)

    総合評価

    2.00
    • 食べやすい形状かどうか: 2.0
    • 安定性: 2.0
    • お手入れのしやすさ: 3.0

    縁が細い&底がとても浅く、大量の食べこぼしが発生してしまう結果に・・・

    他の猫用食器に比べて縁が細くて底が浅めな商品です。成猫にこの商品でエサを食べさせてみたところ、大量の食べこぼしが発生してしまいました。


    頭・口の小さい子猫が使うと丁度良さそうですが、成猫には少々小さいかもしれません。

    重量110g
    素材プラスチック
    No.9

    TaoKing猫 食器 スタンド

    1,899円

    総合評価

    2.00
    • 食べやすい形状かどうか: 3.0
    • 安定性: 2.0
    • お手入れのしやすさ: 1.0

    器がカタカタ動いてとても不安定。重ねられず保管もしづらい

    木製の台座に陶器製の器を2個セットするタイプの猫用食器。器は台座にはめ込むだけでしっかり固定できないため、カタカタ動いてとても不安定です。


    陶磁器製の器を洗う際、かなり滑りやすいので注意。実際に落として割ってしまいそうになりました。また2つの器が重ねられず保管がしづらい点も地味に不便です。

    重量約761g
    素材本体:木材 , 食器:陶磁器
    No.10

    Romoteスタンド フードボウル

    B07BBH1T5P

    1,880円(税込)

    総合評価

    1.00
    • 食べやすい形状かどうか: 2.0
    • 安定性: 1.0
    • お手入れのしやすさ: 3.0

    ボウルの中に顔を入れ込むことでヒゲが当たりまくり。安定感もイマイチ

    ボウルが深いため、中に顔を入れ込むようにしてエサを食べることになり、ヒゲが当たってしまうのが猫にとってストレスに。また台座と器の固定も不安定で、少しの力をかけただけで簡単に傾いてしまいます。


    基本落としても割れないプラスチック製ですが丈夫な素材ではないため、雑に扱っているとすぐに割れてしまいそうです。

    重量170g
    素材プラスチック

    人気猫用食器の検証結果比較表

    猫用食器を使うときの注意点

    いくら猫用食器にこだわっても、使い方が悪ければ猫にとって快適な食器とはいえません。衛生的に利用するためのポイントなどをまとめましたので、ぜひ商品選びとあわせて参考にしてください。

    床で食べていたら食器を見直そう

    床で食べていたら食器を見直そう
    猫がエサを手で取りだして床で食べている場合は、食器の形状や素材を見直してみましょう。

    その猫のクセである場合もありますが、食器が気に入らないというのも理由のひとつかもしれません。


    また猫は臭いに敏感なので、人間には気づかない嫌な臭いが食器から発生している可能性も。傷がたくさんついた食器は交換するなど、常に衛生的な食器でエサをあげるようにしましょう。

    食べ残したフードはキチンと片付けよう

    食べ残したフードはキチンと片付けよう
    食べ残したエサを長時間置きっぱなしにしたり、ドライフードを継ぎ足して猫にあげるのはNG。エサが酸化してしまったり、匂いがきつくなってしまったりすると食欲不振の原因にもなり、猫の健康によくありません。

    1回の食事につき何グラムのエサを食べているのか見極め、少し余ってしまっても残りは捨てて、洗って乾燥させるようにしましょう。食器はいつも清潔にするよう心がけてください。

    猫用食器の売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、猫用食器のAmazonの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

    まとめ

    まとめ

    今回は全国に店舗を構える大人気猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちにご協力いただき、売れ筋上位の猫用食器の性能を徹底的に比較検証しました。


    すべての商品を比較検証してみて個人的にわかったのは、ランキング1位のリッチェル 猫用 食べやすい食器 S」は、まず買って損ナシと自信をもっていえる商品だということ。性能がよいのはもちろんですが、シンプルなデザイン・色合いでどんなお部屋にもマッチする点もGood!食器は毎日使うものなので、デザインのよさも大事ですよね。


    またどうしても早食いが直らない猫には「Diester 早食い防止食器」をおすすめします!実際に大食いな猫が食べることを諦めたという絶大な効果があったので、騙されたと思って一度この食器でエサを食べさせてみてください!


    取材/文:佐藤歩海、写真:西中陽介

    プロが愛用するおすすめの猫用食器

    最後に、プロの愛用するおすすめの猫用食器をご紹介します。
    専門家の
    マイベスト
    猫壱 脚付フードボウル 猫柄 レギュラーサイズ 1枚目
    出典:amazon.co.jp

    猫壱脚付フードボウル 猫柄 レギュラーサイズ

    1,000円 (税込)

    専門家の
    マイベスト
    オーカッツ ヘルスウォーター フードボウル M 1枚目
    出典:amazon.co.jp

    オーカッツヘルスウォーター フードボウル M

    1,651円 (税別)

    専門家の
    マイベスト

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す