• 野球用トレーニングシューズのおすすめ人気ランキング10選【履き心地抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 野球用トレーニングシューズのおすすめ人気ランキング10選【履き心地抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 野球用トレーニングシューズのおすすめ人気ランキング10選【履き心地抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 野球用トレーニングシューズのおすすめ人気ランキング10選【履き心地抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 野球用トレーニングシューズのおすすめ人気ランキング10選【履き心地抜群の優秀モデルを厳選!】のアイキャッチ画像5枚目

野球用トレーニングシューズのおすすめ人気ランキング10選【履き心地抜群の優秀モデルを厳選!】

スパイクの履けない少年期や、野球の練習・移動に便利な「トレーニングシューズ」。最近では「アップシューズ」として販売している地域もあります。トレシューは少年野球向けというイメージが強いですが、実は中高生や大人に向いているものも。野球用スパイクと上手に履き分けていくのもおすすめです。


とはいえ、ミズノ・ゼット・アディダスなど、さまざまなスポーツ用品メーカーから販売されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、野球用トレーニングシューズの選び方と、通販レビューでも評判のおすすめモデルを人気ランキング形式でご紹介します。自分にピッタリのトレーニングシューズを見つけて、パフォーマンスの向上を目指しましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 3,517  views
目次

スパイクとトレーニングシューズの違いとは?

スパイクとトレーニングシューズの違いとは?

野球用スパイクと、トレーニングシューズ(アップシューズ)の大きな違いは、ずばり「靴底」。金属の歯が付いているものや、樹脂やラバーのポイント(突起)が付いているものがスパイクになります。一方、トレーニングシューズは、スパイク程の突起はなくボツボツが付いていたり、一見、普通のランニングシューズと変わらない靴底のものがあるのも特徴です。


もちろん、試合に出るときにはスパイクが必要ですが、それ以外なら用途に合わせて履き分けるのがおすすめ。とくに、小学生のお子さんやスパイクだと足の疲れを感じる方、ジョギングなどで舗装された道路や砂利道を走る場合などには、スパイクよりもトレーニングシューズが最適です。上手に履き分けることで足の疲労を軽減し、パフォーマンス向上にもつながりますよ

野球用トレーニングシューズの選び方

それでは、早速トレーニングシューズの選び方を見ていきましょう。

靴底の仕様の違いを知って選ぼう

野球用トレーニングシューズの靴底は、主に次の2つのタイプに分かれます。それぞれの特徴を知り、トレシューを履くシーンや履き⼼地の好みに合わせて選んでいきましょう。

グリップ力重視なら「ボツボツのラバーソール」を

グリップ力重視なら「ボツボツのラバーソール」を

出典:amazon.co.jp

練習中、足や下半身にしっかり力が入るものを選びたいなら、靴底にボツボツとした突起があるラバーソールがおすすめです。グリップ⼒が⾼いため、キャッチボールやノック、バッティング練習を⾏うときも滑らないので、野球ならではの動きを練習するときに適しています。

多用途で使える一足を求めるなら「マルチソール」が◎

多用途で使える一足を求めるなら「マルチソール」が◎

出典:amazon.co.jp

野球の練習以外にも、ボールを使わない自主トレや、ジョギング・ランニング時など、幅広いシーンで履く場合には、スニーカーのようなマルチタイプのソールがおすすめです。見た目も一般的なランニングシューズと変わらないため、普段のスニーカーとして使用することもできます。


特にランニングの時に、スパイクの突き上げる感じが苦手だという方は、野球の練習時はスパイク、ジョギングや体幹トレーニング、筋トレの時はスニーカータイプと分けて、履き替えるのも一つの方法です。

脱ぎ履きしやすい「ベルクロタイプ」が楽チン

脱ぎ履きしやすい「ベルクロタイプ」が楽チン

出典:amazon.co.jp

トレーニングシューズをスパイクと兼用し、ウォームアップや移動時に履く場合は、脱ぎ履きしやすいベルクロ(マジックテープ)のものがおすすめ。靴ひもが上手く結べない少年期にも◎です。

各メーカーの商品ラインナップを見ても、紐靴タイプのものよりも、圧倒的にベルクロのトレーニングシューズが多め。一方、紐靴タイプが向いているのは、デザインにこだわりがあったり、脚の形に特徴があり、紐でしっかりと固定して履きたいという方。また、甲高の人にもおすすめですよ。

サイズは長さだけではなく”幅”にも注目!

野球用トレーニングシューズは数多くのメーカーで取り扱っていますが、海外メーカーと国産メーカーではサイズ感が異なるため、しっかり確認しておきましょう。

スリムな足には海外メーカーのアディダス・アンダーアーマーが◎

スリムな足には海外メーカーのアディダス・アンダーアーマーが◎

出典:amazon.co.jp

足の幅が狭いスリムな足の方は、アディダス・アンダーアーマー等の、海外メーカーのトレーニングシューズがおすすめ。欧米人はスリムな足の形が多いと言われるだけあり、海外メーカーのモデルはスリムなデザインが多めです。


日本製のシューズの場合、足の長さはピッタリなのに中で足が動く感覚があるという方は、海外メーカーのモデル試してみるとよいでしょう。

幅広足には日本のメーカーを。ゼット・ミズノ・アシックスが最適

反対に、幅広の足の方は、ゼット・ミズノ・アシックス等の、日本のメーカーのシューズがおすすめ。本来の日本人の足に合った形をもとに作られているため、しっかりフィットしてくれるでしょう。


なかでも特に脚の幅が広い人、甲高の人は、ゼットのシューズが向いています。足の形にも個性があるので、自分の足の形がどのようなタイプなのか知っておくといいですね。

細部の工夫にも注目すれば履き心地UP!

細部の工夫にも注目すれば履き心地UP!
より履き心地のよい一足を手に入れたいなら、細部の工夫にも注目してみましょう。野球用のトレーニングシューズは各メーカーが研究を重ね、ウォームアップや野球の練習で履くことを前提に様々な工夫がされています。

例えば、破れやすいつま先周りを強化しているタイプは、少年野球ではスパイクを履けないピッチャーにおすすめ。また、キャッチボールやバッティング練習の際に安定感のあるものを選びたいなら、全体的に分厚く硬く作られたタイプが最適です。それぞれのポジションや履くシーンに合わせて選んでいきましょう。

中高生は真っ白or真っ黒を選ぼう

中高生は真っ白or真っ黒を選ぼう

中高生なら規則に沿ったものを選ぶことも忘れてはいけません。シューズの本体カラーがホワイトまたはブラック、靴底もホワイト・ブラック・ネイビー・グレーのどれかを選びましょう。


野球用品に詳しい方なら常識ですが、中学生や高校生の野球には服装についても細かなルールが定められています。チームによって、試合ではどの色で揃えるかなど、細かく決めている場合もありますので、購入前に確認した方が良いですね。

野球用トレーニングシューズの人気ランキング10選

それではここからは、人気の野球用トレーニングシューズのおすすめランキングをご紹介します。
10位

new balance野球トレーニングシューズ

TJ3000

5,796円 (税込)

靴底マルチソール(ボツボツ・他)
留め具タイプベルクロ3本
サイズ感ややタイト
特徴厚底・軽量
高校野球規則に準拠〇(白)
9位
靴底マルチダイレクションソール(ボツボツ・他)
留め具タイプベルクロ3本
サイズ感ややタイト・ホールド感が高い
特徴ヒールスタビライザー・つま先補強
高校野球規則に準拠
8位

UNDER ARMOURヤードトレーナーワイド

3020204

6,804円 (税込)

靴底ラバースタッド
留め具タイプレースアップ・靴紐タイプ
サイズ感ややタイト(2Eフィット)・ホールド感あり
特徴クラッチフィットパネル
高校野球規則〇(黒)
7位

SSKトレーニングシューズ プレスター

5,937円 (税込)

靴底ボツボツタイプ
留め具タイプベルクロ3本(交互)
サイズ感つま先ゆったり・クッション性あり
特徴高いクッション性
高校野球規則に準拠
6位

ゼットトレーニング シューズ ラフィエットDX

BSR8276

4,320円 (税込)

靴底ボツボツタイプ
留め具タイプベルクロ3本
サイズ感足囲3E相応の甲高タイプ
特徴ミッドソール:熱成型EVAスポンジ・つま先補強
高校野球規則に準拠
5位

UNDER ARMOURアルティメイトトレーナーVワイドJR

3020208

5,940円 (税込)

靴底ボツボツタイプ
留め具タイプベルクロ3本
サイズ感ややタイト
特徴つま先耐摩耗性UP
高校野球規則に準拠
4位

MIZUNOセレクトナイントレーナー

11GT172001

5,390円 (税込)

靴底マルチダイレクションソール(ボツボツ・他)
留め具タイプベルクロ3本
サイズ感甲高・ワイド
特徴拇指球部分のグリップ力UP
高校野球規則に準拠
3位

adidas野球シューズ アディピュアTR

4,989円 (税込)

靴底マルチダイレクションソール(ボツボツ・他)
留め具タイプベルクロ3本
サイズ感踵:ホールド感あり・前足部:ゆとりあり・軽量
特徴スパイク同様のNew Baseballラスト(靴型)使用
高校野球規則に準拠
2位

ASICSトレーニングシューズ ネオリバイブ

SFT144

4,419円 (税込)

靴底ボツボツタイプ
留め具タイプベルクロ3本
サイズ感やや軽量・やや幅広
特徴つま先保護加工・耐摩耗性UPソール
高校野球規則に準拠
1位

ASICSトレーニングシューズ スターシャイン

SFT301

4,769円 (税込)

靴底ボツボツタイプ
留め具タイプベルクロ1本
サイズ感やや幅広
特徴子どもでも着脱しやすいEASY FIT構造
高校野球規則に準拠

人気の野球用トレーニングシューズ比較一覧表

商品画像
1
ASICS トレーニングシューズ スターシャイン

ASICS

2
ASICS トレーニングシューズ ネオリバイブ

ASICS

3
adidas 野球シューズ アディピュアTR

adidas

4
MIZUNO セレクトナイントレーナー

MIZUNO

5
UNDER ARMOUR アルティメイトトレーナーVワイドJR

UNDER ARMOUR

6
ゼット トレーニング シューズ ラフィエットDX

ゼット

7
SSK トレーニングシューズ プレスター

SSK

8
UNDER ARMOUR ヤードトレーナーワイド

UNDER ARMOUR

9
ASICS 野球シューズ BRIGHTLINE RT

ASICS

10
new balance 野球トレーニングシューズ

new balance

商品名

トレーニングシューズ スターシャイン

トレーニングシューズ ネオリバイブ

野球シューズ アディピュアTR

セレクトナイントレーナー

アルティメイトトレーナーVワイドJR

トレーニング シューズ ラフィエットDX

トレーニングシューズ プレスター

ヤードトレーナーワイド

野球シューズ BRIGHTLINE RT

野球トレーニングシューズ

特徴最初のトレーニングシューズに最適!耐久性もUP!カラバリ豊富なド定番のトレシュー日本人の足に合わせてデザインされたアディダスの人気モデルパワーを速度に!より速く力強いパフォーマンスを実現人気のアンダーアーマージュニアモデル!女子にもおすすめ甲高足の方におすすめ!足幅広めの方にも嬉しい3Eサイズ長時間履いても疲れにくい!コスパの良いSSKのトレシュー「走り」重視ならコレ!グラウンドでも目を引くレッドカラ...ランニングシューズのテクノロジーを応用したトレーニング...普段使いからウォーミングアップまでOKの軽量モデル
価格4,769円(税込)4,419円(税込)4,989円(税込)5,390円(税込)5,940円(税込)4,320円(税込)5,937円(税込)6,804円(税込)9,444円(税込)5,796円(税込)
靴底ボツボツタイプボツボツタイプマルチダイレクションソール(ボツボツ・他)マルチダイレクションソール(ボツボツ・他)ボツボツタイプボツボツタイプボツボツタイプラバースタッドマルチダイレクションソール(ボツボツ・他)マルチソール(ボツボツ・他)
留め具タイプベルクロ1本ベルクロ3本ベルクロ3本ベルクロ3本ベルクロ3本ベルクロ3本ベルクロ3本(交互)レースアップ・靴紐タイプベルクロ3本ベルクロ3本
サイズ感やや幅広やや軽量・やや幅広踵:ホールド感あり・前足部:ゆとりあり・軽量甲高・ワイドややタイト足囲3E相応の甲高タイプつま先ゆったり・クッション性ありややタイト(2Eフィット)・ホールド感ありややタイト・ホールド感が高いややタイト
特徴子どもでも着脱しやすいEASY FIT構造つま先保護加工・耐摩耗性UPソールスパイク同様のNew Baseballラスト(靴型)使用拇指球部分のグリップ力UPつま先耐摩耗性UPミッドソール:熱成型EVAスポンジ・つま先補強高いクッション性クラッチフィットパネルヒールスタビライザー・つま先補強厚底・軽量
高校野球規則に準拠〇(黒)〇(白)
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

アンダーソックスを履いてサイズを確認しよう

アンダーソックスを履いてサイズを確認しよう
実際に売り場で購入する場合は、アンダーソックスを履いた状態で試し履きしてから購入するするのがおすすめです。野球シューズの場合、靴下はアンダーソックス・ストッキングを履いたうえでのサイズが足のサイズになります。

薄手のソックスと厚手のアンダーソックスでは、思っている以上に足のサイズが変わってしまうことを考慮してシューズを選ばなければなりません。普段の靴のサイズとは別物だと考え、しっかり自分の足に合うものを見極めて選んでくださいね。

本格的に試合に挑むならスパイクも揃えよう

本格的に試合に出場する場合や、本番さながらの練習をする場合には、やはりスパイクが欠かせません。トレシューよりもグリップ力が高いため、パワー・スピードの向上につながりますよ。ぜひ以下の記事も参考に、納得できる一足を探してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?野球用トレーニングシューズの選び方と人気ランキングをご紹介しました。野球は、足や靴に大きな負担のかかるスポーツです。ご自分の足にピッタリと合ったトレーニングシューズを選ぶことで、パフォーマンスの向上はもちろん、ケガの予防にもなります。あなたにピッタリの商品を探してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事