• 67f0f455c888481ceaec7d16ee521d3b2e9e9bce
  • 9a5c48b1e710ac783212eaf9273526e920819415
  • 4adcdaeac411320940cea733262f7d75fae22b2a
  • 67ce3eb3c060456738cb6e2a2d2dd002fc2fb251
  • 8e92a8533a090645eeaa7fc1eb6ad81c040a92b2

うろこ取りの最強おすすめ人気ランキング10選

魚のうろこ、料理の際どうしていますか?面倒だと思いながらも包丁で地道に取っているという方も多いかもしれません。そんなうろこを簡単に取ってくれるのが、専用の「うろこ取り」です。うろこを飛び散らすことなくスムーズに下準備ができますよ。

今回は、そんなうろこ取りの中からおすすめの人気商品をランキング形式で10選ご紹介します!有名メーカの「貝印」に注目しつつ、自分にピッタリの商品を選んでくださいね。

最終更新日:2017年06月28日 | 6,558views

うろこ取りの選び方

魚にびっしりとついているうろこ。できるだけ綺麗に処理して、美味しくいただきたいですよね。市販されているうろこ取りは色々ありますが、多く売れているから良いものであるとは限りません。

以下の3つのポイントをチェックして、自分にとって使いやすい商品を選んでくださいね。

錆びやすさではステンレス、安全性ではABS樹脂や食品用ゴム

魚用うろこ取りの素材として使われているものは、主にステンレス・真鍮・ABS樹脂・食品用ゴムなどがあります。うろこ取りは水回りで使用しますので、お手入れのしやすさや錆びやすさではステンレスがよいでしょう。真鍮製の場合には使用後にしっかりと乾かすようにしましょう。

また、刃先が鋭かったりするとうろこを取る際に手を傷つけたりする場合があるので、安全性を考えるならABS樹脂や食品用ゴムなどが適しています。

力の入れやすさ・持ちやすさもチェック

魚によってはうろこが非常に硬いので、処理する際にある程度の力が必要になります。持ち手が細かったり平らだったりすると持ちづらく力が入りにくいので、しっかりと握れる持ち手になっているかをよくチェックしましょう。

持ち手とうろこ取りの部分が一体型のほうが、持ち手が取れたりする心配をしないで使用することができます。

また、ぬめりの多い魚で怪我したりしないよう、持ち手に凹凸がついているなど、滑りにくい工夫がされているかも重要です。

うろこの飛び散りを防ぐ工夫

包丁でも魚のうろこを取ることは出来ますが、重なり合ったうろこを逆撫でるようにして処理するため、うろこが飛び散る可能性があります。

市販されている魚用うろこ取りの中には、うろこを取りつつ、その飛び散りを防ぐ機能がついているものがあります。カバーやケース、ボックスがついているものもあれば、取ったうろこがそのまま器具に残り、飛び散らないようになっているものまで様々です。

うろこの飛び散りが嫌でなかなか魚がさばけないという方には、こういった工夫がされているものがおすすめです。ただ、取れたうろこが器具にこびりついたまま取れないのでは後片付けが大変なので、洗いやすさもチェックしましょう。

うろこ取りのおすすめ人気ランキング10選

それでは、おすすめの商品をランキング形式でご紹介していきます。

魚のうろこ取りがより楽に、料理がより楽しくなるよう、使いやすさや求める性能に合ったものを手に入れてくださいね。

10位:ベルモント ハイパーうろこ取り MP088

ベルモント ハイパーうろこ取り MP088
864円(税込)

サイズ :150×95mm
重量  :-
材質  :ステンレス鋼301H、柄部/PP樹脂(軟質)
原産国 :日本
耐熱温度:-

刃が魚に沿って湾曲する!

こちらは刃の部分を魚に沿って湾曲させるようにして使用します。刃が魚のうろこの下にぐっと入るので、うろこの飛び散りを抑える事ができますよ。剥がれたうろこは刃の部分にせりがってくるため、うろこを捨てるときも非常に楽です。

ただし、魚の頭に手を置いて、しっぽから力をいれてうろこを取る仕様なので、手が滑った場合はケガをしてしまう可能性も。特に魚自体がヌルヌルしている場合は要注意です。念のために軍手や厚めのゴム手袋などをし、使用の際は最新の注意を払ったほうが良いでしょう。

マダイやスズキなどのうろこが大きめの魚に向いています。ヒラメなどには向かないでしょう。

「ベルモント ハイパーうろこ取り MP088」の評判・口コミ

ウロコを取る性能は素晴らしいです。特に鱗が飛び散りやすいマダイ、カサゴなど(鱗が大きめの魚)にはもってこいです。使う際のコツは金属ヘラ部分を湾曲させ体表に当てがいながら背と腹の方向に揺すりながらじわじわと押し進めていくこと。

出典:Amazon | ベルモント(Belmont) ハイパーうろこ取り MP088 | アクセサリー | スポーツ&アウトドア

鯛のウロコが大変で購入しましたがかなりかんたんに取れるのでびっくりしました。

出典:【楽天市場】ベルモント(Belmont) ハイパーうろこ取り MP-088(ナチュラム 楽天市場支店) | みんなのレビュー・口コミ

9位:貝印 Cookfile うろこ取り 【ケース付き】 DH-2252

貝印 Cookfile うろこ取り DH-2252
418円(税込)

サイズ :170×40mm
重量  :36g
材質  :フタ/AS(アクリロニトリル・スチレン)樹脂、
     本体・刃/ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・
     スチレン)樹脂
原産国 :日本
耐熱温度:本体・フタ・刃/100度

うろこが飛び散りにくいケース付き!

取れたうろこを集められるケース付きです。そのままゴミ箱にうろこを捨てることができるので、後処理が大変楽になります。また、樹脂製で耐熱温度が100度となっているため、食洗機などにそのままかけることができるのも嬉しいですね。

上記のようにうろこはケース内にたまりますが、多少の飛び散りはあります。また耐久性はステンレスなどに比べると多少の不安があります。

「貝印 Cookfile うろこ取り 【ケース付き】 DH-2252」の評判・口コミ

全く飛び散らず、取った鱗はケースの中に溜まって行くので、蓋を開けて捨てるだけ。かなり楽になりました。鯛などの硬くきつい鱗もなんのそのです!

出典:Amazon.co.jp : 貝印 Cookfile うろこ取り 【ケース付き】 DH-2252 : ホーム&キッチン

プラスチックなので子供も鱗取りできました。ケースに鱗が溜まるので捨てるのも楽だし、洗うのも楽でした。

出典:Amazon.co.jp : 貝印 Cookfile うろこ取り 【ケース付き】 DH-2252 : ホーム&キッチン

8位:シーリスト なかでも優れたウロコ取り

シーリスト なかでも優れたウロコ取り
1,295円(税込)

サイズ :200X70mm
重量  :‐
材質  :ポリエチレン
原産国 :‐
耐熱温度:‐

複数の刃の形状で、いろいろな部位のうろこ取りに!

複数の刃からなるヘラ状のうろこ取りになっていて、尾びれのほうから頭部分に向かってこするように使用することでうろこが取れる仕組みとなっています。刃物ではないので、子供でも扱うことができる安心感が嬉しいですね。

また抗菌加工が施されているため衛生面もバッチリ。一体型なので洗う際にも簡単なのではないでしょうか。

ただし、うろこが非常に固い場合や、細かいところには少し使いづらいかもしれません。

「シーリスト なかでも優れたウロコ取り」の評判・口コミ

普通のうろこ取りでやると、メッチャうろこが当たり前だけど飛びます。ビニール袋などで対策していないと後片付けがものすごく面倒!これは多少は飛びます。周辺のみ。ほとんどはこのヘラに乗る?感じ。尾の方からズサズサっとはがしていく感じが楽しいですよ。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: なかでも優れたウロコ取り

小さい魚は手のひらに乗せてこれでガリガリやるといい感じでした。包丁と違って子どものお手伝いにも安心でとても便利だと思います。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: なかでも優れたウロコ取り

7位:プリンス工業 18-8 うろこ取り銀鱗

プリンス工業 18-8 うろこ取り銀鱗
1,965円(税込)

サイズ :243×85.5mm
重量  :140g
材質  :ステンレス
原産国 :-
耐熱温度:-

うろこ取りに見えない、斬新な形!

うろこ取りは通常先端が四角いものが多いのですが、こちらは円盤型。周りにはうろこを取るためのギザギザがついています。

素材にはステンレスが使われており、錆びにくくお手入れもしやすいタイプです。また力が入れやすい持ち手もポイントです。鯛などのうろこが大きめの魚はもちろん、ヒラメなどのぬめりの多い魚のうろこの飛び散りを抑え、綺麗に取り除くことができます。

ただ、サイズが大きいので胸びれや背びれなどの細かな部分は少し難しいかもしれません。他のうろこ取りと併用すると良いでしょう。

「プリンス工業 18-8 うろこ取り銀鱗」の評判・口コミ

魚の料理に時折使用しているが鱗も飛び散らないで便利です。あまり力を入れずに使用できます

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 18-8 うろこ取り 銀鱗

想像していたのより大きいが、鱗は今まで使っていた物とは比べ物にならないくらい簡単にとれるし、飛び散りもすくない、ただ、小魚には大きすぎて使えません、40cm以上の魚をよく扱う人には重宝すると思います。

出典:【楽天市場】プリンス うろこ取り 銀鱗 プロ仕様 【くらし屋】(くらし屋) | みんなのレビュー・口コミ

6位:ベルモント 飛び散らないウロコ取り SG-204

ベルモント 飛び散らないウロコ取り SG-204
1,539円(税込)

サイズ :220×33mm
重量  :-
材質  :18-8ステンレス(二酸化チタン皮膜加工)、天然木
原産国 :日本
耐熱温度:-

汚れや臭いが付きにくい二酸化チタン皮膜加工の収納ボックス付き!

魚は美味しいけど臭いは苦手、という方も多いのではないでしょうか。魚のうろこを処理すると、その臭いに悩まされることもありますよね。こちらの魚用うろこ取りは先端に収納ボックスがついていて、取れたうろこがボックスの中に入るため飛び散りを抑えられます。

また、うろこ取り自体に二酸化チタン皮膜加工がされており、臭いがつきにくくなっているところも嬉しいですね。

収納ボックスに入ったうろこはそのままゴミ箱に、といきたいところですが、こびりつきが多少発生しますので、水を張った桶やボールなどに入れて取る必要がある場合もあります。

「ベルモント 飛び散らないウロコ取り SG-204」の評判・口コミ

これを使うと鱗は先端に集まるので掃除が簡単で飛び散ることもなくきれいに処理ができます。時間もすぐに終わるので下処理に時間がかかりません!

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: ベルモント(Belmont) 星三製作所 飛び散らないうろこ取り SG204

これは宣伝文句通りザーと取れて飛び散りません。 反対側の小刃も意外と便利ですね。取れたウロコも固まっているので処理が簡単です。タイ一匹あたり2~3分の短縮ですが、時間よりも飛び散ったウロコの清掃ストレス低減の方が効果が大きいですね。

出典:【楽天市場】飛び散らないウロコ取り SG-204 【業務用】【グループA】(厨房器具と店舗用品のTENPOS) | みんなのレビュー・口コミ

5位:ベルモント 小魚用ハイパーうろこ取り MP083

ベルモント 小魚用ハイパーうろこ取り MP083
864円(税込)

サイズ :185×55mm
重量  :-
材質  :刃部/ステンレス鋼301H、柄部/PP樹脂(軟質)
原産国 :日本
耐熱温度:-

小魚のうろこが驚くほどよく取れる!

10位の「ベルモント(Belmont) ハイパーうろこ取り MP088」の小さめバージョンのうろこ取りです。小魚向きですが、40~50cmくらいまでの大きさの魚であれば、こちらで充分事足りるでしょう。ただし刃の部分が非常に鋭いので、使用には充分注意が必要です。

素材はステンレスと樹脂が使われており、2つの接続部分にうろこが入り込んだりすることがあります。その点のお手入れは少し面倒かもしれません。

「ベルモント 小魚用ハイパーうろこ取り MP083」の評判・口コミ

包丁やウロコ取りだとウロコが飛び散り台所が何日も生臭くなりましたがこれはウロコの下へ入り根本から刈り取るので飛び散りません。わざと飛び散るようにガシガシしてみましたが15cmが最長距離で、まな板のなかでした。これはすぐれもんですね。

出典:Amazon | ベルモント(Belmont) 小魚用ハイパーうろこ取り MP083 | アクセサリー | スポーツ&アウトドア

まさに目からウロコのウロコ取り!びっくりするぐらいカンタンに魚のウロコが取れます!そしてウロコが飛び散りません。これは小魚用で一回り小さいサイズですが、シロギスなどの小さめの魚から、30~40cmのクロダイまでこなせると思います。

出典:【楽天市場】ベルモント(Belmont) ハイパーうろこ取り(小魚用) MP-083(ナチュラム 楽天市場支店) | みんなのレビュー・口コミ

4位:片力商事 新方式ウロコ取り器 「鱗トル」

片力商事 新方式ウロコ取り器 鱗トル
3,045円(税込)

サイズ :210x110mm
重量  :270g
材質  :高強度食品用ゴム/ステンレススチール
原産国 :日本
耐熱温度:-

幅広い大きさの魚に対応!

魚用うろこ取りとしてはなかなか見ない斬新なデザインですが、角や辺などを使うことにより、幅広い種類の魚に対応できるようになっています。取れたうろこは飛び散らず、ゴムの上にまとまってせり上がってきますので、後処理も非常に簡単です。

飛び散らないうろこ取りを追求し、材質やその作りに妥協せず試行錯誤が繰り返されたその商品は、価格が他製品に比べると高め。しかし素材には高強度食品用ゴムが使用されており、刃先が鋭いステンレスなどと比べ、誤って手などを傷つける可能性も低いので安心して使用できます。長年使用すると角が丸くなってくる可能性があります。

「片力商事 新方式ウロコ取り器 「鱗トル」」の評判・口コミ

他の商品と違った型だったので(どうかな)と思ったのですが、使ってみると、ウロコが飛ぶ真鯛でも そんなに飛ぶこともなく、大変きにいっています。知り合いのプロにも勧めてみようと思っています。

出典:Amazon|片力商事 新方式ウロコ取り器 「鱗トル」|うろこ取り オンライン通販

ウロコの大きさが真鯛と同じ位の、グレという魚です。ズリズリ~ポイッ、ズリズリ~ポイッ、取れたウロコは三角コーナーへ。快感です。ヒレの際まできれいに取れました。持ち手があるので引く形でも使えて便利です。まったく飛び散らないので、シンク廻り、床の掃除は不要です。

出典:【楽天市場】新方式ウロコ取り器 鱗トル PU-001 プロ仕様 利き手無用 大きくて硬い鱗もムニムニ取れます!料理人が考えた飛び散らない鱗取り(日用品卸問屋 火の鳥) | みんなのレビュー・口コミ

3位:meiko-na(名光通信社) R-M うろこ取り

名光通信社 R-M うろこ取り
864円(税込)

サイズ :165mm×うろこ取り箇所直径約30mm
重量  :-
材質  :ABS樹脂
原産国 :-
耐熱温度:90℃(食器洗浄機、食器乾燥機に使用可能)

子供でも使える安全性が◎!

鋭い刃がついていると、自分の手が傷つきそうで怖いという方に特におすすめのうろこ取りです。ABS樹脂製で軽く、また握りやすいフォルムになっているので、男性はもとより女性や子供でも簡単に使用することができます。

柄の部分では、背びれや胸びれの細かな部分の処理ができます。ヘッドの丸い部分を人差し指で押さえ、円を書くようにするとよく取れますよ。肝心のうろこも飛び散りません。

接続部分もない一体型なので、うろこが挟まったりせず、水でざっと流すことができるのでお手入れも楽です。

「meiko-na(名光通信社) R-M うろこ取り」の評判・口コミ

家庭で食べる分捌くのには本当に重宝します♪他にも色々ウロコ取りはありますが、これは飛び散らないし、洗うもの簡単。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: meiko-na(名光通信社) R-M うろこ取り

うろこをかいても全然飛び散らない!画期的です! お魚料理がぐんと楽になりました。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: meiko-na(名光通信社) R-M うろこ取り

2位:星三製作所 真鍮 ウロコ取り 小 TS-253

星三製作所 真鍮 ウロコ取り 小 TS-253
799円(税込)

サイズ :177x25mm
重量  :70g
材質  :真鍮/天然木
原産国 :日本
耐熱温度:‐

昔ながらのうろこ取り!変わらないのには理由がある!

昔ながらの商品ですが、変わらず愛され続けているうろこ取り。ギザギザの突起を使い、背びれ部分から頭に向かってうろこをかき落としていきます。うろこの飛び散りを抑える効果はあまり期待できませんが、とにかく良く取れます。

凸部分には適度な幅があり、魚に負担をかけることなくうろこを取ることがで可能です。また、持ち手は木製で握りやすいよう加工されていて、力加減がしやすく、胸びれの下などの細かいところも処理しやすくなっています。

うろこの飛び散りが気になる場合には、ビニール袋の中に魚とうろこ取りを入れて使用すると良いでしょう。

「星三製作所 真鍮 ウロコ取り 小 TS-253」の評判・口コミ

木製の握り手が手のひらに馴染んでとても使いやすく、肝心のうろこも魚の表面を傷めることなく処理できる優れものです。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 星三製作所 真鍮 ウロコ取り 小 TS-253

メジナをさばいているときに、胸びれで痛い思いをしたので使ってみました。専用の道具というのはよいものですね。うろこの飛び散りも少ないし、こんな形のわりには細かいところに手が届きます。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 星三製作所 真鍮 ウロコ取り 小 TS-253

1位:貝印 SELECT 100 うろこ取り DH-3016

貝印 SELECT 100 うろこ取り DH-3016
572円(税込)

サイズ :212×56mm
重量  :87g
材質  :本体/ステンレススチール、カバー/ポリプロピレン
原産国 :日本
耐熱温度:カバー/(耐熱温度 110度)

うろこがよく取れる!飛び散りを抑えられるカバー付き!

その使いやすさや評判の良さで、アマゾンのベストセラー1位に輝いた貝印のうろこ取りです。うろこはしっかり取りたいけれど、やっぱり飛び散ってしまうのはちょっと、という方におすすめのカバー付き。ステンレス一体型で丸ごと洗うことができ、衛生面も安心です。

長さが21cm以上ある大きめのうろこ取りですが、先端部分の刃が細かくなっており、大きなうろこから小さなうろこまでしっかりと取ることができます。持ち手はしっかりと厚みがあり、持ちやすさにも定評があります。

リーズナブルで効果も期待できるコスパNo.1のうろこ取りといえますね!

「貝印 SELECT 100 うろこ取り DH-3016」の評判・口コミ

ステンレス一体成形とのことで、すっきり構造、使った後も洗いやすくて清潔。板厚は0.9ミリ位でしょうか、びくともしません。手に持った感じはちょうど包丁を握ったような感じです。歯の部分の先三分の一程が小歯になっていて、細かな部分の作業もしやすいです。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 貝印 SELECT 100 うろこ取り DH-3016

機能的な本格ウロコ取りです。たいした力もかけずにウロコが気持よく取れます。また、ウロコの飛散防止のためのカバーも付いており、それなりの効果もありました。見た目は大きいですが、歯の部分が大小に別れており、いろいろな魚種、入り組んだ位置のウロコにも対応できます。

出典:Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 貝印 SELECT 100 うろこ取り DH-3016

まとめ

うろこをしっかり取るものから飛び散りを抑えるものまで、ランキング形式でご紹介してきましたがいかがでしたか。

魚の下処理が断然楽になるうろこ取り。食事のレパートリーを増やしたり、効率アップにお役立ていただければ嬉しいです。

関連記事

人気の記事