• ガスライターのおすすめ人気ランキング10選【喫煙用・アウトドア向けも充実!】のアイキャッチ画像1枚目
  • ガスライターのおすすめ人気ランキング10選【喫煙用・アウトドア向けも充実!】のアイキャッチ画像2枚目
  • ガスライターのおすすめ人気ランキング10選【喫煙用・アウトドア向けも充実!】のアイキャッチ画像3枚目
  • ガスライターのおすすめ人気ランキング10選【喫煙用・アウトドア向けも充実!】のアイキャッチ画像4枚目
  • ガスライターのおすすめ人気ランキング10選【喫煙用・アウトドア向けも充実!】のアイキャッチ画像5枚目

ガスライターのおすすめ人気ランキング10選【喫煙用・アウトドア向けも充実!】

アウトドアにおすすめの実用的なタイプから、喫煙タイムを魅力的に彩ってくれる、エス・テー・デュポンやロンソン、ダンヒルといった有名ブランドのアイテムまで、様々な種類が揃うガスライター。オイルライターのニオイが苦手でも使いやすいため人気ですが、いかんせん種類が豊富なため、どれを選ぶべきか迷うこともありますね。


今回は、そんなガスライターの特集です。人気のガスライターをご紹介するだけでなく、選び方もしっかり解説!せっかく使うなら、長く使えるお気に入りの一品を見つけてみませんか?

  • 最終更新日:2019年02月27日
  • 675  views
目次

オイルライターとガスライターの違いとは?

オイルライターとガスライターの違いとは?

ガスライターのメリットは、オイルライターのように臭いがほとんどないこと。燃料にオイルを使っているオイルライターでは、ニオイが服に移ることもありますが、ガスライターではそのような心配はありません。


さらに、オイルは発揮しやすいため、燃料の補充がどうしても多くなりますが、ガスライターなら長期保存しても燃料が減りにくいのもいいところ。このため、災害時の防災グッズとしても使われています。風が吹いても火が消えにくいターボ式ガスライターも登場し、アウトドアでも人気になっていますよ!

ガスライターの選び方

まずは、ガスライターの選び方をご紹介します。色々なタイプがありますが、こちらを見れば選びやすくなりますよ。

まずは用途に合わせて選ぼう

ガスライターについては喫煙用と、アウトドアなどで使う場合でタイプが大きく分かれます。それぞれで押さえておくべきポイントをまとめましたので、参考にしてくださいね。

喫煙用:デザインやブランドなど、好みで選んだのでOK

喫煙用:デザインやブランドなど、好みで選んだのでOK

煙草を楽しむ時間を豊かなものにし、洗練された手元を演出するため、喫煙用として使う場合には、まずデザインやブランドが気になるところでしょう。


ガスライターを多く出しているブランドとしては、高級ライターと言えばまず名前が挙がるエス・テー・デュポンの他、質実剛健な印象の男性的デザインと頑丈さが特徴のロンソン技術力とクラシカルなデザインも高く評価されている国産のサロメなどがあります。


各ブランド共に、高級素材をふんだんに用いたハイグレードモデルから、手に入れやすいリーズナブルなタイプまで揃っていますので、まずは押さえておくのがおすすめ。


他にも、例えばカジュアルファッションのブランドなどからも、スマートなデザインのガスライターが数多く出ています。お気に入りのブランドがあるなら、チェックしてみるのもいいですね。

アウトドア用:防風性などの機能や形状に注目

アウトドア用:防風性などの機能や形状に注目

アウトドアなど、野外での使用がメインなら、気にしておくべきは風の勢いに耐えられるライターを選ぶこと。具体的にはターボ式や、防風機構つきなどのタイプがいいでしょう。


また、特にバーベキューで燃料に火を付ける場合などに使うなら、火口が長いトーチ型タイプを選ぶのがおすすめ。火から手までの距離を遠くできるので、ヤケドの危険を減らせます。

着火方式の違いにも注目

ガスライターは、着火方式により3種類に分けられます。それぞれ特徴が異なるので、用途や好みから選びましょう。

シンプルな構造で故障しにくい「フリント式」

シンプルな構造で故障しにくい「フリント式」

丸いヤスリを回転させた際に、フリント(発火石)から発生する火花で着火する方式が「フリント式」です。


シンプルな構造で故障しにくいため、頻繁にライターを使う方におすすめ。ただ、フリントは消耗品なので、ある程度使ったら交換する必要があることは覚えておきましょう。

消耗品がガスのみで済む「電子式」

消耗品がガスのみで済む「電子式」

圧電素子で着火する「電子式」は、圧力を掛けると電気が発生するしくみになっています。


フリント式と違って圧電素子は消耗品ではないため、交換の手間がかからないのがいいところ。自分で部品の交換をするのは不安だという方にもおすすめです。スイッチを押すだけで、簡単に着火できるのもポイントですよ。

高火力で風に強い「ターボ式」

高火力で風に強い「ターボ式」

ターボ式は内燃式とも呼ばれ、3種類の中でも特に火力が高いのが特徴です。フリント式や電子式は約800~1000度ですが、ターボ式は何と1200~1400度にもなります。火力の高さから風にも強く、特にアウトドアに向いています。


ただしガスの消費量は多め。遠出する際には、ガスを満タンまで補充しておくと良いでしょう。

ガスの充填方法についてもチェック

ガスの充填方法についてもチェック

ガスライターにガスを補充する場合、通常はライター用のガスボンベを使います。でも、一部のアウトドア向けのトーチ型ガスライターの中には、カセットガスが使えるタイプも。カセットガスはリーズナブルで入手しやすいため、カセットガスの金口に対応しているガスライターを選ぶのも手でしょう。


また、別売りのアダプターを装着することで、アウトドア用のガス缶が使えるようになる製品もあります。アウトドア用のガス缶は野外での使用を想定しているため、一般的なカセットガスボンベ缶より寒さに強くパワフル。特に野外での使用が多いなら、検討してみるのもおすすめですよ。

ガスライター(喫煙用)の人気ランキング5選

それでは、人気のガスライターを喫煙用とアウトドア用に分けてご紹介します。初めに喫煙向きの商品をご紹介します。次のアウトドア用も、ぜひご覧くださいね。

5位

キャサリンハムネットスリムライター

KH060002

4,860円 (税込)

用途室内での喫煙
形状口紅型
着火方式電子式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ
サイズ15×15×105mm(縦×横×高さ)
重量54.5g
4位

ロンソンライター クラシック

R23-0001

4,370円 (税込)

用途室内での喫煙など
形状ライター型
着火方式フリント式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ
サイズ33.5×14.3×58mm(幅×奥行き×高さ)
重量53.6g
3位
ガスライター エス・テー・デュポン ミニジェット ライター 1枚目
出典:amazon.co.jp

エス・テー・デュポンミニジェット ライター

10,800円 (税込)

用途室内での喫煙・アウトドアなどにも
形状ライター型
着火方式ターボ式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ
サイズ-
重量-
2位

カランダッシュガスライター カランダッシュ40

CD40-4004

9,237円 (税込)

用途室内での喫煙など
形状ライター型
着火方式フリント式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ
サイズ32×8×65mm(幅×奥行き×高さ)
重量54g
1位

ウィンドミルターボライター JPW

JPW-0001

5,940円 (税込)

用途野外での喫煙・アウトドアなど
形状ライター型
着火方式ターボ式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ
サイズ37×16×67mm(幅×奥行き×高さ)
重量57g

人気ガスライター(喫煙用)の比較一覧表

商品画像
1
ガスライター ウィンドミル ターボライター JPW 1枚目

ウィンドミル

2
ガスライター カランダッシュ ガスライター カランダッシュ40 1枚目

カランダッシュ

3
ガスライター エス・テー・デュポン ミニジェット ライター 1枚目

エス・テー・デュポン

4
ガスライター ロンソン ライター クラシック 1枚目

ロンソン

5
ガスライター キャサリンハムネット スリムライター 1枚目

キャサリンハムネット

商品名

ターボライター JPW

ガスライター カランダッシュ40

ミニジェット ライター

ライター クラシック

スリムライター

特徴経年変化が楽しめる、バフ磨き仕上げのボディも魅力機能美溢れるデザインに所有欲がくすぐられる!ポップなカラーも洗練された印象で楽しめる質実剛健!武骨なデザインがかっこいいライターとは分からないスマートさがポイント!
価格5,940円(税込)9,237円(税込)10,800円(税込)4,370円(税込)4,860円(税込)
用途野外での喫煙・アウトドアなど室内での喫煙など室内での喫煙・アウトドアなどにも室内での喫煙など室内での喫煙
形状ライター型ライター型ライター型ライター型口紅型
着火方式ターボ式フリント式ターボ式フリント式電子式
タイプ注入式注入式注入式注入式注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベライター用ガスボンベライター用ガスボンベライター用ガスボンベライター用ガスボンベ
サイズ37×16×67mm(幅×奥行き×高さ)32×8×65mm(幅×奥行き×高さ)-33.5×14.3×58mm(幅×奥行き×高さ)15×15×105mm(縦×横×高さ)
重量57g54g-53.6g54.5g
商品リンク

ガスライター(アウトドア用)の人気ランキング5選

こちらは、アウトドア向けのガスライターになります。どれも風に強いので、野外でも安定して着火できますよ!
5位
ガスライター ウィンドミル ターボライター 1枚目
出典:amazon.co.jp

ウィンドミルターボライター

AWL-10

3,950円 (税込)

用途アウトドア・野外での喫煙
形状ライター型
着火方式ターボ式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ
サイズ39×13×74mm(幅×奥行き×高さ)
重量36g
4位
ガスライター ペンギンライター お線香ライター せせらぎII 1枚目
出典:amazon.co.jp

ペンギンライターお線香ライター せせらぎII

562円 (税込)

用途野外での線香への着火など
形状ライター型(大型防風付き)
着火方式ターボ式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ
サイズ72×43×147mm(幅×奥行き×高さ)
重量66g
3位

新富士バーナースライドガストーチ

RZ-520YL

1,695円 (税込)

用途アウトドア・野外での喫煙
形状トーチ型
着火方式ターボ式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ・カセットガス
サイズ35×18×110~185mm(幅×奥行き×高さ)
重量55g
2位
ガスライター ツインライト AGAINST PJ2 トリプルジェットライター 1枚目
出典:amazon.co.jp

ツインライトAGAINST PJ2 トリプルジェットライター

975円 (税込)

用途アウトドア・野外での喫煙
形状ライター型
着火方式ターボ式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ
サイズ35×20×80mm(幅×奥行き×高さ)
重量60g
1位
用途アウトドア・野外での喫煙
形状トーチ型
着火方式ターボ式
タイプ注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ・カセットガス・アウトドア缶(別売りのアダプターが必要)
サイズ35×18×110~185mm(幅×奥行き×高さ)
重量55g

人気ガスライター(アウトドア用)の比較一覧表

商品画像
1
ガスライター SOTO スライドガストーチ 1枚目

SOTO

2
ガスライター ツインライト AGAINST PJ2 トリプルジェットライター 1枚目

ツインライト

3
ガスライター 新富士バーナー スライドガストーチ 1枚目

新富士バーナー

4
ガスライター ペンギンライター お線香ライター せせらぎII 1枚目

ペンギンライター

5
ガスライター ウィンドミル ターボライター 1枚目

ウィンドミル

商品名

スライドガストーチ

AGAINST PJ2 トリプルジェットライター

スライドガストーチ

お線香ライター せせらぎII

ターボライター

特徴伸縮機能で用途も色々!一番人気のトーチ型火が消えにくいガスライター。3つの火口で強力!カセットガスも使える、伸縮可能なトーチ型ライター風が強い日でも線香にしっかり着火!アウトドアにぴったりな耐風・防水ガスライター
価格1,980円(税込)975円(税込)1,695円(税込)562円(税込)3,950円(税込)
用途アウトドア・野外での喫煙アウトドア・野外での喫煙アウトドア・野外での喫煙野外での線香への着火などアウトドア・野外での喫煙
形状トーチ型ライター型トーチ型ライター型(大型防風付き)ライター型
着火方式ターボ式ターボ式ターボ式ターボ式ターボ式
タイプ注入式注入式注入式注入式注入式
対応したガス缶ライター用ガスボンベ・カセットガス・アウトドア缶(別売りのアダプターが必要)ライター用ガスボンベライター用ガスボンベ・カセットガスライター用ガスボンベライター用ガスボンベ
サイズ35×18×110~185mm(幅×奥行き×高さ)35×20×80mm(幅×奥行き×高さ)35×18×110~185mm(幅×奥行き×高さ)72×43×147mm(幅×奥行き×高さ)39×13×74mm(幅×奥行き×高さ)
重量55g60g55g66g36g
商品リンク

ガス漏れを防止!押さえておきたい充填時の注意点

ガス漏れを防止!押さえておきたい充填時の注意点

ライターのガスが切れたら、基本的にライター用ガスボンベから補充しましょう。この際にライター本体を冷蔵庫などで冷やしておくと、気圧差によりガスが入りやすくなります


カセットガスについては成分がライター用とほぼ同じですが、選び方でもご紹介したように、金口が対応していないモデルで使うのはNG。無理やり補充しようとすると、かなりの量が漏れ出して危険ですので、ライター用ガスボンベを使ってくださいね。

携帯灰皿の見直しもおすすめ

愛煙家なら、アウトドアでもちょっとした外出先でも、携帯灰皿はもはや必需品。最近は消火しやすいハニカム構造やニオイの漏れにくい素材を採用した、機能的なものも続々登場してきています。この機会に合わせてチェックしてみませんか?

ガスライターの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ガスライターのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ブランド物からアウトドアに便利なトーチ型まで、色々なガスライターがありました。ユニークなギミックを搭載したものも多く、用途に応じて使いやすくなっていましたよね。


普段使い捨てライターしか使わない方も、ぜひご紹介したガスライターを検討してみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す