1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. クレープ用トンボのおすすめ人気ランキング10選【家でも簡単プロの仕上がり!】
  • クレープ用トンボのおすすめ人気ランキング10選【家でも簡単プロの仕上がり!】のアイキャッチ画像1枚目
  • クレープ用トンボのおすすめ人気ランキング10選【家でも簡単プロの仕上がり!】のアイキャッチ画像2枚目
  • クレープ用トンボのおすすめ人気ランキング10選【家でも簡単プロの仕上がり!】のアイキャッチ画像3枚目
  • クレープ用トンボのおすすめ人気ランキング10選【家でも簡単プロの仕上がり!】のアイキャッチ画像4枚目
  • クレープ用トンボのおすすめ人気ランキング10選【家でも簡単プロの仕上がり!】のアイキャッチ画像5枚目

クレープ用トンボのおすすめ人気ランキング10選【家でも簡単プロの仕上がり!】

クレープ生地を伸ばすのに欠かせない道具「クレープ用トンボ」。家のフライパンでも、伸ばす器具だけは専用のものを使うことで、簡単に本格的なクレープが楽しめます。でも、丸型・角型など種類ごとに特徴があり、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、クレープ用トンボの選び方と、通信販売で買えるおすすめの商品を、人気ランキング形式でご紹介します。フライパンの大きさ次第で使いやすいサイズも違ってきますよ。最後には使い方のコツも解説します。お店のような味を、ご自宅で楽しんでみてくださいね!
  • 最終更新日:2020年06月23日
  • 27,867  views
目次

クレープ用トンボの選び方

まずはクレープ用トンボを上手に選ぶためのポイントからご説明していきます。

クレープパンの直径から3分の2程度のサイズが◎

クレープパンの直径から3分の2程度のサイズが◎

クレープ用トンボの選び方で最も重要なのが、ヘッドパーツの大きさ。ヘッドパーツは、クレープパンやフライパンの直径から「3分の2~やや小さめ」を目安に選ぶと良いでしょう。例えばクレープパンが直径30㎝であれば、クレープ用トンボのヘッドは20cmを超えないサイズを選ぶと、上手に扱うことができます。


3分の2より大きすぎると上手く回せなくなり、均一に生地を広げることができません。また半分以下まで小さくなってしまうと、クレープパンの上で何度も生地をならさなくてはいけないので、失敗するリスクが高くなってしまいます。自分が使っているクレープパンやフライパンなどの直径から、3分の2を基準に選ぶのが最も良いでしょう。

ヘッドパーツの形で選ぶ

サイズが決まったら、次に注目したいのはヘッドパーツの形です。形状によって扱いやすさや焼きあがりに違いがあるので、使いやすいものを選びましょう。

初心者には、生地が破けにくい「丸型」がおすすめ!

ヘッドが丸い形状になっている「丸型トンボ」は、生地との接する角度が一定に保ちやすいため、クレープ作りに慣れていない初心者の方でも生地を破きにくく安心です。どの角度で回してもきれいに回せるので、お子さんでも簡単に扱えるところが魅力と言えますね。


ただし、焼きあがった生地がぼってりと厚くなりやすいので、薄い生地に焼き上げるには少しコツが必要。何度も練習して、慣れてくればプロのような薄い生地に仕上げることができます。

プロのように薄く焼きたいなら「角型」がGOOD!

プロのように薄く焼きたいなら「角型」がGOOD!
角型タイプはプロのクレープ屋さんが多く愛用しているタイプで、薄くて滑らかな生地に仕上げたいときにおすすめです。絶妙な角度で生地を広げられるため、お店で売っているような本格的な生地に仕上がります。

ただし、柄を立てすぎてしまったり間違った角度で使ったりすると、引っかかって生地を破いてしまう恐れがあるため、ある程度クレープ作りに慣れてきた方向けです。初心者のうちは丸型で練習し、ステップアップしたいときに使うと良いでしょう。

柄の長さは、パンの直径以内のものが目安

柄の長さは、パンの直径以内のものが目安
直接持って回す柄の部分は、短すぎても長すぎても扱いにくいもの。程よい長さを選ぶには、「使っているクレープパンの直径よりもはみ出さない程度」がおすすめです。例えばクレープパンが30cmであれば、柄の長さも30cm以内のものを選ぶようにしましょう。

柄の長さが大きすぎると回す際に周囲のものとぶつかってしまうことがありますし、キッチン事情によっては壁に当たってしまうことも考えられるからです。とは言っても、あまりに短すぎると今度は回しにくくなってしまうので、ある程度の長さも必要です。

材質の違いにも注目!

クレープ用トンボで使われている素材には、主に「木製」と「竹製」があります。どちらも素材として優れていますが、何を優先するかで自分に合ったものが選びやすくなりますよ。

豊富な種類で選ぶなら「木製」のものが◎

木製のクレープトンボは種類が豊富で、自分に手にしっくりくるサイズや形の商品を見つけやすいのが魅力です。価格は、500円以下で買えるものから、1500円以上のプロ仕様のものまで様々。安価なものなら、気軽にはじめたいという初心者の方にも購入しやすいですね。

ただし、木製のクレープ用トンボはカビやすいため、使用後はしっかりと乾かしカビを防ぐようにすることが必要です。中には腐食しにくく耐久性に優れた「黒紫檀」の高級品もあります。

耐久性で選ぶなら、抗菌効果の高い「竹製」のものを

長く愛用したい方という方には、消臭効果や抗菌効果が期待できる「竹製」のクレープ用トンボがおすすめです。カビが発生しにくいので、いつでも清潔に使用することができます。また、強度が高く耐久性にも優れているので、劣化しにくいところもポイント。適度な柔軟性があるので生地を伸ばしやすく、プロのような薄くて滑らかな生地に仕上げやすいのも魅力です。

クレープ用トンボのおすすめ人気ランキング10選

人気のクレープ用トンボをランキング形式でご紹介します。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月12日時点)をもとにして順位付けしました。

10位
サイズ(ヘッド×柄)約12×15.5cm
ヘッドの形状丸型
素材木製
9位
クレープトンボ 中央産業 家庭用クレープ用ミニ トンボ丸型 1枚目
出典:amazon.co.jp

中央産業家庭用クレープ用ミニ トンボ丸型

TONBO02

693円 (税込)

サイズ(ヘッド×柄)約14.5×20cm
ヘッドの形状丸型
素材木製
8位
サイズ(ヘッド×柄)20.1×25cm
ヘッドの形状角型
素材天然木製
7位
サイズ(ヘッド×柄)20×25.5cm
ヘッドの形状丸型
素材ステンレス製
6位
サイズ(ヘッド×柄)10×15cm
ヘッドの形状角型
素材竹製
5位
サイズ(ヘッド×柄)20×25cm
ヘッドの形状角型
素材木製
4位
クレープトンボ クレープハウスぷち クレープ鉄板用トンボ 1枚目
出典:amazon.co.jp

クレープハウスぷちクレープ鉄板用トンボ

KTT-1B

1,000円 (税込)

サイズ(ヘッド×柄)20×20cm
ヘッドの形状角型
素材竹製
3位

SEISINクレープ用トンボ クレープスプレッダー

1,599円 (税込)

サイズ(ヘッド×柄)12.5×20.2cm
ヘッドの形状丸型
素材木製
2位
サイズ(ヘッド×柄)20×20.3cm
ヘッドの形状角型
素材木製
1位
サイズ(ヘッド×柄)16×23cm
ヘッドの形状丸型
素材木製

人気クレープ用トンボの比較一覧表

商品画像
1
クレープトンボ 高儀 木製クレープトンボ ミニ 丸型 1枚目

高儀

2
クレープトンボ 雅漆工芸 クレープ用トンボ 角型 1枚目

雅漆工芸

3
クレープトンボ SEISIN クレープ用トンボ クレープスプレッダー 1枚目

SEISIN

4
クレープトンボ クレープハウスぷち クレープ鉄板用トンボ 1枚目

クレープハウスぷち

5
クレープトンボ 高儀  木製クレープトンボ 角 1枚目

高儀

6
クレープトンボ 山下工芸 竹製クレープベラ 1枚目

山下工芸

7
クレープトンボ 三宝産業 クレープトンボ 1枚目

三宝産業

8
クレープトンボ ナガオ クレープ トンボ 角 1枚目

ナガオ

9
クレープトンボ 中央産業 家庭用クレープ用ミニ トンボ丸型 1枚目

中央産業

10
クレープトンボ Mayitr クレープスプレッダー 1枚目

Mayitr

商品名

木製クレープトンボ ミニ 丸型

クレープ用トンボ 角型

クレープ用トンボ クレープスプレッダー

クレープ鉄板用トンボ

木製クレープトンボ 角

竹製クレープベラ

クレープトンボ

クレープ トンボ 角

家庭用クレープ用ミニ トンボ丸型

クレープスプレッダー

特徴フライパンの上で小回りが利くミニタイプ大きなヘッドで均一に広げる上級者向けトンボあると便利なスパチュラ付きセット!クレープ専門店のノウハウを詰め込んだトンボ本格派のクレープを焼きたいならコレ!放置竹林から生まれた、環境にも優しいトンボ耐久性が高く錆びにくいステンレス製大きなクレープも均一に薄く伸ばせる!お子さんと一緒にクレープづくりが楽しめる小さめサイズミニサイズのクレープにピッタリ!
最安値
200
送料要確認
詳細を見る
580
送料要確認
詳細を見る
1,599
送料要確認
詳細を見る
1,000
送料要確認
詳細を見る
474
送料別
詳細を見る
1,483
送料要確認
詳細を見る
2,014
送料要確認
詳細を見る
715
送料無料
詳細を見る
693
送料別
詳細を見る
1,777
送料別
詳細を見る
サイズ(ヘッド×柄)16×23cm20×20.3cm12.5×20.2cm20×20cm20×25cm10×15cm20×25.5cm20.1×25cm約14.5×20cm約12×15.5cm
ヘッドの形状丸型角型丸型角型角型角型丸型角型丸型丸型
素材木製木製木製竹製木製竹製ステンレス製天然木製木製木製
商品リンク

クレープ用トンボの上手な使い方

クレープ用トンボの上手な使い方

プロのようなクレープを焼くのに大切なのは、力を入れすぎないこと。クレープパンの上を軽く滑らせるような感覚で、生地を伸ばすのがコツです。力を入れすぎると生地を破いてしますので気をつけましょう。また、焼いている間中、トンボを水に浸しながら使うことで、トンボに生地がくっつくのを防ぎ、滑らかに伸ばすことができます。


新しく購入したクレープ用トンボは、表面が毛羽立っていることがよくあります。毛羽立ちは生地を破く原因になってしまうので、滑りを良くするためにもサンドペーパーなどで磨いておくと、よりきれいな生地に仕上げることができますよ。

専用のクレープパンならもっときれいに焼ける!

まだ普通のフライパンでクレープを焼いている、という方は、専用のクレープパンを使ってみませんか?こちらの記事では、ガスコンロやIHヒーターで使えるクレープ専用のフライパンや、パーティーなどワイワイ作りながら楽しむのにぴったりな、可愛いクレープメーカーをご紹介。ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?クレープ作りに欠かせないクレープ用トンボ。使いこなせば美味しいクレープがいつでも食べられるだけでなく、パーティーやおもてなしで、お客さんをあっと言わせることができるかもしれません!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す