• 14ed8c49782a7c7b5ffd543c65ffc2ca2bc886ee
  • 99b2b49ad94fd2c94656e2cbbbbc42d7632ea971
  • 0c5cf76b083f1c78d039e6b25641623625083aff
  • 8f4c9224fb638e64d4d29b3a5226dbae9ca6c131
  • 96e0decd4e5c54bf83f5629dd40fe537505f741c

【毛玉対策に!】猫用ブラシのおすすめ人気ランキング7選

猫の美容と健康のためには、種類や毛の長さなどに合わせた正しいブラシを選ぶことがとても重要です。抜け毛対策が行き届いていないと毛玉を吐く量が増えてしまったり、病気の原因になったりすることも。しかし、最近ではペット専門店だけではなくホームセンターや100均でも取り扱っていて種類はさまざま。人気のアンダーコートケア用のフーリーやファーミネーターをはじめ、長毛種用に短毛種用、スリッカーや櫛タイプに豚毛素材のものなどどれを選んでいいかわからなくなってしまいます。

そこで今回は、通販で手に入れられるおすすめの猫用ブラシのランキングをご紹介。ブラシ選びのポイントも解説していますので、猫ちゃんのタイプや性格に合わせてブラシを見せただけで寄ってくるようなステキな猫用ブラシを見つけてくださいね!

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
最終更新日:2017年10月31日 | 12,415views

猫にブラッシングが必要な理由

猫は撫でて上げれば十分と思ってはいませんか? まずは猫になぜブラッシングが必要かをご紹介します。毛なみのケアを猫任せにしている方は、今からでもブラッシング習慣を身に付けましょう。

抜け毛や毛玉対策に

ブラッシングをせずに放おっておくと、その分飲み込む毛の量が増えてしまいます。基本的に猫は飲み込んだ抜け毛を吐き出しますが、吐き出せないと飲み込んだ毛が胃腸の入り口を塞いでしまうことにもなりかねません。

そんな毛玉症の危険を防ぐためにも、ブラッシングは重要。特に換毛期にはこまめなお手入れが必要です。ただし、毛球症の原因は毛の量だけではありません。小まめにブラッシングしているから安心と油断せずに健康には注意してあげてくださいね。

また、猫の健康面を除いても抜け毛は飼い主さんにとって悩みのタネです。特に毛が長く抜けやすい猫は、洋服はもちろんお掃除も大変。しかしこまめなブラッシングをすることで、かなりの手間が省けます。

毛並みを整え体を衛生的に保つ

犬と違いめったにシャンプーをしない猫にとって、ブラッシングは猫の体を衛生的に保つためにも必要です。毛なみを整えるだけではなく、表面のホコリなどを取りもつれた毛をほぐしてあげれば見違えるほどツヤツヤに。

特に長毛種の猫はもつれた毛をそのままにしておくと、爪がひっかかかるなどの万が一もありますので、小まめにブラッシングしてあげましょう。

ブラッシングしながら健康管理

ブラッシングは猫の健康管理にも最適。毛並みや皮膚の状態を見ながら、猫の状態をチェックできます。病気だけではなく、もしノミを見つけたらそちらもしっかりケアしてあげましょう。

また、ブラッシングはマッサージ効果も期待できます。ブラシで適度に刺激するだけで、かわいい猫ちゃんが気持ちよくなってくれるのはうれしいですね。

猫用ブラシの選び方のポイント

猫用ブラシにはいろいろなタイプがあります。ここでは猫ちゃんに合わせた猫用ブラシの選び方のポイントをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

タイプでブラシを選ぶ

まずは、ブラシのタイプをご紹介します。いろいろなタイプのブラシがありますので、猫の種類や状態に合わせて最適なものを選びましょう。

獣毛ブラシ

動物の毛を使用しているブラシは、猫用のブラシの基本です。柔らかい毛や硬めの毛などタイプによってさまざま。猫の表面についているほこりや抜け毛をしっかり取ることができ、艶出しにも効果的です。

特に豚毛や猪毛のブラシは人間同様需要が高く、水分や油分で静電気が起こりにくいため使いやすいのが特徴。長毛種・短毛種で選び方は変わりますが、猫を飼うなら1本は用意しておきたい基本のブラシです。

ラバーブラシ

ラバーブラシはゴム製のため柔らかく、ちくちくせずに皮膚を傷つけにくいのがポイント。猫への負担も少なくブラシを嫌がる子が少ないのも特徴です。

また、素材が柔らかいため足や首の下などにも使用でき、体にそって撫でるようにブラッシングできます。マッサージ効果も期待できるため、気持ちよさに喉をゴロゴロ鳴らす猫もいるようです。抜け毛を吸着してくれるので、猫の抜け毛処理に最適。ブラシの先が短いので短毛種向けの商品です。

抜け毛が舞い散るところが少し難点ですが、この点については各メーカーいろいろな工夫がされていて、商品によって飛び散り具合がかわります。口コミなどを参考にして使い勝手のいいものを選んでください。

ミトン型ブラシ

ラバーブラシと同じ素材ですが、形がミトン型で手にはめて使用します。とても使いやすく、猫ちゃんを撫でてあげる感覚でブラッシングできます。ブラシが苦手な子には特におすすめのブラシです。

ただし、ラバーブラシと同様ブラッシング中に抜け毛が舞い散りやすいのがデメリット。こちらも商品によって飛び散り方が異なりますので、口コミなどを参考に選んでください。

スリッカーブラシ

細い針金がたくさんついていて、プロのトリマーも使用しているブラシです。非常に間隔が細かく、長毛種の猫も毛先から少しずつ梳くと毛玉のほつれが解けます。

見た感じは鋭く痛そうにも見えますが、先端を丸くカバーしたり、けが防止の処理が施されているなど商品によっていろいろな工夫が。また、レバーの操作などで取れた抜け毛をまとめて捨てることのできるタイプもあるので使い勝手もいいですよ。

ただし、あまり直接皮膚にあてて動かすと猫が痛い思いをすることもあるので注意してください。スリッカーブラシは皮膚に直接当たらないよう少し浮かせて使うのがおすすめです。

アンダーコート用ブラシ

アンダーコート用のブラシは、トップコート(上毛)はそのままに、取り除きたいアンダーコート(下毛)だけを梳くもので、驚くほど抜け毛がとれます。

長毛種の場合は、コームなどで毛の固まった部分をほどいてからブラッシングがおすすめ。また、通常のブラッシングの時よりも、やや角度を倒したほうが、アンダーコートをしっかりキャッチできるようです。

アンダーコート用のブラシは換毛期の強い味方。猫の毛質や大きさに合わせて、さまざまな商品が販売されているのでご自宅の猫ちゃんにぴったりのものを選んでくださいね。

コームタイプ

コームタイプは人間も使う「くし」の形をした猫用ブラシです。長毛種の猫の毛並みを整えたり、毛のもつれをほぐすときに使います。

目の粗いコームからはじめて、仕上げに細かい目のコームでていねいに仕上げると毛の流れがきれいになります。そのため2本用意するのもおすすめ。また、目の細かいものはノミ取り効果もあるので、用途に合わせて選びましょう。

被毛の長さによってブラシを選ぶ

さまざまなブラシのタイプがありましたが、猫の毛の長さによっても選ぶブラシは異なります。ここでは短毛種・長毛種に分けたブラシの選び方をご紹介しますので、前項目の「ブラシのタイプ」と合わせてチェックしておきましょう。

短毛猫におすすめのブラシ

短毛種の猫に使うブラシは、必ず柔らかくて痛くないものを選びましょう。短毛種の場合はすぐにブラシの先端が皮膚に触れますので、硬い素材だと傷つけてしまうことも。そんな注意の必要な短毛種の猫には、以下の3つのタイプがおすすめです。

・獣毛ブラシ(柔らかいタイプ)
・ラバーブラシ
・ミトンブラシ

柔らかなラバーブラシは短毛種の猫のマストアイテム。普段のお手入れ用に猫が嫌がらないものを用意しましょう。獣毛のブラシを選ぶときは、柔らかい豚毛ブラシがおすすめです。

ただし、柔らかくても力を入れすぎると猫が痛がりますので、優しくていねいにブラッシングしてあげてくださいね。

長毛猫におすすめのブラシ

長毛種の猫には、長い毛の奥まで届く深くしっかり梳くことができるものを選びましょう。長い毛は、たっぷり被毛でおおわれていますので、柔らかいブラシでは不十分。そのため以下の3タイプがおすすめです。

・獣毛ブラシ(硬いタイプ)
・コームタイプ
・スリッカーブラシ

コームやスリッカーブラシはブラシの先が長く、長毛種の猫におすすめのブラシです。また、獣毛のブラシも硬めのブラシを使うことで、毛先が奥までしっかり届きます。

複数のブラシを使い分けるのがおすすめ

ブラシの種類や猫のタイプごとのブラシをご紹介しましたが、猫用ブラシは用途や季節によって使い分けるのがおすすめです。抜け毛の季節にはアンダーコート用のブラシでしっかり抜け毛処理を。

普段のお手入れには、抜け毛をとってある程度整えた後に獣毛で仕上げるなど、用途や季節を考えながら猫が快適に過ごせるブラシを選びましょう。

プロの愛用するおすすめの猫用ブラシ

まずはランキングの前に、プロの愛用する猫用ブラシをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、猫も飼い主さんもブラッシングが楽しみになるような猫用ブラシを見つけてくださいね。

驚くほど抜け毛がとれる! 換毛期におすすめ

ファーミネーター 小型猫 S 短毛種用【正規代理店品】
4,080円
愛用品のおすすめポイント
D35c893d078d8007fb783d4f5d96d817dc0f445a
猫マンガブロガー
こめこさん

これ、すごく抜け毛が取れます!感動します!あまりにも抜け毛が取れるので「歯の根元がカッターになっているのでは?」と噂になるくらいです。自分の頭皮で試してみましたが、カッターはついておらず、人間の抜け毛は全然取れませんでした。

「これを使い始めて毛玉を吐かなくなった」という飼い主さんもいらっしゃいます。うちの猫は3キロなのでSサイズですが、Lサイズもあります。人気商品なので、偽物も出回っているようなので、ちゃんと「正規品」と書かれた品が安心です。

マッサージ効果が期待できる昔ながらの「つげ櫛」

あかねつげ 「黄楊櫛」梳きくし 椿油仕立【つげ櫛】
3,500円
愛用品のおすすめポイント
D35c893d078d8007fb783d4f5d96d817dc0f445a
猫マンガブロガー
こめこさん

普段自分用に「つげの櫛」を使っていますが、静電気も起きず地肌がマッサージされるようで気持ちいいので、猫にも買ってみました。

これは長さが10センチくらいで小さめなので我が家の猫(3キロ)にちょうどいい大きさです。毛がしっとりした仕上がりになります。さすが昔から使われている櫛は素晴らしいです。猫もマッサージされるようで気持ちがいいようで、大人しくしています。

普段使いはこの櫛で、週に1度ファーミネーターを使っています。

ユニークなホタテ型! やわらかな毛先はマッサージにもおすすめ

ディアトリベー ペット用ブラシ ピロコーム やわらかめ E1
1,914円
愛用品のおすすめポイント
2f01f966dc1a0a696a2f6e43b8e841f3c44b40d0
キャットシッター
あさだ みはる

ホタテの形がユーモアたっぷり。持ちやすくて、独特な形のクシの部分が、ダブルコートの抜け毛を飛び散らすことなく掻き集めます。

毛先が柔らかいのでマッサーッジ効果もあり、気持ち良くブラッシングしてあげられます。身体がゴツゴツしてきた老猫さんには特におすすめです。

目が詰まっていて刃先が丸いので安心して使える

ゆう1 柄付きのみとりコーム K-106
3,800円
愛用品のおすすめポイント
2f01f966dc1a0a696a2f6e43b8e841f3c44b40d0
キャットシッター
あさだ みはる

ステンレス製のコームは、強めのコーミングが好きな猫ちゃんに特におすすめ。目が詰まっていて先が丸いので、肌を傷つけることなくマッサージ効果は抜群です。ピロコームで抜けた表面の毛を集める事が出来ます。

医療用シリコン100%のスイス製

pet+me ラバーブラシ ソフト・短毛用 ブルー
2,350円
愛用品のおすすめポイント
5aa81117e109dfb363f824f37dd9d9f773a6da51
トリミングサロン経営
MahaloトリマーKAZU

スイスの医療用シリコン100%で作られたラバーブラシです。シリコンに毛が適度な力で引っかかることで抜け毛を効率的に取ることができます。

鋭利なピンではないので、犬より更に毛が細く、皮膚が薄い猫にも安全に使うことが出来ます。両面使用できるようになっていて、片面は抜け毛取り用(こんなので取れるの?と思ってしまう形状ですが、本当に良く取れます)、片面はマッサージ用となっています。

我が家の猫に使うと、腰が抜けたようにぐにゃぐやになって喜びます。形も握りやすく使いやすいです。2500円とやや高額なのですが、長く使える物なので買って損はないと思います。犬/猫、短毛/長毛 と4種類から選べます。突起に絡まった毛は、掃除機で吸い取るのが一番楽です。

撫でる感覚で使える猫の皮膚を傷つけにくいシリコンブラシ

シンカ シリコンブラシ トレルンダ君 猫用 短毛
945円
愛用品のおすすめポイント
B74b19ef6fd725e31b202769e732dca18f52e513
キャットケアスペシャリスト
古川 諭香

シリコン素材でできており、猫の皮膚を傷つけません。撫でられている感覚を与えられるので、ブラッシング嫌いの猫にもおすすめです。

さらに、ブラッシングで抜けた被毛はブラシからぺろんと剥がれるように取れて、処理も簡単にできます。神経が通っている背骨をうっかりブラッシングしてしまっても、ストレスを与えにくいのもメリットです。

猫用ブラシのおすすめ人気ランキング10選

ここからはおすすめの猫用ブラシをランキング形式でご紹介します! いろいろなタイプがありますので、猫ちゃんのお気に入りを見つけてくださいね。

10位:ミレマート ペットブラシ 手袋型

ミレマート ペット ブラシ 手袋型 右手用2個セット
680円(税込)

・タイプ:ラバーブラシ
・被毛の長さ:短毛種
・サイズ:-
・重量:-
・原産国:-

手袋型なのに蒸れない!手軽に使えるバンドタイプ

ミレマートの「ペットブラシ 手袋型」は、ゴム製のブラシをバンドで止めるだけで使えるお手軽タイプ。手袋タイプは欲しいけれど、蒸れるのが嫌という方にもおすすめです。

写真はブルーが掲載してありますが、ランダムカラーのため色の指定はできませんのでご注意ください。

9位:ファーミネーター ファーミネーター 小型猫 S 短毛種用

ファーミネーター ファーミネーター 小型猫 S 短毛種用
4,072円(税込)

・タイプ:アンダーコート用ブラシ
・被毛の長さ:短毛種・長毛種
・サイズ:幅5.5cm・奥行6.5cm・高さ15.0cm
・重量:130g
・原産国:中華人民共和国

アンダーコートケアの最強アイテムとして話題の「ファーミネーター」

アンダーコートのケアの画期的な商品として話題になった「ファーミネーター」。驚くほど抜け毛が取れると人気の商品です。他のブラシに比べ価格が高めに設定してありますが、高機能ですので抜け毛にお困りの方はぜひ試してみてください。

こちらの商品は小型猫用ですが、大型猫に対応したLサイズもありますので、猫のサイズに合わせて選んでくださいね。

8位:フーリー 犬猫ペット用抜け毛取りブラシ S

フーリー 犬猫ペット用抜け毛取りブラシ S
3,500円(税込)

・タイプ:アンダーコート用ブラシ
・被毛の長さ:短毛種・長毛種
・サイズ:幅7.5cm・長さ15.0cm
・重量:115g
・原産国:日本

被毛や皮膚に優しく、抜け毛をゴッソリ取り除く

こちらはトップコートを切らずに、アンダーコートを梳くことができるブラシです。とかした毛がまとまらないのは少し面倒ですが、普通のブラシとは比べ物にならないくらい毛がとれます。

短毛種用と長毛種用がありますので、猫ちゃんに合わせて用意しましょう。

ただし、梳くために刃が内蔵されていますので、力を入れすぎないよう注意が必要です。また、たくさん毛が舞いますので、ブラッシングする場所を選んだ方がよいですね。

7位:レデッカー リムーバー高級キャットブラシ

レデッカー リムーバー&高級キャットブラシ
2,440円(税込)

・タイプ:獣毛ブラシ(豚毛)
・被毛の長さ:短毛種・長毛種
・サイズ:全長約8.5cm (ブラシ毛長さ:約2cm)
・重量:約50g
・原産国:ドイツ

・リムーバーサイズ:全長約7.5cm(毛取り部分:約4cm)
・リムーバー素材:ステンレススチール

天然豚毛の高級ブラシ!お手入れ用のリムーバー付き

柔らかめの豚毛ブラシが猫ちゃんを優しくマッサージ。1本1本手作りで成形された握りやすいブナ材のボディは、温かみを感じます。小さ目ボディですので小回りがきき、使いやすく疲れません。

付属のリムーバーは、ブラシの根元に絡みついたホコリや抜け毛をしっかり取ってくれて便利です!優しくブラッシングしてあげれば、猫ちゃんの気分も良くしてあげられそうですね。

6位:SIAYI ペットブラシ

SIAYI ペットブラシ 犬と猫に使える 毛取りとグルーミング ツール 小型 中型 猫用
1,370円(税込)

・タイプ:アンダーコート用ブラシ
・被毛の長さ:短毛種・長毛種
・サイズ:幅11.0cm・奥行14.5cm・高さ4.0cm
・重量:150g
・原産国:-

高コスパ!驚くほど毛が取れるのにリーズナブル

SIAYIの「ペットブラシ」は、驚くほど毛が取れるのにリーズナブルな人気商品です。持ちやすさにも注目した作りで使い勝手バツグン。機能性が高くリーズナブルなコスパの高いアンダーコートケアブラシです。

お試し感覚で購入できる価格なので、はじめてのアンダーコートケア用のブラシにもぴったりですよ。

5位:ペティオ プレシャンテ 猫用回転スリッカーブラシ

ペティオ プレシャンテ 猫用回転スリッカーブラシ
850円(税込)

・タイプ:スリッカーブラシ
・被毛の長さ:長毛種
・サイズ:幅6.3cm・奥行4.1cm・高さ14.8cm
・重量:72.0g
・原産国:日本

ヘッドが回転するスリッカーブラシ

ブラシ部分が硬すぎず柔らかすぎず、猫ちゃんにちょうどいい感触です。よく毛がとれ、デザインもかわいらしいのがいいですね。小さめのサイズで、腋の下やお腹などもブラッシングしやすいところもポイント。

回転する正方形のヘッドで取り回しが良く、猫ちゃんにもあまり負担もがかかりません。持ちやすいサイズですが、ピンの間隔が狭い分、絡んだ毛を取るのがすこし面倒という意見もあるので注意してくださいね。

4位:ONS 高級豚毛ブラシ

ONS 高級豚毛ブラシ 小
1,207円(税込)

・タイプ:獣毛ブラシ
・被毛の長さ:短毛種・長毛種
・サイズ:幅8.0cm・奥行14.0cm・高さ9.0cm
・重量:100g
・原産国:日本

ツヤ出しに最適な小型タイプ

柔らかい豚毛を使用していますので、他のブラシは苦手な猫ちゃんも、見せるとよろこんで寄って来るほど!マッサージ効果もあり、何よりとても気持ちが良いようで、うっとりする猫ちゃんも多いんです。

ブラッシングをすると大変つやが出ますが、生え替わりの時期にはまずスリッカーブラシで抜け毛を取ってから、このブラシで仕上げるという方も多いようです。

3位:ペティオ プレシャンテ 猫用ラバーブラシ

ペティオ プレシャンテ 猫用ラバーブラシ
626円(税込)

・タイプ:ラバーブラシ
・被毛の長さ:短毛種・長毛種
・サイズ :幅7.0cm・奥行3.3cm・高さ10.7cm
・重量:80.0g
・原産国:日本

柔らかいラバー素材のブラシ

猫ちゃんのお肌に優しい柔らかいラバー素材のブラシです。抜け毛を取りながら同時にマッサージ!両面を使うことができますので、片側は抜け毛取りに、反対側はマッサージ用にと、用途別に使うことができます。

長毛種の猫ちゃんに使用しても、ごっそり毛が取れます。お手入れはぬるま湯で洗うだけと簡単です。ただし、ブラッシングするたびにたくさん毛が飛び散りますので、毛が付きにくい服を着た方がいいかもしれませんね。

この後さらに獣毛ブラシで仕上げると、毛がピカピカになりますよ!

2位: QQPOW ペット グルーミング グローブ ブラシ

QQPOW ペット グルーミング グローブ ブラシ
699円(税込)

・タイプ:ラバーブラシ
・被毛の長さ:短毛種・長毛種
・サイズ:幅18cm・長さ24cm・手首周り15cm(伸縮性あり)
・重量:約150g
・原産国:日本

マッサージしながら抜け毛処理!

こちらは抜け毛を吸い取るように簡単に取り除くことができるブラシです。猫ちゃんの肌を適度に刺激するマッサージ効果で、新陳代謝を活性化することもできます。抜け毛が驚くほどごっそりとれますが、優しい触り心地で猫ちゃんもうっとり。

グローブの大きさはゆったりしていますが、手首のマジックテープで自由に調節することができます。

さらに裏ワザとして、抜け毛がこびりついたカーペットの掃除に活用することも。掃除機でもコロコロでも取れなかったカーペットの抜け毛が取れてきれいになるため、かなりスッキリしますよ!

1位:アイリスオーヤマ ペット用ブラシ フーリーイージー 猫用

アイリスオーヤマ ペット用ブラシ フーリーイージー 猫用 イエロー
3,780円(税込)

・タイプ:アンダーコート用ブラシ
・被毛の長さ:短毛種・長毛種
・サイズ :幅7.5cm・奥行15.5cm・高さ5cm
・重量:90.0g
・原産国:日本

お肌や毛を傷つけないプラスチック製!

こちらは刃の部分が硬い毛用・やわらかい毛用の2枚刃構造になっています。また、細い毛・太い毛どちらにも合わせられるリバーシブルタイプで、ワンタッチでブラシの長さを調整できますので、長毛種・短毛種どちらの猫ちゃんにも使えます。

また、ブラシについた抜け毛もワンタッチで取ることができますよ。ブラシのボディは静電気防止加工されていますので、抜け毛が本体にくっつきにくくなっているのもいいですね。

スーッとなでるだけで毛がどんどん取れ、ブラッシング後は手触りが抜群によく、ふわふわに。特に換毛期には必須アイテムですね。

ブラシ以外の猫用ケアアイテムもチェック!

猫のケアアイテムはブラシだけではありません。かわいい猫ちゃんが快適に過ごすためのケアアイテムはいろいろ。以下の記事では猫用の爪切りや肉球のケアアイテムの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

猫用ブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、猫用ブラシのAmazonの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

猫用ブラシの選び方とおすすめ10選をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? いろいろな種類があって、やっぱり迷ってしまうかもしれませんね。

基本的なお手入れに使うものをまず決めて、仕上げ用にもう1本など、必要に応じて徐々に増やしてみるのがおすすめです。猫ちゃんの美しい被毛と健康のために、良いブラシを使ってブラッシングをしましょう!

関連記事

人気の記事

関連キーワード