• 【無造作にキマる!】マット系ワックスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【無造作にキマる!】マット系ワックスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【無造作にキマる!】マット系ワックスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【無造作にキマる!】マット系ワックスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【無造作にキマる!】マット系ワックスのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【無造作にキマる!】マット系ワックスのおすすめ人気ランキング10選

光沢を抑えて大人っぽいヘアスタイルを叶えてくれるマット系ワックス。ナチュラルな無造作感が魅力で、細毛・軟毛の方のスタイリングも簡単にしてくれるアイテムです。しかしソフトからハードまで硬さもいろいろ、クレイタイプやチューブ入りのものなどもあって、どれを選んでいいのか分かりにくいですよね。

今回はマット系ワックスの選び方と合わせて、おすすめ商品を人気ランキングでご紹介します。記事の後半ではワックスを混ぜて使うテクニックも紹介しますよ。ぜひ参考にして、あなたにぴったりなマット系ワックスを見つけちゃいましょう!
  • 最終更新日:2019年02月12日
  • 38,003  views
目次

マット系ワックスの選び方

マット系ワックスは、どんなところに気を付けて選んだらいいのでしょう?ここでは髪型や髪質別に最適なタイプや、使いやすさをチェックするポイントをご紹介します。

「硬さ」は、髪型や長さに合わせて選ぶ

マット系ワックスには、ソフト・ノーマル・ハード・スーパーハードと、主に4種類の硬さがあります。まずは自分の髪の長さや髪型に適したものを選びましょう。

ソフトタイプ:ギラつきを抑え、ロングヘアもナチュラルに

ソフトタイプ:ギラつきを抑え、ロングヘアもナチュラルに
髪が長めで、ごく自然な仕上がりを求める方はソフトタイプを選びましょう。このタイプは伸びのよいものが多くギラ付き感が控えめなため、ナチュラルなヘアスタイリングが可能。ロングヘアにツヤワックスを使うと重くなりがちですが、マットワックスなら軽く見せることができますよ。

ただし中にはキープ力が弱く、時間が経つとへたってしまうものも。スタイルを長く保ちたい方は、さらにヘアスプレーでホールドすると良いでしょう。

ノーマルタイプ:自然なツヤ感が魅力、オフィス向けのヘアにも

ノーマルタイプ:自然なツヤ感が魅力、オフィス向けのヘアにも
ショートからミディアムヘアの方は、ノーマルタイプのワックスがおすすめです。ソフトよりはやや硬めで、動きのある毛束感が演出できます。

テカリを抑えた自然なツヤ感が出せるので、マットワックスが初めてという方にもぴったり。つける量を調整すれば、ビジネスシーンでの使用にも向いています。

ハードタイプ:ツヤ感控えめでラフな印象に

ハードタイプ:ツヤ感控えめでラフな印象に
髪が短い方には、ハードタイプがおすすめ。ハードタイプはセミマットやツヤ控えめのものが多く、ショートヘアをラフなスタイリングに仕上げるのに向いています。髪を根本から立ち上げることができ、スプレーなしでもキープ力が高いところも特徴です。

毛先にたくさんつけると、ワックスの重みで毛が寝やすくなることも。根元近くを意識してつまむように立ち上げながら、少しずつもみ込むのがコツです。

スーパーハードタイプ:ドライな仕上りでアッシュカラーが映える

スーパーハードタイプ:ドライな仕上りでアッシュカラーが映える
キープ力を重視したい方や、髪色がアッシュ系の方には、スーパーハードをおすすめします。ツヤを完全に消したタイプが多く、アッシュカラーやスモーキーカラーの髪色をよりきれいに見せてくれます。このタイプはスプレーなしでも、朝から夜までスタイリングが長持ちします。

ベリーショートやショート、ミディアムくらいまでの髪の短い人向け。スーパーハードのマット系ワックスはほとんどがメンズ仕様となっていますが、きっちりスタイリングしてキープしたい!というショート女子にもおすすめです。

セミロングまでの長さなら女性にも◎

セミロングまでの長さなら女性にも◎
女性にもマットワックスはおすすめ。ミルクティーブラウンやアッシュカラーの方にぴったりマッチします。スタイリング力が高いのでパーマや巻き髪のセットに向いており、毛先を遊ばせたり毛流れを整えたりするのにもぴったりです。

また毛の量が少ない方でもボリュームアップすることができるので、うるおい系ワックスではボリュームがなくなる…という軟毛の方は、一度試してみるといいでしょう。

髪が細めの方はクレイワックスを

髪が細めの方はクレイワックスを
髪の毛が細くてスタイリングがキープできない方は、クレイワックスを選ぶのがおすすめです。油分が少なくマットな質感に仕上がるため、特に明記されていなくてもマットワックスと同じように使うことができます。キープ力も高いので、セットが長持ちしやすいですよ。

ただマットワックス全般に言える「伸びの悪さ」はクレイワックスにも当てはまりますので、やや扱いが難しいかもしれません。初めての方は、軽く濡らした髪に少量ずつ使ってセットすると良いでしょう。

チューブ入りならビギナーでも使いやすい

チューブ入りならビギナーでも使いやすい
つけすぎによって重くなるのを防ぎたい方には、チューブタイプがおすすめ。ケース入りのものに比べて量の調節がしやすく、指先にごく少量だけ取って毛束になじませるという使い方が可能です。ビギナーでも調整しやすいですよ。

洗い落としやすさは口コミでチェック

洗い落としやすさは口コミでチェック
ヘアワックスには油分が多く含まれているため、落ちにくいのが難点。マット系ワックスはやや落としやすくはなっているものの、ハードタイプはどうしても洗い残しがちに。健康な髪と頭皮を保つには、できるだけ落としやすいものを選ぶといいでしょう。

気になった商品があれば口コミを確認し、「シャンプーで落ちにくい」という評価がないかチェックしておくと良いでしょう。先にコンディショナーをなじませ油分を溶かしてからシャンプーする、という裏技は試す価値アリ!もちろんつけすぎないようにすることも大切です。

ビジネスシーンでは無香料、または控えめな香りを

ビジネスシーンでは無香料、または控えめな香りを
マット系ワックスはナチュラルに仕上がるため、ビジネスシーンに最適ですが、香りには気を付けましょう。無香料のものを選んだ方が良いですが、選択肢が少ないのがネック。できるだけ控えめな香りのものを選ぶのがおすすめです。

メンズ用に多く見られるシトラス系なら、仕事の種類や年齢を問わず使いやすいでしょう。

マット系ワックスのおすすめ人気ランキング10選

ここからはおすすめの商品を人気ランキングでご紹介します。選び方のポイントもふまえながら、あなたに適したものを見つけてみてくださいね。
10位
9位
マットワックス GATSBY ムービングラバー ルーズシャッフル
出典:amazon.co.jp

GATSBYムービングラバー ルーズシャッフル

548円 (税込)

8位
マットワックス ナプラ インプライムアートワックス デザインエッジ
出典:amazon.co.jp

ナプラインプライムアートワックス デザインエッジ

605円 (税込)

7位
マットワックス シュワルツコフ オージス フレックスワックス
出典:amazon.co.jp

シュワルツコフオージス フレックスワックス

919円 (税込)

6位
マットワックス モルトベーネ ロレッタ デビルワックス 5.5
出典:amazon.co.jp

モルトベーネロレッタ デビルワックス 5.5

1,296円 (税込)

5位

GATSBYムービングラバー グランジマット

585円 (税込)

4位
マットワックス ウエラ セバスティアン クラフトクレイ
出典:amazon.co.jp

ウエラセバスティアン クラフトクレイ

750円 (税込)

3位
2位
マットワックス シュワルツコフ オージス ロックハード
出典:amazon.co.jp

シュワルツコフオージス ロックハード

960円 (税込)

1位
マットワックス ミルボン ニゼル グラスプワックス
出典:amazon.co.jp

ミルボンニゼル グラスプワックス

1,144円 (税込)

おすすめ人気マット系ワックスの比較一覧表

商品画像
1
マットワックス ミルボン ニゼル グラスプワックス

ミルボン

2
マットワックス シュワルツコフ オージス ロックハード

シュワルツコフ

3
マットワックス LIPPS L08ワックス

LIPPS

4
マットワックス ウエラ セバスティアン クラフトクレイ

ウエラ

5
マットワックス GATSBY ムービングラバー グランジマット

GATSBY

6
マットワックス モルトベーネ ロレッタ デビルワックス 5.5

モルトベーネ

7
マットワックス シュワルツコフ オージス フレックスワックス

シュワルツコフ

8
マットワックス ナプラ インプライムアートワックス デザインエッジ

ナプラ

9
マットワックス GATSBY ムービングラバー ルーズシャッフル

GATSBY

10
マットワックス LIPPS ニアウェイスワックス

LIPPS

商品名

ニゼル グラスプワックス

オージス ロックハード

L08ワックス

セバスティアン クラフトクレイ

ムービングラバー グランジマット

ロレッタ デビルワックス 5.5

オージス フレックスワックス

インプライムアートワックス デザインエッジ

ムービングラバー ルーズシャッフル

ニアウェイスワックス

特徴マットな質感を再現したいならこれで決まり!とにかく髪の毛をキープしたい人におすすめメンズワックスの定番商品セット力のあるクレイワックス束感のあるマットなスタイルマットで自然な仕上がりに硬い髪の毛もしっかりキープ忙しい朝でも簡単に程よいセット力で毛束がつくりやすいべたつかず、自然な仕上がりに
最安値
1,098
送料別
詳細を見る
850
送料別
詳細を見る
1,650
送料要確認
詳細を見る
741
送料別
詳細を見る
548
送料要確認
詳細を見る
1,273
送料別
詳細を見る
919
送料要確認
詳細を見る
591
送料要確認
詳細を見る
545
送料別
詳細を見る
1,760
送料無料
詳細を見る
商品リンク

質感にこだわるなら混ぜるのもアリ

質感にこだわるなら混ぜるのもアリ
ヘアスタイルをチェンジしたり、空気が乾燥したり湿ったりするたび、ソフトでは物足りない、かといってハードでは固まりすぎる…などの悩みが出てきますよね。髪質も人それぞれですので、自分にマッチしたものを見つけるのはなかなか難しいものです。

そんなときは、2種類のワックスを混ぜて使うのがおすすめ。例えば柔らかさとホールド感の両方が欲しいときは、ソフトタイプとハードタイプを1:1でミックスしてみてください。もう少し柔らかく…というときはソフトタイプをやや多めに調整すると良いですよ。

同じメーカー・シリーズのマットワックス同士なら相性もよく、自分好みの質感を作ることができます。ぜひお試しくださいね。

スタイリングの仕上げにはスプレーも!

スタイリングが決まったら、ヘアスプレーで仕上げると持続力がアップ。一日中ヘアスタイルを崩したくない!というときには併用するのがおすすめです。以下の記事ではメンズとレディースに分けておすすめのヘアスプレーを紹介していますので、こちらも参考にしてくださいね。

まとめ

おすすめのマット系ワックスをご紹介しましたが、あなたのヘアスタイルに最適なものは見つかりましたか?

ツヤ感を抑え、落ち着いた雰囲気のスタイリングが可能なマット系ワックス。大人っぽいヘアスタイルもこれなら叶います。この記事があなたのワックス選びのお役に立てると幸いです。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す