【徹底比較】猫用ブラシのおすすめ人気ランキング10選

売れ筋の人気猫用ブラシ10商品を全て購入し、徹底的に比較しました!

猫の毛並みのケアに欠かせない「猫用ブラシ」。ペットアンドミーやライトハウスといった様々なメーカーの商品が存在しますが、どの商品の性能が本当に優秀なのか気になりませんか?


そこで今回は、Amazon・楽天・価格.comなどの売れ筋上位の猫用ブラシ10商品を全て購入し、最もおすすめな猫用ブラシはどれか、検証して決定したいと思います!


全国に店舗を構える大人気猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちに協力していただき、全ての商品を実際に使って以下4点の比較・検証をしてもらいました。

  1. 猫の嫌がりにくさ
  2. 人間にとっての使いやすさ
  3. 仕上がり
  4. 毛の取れやすさ

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

この記事に登場する専門家

MahaloトリマーKAZU
古川 諭香
あさだ みはる
治田 真由子
こめこさん

全商品を自社施設で比較検証しています!

自社施設

mybestでは、一般の消費者と同じように実際に商品を購入して、自社の施設で徹底的にテストして比較・検証を行っています。

検証結果の中から、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 79,719  views
目次

大人気猫カフェの全面協力のもと徹底比較!

大人気猫カフェの全面協力のもと徹底比較!

今回は全国に店舗を構える大人気猫カフェに全面的に協力していただき、猫用おもちゃ10商品を徹底検証しました!


全国に店舗を構える大人気猫カフェのスタッフさんに、実際に店内で暮らす猫ちゃんたちとおもちゃを使って遊んでいただき、「猫の嫌がりにくさ」や「人間にとっての使いやすさ」など1つ1つのおもちゃについてじっくりと評価しています。

猫用ブラシの選び方

商品を比較・検証する前に、まずは猫用ブラシを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をチェックしておきましょう。

①猫のタイプや用途に合ったブラシを選ぶ

猫用ブラシにはさまざまな種類があり、猫の毛の状態や性格、毛をツヤツヤにしたい・無駄毛をとりたいといった用途によって、選ぶべきブラシのタイプが異なります。

まずはそれぞれの特徴をチェックしながら、自分や猫にとって最適なブラシを選びましょう。

ブラッシングが苦手な猫には「ラバーブラシ」

ブラッシングが苦手な猫には「ラバーブラシ」
マッサージするように優しく使える「ラバーブラシ」は、ブラッシングが苦手な猫におすすめ。ゴムやシリコンで作られているためやわらかく、猫への負担も軽減されます。

抜け毛がブラシに張り付きやすく、後処理が比較的簡単なのも特徴。ただし同時にホコリも付きやすいので、保管場所には注意しましょう。

毛をツヤツヤに仕上げたいなら「獣毛ブラシ」

毛をツヤツヤに仕上げたいなら「獣毛ブラシ」
「獣毛ブラシ」は毛がツヤツヤに仕上げたいときに使用する基本のブラシです。


長毛種であれば毛先が不揃いのハードタイプ、中毛種や短毛種であれば毛先が揃ったソフトタイプを選ぶのがおすすめです。


特に豚毛製や猪毛製のブラシは、適度な水分や油分が含まれているため静電気が起こりにくく、抜群の使いやすさを誇ります。

換毛期の猫に使うなら「アンダーコート用ブラシ」

換毛期の猫に使うなら「アンダーコート用ブラシ」
換毛期には「アンダーコート用ブラシ」がおすすめです。トップコートはそのままに、アンダーコートのみを取り除けます。

普通のブラシでは抜け毛しか取れませんが、アンダーコート用ブラシはブラッシングすればするほど毛がどんどん取れてしまいます。必要なアンダーコートまでとるのは当然NGですし、トップコートまで傷んでしまうので、やりすぎには十分注意してくださいね。

毛玉をほぐして毛並みを整えたいなら「コームタイプ」

毛玉をほぐして毛並みを整えたいなら「コームタイプ」

出典:amazon.co.jp

毛玉をほぐしたり、毛並みを整えたり、地肌に近い部分から無駄毛を取ったりしたいなら「コームタイプ」がおすすめ。当てる角度を微妙に変えながらポンポンと優しく叩くと、皮膚のマッサージもできますよ。

先が尖っていると皮膚を傷つけてしまう可能性があるため、先が丸くなっている商品を選んでください。


毛がほぐれていない長毛種には粗目のクシでも通らない場合があるので、まずはスリッカーブラシなどで絡んだ毛をほどいてから使うといいでしょう。また顔・お腹・お尻周り等のデリケートな部分に使用するなら、さらに目の細かいノミトリ用を選びましょう。

もつれた毛・絡んだ毛をほぐしたいなら「ピンブラシ」

もつれた毛・絡んだ毛をほぐしたいなら「ピンブラシ」

出典:amazon.co.jp

もつれた毛や絡んだ毛をほぐす効果がある「ピンブラシ」は、特に長毛種や毛量の多い短毛種への使用におすすめです。ポンポンと叩くようにブラッシングすることでマッサージ効果も得られます。

皮膚を傷つけないようにするため、先端が丸くなっている商品を選びましょう


使用しているうちにピンが内側に食い込んだり曲がったりしてしまう強度の弱い商品もあるため、ピンブラシを選ぶ際にはピンの強度の高さは要チェックです。

長毛種の毛玉をほぐしたいなら「スリッカーブラシ」

長毛種の毛玉をほぐしたいなら「スリッカーブラシ」

出典:amazon.co.jp

長毛種の毛玉をほぐしたいなら「スリッカーブラシ」を選びましょう。


毛を持ち上げつつ毛先から少しずつとかすことで、徐々に毛の絡まりがほどけていきます。また毛を持ち上げるように、反対の手を添えながらブラッシングするのもおすすめ。皮膚と毛の境目がわかりやすくなり、根元にもブラシを入れやすくなります。


猫の皮膚を傷つけてしまわないか不安な人は、ブラシの先に丸い玉が付いている商品を選びましょう。針金状のものと比べると毛の除去能力は若干劣りますが、安心感は抜群です。

②飼い主が使いやすいものを選ぶ

②飼い主が使いやすいものを選ぶ

飼い主・猫ともにストレスなくブラッシングを行うためにも、飼い主が使いやすいブラシを選びましょう。


飼い主がブラシを上手く使いこなせないと、ブラッシングに時間がかかり猫が余計に嫌がってしまいます。


今回は実際に10種類の猫用ブラシを比較・検証して、人間にとって最も使いやすいブラシを決定したので、ぜひ参考にしながら選んでみてくださいね!

③仕上がりがキレイになるものを選ぶ

③仕上がりがキレイになるものを選ぶ

ブラッシング後の仕上がりがキレイになるものを選びましょう。


無駄毛がまったくとれないブラシもダメですし、かといって必要な毛まで取り除いてスカスカになってしまってもダメ。ちょうどよく無駄毛を処理できるブラシがベストです。


今回は実際に10種類の猫用ブラシを比較・検証して、最も仕上がりがキレイになるブラシを決定したので、ぜひ参考にしながら選んでみてくださいね!

売れ筋の人気猫用ブラシ全10商品を徹底比較!

売れ筋の人気猫用ブラシ全10商品を徹底比較!

ここからはAmazon・楽天・価格.comなどの売れ筋ランキング上位の猫用ブラシ全10商品を全て購入し、今回は猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちにもご協力をいただき、どれが最も優れた猫用ブラシなのかを検証していきます。


<今回検証した商品>

  1. QQPOW ペットブラシ グローブ(ラバーブラシ)
  2. YOYOCAT シリコン マッサージブラシ(ラバーブラシ)
  3. ペティオ プレシャンテ 猫用ラバーブラシ(ラバーブラシ)
  4. シンカ シリコンブラシ トレルンダ君 短毛(ラバーブラシ)
  5. ペットアンドミー pet+meラバーブラシ ソフト・短毛用(ラバーブラシ)
  6. ONS 高級豚毛ブラシ(獣毛ブラシ)
  7. REDECKER 高級キャットブラシ(獣毛ブラシ)
  8. ZCTZ ペットブラシ(アンダーコート用ブラシ)
  9. SIAYI ペットブラシ(アンダーコート用ブラシ)
  10. ライトハウス ファーミネーター 長毛種用(アンダーコート用ブラシ)

上記の猫用ブラシの選び方のポイントを踏まえ、検証項目は以下の4項目としました。

検証①:猫の嫌がりにくさ

検証②:人間にとっての使いやすさ

検証③:仕上がり

検証④:毛の取れやすさ

検証①:猫の嫌がりにくさ

検証①:猫の嫌がりにくさ

まずは猫用ブラシを使用したときの「猫の嫌がりにくさ」について検証していきます。


今回用意したブラシを実際に使用してみて、猫がどれだけ嫌がるか・嫌がらないかを猫カフェのスタッフさんに評価してもらいました。

【検証結果ハイライト】最も猫が気持ちよさそうにしていたのは、撫でる感覚で使える「ペットブラシ グローブ」

【検証結果ハイライト】最も猫が気持ちよさそうにしていたのは、撫でる感覚で使える「ペットブラシ グローブ」

猫が最も嫌がらなかった猫用ブラシは、手に直接はめて使えるQQPOW ペットブラシ グローブでした!


人間の手で撫でるのと同じ感覚でブラッシングできるため、猫が嫌がるどころかとても気持ちよさそうにしていました。


普通のブラシでのお手入れを嫌がる猫ちゃんでも、このグローブを使えば喜んでブラッシングさせてくれそうです!

検証②:人間にとっての使いやすさ

検証②:人間にとっての使いやすさ

次に「人間にとっての使いやすさ」について検証していきます。


実際に猫の毛をブラッシングしてもらい、毛通りがスムーズかどうか、持ちやすいサイズ・重さかどうかなどを猫カフェのスタッフさんに評価してもらいました。

【検証結果ハイライト】猫を可愛がる延長でブラッシングできる「ペットブラシ グローブ」は使いやすさもNo.1!

【検証結果ハイライト】猫を可愛がる延長でブラッシングできる「ペットブラシ グローブ」は使いやすさもNo.1!

人間にとって最も使いやすかったのは、グローブ型の猫用ブラシQQPOW ペットブラシ グローブでした!


グローブの手のひら側がラバーブラシになっており、手にはめて猫を撫でるだけでブラッシングできるという優れものです。


猫を撫でて可愛がるのと同じ感覚でブラッシングできるので、特別なテクニックなど一切必要なし。初心者でも直観的に猫の毛のお手入れができますよ。

検証③:仕上がり

検証③:仕上がり

続いて「仕上がり」について検証していきます。


猫にブラッシングをしたのち、無駄毛がきちんと取り除けているかどうか、毛にツヤが出るかどうかなどを確認し、猫カフェのスタッフさんに評価してもらいました。

【検証結果ハイライト】第一位はしっかりと無駄毛がとれてサラツヤになる「ペットブラシ グローブ」

【検証結果ハイライト】第一位はしっかりと無駄毛がとれてサラツヤになる「ペットブラシ グローブ」

仕上がりのキレイさで第一位を獲得したのはまたもやQQPOW ペットブラシ グローブでした!


しっかりと無駄毛が取り除けるので、猫の毛並みがサラツヤに!必要な毛まで取ってしまうことはないため、毛並みがスカスカになることもなく、丁度良い仕上がりになります。

検証④:毛の取れやすさ

検証④:毛の取れやすさ

最後に「毛の取れやすさ」について検証していきます。


実際に猫に1分間ブラッシングをしていただき、毛の取れ具合を猫カフェのスタッフさんに評価してもらいました。

【検証結果ハイライト】少しのブラッシングで大量に毛が取れたのは「ファーミネーター」

【検証結果ハイライト】少しのブラッシングで大量に毛が取れたのは「ファーミネーター」

最も多くの毛が取れた猫用ブラシはライトハウス ファーミネーター 長毛種用でした!


軽く毛をとかすだけで、スルスルと気持ちよく無駄毛やアンダーコートが取り除けます。少しブラッシングしただけでビックリするぐらい大量の毛が取れました


ブラッシングすればするだけ毛が取れてしまうので、必要な毛まで取ってしまわないように注意しましょう。

【最終検証結果】猫用ブラシのおすすめ人気ランキングBEST10

これまでの比較・検証結果を踏まえ、猫用ブラシのおすすめ人気ランキングBEST10を発表します!

10位

ペティオプレシャンテ 猫用ラバーブラシ

626円 (税込)

猫の嫌がりにくさD(9位)人間にとっての使いやすさD(10位)
仕上がりD(10位)毛の取れやすさD(8位)
総合評価D(10位)タイプラバーブラシ
被毛の長さ短毛種・長毛種重量80g
9位
猫の嫌がりにくさC(5位)人間にとっての使いやすさD(9位)
仕上がりC(7位)毛の取れやすさD(10位)
総合評価D(9位)タイプ獣毛ブラシ
被毛の長さ短毛種・長毛種重量100g
8位

シンカシリコンブラシ トレルンダ君 短毛

920円 (税込)

猫の嫌がりにくさD(10位)人間にとっての使いやすさC(7位)
仕上がりC(7位)毛の取れやすさC(5位)
総合評価C(8位)タイプラバーブラシ
被毛の長さ短毛種重さ52g
7位
猫の嫌がりにくさC(5位)人間にとっての使いやすさC(8位)
仕上がりB(5位)毛の取れやすさD(10位)
総合評価C(7位)タイプアンダーコート用ブラシ
被毛の長さ短毛種・長毛種重量150g
6位
猫の嫌がりにくさC(5位)人間にとっての使いやすさB(4位)
仕上がりB(4位)毛の取れやすさC(5位)
総合評価C(6位)タイプ獣毛ブラシ
被毛の長さ全種類重さ約50g
5位
猫の嫌がりにくさC(5位)人間にとっての使いやすさC(6位)
仕上がりB(6位)毛の取れやすさA(3位)
総合評価B(5位)タイプアンダーコート用ブラシ
被毛の長さ短毛種・中毛種重さ約106g
4位

ペットアンドミーpet+meラバーブラシ ソフト・短毛用

1,954円 (税込)

猫の嫌がりにくさB(4位)人間にとっての使いやすさB(4位)
仕上がりC(7位)毛の取れやすさA(2位)
総合評価B(4位)タイプラバーブラシ
被毛の長さ短毛種重さ96g
3位
猫の嫌がりにくさB(3位)人間にとっての使いやすさA(3位)
仕上がりA(2位)毛の取れやすさC(5位)
総合評価B(3位)タイプラバーブラシ
被毛の長さ全種類重さ約108g
2位

ライトハウスファーミネーター 長毛種用

5,549円 (税込)

猫の嫌がりにくさA(2位)人間にとっての使いやすさA(2位)
仕上がりB(3位)毛の取れやすさA(1位)
総合評価A(2位)タイプアンダーコート用ブラシ
被毛の長さ大型長毛種重さ150g
1位
猫の嫌がりにくさA(1位)人間にとっての使いやすさA(1位)
仕上がりA(1位)毛の取れやすさB(4位)
総合評価A(1位)タイプラバーブラシ
被毛の長さ短毛種・長毛種重さ約150g

人気猫用ブラシの比較一覧表

商品画像商品名特徴価格猫の嫌がりにくさ人間にとっての使いやすさ仕上がり毛の取れやすさ総合評価タイプ被毛の長さ重さ商品リンク
1
ペットブラシ グローブ

QQPOW

ペットブラシ グローブ

3検証項目で1位を獲ったmybestおすすめ猫用ブラシ...675円(税込)A(1位)A(1位)A(1位)B(4位)A(1位)ラバーブラシ短毛種・長毛種約150g詳細を見る
2
ファーミネーター 長毛種用

ライトハウス

ファーミネーター 長毛種用

少しとかしただけで気持ちいいほど毛がとれてキレイな仕上...5,549円(税込)A(2位)A(2位)B(3位)A(1位)A(2位)アンダーコート用ブラシ大型長毛種150g詳細を見る
3
シリコン マッサージブラシ

YOYOCAT

シリコン マッサージブラシ

マッサージのような気持ちよさに猫がうっとり。柄がしっか...1,099円(税込)B(3位)A(3位)A(2位)C(5位)B(3位)ラバーブラシ全種類約108g詳細を見る
4
pet+meラバーブラシ ソフト・短毛用

ペットアンドミー

pet+meラバーブラシ ソフト・短毛用

普段あまり毛のとれない短毛の猫の毛がたくさん取れた!1,954円(税込)B(4位)B(4位)C(7位)A(2位)B(4位)ラバーブラシ短毛種96g詳細を見る
5
ペットブラシ

ZCTZ

ペットブラシ

無駄毛がごっそり取れてフワフワでキレイな仕上がりにC(5位)C(6位)B(6位)A(3位)B(5位)アンダーコート用ブラシ短毛種・中毛種約106g詳細を見る
6
高級キャットブラシ

REDECKER

高級キャットブラシ

全項目で平均点以上を獲得。猫の硬かった毛並みがフワフワに1,210円(税込)C(5位)B(4位)B(4位)C(5位)C(6位)獣毛ブラシ全種類約50g詳細を見る
7
ペットブラシ

SIAYI

ペットブラシ

毛の取れやすさは最下位だが仕上がりはまずまず1,370円(税込)C(5位)C(8位)B(5位)D(10位)C(7位)アンダーコート用ブラシ短毛種・長毛種150g詳細を見る
8
シリコンブラシ トレルンダ君 短毛

シンカ

シリコンブラシ トレルンダ君 短毛

ブラシの毛先の感触がイマイチ。猫がかなり嫌がる結果に・・・920円(税込)D(10位)C(7位)C(7位)C(5位)C(8位)ラバーブラシ短毛種52g詳細を見る
9
高級豚毛ブラシ

ONS

高級豚毛ブラシ

無駄毛が取れず仕上がりも変わらず、効果が感じられなかった1,134円(税込)C(5位)D(9位)C(7位)D(10位)D(9位)獣毛ブラシ短毛種・長毛種100g詳細を見る
10
プレシャンテ 猫用ラバーブラシ

ペティオ

プレシャンテ 猫用ラバーブラシ

ブラシの滑りが悪すぎてとかした感覚がほぼゼロ626円(税込)D(9位)D(10位)D(10位)D(8位)D(10位)ラバーブラシ短毛種・長毛種80g詳細を見る

猫用ブラシを使う上でのアドバイス

猫用ブラシを使う際のアドバイスや豆知識もご紹介します。選び方とあわせて、ぜひ参考にしてみてください。

毛づくろいをサポートするつもりで。体の変化にも気を配ろう

毛づくろいをサポートするつもりで。体の変化にも気を配ろう

猫は自分でも毛づくろいを行いますが、首の後ろ・あごの下・頭などは舐めることができません。毛づくろいをサポートするつもりで、お手入れが不足している部分を積極的にブラッシングしてあげると良いでしょう。


ブラッシングを習慣にしていると皮膚病や体の異常にもすぐに気づいてあげられます。「普通のブラッシングでは嫌がらないのに、なんだか今日は嫌がるな」という所は何かあると思ったほうが良いです。異変を感じたら、すぐに獣医さんに相談してくださいね。


また年を取った猫は、痩せて背骨がゴツゴツしてきます。骨に当たらないように様子を見ながらやさしくブラッシングしてあげるなど、猫のことを1番に考えてブラッシングしましょう!

長毛種なら毎日、短毛種なら週1回のケアが理想的

長毛種なら毎日、短毛種なら週1回のケアが理想的
理想的なブラッシングの頻度は、長毛種であれば毎日、短毛種であれば週1回です。

特に長毛種の猫ちゃんにとってブラッシングは、ごはんや水をあげることと同じくらい大切なケアです。ブラッシングを怠ると毛玉が鎧のようになり、皮膚の病気になってしまうこともあります。


短毛種でも換毛期なら毎日でもケアしてあげたいところ。しかし毎日行うのは大変ですので、最低でも週1回程度は念入りなブラッシングを行うよう心掛けてあげてください。

ブラシ以外の猫用ケアアイテムはこちら

猫が健康・快適に過ごすためのケアアイテムは、ブラシだけではありません。以下の記事では猫用の爪切りや肉球のケアグッズをご紹介していますので、気になった方はぜひあわせてチェックしてみてください。

猫用ブラシの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、猫用ブラシのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

まとめ

今回は全国に店舗を構える大人気猫カフェのスタッフさんや猫ちゃんたちにご協力いただき、売れ筋上位の猫用ブラシの性能を徹底的に比較検証しました。


すべての商品を比較検証してみた結果、1位のQQPOW ペットブラシ グローブはダントツの高評価!猫カフェのスタッフさんも「このグローブは本当に良い!私も買いたいと思っちゃいました!」と太鼓判を押しており、猫を飼っている人全員におすすめできる商品だと実感しました。


また個人的感想としては、総合評価2位・毛の取れやすさでダントツ1位だったライトハウス ファーミネーター 長毛種用」は、猫の抜け毛にお困りの方にぜひ一度使ってみてほしいと思いました。


比較検証結果やランキングを参考に、自分と猫にピッタリの猫用ブラシを見つけてみてください!


取材/文:佐藤歩海、写真:西中陽介

【番外編】プロの愛用するおすすめの猫用ブラシ

最後に猫のプロが愛用するおすすめの猫用爪切りをご紹介します!


その道のプロはどんな商品を使っているのか、ぜひ参考にしてみてください。

専門家の
マイベスト
高級ノミトリ櫛 共柄
出典:kenko.com

岡野製作所高級ノミトリ櫛 共柄

2,270円 (税込)

専門家の
マイベスト
ラバーブラシ ソフト・短毛用 ブルー
出典:amazon.co.jp

ペットアンドミーラバーブラシ ソフト・短毛用 ブルー

2,592円 (税込)

詳細情報
・タイプ:ラバーブラシ
・被毛の長さ:短毛種
・サイズ:幅6×奥行2.5×高さ10.5cm
・重量:96g
・原産国:スイス
専門家の
マイベスト
ゆう1 柄付きのみとりコーム K-106
出典:amazon.co.jp

ゆう1 柄付きのみとりコーム K-106

3,800円 (税込)

専門家の
マイベスト
ペット用ブラシ ピロコーム やわらかめ E1
出典:amazon.co.jp

ディアトリベーペット用ブラシ ピロコーム やわらかめ E1

1,914円 (税込)

詳細情報
・タイプ:アンダーコート用ブラシ
・被毛の長さ:短毛種
・サイズ:幅8×奥行2×高さ10cm
・重量:50g
・原産国:日本
専門家の
マイベスト
シリコンブラシ トレルンダ君 猫用 短毛
出典:amazon.co.jp

シンカ シリコンブラシ トレルンダ君 猫用 短毛

945円

詳細情報
・タイプ:ラバーブラシ
・被毛の長さ:短毛種
・サイズ:幅8.6×奥行4.9×高さ3.5cm
・重量:52g
・原産国:日本
専門家の
マイベスト
小型猫 S 短毛種用
出典:amazon.co.jp

ファーミネーター 小型猫 S 短毛種用

4,080円 (税込)

詳細情報
・タイプ:アンダーコート用ブラシ
・被毛の長さ:短毛種
・サイズ:幅5.5×奥行6.5×高さ15cm
・重量:130g
・原産国:中国
専門家の
マイベスト
あかねつげ 「黄楊櫛」梳きくし 椿油仕立【つげ櫛】
出典:amazon.co.jp

つげ製品あかねつげ 「黄楊櫛」梳きくし 椿油仕立【つげ櫛】

3,500円 (税込)

詳細情報
・タイプ:コームタイプ
・被毛の長さ:長毛種・短毛種
・サイズ:幅4×高さ10.5cm
・重量:-
・原産国:日本

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す