• ファクタリング会社のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • ファクタリング会社のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • ファクタリング会社のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • ファクタリング会社のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • ファクタリング会社のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

ファクタリング会社のおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

会社の資金繰りに困った…そんな時におすすめなのが、売掛金を売却して、資金を調達してくれる「ファクタリング会社」です。銀行の借入などに比べると審査が早く、即日現金化してくれると今注目されています。しかし、仕組みがイマイチ分からなかったり、審査や手数料、入金されるまでの日数にも違いがあるので、何を基準に選べばいいのか分からない…という人も少なくなくないはず。


そこで今回は、そんな「ファクタリング会社」の選び方とおすすめの会社をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にして、きちんと納得できる会社を見つけてみましょう。

  • 最終更新日:2018年12月27日
  • 188  views
目次

「ファクタリング」とは?

「ファクタリング」とは?

取引で発生した売掛金を債権として売却し、現金化することを「ファクタリング」といいます。通常は、商品やサービスなどを納品・提供した後に、クライアントから売掛金が支払われますが、支払いまでの期間が長いと、資金繰りに困ってしまうことも。そんな時におすすめなのがファクタリングです。


ファクタリング会社は、売掛債務を買取って金額の支払いを行います。銀行融資と違って審査が比較的簡単で、担保不要で資金を調達することができるので、急いで資金が必要な時などに便利です。

ファクタリング会社の選び方

はじめに、ファクタリング会社の選び方のポイントをここで確認しておきましょう。

3社 or 2社?取引き形態から選ぶ

ファクタリングの取引きには、利用する会社・売掛先のクライアント・ファクタリング会社による「3社間」と、利用する会社とファクタリング会社による「2社間」があります。使い方に合わせた形態を選びましょう。

とにかく手数料を安く抑えたいのなら「3社間」

とにかく手数料を安く抑えたいのなら「3社間」
手数料を安く抑えたいのであれば、「3社間」がおすすめです。2社間の場合、債権評価にて減額された差額も含むため、手数料が約10~25%と高め。一方、3社間だと、ファクタリング会社が売掛先から支払われる代金を直接回収するため、約1~5%で済みます。

3社間を利用するには、審査の前にクライアントの同意書が必要です。そのため、債権譲渡の件なども含め、クライアントに説明する必要がありますが、中には、説明の際の書類を用意したり、説明に同行してくれるファクタリング会社もありますので、相談してみてくださいね。

「2社間」ならクライアントに知られずに利用できる

「2社間」ならクライアントに知られずに利用できる

取引きへの影響を考えて、クライアントに伝えることなく利用したいのであれば「2社間」を選びましょう。クライアントの同意書も必要もなく、利用することができます。また、3社間に比べると、資金化も早いので、資金調達までに時間がない場合にもおすすめです。


ただし、2社間の場合は貸し倒れリスクが大きく、審査が厳しいため、個人事業主は基本的に利用することができません。また、大手のファクタリング会社は、2社間に対応していない場合もあるので、事前に確認しておくようにしてください。

最小・最大買取額と入金までの日数は必ずチェック!

最小・最大買取額と入金までの日数は必ずチェック!

事前に、最小・最大買取額と入金までの日数をきちんと確認しておきましょう。下限金額や上限金額は、ファクタリング会社によって異なります。数十万円からOKのところもあれば、数百万円以上でないと利用できなかったり、上限金額も1,000万円から1億円以上までと差があります。


また、入金までの日数もまちまち。金額にもよりますが、即日に入金可能なところや、数週間掛かるところもあります。一般的には、クライアントの同意書が必要な3社間は、入金までに時間が掛かり、2社間であれば、早く入金してくれます

債権譲渡登記を行うか?選択できると◎

債権譲渡登記を行うか?選択できると◎

売掛債権を譲渡したことを記録する「債権譲渡登記」を行なうかどうか、選べるところがおすすめです。債権譲渡登記は、ファクタリング会社の二重譲渡を防ぎ、売掛債権を法的に証明するものです。しかし、誰でも閲覧ができるため、クライアントや銀行に知られてしまう可能性があります。


銀行に融資を依頼していると、場合によっては、審査に影響を及ぼすことも考えられます。2社間の場合、原則債権譲渡登記が必要となりますが、状況によっては債権譲渡登記を行なわないこともあるので、相談してみましょう。

オンライン完結なら、面談・来社不要で便利

オンライン完結なら、面談・来社不要で便利

忙しくて、手続きの時間が取れそうにないのなら、オンラインで手続きができる会社を選びましょう。書類を書いたり、印鑑を用意する必要がなく、オンライン上で書類を提出することが可能です。面談もなく、審査や入金も早い上、手数料も安くなっています。


来社の必要もないため、遠方の方でも利用しやすくなっています。オンライン完結を行なうためには、本人確認書類のほかに、財務諸表や直近の入出金明細などが必要になります。

ファクタリング以外のサービスも提供する会社も

ファクタリング以外のサービスも提供する会社も

ファクタリング会社の中には、ファクタリングだけでなく、取引に関連する様々なサポートをしてくれるところもあります。例えば、売掛金の回収や請求、支払い遅延処理などの管理・経理業務を代行してもらえば、煩わしい交渉や事務作業に余計な時間を費やすことなく、本来業務に取り組むことができます。


提供しているサービス内容は、会社によって異なるので確認してみましょう。中には、財務コンサルタントが、資金繰りの改善や計画などをアドバイスしてくれる会社もありますよ。

ファクタリング会社の人気ランキング10選

それでは、ここからは、人気のファクタリング会社をランキング形式でご紹介します。
10位
取引き形態2・3社間最小・最大買取額最大5,000万円
入金までの日数最短即日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
9位
三井住友ファイナンス&リース株式会社 1枚目
出典:smfl.co.jp

三井住友ファイナンス&リース株式会社

取引き形態3社間最小・最大買取額
入金までの日数債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
8位
取引き形態3社間最小・最大買取額
入金までの日数最短3日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
7位
取引き形態2社間最小・最大買取額
入金までの日数最短即日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
6位
取引き形態2社間・3社間最小・最大買取額100万円から
入金までの日数最短1日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
5位

日本中小企業金融サポート機構

取引き形態2社間・3社間最小・最大買取額制限なし
入金までの日数即日〜3営業日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
4位
取引き形態2社間・3社間最小・最大買取額
入金までの日数最短即日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
3位
株式会社クレイリッシュ 1枚目
出典:901901.jp
取引き形態2社間最小・最大買取額100万円~5,000万円まで
入金までの日数約3日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
2位
株式会社アレシア べストファクター 1枚目
出典:bestfactor.jp

株式会社アレシアべストファクター

取引き形態2社間最小・最大買取額30万円以上
入金までの日数最短当日~3営業日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結
1位
取引き形態3社間最小・最大買取額5万円以上10億円まで
入金までの日数最短3日債権譲渡登記の選択
バックオフィスサービスオンライン完結

人気ファクタリング会社の比較一覧表

商品画像商品名特徴取引き形態最小・最大買取額入金までの日数債権譲渡登記の選択バックオフィスサービスオンライン完結商品リンク
1

ワダツミ株式会社

信頼度◎売却先とのやり取りもバックアップするので安心!3社間5万円以上10億円まで最短3日詳細を見る
2
株式会社アレシア べストファクター 1枚目

株式会社アレシア

べストファクター

平均買取率92.2%!手数料は業界最安値の5%~2社間30万円以上最短当日~3営業日詳細を見る
3
株式会社クレイリッシュ 1枚目

株式会社クレイリッシュ

シュミレーションも充実!売掛先が同意しない場合にも融資が可能2社間100万円~5,000万円まで約3日詳細を見る
4
株式会社アンカーガーディアン 1枚目

株式会社アンカーガーディアン

事務手数料と交通費無料!登記手数料もサービスで安心2社間・3社間最短即日詳細を見る
5

日本中小企業金融サポート機構

事業再生やマッチングなどサポートも充実!2社間・3社間制限なし即日〜3営業日詳細を見る
6
株式会社JTC 1枚目

株式会社JTC

万全のセキュリティで安心!公式サイトも充実2社間・3社間100万円から最短1日詳細を見る
7
株式会社アクセルファクター 1枚目

株式会社アクセルファクター

時間の掛かるエビデンスを簡素化してスピーディーな対応を実現2社間最短即日詳細を見る
8
株式会社GCM 1枚目

株式会社GCM

診療報酬や介護給付費債権に特化した医療機関と介護施設向け3社間最短3日詳細を見る
9
三井住友ファイナンス&リース株式会社 1枚目

三井住友ファイナンス&リース株式会社

紛失・盗難リスクのない「でんさいファクタリング」に対応可能3社間詳細を見る
10

MSFJ株式会社

300万円まではネットの申込みOK!審査もスピーディー2・3社間最大5,000万円最短即日詳細を見る

ファクタリング会社利用にあたっての注意点

ファクタリング会社利用にあたっての注意点
売掛金を債権として譲渡するファクタリングは、借入とは異なり、担保や保証人が必要なく、金利が発生しない資金調達方法です。しかし、中には、債権を担保にしたり、法外な金利を請求してくるような悪質な会社も存在するので、気を付けましょう。

  1. 固定電話がなく、連絡先が携帯電話になっている
  2. 手数料が極端に安い
  3. 提出する書類が極端に少ない
  4. 2社間ファクタリングにはないはずの償還請求権がある
  5. 契約書に関するきちんとした説明がない

上記に該当する場合は、特に注意が必要です。また、公式サイトに会社の所在地が書いてあっても、架空の住所である可能性もあります。少しでも怪しいと思ったら、Google Earthのストリートビューなどを使って確認してみるといいでしょう。

契約前には、手数料などの請求額を書面で提示してもらい、内訳を確認。契約した際には、忘れずに契約書の控えを受け取り、内容もしっかり確認しておきましょう。

まとめ

ファクタリング会社の選び方のポイントと、おすすめの会社をランキング形式でご紹介しました。今回ご紹介した選び方のポイントに加え、手数料やサービス内容などについても、忘れずに確認しておきましょう。信頼できるファクタリング会社を選んで、経営改善に繋げてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す