【徹底比較】猫用歯ブラシのおすすめ人気ランキング10選

売れ筋の人気猫用歯ブラシ10商品を全て購入し、徹底的に比較しました!

猫の口臭・歯周病対策に欠かせない「猫用歯ブラシ」。ライオンやマインドアップなどといった様々なメーカーの商品が存在しますが、どの商品の性能が本当に優秀なのか気になりませんか?


そこで今回は、Amazon・楽天・価格.comなどの売れ筋上位の猫用歯ブラシ10商品を全て購入し、最もおすすめな猫用歯ブラシはどれか、検証して決定したいと思います!


全国に店舗を構える大人気猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちに協力していただき、全ての商品を実際に使って以下3点の比較・検証をしてもらいました。

  1. 猫の嫌がりにくさ
  2. 人間にとっての使いやすさ
  3. 仕上がり

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!
自社施設

mybestでは、一般の消費者と同じように実際に商品を購入して、自社の施設で徹底的にテストして比較・検証を行っています。

検証結果の中から、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2018年10月05日
  • 19,655  views
目次

大人気猫カフェの全面協力のもと徹底比較!

大人気猫カフェの全面協力のもと徹底比較!

今回は全国に店舗を構える大人気猫カフェに全面的に協力していただき、猫用おもちゃ10商品を徹底検証しました!


猫カフェのスタッフさんに、実際に店内で暮らす猫ちゃんたちの歯を磨いていただき、「猫の嫌がりにくさ」や「人間にとっての使いやすさ」など1つ1つの歯ブラシについてじっくりと評価しています。

猫に歯磨きは必要?

猫に歯磨きは必要?
猫の虫歯や歯周病などを防ぐためにも、歯磨きは必ずしてあげるようにしましょう。

食べかすを放置して歯周病や歯肉炎などの病気にかかってしまうと、エサを食べなくなってしまうことも。特に飼い猫の主食であるキャットフードは、野生の猫が食べているものと比べると食べかすが残りやすいので、定期的に歯磨きで食べかすを取り除いてあげることが重要です。

猫が健康に長生きするためにも、歯磨きは忘れずに行いましょう。

猫用歯ブラシの選び方

商品を比較・検証する前に、まずは猫用歯ブラシを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をチェックしておきましょう。

①歯磨きの慣れ度合に合った歯ブラシを選ぶ

猫用歯ブラシには「シートタイプ」「指サックタイプ」「ブラシタイプ」の3つのタイプがあります。


猫が歯磨きにどれくらい慣れているかどうかによって選ぶべきタイプが異なります。自分の猫に適した歯ブラシのタイプを選びましょう。

初めての歯磨きには「シートタイプ」

初めての歯磨きには「シートタイプ」
初めての歯磨きには、シートを指に巻き付けて使用する「シートタイプ」がおすすめです。

歯磨き経験のない猫は口に触れられること・物を入れられることに慣れていないので、まずは飼い主の指で慣らしてあげることが必要です。他タイプの歯ブラシへ移行する前段階として、まずはシートタイプから徐々に慣らしていきましょう


「シートタイプ」は飼い主の指の動きがダイレクトに反映されるため、細かな力加減が調節しやすく磨きやすい点が便利。半面、口内の隅々まで磨きづらく仕上がりがイマイチというデメリットもあります。

口を触られるのに慣れてきた猫には「指サックタイプ」

口を触られるのに慣れてきた猫には「指サックタイプ」
口を触られるのに慣れてきた猫には「指サックタイプ」を使ってみましょう。次ステップとして口に物を入れることに慣れさせるのに最適です。

猫に嫌がられにくい「シートタイプ」の利点と、口内の隅々までしっかり磨ける「ブラシタイプ」の利点を兼ね備えています。


またシートタイプと違って直接指を噛まれることがないので、噛み癖のある猫にも安心して使えます。

歯磨きに慣れた猫には「ブラシタイプ」

歯磨きに慣れた猫には「ブラシタイプ」
歯磨き自体に慣れた猫には「ブラシタイプ」がおすすめ。ブラシの先が歯や歯周ポケットなど口内の隅々に届くため、しっかりと汚れを取り除くことができます。

口内の隅々までブラシ先が届くよう、なるべくヘッドが小さいものを選ぶと良いでしょう。また猫の歯茎を傷つけないよう、柔らかめな素材のものを選んであげてください。


人間の歯ブラシと同じ形なので直観的に使いやすく、扱いやすい点も魅力的です。

②飼い主が使いやすいものを選ぶ

②飼い主が使いやすいものを選ぶ
飼い主・猫ともにストレスなく歯磨きの習慣を続けるためにも、飼い主が使いやすい歯ブラシを選びましょう

飼い主が歯ブラシを上手く使いこなせないと、歯磨きに時間がかかり猫が余計に嫌がってしまうことになりかねません。「歯磨き=嫌な時間」というイメージがついてしまうと、猫が歯磨きを嫌いになってしまう可能性もあります。


今回は実際に10種類の猫用歯ブラシを比較・検証して、人間にとって最も使いやすい歯ブラシを決定したので、ぜひ参考にしながら選んでみてくださいね!

③食べかすがとりやすいものを選ぶ

③食べかすがとりやすいものを選ぶ

猫の歯磨きは「歯を磨く」というよりは「食べかすを除去する」ことが重要なので、食べかすがとりやすい歯ブラシを選びましょう。


特に「ブラシタイプ」を選ぶ際は、人間の歯ブラシのように幅の広いものではなく、口内の隅々まで届くようなヘッドの小さい歯ブラシがおすすめです。


今回は実際に10種類の猫用歯ブラシを比較・検証して、最も仕上がりがキレイになる歯ブラシを決定したので、ぜひ参考にしながら選んでみてくださいね!

売れ筋の人気猫用歯ブラシ全10商品を徹底比較!

売れ筋の人気猫用歯ブラシ全10商品を徹底比較!

ここからはAmazon・楽天・価格.comなどの売れ筋ランキング上位の猫用歯ブラシ全10商品を全て購入し、今回は猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちにもご協力をいただき、どれが最も優れた猫用歯ブラシなのかを検証していきます。


<今回検証した商品>

  1. ライオン PETKISS 歯みがきシート(シートタイプ)
  2. スーパーキャット らくらく歯みがきシート プレミアム(シートタイプ)
  3. ペットプロジャパン 歯みがきシート(シートタイプ)
  4. ジョンポールペット 歯&歯ぐきウェットシート(シートタイプ)
  5. ライオン PETKISS 指サック歯ブラシ(指サックタイプ)
  6. VIVATEC シグワン猫用歯ブラシ(ブラシタイプ)
  7. マインドアップ 猫口ケア歯ブラシ(ブラシタイプ)
  8. マインドアップ 猫口ケアティース(ブラシタイプ)
  9. トーラス トレーニング歯ブラシ デントレーナー(ブラシタイプ)
  10. ライオン PETKISS ツインヘッド歯ブラシ お口の小さい犬・猫用(ブラシタイプ)

上記の猫用歯ブラシの選び方のポイントを踏まえ、検証項目は以下の3項目としました。

検証①:猫の嫌がりにくさ

検証②:人間にとっての使いやすさ

検証③:仕上がり

検証①:猫の嫌がりにくさ

検証①:猫の嫌がりにくさ

まずは猫用歯ブラシを使用したときの「猫の嫌がりにくさ」について検証していきます。


今回用意した歯ブラシを実際に使用してみて、猫がどれだけ嫌がるか・嫌がらないかを猫カフェのスタッフさんに評価してもらいました。

【検証結果ハイライト】猫が最も嫌がらなかったのは「シートタイプ」の3商品!

【検証結果ハイライト】猫が最も嫌がらなかったのは「シートタイプ」の3商品!

猫が最も嫌がらなかったのは、以下3種類のシートタイプの猫用歯ブラシでした!


指に巻き付けて直接使えるシートタイプは、優しく歯を撫でるようにして汚れを拭き取れるので、猫が嫌がって暴れたり逃げ出したりしてしまうことがありませんでした。


またブラシタイプや指サックタイプは慣れるまでに時間がかかりましたが、シートタイプは比較的最初から素直に歯磨きさせてくれました。

検証②:人間にとっての使いやすさ

検証②:人間にとっての使いやすさ

次に「人間にとっての使いやすさ」について検証していきます。


実際に猫の歯磨きをしてもらい、猫の口の中で動かしやすい大きさか、磨きたい部分をきちんとブラッシングできるかどうかなど、猫カフェのスタッフさんに評価してもらいました。

【検証結果ハイライト】人間にとっての使いやすさ第1位は極小ヘッドの「猫口ケアティース」

【検証結果ハイライト】人間にとっての使いやすさ第1位は極小ヘッドの「猫口ケアティース」

人間にとって最も使いやすかったのは、極小ヘッドに細長い毛が付いたブラシタイプのマインドアップ 猫口ケアティースでした!


毛先が1束しかない非常にコンパクトなヘッドが、猫の小さい口内でも動かしやすくて使いやすかったです。今回検証した全商品の中では最もヘッドが小さい歯ブラシでした。


人間が普段使うのと同じ形状の歯ブラシなので、猫の歯磨きに慣れていない人でも直観的に使えます。

検証③:仕上がり

検証③:仕上がり

最後に「仕上がり」について検証していきます。


猫カフェのスタッフさんに歯磨き後の猫の口内を確認してもらい、歯の汚れがきちんととれているかどうか、仕上がりを評価してもらいました。

【検証結果ハイライト】細長い毛で歯間汚れもしっかり取れる「猫口ケアティース」が仕上がりNo.1

【検証結果ハイライト】細長い毛で歯間汚れもしっかり取れる「猫口ケアティース」が仕上がりNo.1

人間にとって最も使いやすかったのは、極小ヘッドに細長い毛が付いたブラシタイプのマインドアップ 猫口ケアティースでした!


細長い毛先で猫の歯を一本一本包み込むようにして磨けるので、歯間や歯周ポケットといった細かい部分の汚れもしっかりキャッチすることができます。

【最終検証結果】猫用歯ブラシのおすすめ人気ランキングBEST10

これまでの比較・検証結果を踏まえ、猫用歯ブラシのおすすめ人気ランキングBEST10を発表します!

10位

John Paul Pet (ジョンポールペット)歯&歯ぐきウェットシート

1,645円 (税込)

猫の嫌がりにくさD(10位)人間にとっての使いやすさ-(検証不可能)
仕上がり-(検証不可能)総合評価D(10位)
タイプシート個数45枚
主な素材水・ベーキングパウダー・グリセリン・クエン酸・2-フェノキシエタノール・カプリリルグリコール・ポリソルベート20・ペパーミントオイル
9位
猫の嫌がりにくさC(7位)人間にとっての使いやすさC(7位)
仕上がりD(9位)総合評価C(9位)
タイプブラシ個数1本
主な素材PET樹脂・ナイロン
8位

ライオンPETKISS ツインヘッド歯ブラシ お口の小さい犬・猫用

383円 (税込)

猫の嫌がりにくさC(9位)人間にとっての使いやすさD(9位)
仕上がりB(5位)総合評価C(8位)
タイプブラシ個数1本
主な素材ポリウレタン・ポリアセタール・飽和ポリエステル樹脂
7位
猫の嫌がりにくさC(8位)人間にとっての使いやすさC(8位)
仕上がりB(3位)総合評価C(7位)
タイプ指サック個数1個
主な素材ポリアセタール・EPDM・ポリプロピレン・ナイロン
6位

トーラストレーニング歯ブラシ デントレーナー

339円 (税込)

猫の嫌がりにくさB(6位)人間にとっての使いやすさC(6位)
仕上がりB(4位)総合評価B(6位)
タイプブラシ個数1個
主な素材PP・TPR・ナイロン
5位

スーパーキャットらくらく歯みがきシート プレミアム 30枚入

248円 (税込)

猫の嫌がりにくさA(1位)人間にとっての使いやすさA(2位)
仕上がりC(6位)総合評価B(5位)
タイプシート個数30枚
主な素材精製水・グリセリン・PG・グレープフルーツ種子エキス・pH調整剤・洗浄剤・緑茶抽出液・抗炎症剤・イソプロピルメチルフェノール・香料
4位

ライオン商事PETKISS 歯みがきシート 30枚

228円 (税込)

猫の嫌がりにくさA(1位)人間にとっての使いやすさA(2位)
仕上がりC(6位)総合評価B(4位)
タイプシート個数30枚
主な素材レーヨン系不織布・グリセリン・保存料・pH調整剤・ピロリン酸Na・界面活性剤・キレート剤・ポリリジン
3位
猫の嫌がりにくさB(5位)人間にとっての使いやすさB(5位)
仕上がりA(2位)総合評価B(3位)
タイプブラシ個数1本
主な素材ABS樹脂・ナイロン
2位

ペットプロジャパン歯みがきシート 32枚入

168円 (税込)

猫の嫌がりにくさA(1位)人間にとっての使いやすさA(2位)
仕上がりC(6位)総合評価A(2位)
タイプシート個数30枚
主な素材水(純水)・D-ソルビット液・安息香酸Na・クエン酸・クエン酸Na・食品用洗浄剤・パラオキシン安息香酸エステル・キシリトール・緑茶抽出物
1位
猫の嫌がりにくさB(4位)人間にとっての使いやすさA(1位)
仕上がりA(1位)総合評価A(1位)
タイプブラシ個数1本(スペアつき)
主な素材ABS樹脂・ナイロン

検証結果比較表

商品画像商品名特徴価格猫の嫌がりにくさ人間にとっての使いやすさ仕上がり総合評価タイプ個数主な素材商品リンク
1
猫口ケアティース

マインドアップ

猫口ケアティース

使いやすさ・仕上がりの2項目で全商品中...370円(税込)B(4位)A(1位)A(1位)A(1位)ブラシ1本(スペアつき)ABS樹脂・ナイロン詳細を見る
2
歯みがきシート 32枚入

ペットプロジャパン

歯みがきシート 32枚入

猫の嫌がりにくさNo1のシートタイプで...168円(税込)A(1位)A(2位)C(6位)A(2位)シート30枚水(純水)・D-ソルビット液・安息香酸Na・クエン酸・クエン酸Na・食品用洗浄剤・パラオキシン安息香酸エステル・キシリトール・緑茶抽出物詳細を見る
3
猫口ケア歯ブラシ

マインドアップ

猫口ケア歯ブラシ

極小ヘッドがしっかりと汚れをキャッチ!...407円(税込)B(5位)B(5位)A(2位)B(3位)ブラシ1本ABS樹脂・ナイロン詳細を見る
4
PETKISS 歯みがきシート 30枚

ライオン商事

PETKISS 歯みがきシート 30枚

猫に嫌がられない&人間にとっても使いや...228円(税込)A(1位)A(2位)C(6位)B(4位)シート30枚レーヨン系不織布・グリセリン・保存料・pH調整剤・ピロリン酸Na・界面活性剤・キレート剤・ポリリジン詳細を見る
5
らくらく歯みがきシート プレミアム 30枚入

スーパーキャット

らくらく歯みがきシート プレミアム 30枚入

猫の嫌がりにくさ1位!ただしシートタイ...248円(税込)A(1位)A(2位)C(6位)B(5位)シート30枚精製水・グリセリン・PG・グレープフルーツ種子エキス・pH調整剤・洗浄剤・緑茶抽出液・抗炎症剤・イソプロピルメチルフェノール・香料詳細を見る
6
トレーニング歯ブラシ デントレーナー

トーラス

トレーニング歯ブラシ デントレーナー

ごく平均的な性能。人間の歯ブラシの見た...339円(税込)B(6位)C(6位)B(4位)B(6位)ブラシ1個PP・TPR・ナイロン詳細を見る
7
PETKISS 指サック歯ブラシ

ライオン

PETKISS 指サック歯ブラシ

指サックが大きくて指にフィットせず、歯...383円(税込)C(8位)C(8位)B(3位)C(7位)指サック1個ポリアセタール・EPDM・ポリプロピレン・ナイロン詳細を見る
8
PETKISS ツインヘッド歯ブラシ お口の小さい犬・猫用

ライオン

PETKISS ツインヘッド歯ブラシ お口の小さい犬・猫用

猫の口には大きすぎるサイズ。歯磨き以外...383円(税込)C(9位)D(9位)B(5位)C(8位)ブラシ1本ポリウレタン・ポリアセタール・飽和ポリエステル樹脂詳細を見る
9
シグワン猫用歯ブラシ

VIVATEC

シグワン猫用歯ブラシ

360度磨けるブラシが大きすぎて汚れを...543円(税込)C(7位)C(7位)D(9位)C(9位)ブラシ1本PET樹脂・ナイロン詳細を見る
10
歯&歯ぐきウェットシート

John Paul Pet (ジョンポールペット)

歯&歯ぐきウェットシート

ミントの臭いがキツすぎて、猫もたまらず...1,645円(税込)D(10位)-(検証不可能)-(検証不可能)D(10位)シート45枚水・ベーキングパウダー・グリセリン・クエン酸・2-フェノキシエタノール・カプリリルグリコール・ポリソルベート20・ペパーミントオイル詳細を見る

猫が歯磨きを嫌がる場合は一工夫!

最後に歯磨き嫌いの猫に歯ブラシをうまく使うコツをご紹介します。


暴れる猫を無理やり押さえつけて歯磨きしても、ますます猫が歯磨きを嫌いになってしまったり飼い主が怪我をしてしまったりするので、飼い主も猫もリラックスして歯磨きができるようにしたいですね。

まずは、慣れることが大切

まずは、慣れることが大切
初めて歯磨きをするとき、歯ブラシに対する警戒心を抱かせないようにすることがポイント。いきなり歯ブラシで磨こうとすると猫が嫌がり、歯磨き自体が嫌いになってしまう可能性があります。

まずは口回りを触ることから始め、次に前歯・奥歯など口内に進んでいきます。口回り・口内に触られることに慣れてくれば、徐々に歯ブラシを受け入れてくれるようになりますよ。ウェット状のフードを付けて舐めさせるのもおすすめです。


できれば子猫の頃から歯磨きの習慣をつけるのがベストです。

リラックスしている時が狙い目

リラックスしている時が狙い目
猫がリラックスしている時間を狙って歯磨きするのがおすすめです。

猫はヒゲの根本やあご下をなでられるのが大好き。横になってリラックスしているときなどにそっと近付き、口周りを優しくなでながら歯磨きしましょう


歯磨きの雰囲気を察すると身構えて逃げたり暴れたりしてしまうので注意が必要です。エサを食べた直後や遊んだあとなど、活発に動いているときは歯磨きに向いていません

猫に優しい歯磨き方法を覚えよう

猫に優しい歯磨き方法を覚えよう
猫の歯磨き時に無理やり口を大きく開ける必要はなく、上唇を親指で上にずらして歯ブラシでこすればOK。ゴシゴシ磨かず、小刻みに動かしながら汚れを落とすように奥歯から前歯へと磨いていきましょう。

また猫は目を遮られることを嫌うので、後ろから頭を優しくつかむようにすることで猫の不安を和らげることができますよ。

おやつやおもちゃを活用しよう

おやつやおもちゃを活用しよう
歯磨き嫌いがなかなか直らない猫には、口内ケア効果のあるおやつやおもちゃを活用してみましょう。

おやつを使えば美味しく歯垢を取り除けるため猫も大喜び!噛んで遊ぶタイプのおもちゃを使えば噛む工程で歯垢が取り除けるため、楽しく歯磨きができますよ。

どうしてもできない場合はプロに頼むのも手

どうしてもできない場合はプロに頼むのも手

どうしても上手く歯磨きができない場合は、動物病院やトリミングサロンなどのプロに頼むのも一つの手です。


動物病院の中には虫歯や歯周病をチェックしてくれるところもあります。歯垢を取ってもらうついでにチェックしてもらい、猫の歯の健康を保ちましょう。

まとめ

まとめ

今回は猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちにご協力いただき、売れ筋上位の猫用歯ブラシの性能を徹底的に比較検証しました。


実際にすべての商品を比較検証した個人的感想としては、ブラシタイプを購入したい人はマインドアップの商品を選べば間違いないと実感しました!


ブラシタイプは猫が嫌がりやすい傾向があるのにも関わらず、マインドアップの「猫口ケアティース」と「猫口ケア歯ブラシ」は猫の嫌がりにくさ検証でそれぞれ4位・5位と比較的高めな評価に。歯ブラシを嫌がる猫や歯ブラシを初めて使う猫に、ぜひ試してみて欲しいです。


取材/文:佐藤歩海、写真:西中陽介

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す